【店頭トレンド発信】matukiyo LAB「サプリメントバー」体験レポート/傾聴のスキル育成に感嘆

【店頭トレンド発信】matukiyo LAB「サプリメントバー」体験レポート/傾聴のスキル育成に感嘆

【2021.09.06配】「地域のお客様の美と健康をトータルサポートする」をコンセプトに展開する「matukiyo LAB」。薬剤師・管理栄養士・ビューティスペシャリストが専門的な知識ときめ細やかなサービスを提供する新しいスタイルのマツモトキヨシだ。管理栄養士が提供するサービス「サプリメントバー」では顧客の悩みや生活習慣から必要な栄養素を提案、自分に合ったサプリメントをつくることができる。今回は実際にサプリメントバーを体験しレポートする。2021年10月にはココカラファインと経営統合を控えているマツモトキヨシ。前回レポートした対面サービスを含めて、両者ににどのような共通点があるのか。【記事=登録販売者ライター・「梨さん」】


1、オーダーメイドサプリの作り方

 今回訪れたのは関東のmatukiyo LAB。駅から近くアクセスしやすい店舗だ。
マツキヨといえば黄色い外観が印象的だが、matukiyo LABの外観はモノクロで統一されている。
従来の店舗とのギャップとそのスタイリッシュなデザインが目を引き、ワクワクした気持ちになる。はやる気持ちを抑えて入店するが、その日はあいにく管理栄養士が不在。残念ながらサービスを受けることが出来なかった。
その場にいた店舗スタッフにサプリメントバーの提供時間を聞き、日を改めて伺うことになった。(後日、これがきっかけで驚くことになるとは当時は知る由もなかった。)

 数日後。サプリメントバー再チャレンジのため来店。専用カウンターでサプリを作ってみたい旨を話す。管理栄養士がすぐご案内できるとのことでカウンターに腰を掛け、さっそくカウンセリング開始。カウンセリングの進め方には種類があり、具体的なお悩みを聞いて必要な栄養素を提案する方法と、チェックシートを用いて自分に必要な栄養素を導きだす方法の2パターンあるようだ。
 私は自分自身の悩みがはっきりしなかったのでチェックシート方式で進めてもらうことにした。
 チェックシートは「食事・美容・生活習慣」の三項目に分かれていて、それぞれの問いに「当てはまる・やや当てはまる・当てはまらない」を記入する。医薬品や他のサプリメントの服用の有無があれば、その情報も考慮され、より正確な提案ができる。
 記入したものをスタッフがタブレットに入力、必要な栄養素がグラフ化され、それを元に管理栄養士がアドバイスしてくれる…という流れだ。
 
 私の場合は日ごろチョ〇ラBBを服用していたので、マツキヨのサプリではビタミンB群は除外したほうがいいと提案された。同じ栄養素を過剰に摂取すると吸収しきれなかった分は尿として排出されるのでもったいないとのことだ。
 代わりにおススメしてくれたのは天然型ビタミンEと亜鉛。天然型ビタミンEは体内の脂質を酸化から守り、血液の巡りを良くしてくれるのでこれからの寒暖差が気になる季節に相性が良い。亜鉛は皮膚や粘膜正常に保つために必要な栄養素。ビタミンB群も皮膚や粘膜の栄養素のため、今飲んでいるビタミン剤のサポートとして加えてあげると良いのではないかとアドバイスをしてくれた。

 サプリをただ勧めるのではなく、足りている栄養素はしっかり取り下げ、プラスした方が良いものは自信をもって勧めてくれる管理栄養士の接客レベルの高さにとても感心した。

 カウンセリングを重ね、ある程度必要な栄養素が決まったところで、「今選んだサプリ、一日に飲む量はどのくらいなのか実際見てみましょう」と言われる。サプリの実物が一粒一粒シャーレに乗せられるが、この時、思ったより量が多いことに気が付く。(一日10粒を超える量になってしまった。毎日こんなに飲めるのかな…)と戸惑っていると「毎日飲むのが負担になりそうなら量を減らしたり調整したりすることもできますよ」と提案してくれた。管理栄養士の言う通り、少し負担に感じていたので選んだ栄養素のうち、いくつか減らしてもらった。
 自分が選んだものをキャンセルするのは何だか後ろめたさを感じるな…と思っていたので、管理栄養士から提案してくれたこの気遣いはとてもありがたいと感じた。

 欲しいサプリが決まり、いよいよ分包してもらう。今回選んだのは天然型ビタミンEを含む4種のサプリ。お試しということで7日分をお願いした。分包パターンも「一日分ごとに分包」か「一日二回に分けて飲めるよう分割」のどちらかを選べるらしい。「飲みやすさ重視なら分割が良いですよ」と最後の最後まで親切にしてもらい、分割で分包してもらうことにした。

 いよいよ会計し商品を受け取る。管理栄養士から「今回はすぐご案内できたが、混雑時は待ち時間が発生することもあるため、事前予約するとスムーズに案内できますよ」と案内をもらった。なるほど、次からはそうしようと帰ろうとしたときだった。

 『他のスタッフから聞いたんですが、前回サプリメントバーがお休みの時にいらっしゃってくれたんですよね。今日また来て頂いてありがとうございます。よかったらまたいらしてくださいね。』

 管理栄養士の優しく思いやりのある言葉に衝撃が走った。
 お見送りの時までお客さんを気遣い、対応する姿を目の当たりにし、同じドラッグストアで働く身として学びを得た瞬間でもあった。最後のお見送りまでおもてなしされているようで、「ドラッグストアの接客もここまでレベルの高いものになったか」と感心する気持ちと「自分も負けていられない」という意欲が沸き、お客さんとしても店頭スタッフとしても大変刺激になった一日であった。

2、対面サービスにおけるマツキヨとココカラスタッフの共通点

 マツモトキヨシとココカラファイン、どちらのスタッフも限られた時間でお客さんとの人間関係を構築することに長けている。

 スタッフの豊富な知識のおかげでカウンセリングが円滑に進むことや終始落ち着いた様子でハキハキとした話し方で接してくれることで、この担当者にならなんでも相談が出来るぞ、という安心感が生まれる。
 
 また、お客さんの話を聞く能力もとても高く、「このお客さんが必要としているものは何なのか」というニーズを探るため、傾聴する姿勢がスタッフにしっかり身についているのだ。
 「お客さんに何を話すのか」ではなく、「お客さんの話をどう聞くのか」を念頭に置き、話に耳を傾け、共感することでニーズを捉える。それがお客様への満足と信頼につながっていることを両社のサービスから感じた。

3、最後に

 対面サービスのスタッフはお客さんの深い悩みに触れることが多いため、より専門的な知識が求められる。また、一対一で対応するので、カウンセリングから会計までやり遂げるオペレーション能力も必要だ。
 マツキヨとココカラの対面サービススタッフはそのどちらの能力も兼ね備えており、両社ともにスタッフの育成に力を入れていることがうかがえる。

 2021年10月にはマツキヨココカラ&カンパニーになり、大きな進化を遂げる。2社が組み合わさることで、お客さん一人ひとりのお悩みに合わせて行う対面サービスはますます発展していくだろう。専門性と利便性を兼ね備えた独自性のあるサービスがどう変わっていくのか、目が離せない日々が続く。

マツキヨといえば黄色い外観が印象的だが、matukiyo LABの外観はモノクロで統一されている

この記事のライター

関連する投稿


【地域連携薬局】大阪府の認定取得薬局一覧/ドラッグストアではマツキヨとココカラファインが取得

【地域連携薬局】大阪府の認定取得薬局一覧/ドラッグストアではマツキヨとココカラファインが取得

【2021.08.21配信】大阪府が公表している8月1日時点の認定薬局を掲載する。ドラッグストアではマツモトキヨシとココカラファインが認定を取得している。


最新!2021年ドラッグストア調剤売上ランキング!ドラッグストアで拡大意欲高まる調剤事業

最新!2021年ドラッグストア調剤売上ランキング!ドラッグストアで拡大意欲高まる調剤事業

【2021.08.16配信】ドラビズon-lineでは上場ドラッグストア企業の最新決算業績から、「調剤売上ランキング」を集計した。その結果、1位はウエルシアホールディングスだった。総売上ランキングでは5位のスギホールディングスが、調剤売上では2位となり、存在感を示した。総売上ランキングでは6位のココカラファインも調剤売上では4位に浮上。同社の調剤売上の対総売上比率は20%を超えている。今年のコロナ禍でも同社の調剤売上は前期比+9%となっている。10月に統合を控えるマツモトキヨシ ホールディングスとの調剤売上を合算すると調剤売上では上場ドラッグストア 企業中、2位に位置することもわかった。


【コロナワクチン職域接種】マツモトキヨシHDが実施を決定/まずは千葉県の本社で

【コロナワクチン職域接種】マツモトキヨシHDが実施を決定/まずは千葉県の本社で

【2021.06.17配信】マツモトキヨシホールディングスは6月17日、コロナワクチンの職域接種に協力することを決定した。エッセンシャルワーカーである従業員のための安全・安心な職場環境を整備する。


【コロナ対応のための出勤者数の削減状況公表】マツキヨとツルハが告知/マツキヨ7割、ツルハ5割の削減状況報告

【コロナ対応のための出勤者数の削減状況公表】マツキヨとツルハが告知/マツキヨ7割、ツルハ5割の削減状況報告

【2021.06.09配信】コロナ対応のための出勤者数の削減状況の公表が望ましいとされる中、マツモトキヨシホールディングスとツルハホールディングスはホームページ上で状況を告知した。マツモトキヨシHDは7割削減、ツルハHDでは5割削減の状況を報告している。


【地域密着薬局をマツキヨが支える!?】M&AでもFCでもない商品供給プログラムに注目

【地域密着薬局をマツキヨが支える!?】M&AでもFCでもない商品供給プログラムに注目

 コロナ禍の受診抑制で経営的に大きなダメージを受けた薬局は少なくない。薬局経営者の中では「これからの薬局経営は調剤に偏重していては立ちいかなくなる」との思いが強くなっている。しかし、具体的に健康サポート機能を強化しようにも、新製品や話題の製品動向の情報収集、また“モノ”そのものの調達も簡単ではない――。そんな課題を抱える地域密着薬局から注目を集め始めているサービスが、マツモトキヨシホールディングス(以下マツモトキヨシHD)が手掛ける「調剤サポートプログラム」だ。同プログラムの有効性はいかほどなのか。業界紙記者が探る。


最新の投稿


【中医協】地域支援体制加算と地域連携薬局の要件の評価擦り合わせ/薬剤師会は慎重姿勢

【中医協】地域支援体制加算と地域連携薬局の要件の評価擦り合わせ/薬剤師会は慎重姿勢

【2021.11.28配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分について議論した。その中で、地域支援体制加算のあり方が議論された。地域連携薬局の要件とすり合わせていく方向が示されたが、日本薬剤師会常務理事の有澤賢二氏は慎重な姿勢を表明。認定薬局は始まったばかりの制度で実績が出ていないとして、「経過を観察し報酬上での評価については状況が見えてきたら改めて慎重に検討していくべきものではないか」と述べた。


【中医協】薬剤師会、敷地内薬局を有するグループ薬局への評価引き下げ提案

【中医協】薬剤師会、敷地内薬局を有するグループ薬局への評価引き下げ提案

【2021.11.28配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分について議論した。その中で、敷地内薬局への報酬引き下げの方向が示された。敷地内薬局への報酬を想定している特別調剤基本料に関して、日本薬剤師会常務理事の有澤賢二氏は、算定している薬局の調剤料・薬剤料の減算のほか、薬学管理料加算の評価引き下げを求めた。さらには特別調剤基本料を算定する薬局を持っている同一グループに対し、「何かしらの評価を下げることも方策」とした。提案が実現すれば、敷地内薬局1店舗への影響では済まず、グループ全体への減収につながる可能性がある。


【中医協総会】「調剤料に対人業務含まれる」/適切な評価のあり方議論に

【中医協総会】「調剤料に対人業務含まれる」/適切な評価のあり方議論に

【2021.11.26配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分のあり方に関して議論した。その中で、これまで対物業務の筆頭に挙げられてきた「調剤料」に関して、一定の「対人業務」が含まれているとの考え方が示された。委員からも一定の理解を示す声が聞かれた。今後、調剤料に含まれる対人業務をどのように評価するのか、注目される。


【中医協総会】医師会、薬局数の収れんを提言/地域連携薬局の評価には理解

【中医協総会】医師会、薬局数の収れんを提言/地域連携薬局の評価には理解

【2021.11.26配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分について議論した。この中で日本医師会常任理事の城守国斗氏は認定薬局の推進に理解を示した上で、薬局数の収れんの必要性を指摘。「かかりつけを概念に、適切な薬局数に収れんすることができるのか、大きな意味での医療政策を中医協以外の場でも国でしっかり検討していただきたい」と要望した。


【日本医薬品登録販売者協会】「登録販売者の倫理規程と業務マニュアル」公表

【日本医薬品登録販売者協会】「登録販売者の倫理規程と業務マニュアル」公表

【2021.11.25配信】日本医薬品登録販売者協会は11月24日、日本チェーンドラッグストア協会などと共同で開いている定例会見の中で活動状況を報告した。10月29日には「登録販売者の倫理規程と業務マニュアル」を作成・公表したとし、「セルフメディケーションを適切に支援する役割」の推進に注力していく考えを示した。厚労省や関係団体、アカデミアなどとの情報交換も活発に行っていることも報告した。


ランキング


>>総合人気ランキング

編集部おすすめ記事