【薬局における後発薬の流通実態調査】「供給問題で調剤業務に影響経験」65%/東京都薬剤師会調べ

【薬局における後発薬の流通実態調査】「供給問題で調剤業務に影響経験」65%/東京都薬剤師会調べ

【2021.06.19配信】東京都薬剤師会は会員の薬剤師に対し、「後発医薬品に関する流通及び対応状況に関する調査」を実施している。6月17日までに回答数が1000件に達したことを機に途中経過を集計し、公表した。その結果、「納品が滞り、調剤業務に影響が出る場合がある」との回答は65%あった。


「希望数通りに納品」はわずか1%

 2月に発覚した睡眠薬混入事件を皮切りに、製造販売業者の一連の不祥事が起こり、その不祥事に係る行政処分として小林化工に業務停止命令が出されたほか、日医工にも業務停止命令が通達されている。小林化工の虚偽申請に関連しては12品目が取り消しになっている。
 こうした結果、後発薬への患者からの不安のほか、相次ぐ製品回収や操業停止による製品の流通不足、出荷調整に伴う代替後発薬の入手困難など、薬局においては患者への事象説明のほか、選定・入手に時間を費やす事態となっている。
 
 こうしたことから、東京都薬剤師会は6月11日から「後発医薬品に関する流通及び対応状況に関する調査」を実施。6月18日時点で回答数が1000名となったことを受け、途中経過を集計し公表した。

 自局で採用している後発医薬品について、「現在の卸の納入状況」については、「希望した後発医薬品が発注数通りに納品されている」との回答はわずか1%。
 「希望した発注数通りではないが、調剤業務に影響が出ない範囲で納入されている」が17%。
 「納品が滞り、調剤業務に支障が出る場合がある」との回答が65%と過半だった。
 「製品が流通していないため発注ができない場合が多くある」との回答も17%あった。

「販売実績を理由にした納品不可」1000人中348人が経験

 納品・発注できないことに対する卸からの説明内容については、納品や発注に支障があるとした人のうち、「卸に在庫はあるが、販売実績などで販売先が指定されており貴局には納品できない」とされたのが348人。
 「発注量の一部は納品できるが、不足分は入荷次第となる」が467人。
 「卸に在庫がないので納品できない」が511人。
 「発注時に説明がなく、納品日に欠品があることを説明された」が227人。
 「製造メーカーが得意先への割り当て数を決めているので一定量の納品しかできない」が386人。
 「新規採用品の注文を受けたが、出荷調整のため納品できない」は433人という結果だった。

 「現在納品が滞っている品目数」では「4品目超」が63%と最多だった。

 自由記述の品目数回答では10品目が72人と最多だった。

 「納品が滞り、調剤業務に支障が出る場合がある」と回答した646名の対処方法では、「先発医薬品に変更した」ことがある人は533人だった。

 対処方法への患者の反応では「納得した」が592人、「先発品への変更に同意した」が419人である一方、「負担金額が変わることへの不満を訴えた」150人、「製品が変わることに不安を持たれた」320人だった。

東京都薬剤師会調べ

******
<編集部コメント>
 同種同薬効への変更などに関しては、海外の薬局では薬剤師の裁量で変更が可能な国もあると聞く。

 供給不安やコロナで薬局の業務負担が増す中、例えば「医療機関からの一定のルールの許容範囲の発出に基づく」などの条件下であってもよいので、一部の薬効の代替を認めるなどの工夫や緩和が求められているのではないだろうか。

この記事のライター

関連する投稿


【東京都薬剤師会】薬事衛生自治指導、“調剤ポイント”不適178件

【東京都薬剤師会】薬事衛生自治指導、“調剤ポイント”不適178件

【2024.02.09配信】東京都薬剤師会は2月9日の会見で、「薬事衛生自治指導員巡回指導実施件数及び遵守状況について」を報告した。


【東京都薬剤師会】緊急避妊薬の“研修”、申し込み増

【東京都薬剤師会】緊急避妊薬の“研修”、申し込み増

【2024.02.09配信】東京都薬剤師会は2月9日の会見で、同会が主催する緊急避妊薬の調剤に関する研修申込が増加している状況を明かした。


【東京都薬剤師会】調剤報酬改定にコメント

【東京都薬剤師会】調剤報酬改定にコメント

【2024.02.09配信】東京都薬剤師会は2月9日に会見を開き、この中で2024年度調剤報酬改定についてコメントした。


【日病薬】後発薬の“企業指標”、「現場として選択の指標にもなる」/川上副会長

【日病薬】後発薬の“企業指標”、「現場として選択の指標にもなる」/川上副会長

【2023.12.13配信】日本病院薬剤師会は12月13日に会見を開き、同日の午前中に開かれた中医協での後発薬企業の評価に関わる“企業指標”についてコメントした。現場としても選択の指標になるとの考えを示した。


【中医協】日薬、剤形など柔軟な変更への対応を要望/医薬品供給不安による医療機関・患者負担軽減目的で

【中医協】日薬、剤形など柔軟な変更への対応を要望/医薬品供給不安による医療機関・患者負担軽減目的で

【2023.11.22配信】厚生労働省は11月22日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開き、「後発医薬品の安定供給・使用促進等に係る取組状況について」を議論した。


最新の投稿


【令和6年度調剤報酬改定】地域支援体制加算で夜間・休日の「周知」要件に/1つの手法は地域薬剤師会が中心となったリスト化

【令和6年度調剤報酬改定】地域支援体制加算で夜間・休日の「周知」要件に/1つの手法は地域薬剤師会が中心となったリスト化

【2024.02.20配信】令和6年度調剤報酬改定においては、地域支援体制加算で夜間・休日対応の周知が要件となっている。この周知の手法については、これまで厚労省「薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」とりまとめ(令和4年7月11日 )において、地域において求められる夜間・休日等の対応については、地域の薬剤師会が中心的な役割を担うとともに、会員・非会員を問わず地域の薬局が協力して議論を行うことの必要性が示されていることなどを受け、地域薬剤師会などがリスト化を進めることが1つの手法として示されている。


【ウエルシアHD】店舗のブースでオンライン健康相談開始/まずは2店舗で/看護師が対応

【ウエルシアHD】店舗のブースでオンライン健康相談開始/まずは2店舗で/看護師が対応

【2024.02.20配信】ウエルシアホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松本忠久氏)は2月19日から、グループのウエルシア薬局イオンタウン幕張西店・ウエルシア薬局田町グランパークにおいてオンライン健康相談(遠隔健康医療相談)サービスの提供を開始した。医療法人社団ゆみの(本社:東京都豊島区、理事長:弓野大氏)との協働で実施するもの。


【日本病院薬剤師会】求人・求職サイト運営へ/今春から開始見込

【日本病院薬剤師会】求人・求職サイト運営へ/今春から開始見込

【2024.02.17配信】日本病院薬剤師会は「求人・求職サイト」を運営することにした。今年4~5月の開始を見込む。


【日病薬】武田会長、改定の「薬剤業務向上加算」、第8次医療計画を後押しするもの

【日病薬】武田会長、改定の「薬剤業務向上加算」、第8次医療計画を後押しするもの

【2024.02.17配信】日本病院薬剤師会は2月17日に臨時総会を開いた。挨拶した武田泰生会長は今回の診療報酬改定にも触れ、薬剤業務向上加算については、「新任薬剤師の研修体制の構築や、出向を通してシームレスな薬物治療をつなぎ、第8次医療計画を後押しするものと期待している」と評価した。


【日本保険薬局協会】敷地内薬局「常軌を逸したような大変な引き下げ」/24年度調剤報酬改定の答申で

【日本保険薬局協会】敷地内薬局「常軌を逸したような大変な引き下げ」/24年度調剤報酬改定の答申で

【2024.02.15配信】日本保険薬局協会は2月15日に定例会見を開いた。


ランキング


>>総合人気ランキング