【日本保険薬局協会】アイン処分は「まだ事案の評価できない」

【日本保険薬局協会】アイン処分は「まだ事案の評価できない」

【2023.12.14配信】日本保険薬局協会は12月14日に定例会見を開き、中医協議論に対する意見書について説明した。敷地内薬局に関する意見も含まれているもの。


 同意見書は12月7日付けで、すでにプレスリリースされていたもの。
■ 【日本保険薬局協会】“敷地内薬局”への報酬改定で意見書/厚労省に提出/一律引き下げに「強く反対」
https://www.dgs-on-line.com/articles/2399

 会見の冒頭で挨拶した三木田慎也会長は、会長就任後、診療報酬改定の場面を迎えることになったとした上で、「メガトン級のミサイルが飛んできたとでもいいましょうか、非常に困惑をしている」と述べた。

 日本チェーンドラッグストア協会からも敷地内薬局をめぐる中医協議論に対して意見書が出ていることにも触れ、「拝見したが私どもの考えていることと近いご見解をお持ちだと感じた。医療は見えづらい部分もあるが、ある種、国民目線に立って王道でものを見ていこうと、今回は正面から意見表明させていただいたいた。ご理解賜りたい」とした。

 意見書提出後の周囲の反応について、特に日本薬剤師会からどのような反応があったかについては「当方の考え方をお伝えした」と述べるにとどめ、多くは語らなかった。

 医療経済実態調査の集計については、納得がいかないことを改めて指摘。
 三木田会長は、前回の改定ではチェーン企業が受ける影響は足下の令和5年度に大きいものであるのに対し、中医協では令和3年度と令和4年度の比較になっていることに不満を示した。「令和4年の改定で最初の1年は激変緩和措置がされ大きな変化がない中で、令和5年度は激変緩和措置がなくなった状態で相当マイナスを見込んでいる」と指摘。「医療(医科)の方は令和3年・4年と、令和5年の推計を組み込んでいる」とし、「行政はフェアでなければいけないのではないか」と述べた。

 一方、中医協では刑事事件の発生や、高額な賃料提示などの状況について敷地内薬局に対しては医薬分業にあるべき独立性に懸念があるとの意見が示されているが、これに対する協会の見解を問われると、三木田会長は「協会の立場として一切申し上げていません」と述べた。
 「協会の立場としては、敷地内薬局の是非について自粛せよとか反対であるとか一切申し上げていません。各社のそれぞれの考え方、戦略に基づいて経済活動をしている。過去は公道に面していることなどのルールがあったが、当時の規制改革会議で『そんなフェンスはいらないのではないか』との指摘を基に、結果、解禁というか、厚労省から、われわれは合法と考えているが、法律には抵触しないとなった。各社が経済性の判断など、それぞれの地域とか、いろんな考え方にもとづいて、ご判断をされている。高いとか安いとかについては、過去も門前薬局の争奪戦のことがあったが、土地代が高いとか賃料が高いとかあった。経済性が合致しないものは実現しないのではないのかと一般的には考えられる」とした。

 また、アインファーマシーズの元社長の刑事事件では、協会としての処分をどう考えているのかについては、専務理事の吉野隆之氏は、「逮捕の事案なので協会としての何らかの対応は考えていることを前提として、アインファーマシーズさんからも何回か報告を受けている。対応をするにあたって、事案の評価をどうするか。案件によっては悪かったですという事案では案件としてはシンプルだが、今回は事案の評価ができていない状況」とした。「事案の評価」は例えば確定判決をもってなのかとの問いに対しては、「それも一要素」と回答した。

この記事のライター

関連する投稿


速報【アイン敷地内薬局めぐる裁判で地裁有罪判決】藤井被告懲役1年・執行猶予3年、新山・酒井両被告懲役6か月・執行猶予2年

速報【アイン敷地内薬局めぐる裁判で地裁有罪判決】藤井被告懲役1年・執行猶予3年、新山・酒井両被告懲役6か月・執行猶予2年

【2024.04.18配信】KKR札幌医療センターの敷地内薬局の整備を巡り、公契約関係競売入札妨害の罪に問われたアインファーマシーズ元代表取締役社長・酒井雅人被告、同社元取締役・新山典義被告、KKR札幌医療センター元事務部長・藤井浩之被告の判決公判が4月18日午前、札幌地裁で行われた。(ジャーナリスト・村上 和巳)


【調剤報酬改定_疑義解釈】「医療DX推進体制整備加算」、調剤後情報登録は速やかに

【調剤報酬改定_疑義解釈】「医療DX推進体制整備加算」、調剤後情報登録は速やかに

【2024.04.15配信】厚生労働省は4月12日、令和6年度調剤報酬改定に関して「疑義解釈資料の送付について(その2)」を発出した。


【日本保険薬局協会】薬剤師会の“傘下”のような取り組み、「違和感」/休日・夜間対応リスト作成で三木田会長

【日本保険薬局協会】薬剤師会の“傘下”のような取り組み、「違和感」/休日・夜間対応リスト作成で三木田会長

【2024.04.11配信】日本保険薬局協会は4月11日に定例会見を開いた。


【東京都薬剤師会】夜間・休日対応のリスト化で地区薬にアンケート調査実施

【東京都薬剤師会】夜間・休日対応のリスト化で地区薬にアンケート調査実施

【2024.04.05配信】東京都薬剤師会は、「地域における夜間・休日の医薬品提供体制リスト化」に関して、地区薬剤師会に対してアンケート調査を実施する。


【調剤報酬改定_疑義解釈】特別調剤基本料A・Bの使用薬剤料、残薬調整分は7種類にカウントせず

【調剤報酬改定_疑義解釈】特別調剤基本料A・Bの使用薬剤料、残薬調整分は7種類にカウントせず

【2024.03.29配信】厚生労働省は令和6年度調剤報酬改定における疑義解釈その1を発出した。特別調剤基本料A・Bの使用薬剤料の減額については、残薬調整分は7種類にカウントしないとした。


最新の投稿


【楽天グループ】薬局予約アプリ「楽天ヘルスケア ヨヤクスリ」の提供を開始

【楽天グループ】薬局予約アプリ「楽天ヘルスケア ヨヤクスリ」の提供を開始

【2024.04.22配信】楽天グループ株式会社は4月18日、「処方せん医薬品を薬局で迅速に受け取ることができる調剤薬局予約アプリ『楽天ヘルスケア ヨヤクスリ』の提供を開始した」と公表した。


【薬局検討会】健康サポート薬局、「薬機法で定めるべき」/日本薬剤師会が要望

【薬局検討会】健康サポート薬局、「薬機法で定めるべき」/日本薬剤師会が要望

【2024.04.22配信】厚生労働省は4月22日、「第4回薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」を開き、健康サポート薬局と認定薬局(地域連携薬局、専門医療機関連携薬局)の在り方について議論した。


【厚労省】選定療養の対象医薬品リスト1095品目を公開/ヒルドイドなども

【厚労省】選定療養の対象医薬品リスト1095品目を公開/ヒルドイドなども

【2024.04.22配信】厚生労働省はこのほど、「後発医薬品のある先発医薬品(長期収載品)の選定療養について」とのサイトを公開した。4月19日には事務連絡を発出。その中で対象医薬品リストも公開した。ヒルドイドなども含まれている。


【医薬品制度部会】認定薬局、「医療制度に組み込む方がいい」/希少疾病の認定薬局の提案も/委員から

【医薬品制度部会】認定薬局、「医療制度に組み込む方がいい」/希少疾病の認定薬局の提案も/委員から

【2024.04.18配信】厚生労働省は4月18日、「令和6年度第1回 厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。


【医薬品制度部会】日薬、フォローアップの重要性指摘/厚労省「GL作成中」

【医薬品制度部会】日薬、フォローアップの重要性指摘/厚労省「GL作成中」

【2024.04.18配信】厚生労働省は4月18日、「令和6年度第1回 厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。


ランキング


>>総合人気ランキング