【ドラッグストアでのPCR検査キット販売が拡大】通販→店頭販売へ。ココカラファインやウエルシアHD

【ドラッグストアでのPCR検査キット販売が拡大】通販→店頭販売へ。ココカラファインやウエルシアHD

【2020.12.17配信】ココカラファインは、PCR 検査サービスキット(保険適用 外・全国対象)を、2020 年 12 月 17 日からココカラファインの都内 7 店舗で店頭販売を開始すると発表した。ドラッグストア企業ではサンドラッグやコクミンが自社通販サイトでの取り扱いを開始していたが、店頭販売の動きが活発化している。12月11日にはウエルシアホールディングス子会社のウエルシア薬局が店頭での販売を開始していた。


 取り扱う商品は、「にしたんクリニック」PCR 検査サービスキット。自宅で唾液を自己採取する新型コロナウイルスの PCR 検査サービスキットであり、医療機関を受診せずに検査することが可能。
 検査結果が陽性だった場合、「にしたんクリニック」から陽性者に連絡が入り、その後、保健所に適切に報告が行われる。

 ココカラファインは、「人々の健康や便利な生活を支える企業として、新しい生活様式とお客様のニーズに応えるため、今後も様々な取り組みを積極的に進めていく」としている。

 価格は15,000 円(税抜)。
 店頭販売開始は2020 年 12 月 17 日(木)。
 販売店舗は以下の7 店舗。
 銀座 4 丁目店、目白店 、麹町店、恵比寿店、西新宿 7 丁目店、渋谷センター街店、渋谷宮下公園前店。
 なお、12 月 18 日オープンの東京新宿三丁目店でも取り扱い予定。

 インターネットサイト「ココカラクラブ」でも販売している。
 専用ページ:https://www.cocokarafine.co.jp/ec/campaign/pcr_kit.html

 同サービスキットは、無自覚・無症状の方が対象の、保険適用外の PCR 検査。PCR 検査サービスキットを使用して、自宅で唾液(検体サンプル)を採取し、にしたんクリニックに返送すると、検体サンプルが到着後、最短 3 時間、遅くとも 24 時間以内に、メールにて検査結果が通知される。
 公式サイト:https://pcr.nishitanclinic.jp/
 陰性証明書の発行を希望する場合は、別途「にしたんクリニック」WEB サイトからの申込みが必要(別途、税抜 5,000 円)。
 使用する唾液採取用キットは、説明書を確認の上、自身の責任による自己採取での使用に限る。
 当該 PCR 検査に年齢制限はない。
 検査結果に関わらず、必要に応じてにしたんクリニックの医師に相談することが可能。希望の際はにしたんクリニックに問い合わせする。
 
 にしたんクリニックの概要は、以下の通り。
 名 称:医療法人社団直悠会 にしたんクリニック
 所 在 地:渋谷院 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町 33-1 グランド東京渋谷ビル 7 階
 銀座院 〒104-0061 東京都中央区銀座 7-9-11 モンブラン銀座ビル 9 階
 電話番 号:0120-222-545
 診療項目:美容点滴治療、ダイエット注射(GLP-1)、韓方生薬ダイエット、高濃度ビタミン C 点滴治療(抗がん治療)、幹細胞培養上清液点滴、PCR 検査
 診療日:月・火・水・木・金・土・日 ※祝日は休診
※新型コロナウイルス感染予防対策として現在、医院ごとに特別休診を設けている。
渋谷院は日・金が特別休診、銀座院は日・月が特別休診
 診療時 間:12:00~20:00(最終受付 19:30)
 公 式 サイト:https://www.nishitanclinic.jp/

この記事のライター

関連するキーワード


PCR検査キット コロナ

関連する投稿


【ドライブスルー薬局】「新生堂薬局くまもと県北病院前店」オープン

【ドライブスルー薬局】「新生堂薬局くまもと県北病院前店」オープン

【2021.03.03配信】新生堂薬局は3月1日、ドライブスルー機能を持つ調剤薬局 「新生堂薬局くまもと県北病院前店をオープンした。


【ププレひまわり】エステの営業を再開

【ププレひまわり】エステの営業を再開

【2021.03.03配信】ププレひまわり(広島県)は3月1日から、「ププレエステ」の営業を再開する。感染拡大防止のために昨年12月14日から臨時休業していた。


【マツキヨ】17店舗の臨時休業を告知。空港や繁華街立地店舗が中心

【マツキヨ】17店舗の臨時休業を告知。空港や繁華街立地店舗が中心

【2021.03.02配信】マツモトキヨシホールディングスは、新型コロナウイルス感染症の感染防止策として、空港や繁華街立地店舗を中心に17店舗の臨時休業を告知した。すでに休業していた店舗を含む。


【コロナで変わったヘルスケア売り場】生活者の「予防」ニーズが顕著に/大木ヘルスケアHD会見

【コロナで変わったヘルスケア売り場】生活者の「予防」ニーズが顕著に/大木ヘルスケアHD会見

【2021.02.25配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングスは同社主催の提案商談会の実施概要に関して会見を開いた。その中で、同社社長の松井秀正氏は、「生活者の予防ニーズが顕著に現れてきている」とコロナ禍のヘルスケア売り場の変化を総括。これまでは症状が出てから対処するための商品購入に至るケースが多かったが、コロナ禍では“かからない”ために商品を購入するという動きが活発化。マスクや消毒薬などが典型だが、オーラルケアや体温を高める意味で入浴剤なども提案を拡充していくべき商品だと話した。


【PCR検査】薬王堂、医療機関からの受託を開始。提携医療機関を募集

【PCR検査】薬王堂、医療機関からの受託を開始。提携医療機関を募集

【2021.02.22配信】薬王堂は、セルスペクトと共同で行っているPCR 検査検体搬送エリア拡大に伴い、医療機関への受託検査サービス提供を開始する。


最新の投稿


【薬剤師の取り組み】S N Sアカウントを「性教育と薬物専門講師」にした薬剤師の活動

【薬剤師の取り組み】S N Sアカウントを「性教育と薬物専門講師」にした薬剤師の活動

【2021.03.08配信】緊急避妊薬を薬局で販売する議論がきっかけの一つではあると思う。薬局薬剤師の中に、「性」に関する相談能力を拡充しようとする動きがある。ヒルマ薬局(東京都板橋区)の比留間康二郎氏もその一人だ。S N Sのアカウントを「性教育と薬物専門講師」とし、学校への講演活動などを展開している。今回、比留間氏から活動への思いをご寄稿いただいた。その中に込められていたのは、難しいテーマだからこそ、悩んでいる若い世代に寄り添えることのやりがいではないかと思う(編集部)。


「ブルーゾーンプロジェクト」始動、薬局が地域と連携して健康寿命延伸に寄与

「ブルーゾーンプロジェクト」始動、薬局が地域と連携して健康寿命延伸に寄与

【2021.03.08配信】健康寿命が長い地域の通称として知られる“ブルーゾーン”。このブルーゾーンや健康で長寿な人の研究が進んでおり、体を動かしていることや食事、社会との関わりを持ち続けているなどの共通点も分かってきている。そうであるなら、人工的に地域をブルーゾーンにする取り組みができないのか――。そんな発想から始まったのが「ブルーゾーンプロジェクト」だ。


【2月月次】薬王堂HD、全店−7.8%、既存店−11.8%

【2月月次】薬王堂HD、全店−7.8%、既存店−11.8%

【2021.03.08配信】薬王堂ホールディングスは2月月次業績を公表した。それによると、全店−7.8%、既存店−11.8%だった。


【2月月次】ココカラファイン、全店-12.1%、既存店-17.3%

【2月月次】ココカラファイン、全店-12.1%、既存店-17.3%

【2021.03.08配信】ココカラファインは2月月次業績を公表した。それによると、全店-12.1%、既存店-17.3%だった。


【コロナワクチン薬剤師研修_詳細レポート】2月27日に実施された東住吉区薬剤師会の内容

【コロナワクチン薬剤師研修_詳細レポート】2月27日に実施された東住吉区薬剤師会の内容

【2021.03.05配信】大阪市の東住吉区薬剤師会は2月27日に、新型コロナワクチンの希釈・薬液充填に関する手技講習を実施した。同会の執行部、そして同会に協力した東住吉森本病院薬剤科や訪問看護ステーション湊が力を合わせて当日のテキストや準備品を用意したものだ。注射の扱いに必ずしも慣れていない薬剤師が希釈や充填などの作業を習得するための情報は多くない。「これから実施する薬剤師の参考になれば」と、詳細を記事にすることを了解いただいた同会に感謝したい。


ランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

ドラビズ on-line で話題のキーワード


GoTo コロナ ツルハホールディングス ツルハ 従業員感染 訃報 店員 従業員