【規制改革会議】訪看STへの薬剤配置で“遠隔管理”案が浮上

【規制改革会議】訪看STへの薬剤配置で“遠隔管理”案が浮上

【2023.03.07配信】内閣府は3月6日、規制改革推進会議「医療・介護・感染症対策ワーキンググループ」(WG)を開催し、「訪問看護ステーション(訪看ST)へ配置可能な薬剤の対象拡充について」を議論した。この中で、専門委員から実施にあたってのスキーム案が提示された。薬局の薬剤師がオンラインによって訪看STに設置した遠隔倉庫を遠隔管理し、随時授与するなどとした。


 WG専門委員である落合孝文弁護士(渥美坂井法律事務所・外国法共同事業)と、佐々木淳医師(医療法人社団悠翔会 理事長・診療部長)は共同で、実施にあたってのスキーム案を資料で提示した。

 案はA案とB案の2つを提示。いずれも訪看に“遠隔倉庫”を設置する形だが、A案は薬局の薬剤師がオンラインによって訪看の遠隔倉庫を遠隔管理し、随時授与するとした。B案では医薬品の安全管理責任者は医療機関(医師)が担い、訪看に設置した遠隔倉庫に関して「医薬品の安全使 用のための業務に関する手順書に基づき管理」するとした。加えて「配置可能薬剤の拡充の検討に先立ち、提案者の要望する薬剤それぞれについて、飲み合わせその他の具体的危険の有無が厚労省から示されることが建設的議論に有用ではないか」と提案した。資料には、「2020年度現在、無薬局町村は34都道府県で136町村」とも指摘した。

 さらに専門委員の大石佳能子氏(株式会社メディヴァ 代表取締役社長)も、同問題に関して資料を提出。「訪問看護ステーションに配置できる薬剤が限定されていることにより患者へ最善のケアが出来ないことは従来から公知の事実である」と指摘。「これまで連携によって解決することが求められていたが、24時間営業を行う薬局が近隣にあるケースは少なく、連携だけで解決できないことも明らかである」と現状を問題視。その上で「日本は国民皆保険の元、同一の医療が、どこでも受けられることが保障されているはずである。これ以上、連携に頼る、またその実態を調査する等によって患者に不利益を与え続けることは許されることではない」とし、具体的な手法については、「処方箋の流れなどが問題であれば、在宅医療現場では処方箋の写真を送り先に薬を届け、その後紙の処方箋をやり取りするなどの DX 化された取組みが既に実装している。例えば、当院の場合は 10 年ほど前から実行している。新しいテクノロジー(というほどのものでもないが)を活用する方法を含め、考えてほしい」と指摘した。また、「ちなみに、診療所内では医師の監修のもと、看護師が院内薬局でのピッキング、調剤を行っている。医師からの電話等の指示があれば、それと同等と考えるべきではないだろうか。いずれにしても、待ったなしの問題と考えている。もしもそれに関連する診療報酬上(コス ト負担)の問題もあれば、併せて早急に解決願いたい」とした。

 なお、厚労省は「在宅療養の処方において、薬剤師の専門性に基づいた処方内容の薬学的分析や服薬指導、調剤後フォローアップ、処方医への報告の実施により安全な薬物療法が提供されている」との見解を示し、具体的な薬剤師対応例を提示した。

編集部コメント

 本紙では同問題において、「具体的な医薬品購入、それに伴う不動在庫など、経営的な負担について訪看はどのような見解なのか」に課題意識を持ってきた。今回提示の案では訪看は薬剤を保有しないといえ、経営的な負担を回避する案と見受けられる。

 ただ、このスキームは現実問題として、いくつかの問題点が指摘できる。実際の薬剤の使用と在庫には差異が生じ、不動在庫や欠品、返品が薬局ですら生じているのが現実である中で、薬剤の保管場所を増やすことは、そのすべての作業で重複や無駄を生むことになるからだ。「使うか分からない薬剤を訪看まで誰が運ぶのか?」「返品になった場合は誰が訪看まで取りにいくのか?」「廃棄薬剤の損失は誰が負うのか?」などの課題があるだろう。

 訪看の場にも「薬剤があったら」という率直な経験談には共感できる面もあるが、薬剤は“モノ”の受発注や移動が伴うだけに、何が地域社会において最も合理的なのかの議論は慎重に進めるべきだろう。それでなくとも、医薬品の供給問題だけでなく、医療費の無駄の点検や運輸業界での働き方改革も指摘されている中にある。

 翻って、薬局業界においては、地域の拠点的な薬局の整備や、あるいは薬局間連携による薬局機能の向上に向けた施策が進められている。これらは、そもそも訪看に薬剤を置くべき理由として多く挙げられた「地域の薬局の24時間体制の構築」につながるものだ。こうした施策も合理的なものとして、目を向ける価値はあるのではないだろうか。

 他方、そのためにも今回、専門委員が指摘した「無薬局町村」への対応、あるいは不足しているのであれば「24時間対応の薬局体制」の対応については薬局の責任として、整備を急ぐ必要に迫られているといえそうだ。

この記事のライター

関連する投稿


【規制改革推進会議WG】スイッチOTC促進議論/令和8年末までOTC化目指す成分リスト公開

【規制改革推進会議WG】スイッチOTC促進議論/令和8年末までOTC化目指す成分リスト公開

【2024.03.29配信】内閣府規制改革推進会議「健康・医療・介護ワーキング・グループ」(WG)が3月28日に開かれ、スイッチOTCの促進について議論された。


【規制改革会議議事録】佐藤WG座長「成分の規制の必要も」/“濫用薬”の販売制度問題で

【規制改革会議議事録】佐藤WG座長「成分の規制の必要も」/“濫用薬”の販売制度問題で

【2024.01.24配信】内閣府規制改革推進会議は、1月24日までに令和5年12月26日開催の会議議事録を公開した。その中で「健康・医療・介護ワーキング・グループ」(WG)の佐藤主光座長は濫用のおそれのある医薬品成分の規制などについて指摘している。


【規制改革推進会議】12月21日にWG開催/一般用医薬品の販売制度で/YouTube公開

【規制改革推進会議】12月21日にWG開催/一般用医薬品の販売制度で/YouTube公開

【2023.12.19配信】内閣府規制改革推進会議は12月21日に、「健康・医療・介護ワーキング・グループ」(WG)をYouTube公開形式で開催する。


【規制改革推進会議】YouTube公開開催/スイッチOTC拡大や在宅医療などテーマ/12月11日(月)16:00~

【規制改革推進会議】YouTube公開開催/スイッチOTC拡大や在宅医療などテーマ/12月11日(月)16:00~

【2023.12.07配信】内閣府規制改革推進会議は12月11日に、「第3回 健康・医療・介護ワーキング・グループ」をYouTube公開にて開催する。テーマはスイッチOTC拡大や在宅医療の環境整備などについて。


【規制改革推進会議YouTubeで一般公開】11月16日健康・医療WG/医薬品の販売分類・方法議題に

【規制改革推進会議YouTubeで一般公開】11月16日健康・医療WG/医薬品の販売分類・方法議題に

【2023.11.14配信】内閣府規制改革推進会議は11月16日(木)、14:00~17:00に「第1回 健康・医療・介護ワーキング・グループ」(WG)を開催する。同WG として、初めて議事をYouTube配信で一般公開する。


最新の投稿


【医薬品制度部会】認定薬局、「医療制度に組み込む方がいい」/希少疾病の認定薬局の提案も/委員から

【医薬品制度部会】認定薬局、「医療制度に組み込む方がいい」/希少疾病の認定薬局の提案も/委員から

【2024.04.18配信】厚生労働省は4月18日、「令和6年度第1回 厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。


【医薬品制度部会】日薬、フォローアップの重要性指摘/厚労省「GL作成中」

【医薬品制度部会】日薬、フォローアップの重要性指摘/厚労省「GL作成中」

【2024.04.18配信】厚生労働省は4月18日、「令和6年度第1回 厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。


【ウエルシアHD】池野隆光氏が会長兼社長に就任

【ウエルシアHD】池野隆光氏が会長兼社長に就任

【2024.04.18配信】ウエルシアホールディングスは4月18日、「代表取締役社長選任に関するお知らせ」を公表した。


速報【アイン敷地内薬局めぐる裁判で地裁有罪判決】藤井被告懲役1年・執行猶予3年、新山・酒井両被告懲役6か月・執行猶予2年

速報【アイン敷地内薬局めぐる裁判で地裁有罪判決】藤井被告懲役1年・執行猶予3年、新山・酒井両被告懲役6か月・執行猶予2年

【2024.04.18配信】KKR札幌医療センターの敷地内薬局の整備を巡り、公契約関係競売入札妨害の罪に問われたアインファーマシーズ元代表取締役社長・酒井雅人被告、同社元取締役・新山典義被告、KKR札幌医療センター元事務部長・藤井浩之被告の判決公判が4月18日午前、札幌地裁で行われた。(ジャーナリスト・村上 和巳)


【八戸薬剤師会】調剤実績情報の共有サービスを開始へ/薬局間医薬品融通スムーズに

【八戸薬剤師会】調剤実績情報の共有サービスを開始へ/薬局間医薬品融通スムーズに

【2024.04.17配信】八戸薬剤師会(青森県)は4月17日の夜、八戸市内のホテルで「薬局会員間の調剤実績共有サービスの導入について」との説明会を会員薬局・薬剤師向けに開催した。同サービスは調剤実績情報を共有することで薬局間の医薬品融通をスムーズにすることを目的とするもの。同薬剤師会は会員薬局数149薬局だが、説明会には100名以上が参加し、関心の高さがうかがえた。


ランキング


>>総合人気ランキング