【東京都薬務課】市販薬のオーバードーズ対策盛り込み検討/薬物乱用意識調査受け

【東京都薬務課】市販薬のオーバードーズ対策盛り込み検討/薬物乱用意識調査受け

【2023.09.27配信】東京都薬務課は9月27日に定例会見を開き、先ごろ公開した薬物乱用に対する意識調査結果について説明した。


市販薬過剰摂取による健康被害の認識8割も若年層では違う様相

 調査は「薬物乱用に対する意識」に関するもので、都政に生かす目的で実施されている。2023年6月27日~7月6日まで、インターネットで行われた。8月18日に結果が公表されていたもの。

 調査の結果については、「市販薬の過剰摂取によって重篤な健康被害を引き起こす」との認識が8割にのぼっていた。
 ただ、市販薬の過剰摂取が問題となっているのは若年層であり、結果の「8割」は全年代の回答。モニターは東京都の人口構成を考慮して年代配分されているため、高齢者の回答が多い状況となっている。

 この点に関して、記者から「いわゆるオーバードーズの問題が8割で認識されているとの結果は、若年層での問題が指摘されている中ではミスリードになりかねないのではないか」との質問が出ると、都は、その可能性を認めた上で、都では別途、若年層に焦点を当てた調査を行っており、そうした調査では今回の「8割」との結果から乖離している状況になっていることを把握していると述べた。

 都では今回の結果等も踏まえ、次期「薬物乱用対策推進計画」を今年度中にとりまとめる方針。
 これまで「薬物乱用」というと違法薬物や危険ドラッグ対策が中心だったが、昨今のオーバードーズの問題を受け、今回の調査では初めて市販薬に関する設問を設けたとした。「推進計画」はさまざまな委員で構成されており、現在は各部署で必要な施策を検討している段階という。パブコメを経ての決定となるが、現時点では市販薬の施策を盛り込んでいくことが考えられるという。

「市販薬の過剰摂取を構わないとする理由」は、「薬局・ドラッグストアで簡単に購入できるから」21.1%

 なお、調査では「市販薬の過剰摂取を構わないとする理由」を聞いている。
 それによると、「自己責任だと思うから」57.9%、「市販薬は違法薬物ではないから」26.3%、「市販薬は安全だと思うから」26.3%、「市販薬は薬局・ドラッグストアで簡単に購入できるから」21.1%などとなっている。

 そのほか、都では、今回の調査を受け、SNSや動画での啓発施策の必要性が浮かび上がっていることや、禁止するだけでなく使用者本人の問題に寄り添うような施策を求める傾向も出ているなどと分析した。

この記事のライター

関連するキーワード


濫用のおそれのある医薬品

関連する投稿


【日本薬剤師会】オーバードーズに関する啓発資材を作成/相談できる環境を薬局に整える目的

【日本薬剤師会】オーバードーズに関する啓発資材を作成/相談できる環境を薬局に整える目的

【2024.03.08配信】日本薬剤師会はこのほど、オーバードーズに関する啓発資材を作成し、都道府県薬剤師会担当役員に対して周知した。


【規制改革会議議事録】佐藤WG座長「成分の規制の必要も」/“濫用薬”の販売制度問題で

【規制改革会議議事録】佐藤WG座長「成分の規制の必要も」/“濫用薬”の販売制度問題で

【2024.01.24配信】内閣府規制改革推進会議は、1月24日までに令和5年12月26日開催の会議議事録を公開した。その中で「健康・医療・介護ワーキング・グループ」(WG)の佐藤主光座長は濫用のおそれのある医薬品成分の規制などについて指摘している。


【厚労省】オーバードーズ対策念頭に医薬品適正販売で文書発出/“依存疑い”での副作用等報告徹底も

【厚労省】オーバードーズ対策念頭に医薬品適正販売で文書発出/“依存疑い”での副作用等報告徹底も

【2023.12.19配信】厚生労働省は12月19日、「一般用医薬品の適正販売及び適正使用について」との文書を各地域の衛生主管部(局)長宛てに発出した。オーバードーズ対策念頭に医薬品適正販売の徹底を促している。


【チェーンドラッグストア協会】レジ・アラート・システム導入、2000店舗増加

【チェーンドラッグストア協会】レジ・アラート・システム導入、2000店舗増加

【2023.08.25配信】日本チェーンドラッグストア協会は8月25日に定例会見を開き、レジ・アラート・システム導入状況調査結果を公表した。それによると会員企業での導入店舗は2281店舗増加し、 1万9197店舗になったという。導入済み店舗の会員店舗に占める比率は94.7%となったとしている。昨年調査か9.8%の増加。


【医薬品販売制度検討会】市販薬の濫用問題、オンライン服薬指導による販売が俎上に

【医薬品販売制度検討会】市販薬の濫用問題、オンライン服薬指導による販売が俎上に

【2023.06.13配信】厚生労働省は6月12日、「第5回医薬品の販売制度に関する検討会」を開催。この日は「濫用等のおそれのある医薬品」についても議題になった。事務局は「オンライン服薬指導を用いた販売方法とすることについて、どのように考えるか」と論点を提示。委員から賛成の声が多くあがった。ネット販売がメールなどのやりとりであるのに対して、オンライン服薬指導による販売は画像・音声を用いたリアルタイムの双方向通信を想定しており、より本人確認などで実効性があるとみられる。


最新の投稿


【楽天グループ】薬局予約アプリ「楽天ヘルスケア ヨヤクスリ」の提供を開始

【楽天グループ】薬局予約アプリ「楽天ヘルスケア ヨヤクスリ」の提供を開始

【2024.04.22配信】楽天グループ株式会社は4月18日、「処方せん医薬品を薬局で迅速に受け取ることができる調剤薬局予約アプリ『楽天ヘルスケア ヨヤクスリ』の提供を開始した」と公表した。


【薬局検討会】健康サポート薬局、「薬機法で定めるべき」/日本薬剤師会が要望

【薬局検討会】健康サポート薬局、「薬機法で定めるべき」/日本薬剤師会が要望

【2024.04.22配信】厚生労働省は4月22日、「第4回薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」を開き、健康サポート薬局と認定薬局(地域連携薬局、専門医療機関連携薬局)の在り方について議論した。


【厚労省】選定療養の対象医薬品リスト1095品目を公開/ヒルドイドなども

【厚労省】選定療養の対象医薬品リスト1095品目を公開/ヒルドイドなども

【2024.04.22配信】厚生労働省はこのほど、「後発医薬品のある先発医薬品(長期収載品)の選定療養について」とのサイトを公開した。4月19日には事務連絡を発出。その中で対象医薬品リストも公開した。ヒルドイドなども含まれている。


【医薬品制度部会】認定薬局、「医療制度に組み込む方がいい」/希少疾病の認定薬局の提案も/委員から

【医薬品制度部会】認定薬局、「医療制度に組み込む方がいい」/希少疾病の認定薬局の提案も/委員から

【2024.04.18配信】厚生労働省は4月18日、「令和6年度第1回 厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。


【医薬品制度部会】日薬、フォローアップの重要性指摘/厚労省「GL作成中」

【医薬品制度部会】日薬、フォローアップの重要性指摘/厚労省「GL作成中」

【2024.04.18配信】厚生労働省は4月18日、「令和6年度第1回 厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。


ランキング


>>総合人気ランキング