【ウエルシアHD決算説明会】「後発薬加算の減算」で月1.6億円の減収要因に/かかりつけ指導料算定加速での対応も検討

【ウエルシアHD決算説明会】「後発薬加算の減算」で月1.6億円の減収要因に/かかりつけ指導料算定加速での対応も検討

【2021.07.12配信】ウエルシアホールディングスは7月12日に、2022年2月期第1四半期の連結業績(2021年3月1日~2021年5月31日)の説明会を開催した。この中で後発医薬品体制加算の減算議論に関して質問が出ると、「85%以上の使用率でなければ加算対象にならないと仮定すると月に1億6000万円の減収要因になる」との見方を示した。さらに、この対策として、かかりつけ薬剤師指導料の対応強化を検討しているとした。


物販の苦戦を調剤がカバー

 ウエルシアホールディングスの2022年2月期第1四半期の連結業績(2021年3月1日~2021年5月31日)は、売上高2488億6100万円で前年同期比+7.0%だった。

 前期はコロナの感染拡大によって食品などの特需があったため、今期は特需の反動減があったが、これを調剤事業がカバーした格好。
 例えば品目別の売上では、食品が前期比−1.2%だった一方で、調剤は+1.9%という結果だった。

 調剤併設店舗に関しては、この四半期で46店舗増加しており、41店舗としていた計画を上回る出店を実施。通常は四半期での調剤併設増加は10店舗程度だといい、調剤併設方針が加速していることがうかがえる。調剤併設率は76.3%となった。

 背景には薬剤師の採用が順調に進んでいることを挙げた。

 今期の取り組みとしては、新たなPB品シリーズの「からだWelcia」と「くらしWelcia」を拡充していく方針を示し、今期中に100アイテム上市を目指すとした。
 同シリーズは6月28日に、5品目の発売から開始しており、健康や環境に配慮する製品となっている。
 
 グループ会社同士の良さを生かし合う多様性の受け入れやウエルカフェ、「イオン1%クラブ」、さらには食品ロスなどの環境問題を通して社会課題解決に取り組んでいく考えを示した。

 価格競争が激化していることに関しては「根底にあるデフレは少子高齢社会においてどうか。安易な値引きではなく、サービスの質に見合ったフェアプライスが持続的な企業の成長と同時に地域社会と取引先などのステークホルダーとの良好な関係構築につながる」との考えを示した。

 ドラッグストア業界の低価格志向や北関東でのコスモス薬品の出店攻勢に関して質問が出ると、同社社長の松本忠久氏は、「専門総合店舗という理念に基づき、調剤併設推進のほか、カウンセリング販売に磨きをかけていくという決意に変わりはない」として価格ではない競争を行っていく考えを示した。

かかりつけ推進で課題となる「24時間対応のルール」にもメド

 出席していたアナリストからは、後発品調剤体制加算の減算という議論やリフィル処方の提案などが出ていることなど、調剤事業への影響に関する質問が出た。

 同社は「後発医薬品使用に関しては75%、80%、85%と3段階の使用率に応じた加算があるが、仮に85%以上の場合にしか加算を算定できないとすると当社では月に1億6000万円の減収要因になると試算している。ここに対して何も策を講じないのではなく、かかりつけ薬剤師指導料を積極的に加算していくことを考えている」と話した。「かかりつけ推進において24時間対応のルール作りや携帯電話の費用などについてもメドが立った」とも話した。

 リフィル処方箋については、「(そうなれば)対応できるように体制をとっていきたい」と話した。

この記事のライター

関連する投稿


【ツルハHD】ウエルシアHDとの経営統合報道でコメント公表

【ツルハHD】ウエルシアHDとの経営統合報道でコメント公表

【2023.02.26配信】ツルハホールディングスは2月26日、ウエルシアホールディングスとの経営統合に関する報道があったことを受け、コメントを公表した。


【ウエルシアHD】店舗のブースでオンライン健康相談開始/まずは2店舗で/看護師が対応

【ウエルシアHD】店舗のブースでオンライン健康相談開始/まずは2店舗で/看護師が対応

【2024.02.20配信】ウエルシアホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松本忠久氏)は2月19日から、グループのウエルシア薬局イオンタウン幕張西店・ウエルシア薬局田町グランパークにおいてオンライン健康相談(遠隔健康医療相談)サービスの提供を開始した。医療法人社団ゆみの(本社:東京都豊島区、理事長:弓野大氏)との協働で実施するもの。


【ウエルシアHD】食料品やカイロ提供/能登半島地震支援で

【ウエルシアHD】食料品やカイロ提供/能登半島地震支援で

【2024.01.09配信】ウエルシアホールディングスは1月9日、2024年2月期 第3四半期決算の説明会を開催し、その中で能登半島地震への支援状況についても説明した。


【ウエルシアHD】調剤、地域⽀援体制加算の経過措置終了も粗利率維持/各種加算の取り組みにより

【ウエルシアHD】調剤、地域⽀援体制加算の経過措置終了も粗利率維持/各種加算の取り組みにより

【2023.07.10配信】ウエルシアホールディングスは7月10日、2024年2月期 第1四半期連結業績(2023年3月1日~2023年5月31日)を公表した。調剤報酬においては地域支援体制加算の経過措置の終了があったが、同社調剤事業では、各種加算の取り組みにより粗利率は維持したという。


【ウエルシアHD】コロナ5類移行後も検査立会を継続

【ウエルシアHD】コロナ5類移行後も検査立会を継続

【2023.05.08配信】ウエルシアホールディングスは5月8日、コロナ5類移行後も検査立会を継続するとリリースした。


最新の投稿


【日本薬剤師会】会長候補者記者会見を開催

【日本薬剤師会】会長候補者記者会見を開催

【2024.02.27配信】日本薬剤師会は2月27日、次期会長候補者による記者会見を行った。


【スギHD】調剤チェーンのI&Hを子会社化へ

【スギHD】調剤チェーンのI&Hを子会社化へ

【2024.02.27配信】スギホールディングスは2月27日、調剤チェーンのI&Hを子会社化すると公表した。


速報【アイン敷地内薬局めぐる裁判】元アインの2被告に求刑、懲役10カ月

速報【アイン敷地内薬局めぐる裁判】元アインの2被告に求刑、懲役10カ月

【2024.02.27配信】KKR札幌医療センターの敷地内薬局の整備を巡り、公契約関係競売入札妨害の罪に問われたアインファーマシーズ元代表取締役社長・酒井雅人被告、同社元取締役・新山典義被告、KKR札幌医療センター元事務部長・藤井浩之被告の第4回公判が2月27日午前10時から、札幌地裁805号法廷で行われた。(ジャーナリスト・村上 和巳)


【ツルハHD】ウエルシアHDとの経営統合報道でコメント公表

【ツルハHD】ウエルシアHDとの経営統合報道でコメント公表

【2023.02.26配信】ツルハホールディングスは2月26日、ウエルシアホールディングスとの経営統合に関する報道があったことを受け、コメントを公表した。


【1万字インタビュー】安川孝志薬剤管理官に聞く

【1万字インタビュー】安川孝志薬剤管理官に聞く

【2024.02.26配信】2月14日、令和6年度調剤報酬改定が答申された。本紙では、厚生労働省保険局医療課・薬剤管理官の安川孝志氏に、薬局に関係する調剤報酬改定の部分についてインタビューした。