【後発薬の供給状況】5割の薬局で後発薬使用率減少/入手困難な医薬品は3173 品目/薬剤師会調べ

【後発薬の供給状況】5割の薬局で後発薬使用率減少/入手困難な医薬品は3173 品目/薬剤師会調べ

【2021.08.06配信】日本薬剤師会は8月25日に、「後発医薬品の供給状況に関するアンケート結果について【速報】」を公表した。令和 3 年 1 月と 7 月それぞれの単月使用率を比較したところ、5割以上の薬局で減少していた。使用率が最も減少した薬局では、約10%の下げ幅となっている。入手困難な医薬品のうち、その要因の約7割は「出荷調整」。


 調査は、一部の後発医薬品メーカーの不祥事に伴う業務停止などの影響により、後発医薬品の供給不足が発生していることを踏まえ、現場の薬局における後発医薬品の使用状況への影響などを把握するために実施したもの。

 調査では、令和 3 年 1 月から令和 3 年 7 月を対象にした後発医薬品の使用率の状況を調べた。
 そのほか、後発医薬品使用率の変化に伴う影響や、入手困難になっている医薬品やその背景と各薬局における主な代替策を聞いている。

その結果、令和 3 年 1 月と 7 月の単月使用率を比較すると、回答数166薬局のうち、使用率が減少したのは 84 薬局で、回答薬局の 50.6%となった。

 減少率の分布を見ると、使用率が減少した 84 薬局のうち、5%以上減少したのは 8.3%、3~5%減少したのは 10.7%、1~3%減少したのは 52.3%、1%未満は 28.5%だった。なかでも最大で 10%以上も減少している薬局があった。

 入手困難になっている医薬品は3173 品目で、困難な要因として、「出荷調整がかかっている」のは 2207 品目、「注文を断られた」のは 714 品目となっており、全体の 7 割が出荷調整で入手困難になっている(その他、未回答が 252 品目)。

 入手困難になっている医薬品3173 品目のうち、「現在、在庫で対応している」のは 1693 品目と全体の半数以上を占める。また、「他メーカーの後発医薬品に切り替えて対応している」のは 582 品目、「先発品に切り替えて対応している」のは 470 品目、「同効薬に変更して調剤している」のは 162 品目、「患者さんの希望でやむを得ず他の薬局を紹介している」が 15 品目、その他(未回答含む)が 251 品目となっている。

 入手困難になっている主な医薬品は、エルデカルシトールが「183」と回答数が最も多く、次いで、ビソフロロールが「134」、アルファカルシドールが「129」と続いている。

 入手困難な主な医薬品は下記の通り(医薬品名、回答数)。
エルデカルシトール(骨粗鬆症薬) 183
ビソフロロール(高血圧症薬) 134
アルファカルシドール(骨粗鬆症薬) 129
オロパタジン(抗アレルギー薬) 123
プランルカスト(喘息薬) 111
エディロール(骨粗鬆症薬) 91
ランソプラゾール(消化性潰瘍薬) 89
トリアゾラム(睡眠薬) 78
 なお、複数規格を有する品目または複数メーカーが存在するものについては、合算している。

 調査期間は令和 3 年 7 月 27 日(火)~8 月 2 日(月)。メールで回答を受け付け集計した。
 回答数は日本薬剤師会・医療保険委員会委員を介して協力が得られた 166 薬局。

この記事のライター

関連する投稿


【日本薬剤師会】会長選挙、2月9日公示、2月26日届出締め切りへ

【日本薬剤師会】会長選挙、2月9日公示、2月26日届出締め切りへ

【2024.01.17配信】日本薬剤師会は1月17日に定例会見を開き、次期会長・副会長候補者選挙の実施に関して報告した。


【石川県薬剤師会・中森会長】大小の避難所多く対応に難しさ/被災支援状況を報告

【石川県薬剤師会・中森会長】大小の避難所多く対応に難しさ/被災支援状況を報告

【2024.01.10配信】能登半島地震の支援にあたっている石川県薬剤師会会長の中森慶滋氏は1月10日、被災状況や県薬としての支援状況について報告した。東京都内で開かれた日本薬剤師会都道府県会長協議会にオンライン参加したもの。


【日本薬剤師会】初の三つ巴の会長選へ/岩月常務、安部副会長、田尻副会長の3氏が激突

【日本薬剤師会】初の三つ巴の会長選へ/岩月常務、安部副会長、田尻副会長の3氏が激突

【2023.11.11配信】日本薬剤師会の次期会長選挙は開局者としては初の〝三つ巴〟の戦いとなることが濃厚となった。<医薬コラムニスト/ジャーナリスト 玉田慎二>


【先発薬と後発薬の薬価が同等になると?】先発薬の処方量最大1.9倍/民間調査

【先発薬と後発薬の薬価が同等になると?】先発薬の処方量最大1.9倍/民間調査

【2023.10.19配信】日本システム技術株式会社は、独自に保有しているレセプトデータを中心としたメディカルビッグデータ「REZULT」を基に、薬価改定による先発品医薬品の薬価が後発品と同額となったときの影響について独自調査を実施した。その結果、先発薬の処方量は最大1.9倍で、後発薬の処方量も下がらなかった。


【日本薬剤師会】“門前薬局の基本料引き下げ”報道に関する質問に回答

【日本薬剤師会】“門前薬局の基本料引き下げ”報道に関する質問に回答

【2023.10.18配信】日本薬剤師会は10月18日に定例会見を開いた。その中で記者から集中率が高い“門前薬局”の調剤基本料を引き下げるとの報道があったことへのコメントを求める質問が出た。


最新の投稿


【令和6年度調剤報酬改定】地域支援体制加算で夜間・休日の「周知」要件に/1つの手法は地域薬剤師会が中心となったリスト化

【令和6年度調剤報酬改定】地域支援体制加算で夜間・休日の「周知」要件に/1つの手法は地域薬剤師会が中心となったリスト化

【2024.02.20配信】令和6年度調剤報酬改定においては、地域支援体制加算で夜間・休日対応の周知が要件となっている。この周知の手法については、これまで厚労省「薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」とりまとめ(令和4年7月11日 )において、地域において求められる夜間・休日等の対応については、地域の薬剤師会が中心的な役割を担うとともに、会員・非会員を問わず地域の薬局が協力して議論を行うことの必要性が示されていることなどを受け、地域薬剤師会などがリスト化を進めることが1つの手法として示されている。


【ウエルシアHD】店舗のブースでオンライン健康相談開始/まずは2店舗で/看護師が対応

【ウエルシアHD】店舗のブースでオンライン健康相談開始/まずは2店舗で/看護師が対応

【2024.02.20配信】ウエルシアホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松本忠久氏)は2月19日から、グループのウエルシア薬局イオンタウン幕張西店・ウエルシア薬局田町グランパークにおいてオンライン健康相談(遠隔健康医療相談)サービスの提供を開始した。医療法人社団ゆみの(本社:東京都豊島区、理事長:弓野大氏)との協働で実施するもの。


【日本病院薬剤師会】求人・求職サイト運営へ/今春から開始見込

【日本病院薬剤師会】求人・求職サイト運営へ/今春から開始見込

【2024.02.17配信】日本病院薬剤師会は「求人・求職サイト」を運営することにした。今年4~5月の開始を見込む。


【日病薬】武田会長、改定の「薬剤業務向上加算」、第8次医療計画を後押しするもの

【日病薬】武田会長、改定の「薬剤業務向上加算」、第8次医療計画を後押しするもの

【2024.02.17配信】日本病院薬剤師会は2月17日に臨時総会を開いた。挨拶した武田泰生会長は今回の診療報酬改定にも触れ、薬剤業務向上加算については、「新任薬剤師の研修体制の構築や、出向を通してシームレスな薬物治療をつなぎ、第8次医療計画を後押しするものと期待している」と評価した。


【日本保険薬局協会】敷地内薬局「常軌を逸したような大変な引き下げ」/24年度調剤報酬改定の答申で

【日本保険薬局協会】敷地内薬局「常軌を逸したような大変な引き下げ」/24年度調剤報酬改定の答申で

【2024.02.15配信】日本保険薬局協会は2月15日に定例会見を開いた。


ランキング


>>総合人気ランキング