サツドラHD、新会社「R×R Innovation Initiative」設立。コミュニティ企業向けにメディア運営など

サツドラHD、新会社「R×R Innovation Initiative」設立。コミュニティ企業向けにメディア運営など

【2020.10.07配信】サツドラホールディングスは、新しい社会インフラの構築を牽引するプラットフォーム新会社「R×R Innovation Initiative株式会社」を設立する。「企業コミュニティの組成を通じて、課題先進エリアから小売と地域の未来を創造することを目指す」としている。新会社の事業内容として、① メディア事業(情報提供)、② コミュニティ・イベント事業(学び・協業) 、③ コンサルティング事業(仮説検証) を掲げている。


 Falkon Team 社(本社:カリフォルニア州サンノゼ、代表:近藤典弘氏)と共同出資で設立する。Falkon Team 社代表の近藤 典弘氏は、20 年以上にわたり北米における BtoB や BtoG エリアでの事業企画、事業開発活動に従事。2012 年からはシリコンバレーを拠点にスタートアップコミュニティとの積極的な連携を通じた事業開発を推進し、近年では米国自治体コミュニティ連携を推進し、新しい街づくりをコンセプトとしたイベント等も開催。2020 年 4 月より米国にて Falkon Team 社を立ち上げ。

 新会社の事業内容として、3つを掲げる。① メディア事業(情報提供)、② コミュニティ・イベント事業(学び・協業) 、③ コンサルティング事業(仮説検証) 。

メディア事業では、コミュニティメディア(WEB)を運営する。 「Coresight Research 社」と連携し、海外(特に米国)の先進事例やニュースをセレクト、カスタマイズ、翻訳等加工をし、付加価値のある情報をコミュニティ企業向けに提供するクローズメディアを運用していく。さらに小売領域における国内外のスペシャリストが「R×R EXPERT COMMITTEE」として一部の記事の解説や分析を行う。

 ② コミュニティ・イベント事業では、With/Afterコロナ時代の視察、海外パートナーとの連携、新社屋の活用を推進。海外パートナーとのオリジナルイベント、セミナーの開催など、同社新社屋のイベントスペースを活用し、地域と世界が直接つながる場を提供する。さらに各種イベントのオンライン化が進む中、海外で開催される大規模な展示会やイベントの一部を日本にいながらにして参加できる環境やコンテンツを提供しつつ、海外パートナーとのネットワークを活かしたオンリーワンの現地視察ツアーも予定している。

 ③ コンサルティング事業では、課題解決コンサルティング機能の実装と実証実験の場の提供を行う。新たな知見、情報収集を通じ再発見する企業ごとの課題を個別に深掘りし、課題解決まで行うコンサルティング機能を提供。海外パートナーのネットワークを活かした業界エキスパートによるコンサルティングやスタートアップ企業とのマッチングなど、 企業個別のニーズにさまざまな角度で対応する。さらに同社グループの店舗やデータベースの活用、課題を抱えた地域自治体を巻き込んだ実証実験も視野に入れ、より実践的な課題解決がおこなえる場を提供する。

 新会社の代表取締役社長には近藤 典弘氏が就く 。取締役に富山 浩樹氏(サツドラH D代表取締役社長 兼 CEO)と、杉山 英実氏(サツドラH D インキュベーションチームリーダー)が就く。
 新会社の概要は以下の通り。
 名称はR×R Innovation Initiative 株式会社。
 所在地は北海道札幌市東区北 8 条東 4 丁目 1 番 20 号。
 資本金は1000万円。設立予定日は2020 年 11 月上旬。
出資比率はサツドラホールディングス75%、Falkon Team 社 25%。

 メンバーには下表の11名が名を連ねている。

 また、連携企業であるCORESIGHT RESEARCH 社は、ニューヨークに本社を持つ小売業界シンクタンク(https://coresight.com/)。
 リテールビジネスにおける深い知見があり、近藤氏が2020年4月から日本コミュニティリードを担当し、 2021年に日本ブランチ立上げを計画中。


 サツドラH Dは、人口減少や高齢化など社会課題の先進地域と呼ばれる北海道を基点に「ドラッグストアビジネスから地域コネクティッドビジネスへ」をビジョンに掲げている。新たな課題解決型のコミュニティが求められている環境との判断から、国内外のニーズを同社が中心となって、「With コロナ、After コロナ時代における小売と地域の課題解決の場(ヒト・モノ・カネ・ 情報が集まり、新たなブランドが育ち、プロジェクト単位での協業・実証実験ができる場) を作っていく」としている。


参画企業を多数募集するとして、オンライン事業説明会を開催予定。以下のリンクからエントリーできる。
https://forms.gle/9dYqvRQCrxcJKB39A

この記事のライター

関連する投稿


【企業認定】サツドラHD、「札幌市がん対策認定企業」に

【企業認定】サツドラHD、「札幌市がん対策認定企業」に

【2021.01.14配信】サツドラホールディングスは、札幌市ががん対策に取り組む企業を認定している「札幌市がん対策認定企業」の「プラチナクラス」に認定された。


【会員募集】サツドラHD、インキュベーションオフィス 「EZOHUB SAPPORO」

【会員募集】サツドラHD、インキュベーションオフィス 「EZOHUB SAPPORO」

【2021.01.12配信】サツドラホールディングスは、同社本社 2 階にあり、グループ企業シーラクンスが運営するオフィススペース「EZOHUB SAPPORO」のコワーキング会員を募集する。「BOOK&アートがある環境でクリエイティブな働き方のご提案」をキャッチフレーズにしている。


【PB】サッポロドラッグストアーズ初の“クリーンビューティー”ブランド

【PB】サッポロドラッグストアーズ初の“クリーンビューティー”ブランド

【2020.12.25配信】サツドラホールディングスのグループ企業であるサッポロドラッグストアーは、プライベートブランドとしてクリーンビューティブランド「sawre(サウレ)」を 12 月 23 日(水)から発売した。“クリーンビューティ”は自然派原料などのコスメの概念だという。


【新会社】サツドラHD、コープさっぽろと加藤産業との合弁会社で共同仕入れ

【新会社】サツドラHD、コープさっぽろと加藤産業との合弁会社で共同仕入れ

【2020.12.22配信】サツドラホールディングスは、12月18日の取締役会において、生活協同組合コープさっぽろおよび加藤産業と共同出資を行い、各種商品仕入事業を行う合弁会社「北海道 MD 機構株式会社」を設立することについて決議した。コープさっぽろの直近の経営成績は供給高2787億。


【第2四半期】サツドラHD、売上-5.5%、営業利益+88.0%

【第2四半期】サツドラHD、売上-5.5%、営業利益+88.0%

【2020.12.18配信】サツドラホールディングスは2021年5月期 第2四半期決算を公表した。それによると、売上高が前年同期比-5.5%、営業利益が同+88.0%などとなった。


最新の投稿


【コロナワクチン接種】ドラッグストア協会も準備進める

【コロナワクチン接種】ドラッグストア協会も準備進める

【2021.01.15配信】日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は1月15日に定例会見を開き、国が進める「新型コロナウイルスワクチンに係る医療従事者等の優先接種希望者数等の調査」に関して、JACDSとしても準備を進めている状況を明かした。加盟企業における接種希望者を調査、日本薬剤師会に提出する。


【リテールテック】富士通のAIレジレスはドラッグストアの新業態をつくるか

【リテールテック】富士通のAIレジレスはドラッグストアの新業態をつくるか

富士通が米・スタートアップZippin社と組んで、日本市場への普及を図る「AIレジレス」。顧客が会計作業に煩わされることのない買い物体験を提供するものとして期待されているが、AIカメラのほかに重量センサーを用いているため、現行の既存店への普及には課題がある。一方で、極めてニッチな市場を取り込む新たな業態開拓につながる可能性を秘めており、ドラッグストアと親和性の高い大規模介護施設等で訪問服薬指導などとセットで付加価値提案などができるのではないだろうか。本項では、富士通リテールビジネス本部DXビジネス事業部シニアディレクターの石川裕美氏にも独自インタビューしている。


【営業継続表明】マツキヨHD、緊急事態宣言発令への対応方針

【営業継続表明】マツキヨHD、緊急事態宣言発令への対応方針

【2021.01.15配信】マツモトキヨシホールディングスは、政府の緊急事態宣言発令を受け、同社の営業方針を表明した。ライフライン、社会のインフラであるドラッグストアの使命として、基本的には通常通りの営業を継続するとしている。


【営業継続を表明】キリン堂、緊急事態宣言発令への対応方針

【営業継続を表明】キリン堂、緊急事態宣言発令への対応方針

【2021.01.14配信】キリン堂は同社グループの店舗が集中している関西 3 府県 (大阪府・兵庫県・京都府)に緊急事態宣言が発令されたことを受け、同社は営業を継続するとの方針を表明した。


【新店】スギHD、「SugiCafe」併設の伏見御園店/野菜も取り扱い「憩いと食提供」

【新店】スギHD、「SugiCafe」併設の伏見御園店/野菜も取り扱い「憩いと食提供」

【2021.01.15配信】スギホールディングス子会社のスギ薬局は2021年1月14日、「スギ薬局伏見御園店」を名古屋市中区にオープンした。オフィスワーカー向けにイートインコーナー「Sugi Cafe」を設置。周辺はマンションも多いことから、冷凍食品や飲料、日配品に加え、野菜や精肉、米を扱うなど食品も強化している。


ランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

ドラビズ on-line で話題のキーワード


GoTo コロナ ツルハホールディングス ツルハ 従業員感染 訃報 店員 従業員