【薬局の調剤を外注化?!】規制改革会議にファルメディコ狭間氏が提案

【薬局の調剤を外注化?!】規制改革会議にファルメディコ狭間氏が提案

【2021.04.21配信】4月20日に内閣府規制改革推進会議が開かれ、ファルメディコ(大阪市)社長の狭間研至氏が、「調剤の外部委託」を可能とする規制緩和などを要望した。


 狭間氏は、「医師は診断と救命に特化しタスクシフト・シェアをする」「薬剤師は渡すまでではなく服用後までフォローする」「医師と薬剤師は協業して薬物治療の適正化に取り組む」ことなどを理念とし、「6万軒の薬局・18万人の薬局薬剤師を活用」するために規制緩和を要望したとする。

 現状では「何でも医師が担当」し、薬局薬剤師は「人手不足と長時間労働」に困っており、薬局業界は「進行する寡占化」などの課題を抱えていると指摘する。

 本来は薬剤師には医師とは異なる専門性で「患者の謎が解け」、“飲んだ後”までフォローすることで、処方カスケードなどに貢献できるはずとする。これまでもフォローにより投薬数が減少した場合などを評価する調剤報酬評価が行われてきたが、残された課題として「対物評価のさらなる効率化」があるとする。

 しかし、業界全体の8割以上を占める中小薬局では機械化やIT化に取り組むことは困難として、調剤業務を外部委託できるように規制を緩和することを提案した。

 「調剤業務の部分委託」の場合は、調剤を受託した薬局から処方箋を受け付けた薬局まで医薬品を納品する。
 「調剤業務の完全委託」の場合は、調剤を受託した薬局から患者宅まで配達する。
 いずれも、服薬指導では、オンラインの活用を視野にいれる。

 調剤の外部委託が行われることによって、処方箋を受けた薬局では、薬剤師の時間や気力・体力の確保に繋がり、かかりつけ薬剤師の実効性向上と同時に、医薬品在庫の適正化と廃棄削減が可能になるのではないかとする。
 
 結果として、対人業務充実と経営の安定化、患者の利便性と安全性の向上が得られるとする。

 また、調剤を受託する薬局においては、いっそうの機械化が進むため、40枚規制の見直しが必要になるとした。

狭間氏は、この提案に際しては整理すべき課題もあるとした。

1つは法的整備。調剤や薬剤師業務全般に関する責任の所在をどこで切り分けるのか。
2つ目は過大利益や寡占化の危険性。寡占化が進まないような調剤報酬制度も必要とする。
3つ目は緊急時や災害時の医薬品供給体制。町の薬局が適正な医薬品供給を行える態勢を堅持することも必要とした。

 こうした問題に留意が必要ではあるが、前向きな検討が必要と結論づけた。

 こうした提案に対し、厚生労働省は、「処⽅箋を応需した薬局において、当該薬局の管理者の責任の下、薬剤師が調剤業務を⾏う必要がある」との認識を示した。調剤業務に関しては、医療安全の確保の観点から、処⽅箋を応需してから薬剤を交付するまでの⼀連の調剤業務を同⼀の薬局において実施することとしているとする。

 その上で、提案された「調剤業務の外部委託」に関しては、処⽅箋を応需した薬局の責任の下、医療の安全を確保することが可能か、対⼈業務の充実に資するかなどの検討が必要との考えを示した。

 加えて、「40枚規制」の緩和要望に関しては、「薬局における薬剤師の業務の実態を踏まえ、また、患者等との対話、薬歴管理、服薬指導、疑義照会などの薬剤師としての業務量を織り込んで、最低基準を定めている」と説明した。 

【薬局の調剤業務外注化】提言者の狭間研至氏インタビュー

https://www.dgs-on-line.com/articles/897

【2021.04.27配信】4月20日に開かれた内閣府規制改革推進会議で、ファルメディコ代表の狭間研至氏が「薬局の調剤業務外注化」に関して提言した(https://www.dgs-on-line.com/articles/884)。薬局業界からは医療安全の観点への懸念や、巨大調剤センター登場の是非など、さまざまな波紋を呼んでいる。当の狭間氏に、こうした疑問をぶつけた。

この記事のライター

関連する投稿


【規制改革推進会議】規制緩和求めた「住田町」 / “町唯一の”薬局「夜間休日対応、連携で可能」

【規制改革推進会議】規制緩和求めた「住田町」 / “町唯一の”薬局「夜間休日対応、連携で可能」

【2024.05.08配信】4月26日に開かれた内閣府の規制改革推進会議「健康・医療・介護ワーキング・グループ」(WG) では、「在宅医療における円滑な薬物治療の提供について」が議題の1つとなり、岩手県気仙郡住田町の町長から訪問看護ステーションへの薬剤ストックの提案がされた。同町で唯一である薬局が本紙取材に応えた。


【規制改革推進会議WG】スイッチOTC促進議論/令和8年末までOTC化目指す成分リスト公開

【規制改革推進会議WG】スイッチOTC促進議論/令和8年末までOTC化目指す成分リスト公開

【2024.03.29配信】内閣府規制改革推進会議「健康・医療・介護ワーキング・グループ」(WG)が3月28日に開かれ、スイッチOTCの促進について議論された。


【規制改革会議議事録】佐藤WG座長「成分の規制の必要も」/“濫用薬”の販売制度問題で

【規制改革会議議事録】佐藤WG座長「成分の規制の必要も」/“濫用薬”の販売制度問題で

【2024.01.24配信】内閣府規制改革推進会議は、1月24日までに令和5年12月26日開催の会議議事録を公開した。その中で「健康・医療・介護ワーキング・グループ」(WG)の佐藤主光座長は濫用のおそれのある医薬品成分の規制などについて指摘している。


【規制改革推進会議】12月21日にWG開催/一般用医薬品の販売制度で/YouTube公開

【規制改革推進会議】12月21日にWG開催/一般用医薬品の販売制度で/YouTube公開

【2023.12.19配信】内閣府規制改革推進会議は12月21日に、「健康・医療・介護ワーキング・グループ」(WG)をYouTube公開形式で開催する。


【規制改革推進会議】YouTube公開開催/スイッチOTC拡大や在宅医療などテーマ/12月11日(月)16:00~

【規制改革推進会議】YouTube公開開催/スイッチOTC拡大や在宅医療などテーマ/12月11日(月)16:00~

【2023.12.07配信】内閣府規制改革推進会議は12月11日に、「第3回 健康・医療・介護ワーキング・グループ」をYouTube公開にて開催する。テーマはスイッチOTC拡大や在宅医療の環境整備などについて。


最新の投稿


【大木ヘルスケアHD】フェムケアカテゴリー提案/月経カップなども

【大木ヘルスケアHD】フェムケアカテゴリー提案/月経カップなども

【2024.06.19配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングスは6月18日・19日の両日、「2024OHKI秋冬用カテゴリー提案商談会」を開催。会期中に同社社長の松井秀正氏が会見を行った。


【調剤報酬改定_疑義解釈(その8)】特定薬剤管理指導加算3ロ、「10月以前」算定可能/必要かつ十分な説明で

【調剤報酬改定_疑義解釈(その8)】特定薬剤管理指導加算3ロ、「10月以前」算定可能/必要かつ十分な説明で

【2024.06.19配信】厚生労働省は6月18日、調剤報酬改定の「疑義解釈(その8)」を発出した。特定薬剤管理指導加算3ロについては、必要かつ十分な説明を行えば10月1日より前の時点でも算定可能とした。


【調剤報酬改定_疑義解釈(その8)】特定薬剤管理指導加算3のイロ、「初回」算定可能

【調剤報酬改定_疑義解釈(その8)】特定薬剤管理指導加算3のイロ、「初回」算定可能

【2024.06.19配信】厚生労働省は6月18日、調剤報酬改定の「疑義解釈(その8)」を発出した。


【デジタル行財政改革会議】リフィル処方箋、保険者による通知などで周知を/取りまとめ2024

【デジタル行財政改革会議】リフィル処方箋、保険者による通知などで周知を/取りまとめ2024

【2024.06.18配信】政府のデジタル行財政改革会議は6月18日、「デジタル行財政改革 取りまとめ2024」を公表した。医療分野では医療保険者による加入者に対する個別の周知などによってリフィル処方箋の周知・広報を行うとした。


【夜間休日の薬局リスト】「難解な要件」をクリアし「感慨深い」/都薬髙橋会長

【夜間休日の薬局リスト】「難解な要件」をクリアし「感慨深い」/都薬髙橋会長

【2024.06.17配信】東京都薬剤師会の髙橋正夫会長は6月15日の通常総会で挨拶し、最近の薬剤師会を取り巻く状況について解説した。


ランキング


>>総合人気ランキング