【東京都薬剤師会】薬学生との交流会を開催/“零売”や“アマゾン薬局の脅威”など、活発な質疑

【東京都薬剤師会】薬学生との交流会を開催/“零売”や“アマゾン薬局の脅威”など、活発な質疑

【2022.07.04配信】東京都薬剤師会(都薬)は7月2日(土)、薬学生との交流会を開催した。「薬剤師のリアルを聴いてみよう!」と題した学生会員向け企画で、都内在住や都内の薬学部に通う薬学生を対象としたもの。会員以外でも参加を可能とした。都薬としては初の試みで、都道府県薬剤師会としても学生との交流会開催は珍しいケースとみられている。


 主催したのは都薬の「会員委員会」。主に会員の増強対策を検討している委員会だが、メンバーに若手が多いことも特徴で、企画力、実行力が今回の都薬初の取り組み実現までつながった。

 当日は、27人の都内在住、もしくは都内の薬学部に通う薬学生が集まった。スモールディスカッション形式をとり6班に分けて、それぞれの班で都薬メンバーがファシリテーターを務めた。内容は薬学生から自由に質問を受けるなど、いたってフランクな内容だった。

 冒頭の挨拶では、開催の背景について、「薬局は適正流通が重視された成長期から成熟期に移っている。薬局でも患者の個別のQOLに関わる細かな対応が必要になる中で、薬剤師会もそれに対応しなくてはいけない。世代間の意見を聞いて、それに対応していく、今がそのタイミング」と説明された。その上で、「率直な意見を聞くことが目的」とされた。

 最後にはそれぞれの班のファシリテーターや学生から発表があった。

 発表内容や会場でのやり取りでは、薬学生から要望としては進路に関わることが多かったようだ。参加学生が5年次が多かったことも関係しているとみられるが、スポーツファーマシストや科捜研の仕事、薬学知識を生かした起業への質問なども出ていた。多様な場で働く薬剤師の人に会って話を聞きたいという要望も多かった。

 また、地域に密着した、いわゆる中小規模の薬局に就職したいとの要望を持っている学生もいたが、その際に、就職イベントの多くには大手薬局企業しか参加しておらず中小薬局の情報がないこと、それぞれの薬局の特徴なども分からず選びづらいといった意見が出ていた。

 実社会への質問では、「零売についてどのように考えているか」などの質問のほか、「アマゾン薬局の脅威について」などの意見があり、薬学生が薬局に関わるニュースにも触れている様子がうかがえた。また、薬剤師が「薬を渡す人」と思われていることなどを変えるために、薬剤師の広報をもっとしてほしいとの意見も多く聞かれた。

 薬剤師会への質問では「学生の入会についてどのような働きかけをしているのか」という質問が出たほか、「大学のメールマガジンに一言、薬剤師会への会員の登録について記載してもらうことで登録が増えるのではないか」との学生からの提案も出ていた。

「薬剤師会は何をしているのか?」との学生からの質問

 記者も自由に会場を歩きまわれたが、その際にテーブルに「薬剤師会は何をしているのか?」とのファシリテーターのメモ書きがあった。その学生からの質問に、その班のファシリテーターがどう答えたかは不明だが、この質問を会場にいた都薬幹部にぶつけると、「実は薬剤師会が何かをするんではなくて、彼ら彼女たちのすることを支援するのが薬剤師会なんだよね」と話していた。

 いみじくも、厚労省の「薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」でも、地域における薬剤師活動の主体としての地域の薬剤師会の存在が議論されている。薬剤師という専門家の職能団体という“群れ”がどのような役割を果たすかは、実は個々の薬剤師が国家資格者としての自律的な立場として、何を行動するかに拠っているのかもしれない。

 今回のイベントを主催した「会員委員会」は、「会員になることのメリット」を模索する委員会でもあるが、とどのつまり、薬剤師自身が「自分のために」入会するということが最大のメリットといえるだろう。一方、薬剤師会には、こうした場での意見をどう受け止め、活動に反映させるかが問われる。

「今後生き残る薬剤師像は」との質問

 そのほか、学生からは、「今後、生き残る薬剤師像をどう考えるか、教えてほしい」との質問が出ていた。

 この質問に都薬理事の髙松登氏は「覚悟をもって自分で判断すること」と回答していた。

 「生き残るかどうかは自分が能力をもっているかによる。自分で解決できることが重要。誰かの意見を聞くのはいいが、最後は自分で覚悟をもって判断する。誰かに頼ると、大きな壁が来た時にそれを回避するようになる。それを回避すると、薬剤師としては成長しない。ぜひ皆さんは資格をとったら、その資格を精一杯使って、自分を成長させてほしい」(髙松氏)

今後も継続方針

 都薬では、今後も薬学生向けのイベントを継続開催したい方針。

 開催後の薬学生からの声も好評で、「話を聞けて面白かった」「また来たい」との声が聞かれた。
 薬学生の評価が口コミで広がれば、さらに参加者が増えていく可能性もありそうだ。

この記事のライター

関連するキーワード


東京都薬剤師会 薬学生

関連する投稿


【東京都薬剤師会】薬学生向けイベント第2回目を開催予定/10月29日に

【東京都薬剤師会】薬学生向けイベント第2回目を開催予定/10月29日に

【2022.09.30配信】東京都薬剤師会は9月30日に定例会見を開き、薬学生向けイベントの第2弾を10月29日に開催することを報告した。


【東京都薬剤師会】処方箋送信サービス「やくばと」、いったん停止の報告があったことを紹介

【東京都薬剤師会】処方箋送信サービス「やくばと」、いったん停止の報告があったことを紹介

【2022.09.30配信】東京都薬剤師会は9月30日に定例会見を開き、問題提起していた処方箋画像の事前送信サービスの「やくばと」について、サービス内容の見直しをするとの報告が関係者からあったことを報告した。


【夏の就活中の薬学生必見】調剤報酬、薬局企業ランキングTOP10! 4社はドラッグストア企業 

【夏の就活中の薬学生必見】調剤報酬、薬局企業ランキングTOP10! 4社はドラッグストア企業 

【2022.08.29配信】ドラビズon-lineでは、調剤報酬に関わる企業ランキングを作成した。クリエイトSDホールディングスやクスリのアオキホールディングスなど、22年5月期決算を反映している。各社公表資料のほか、独自調査・取材などを基にしている。


【東京都薬剤師会】8月の日本薬学教育学会大会への参加呼びかけ/生涯教育委員会の立ち上げも視野

【東京都薬剤師会】8月の日本薬学教育学会大会への参加呼びかけ/生涯教育委員会の立ち上げも視野

【2022.06.10配信】東京都薬剤師会は6月10日に定例会見を開いた。その中で8月20日・21日に開催される「第7回日本薬学教育学会大会」への薬剤師の参加を呼び掛けた。都内にある北里大学薬学部が実行委員を務めるため東京都薬剤師会が後援していることに加え、東京都薬剤師会生涯研修認定制度の研修単位が2単位(1日)が取得できる予定になっている。同大会は教育関係者の参加が多いというが、永田泰造会長は薬剤師の参加が増えれば将来的に生涯学習委員会をつくることもできるとの展望に触れた。


【東京都薬剤師会】学生会員との意見交換会を開催/学生同士のコミュニティづくりに都薬も貢献

【東京都薬剤師会】学生会員との意見交換会を開催/学生同士のコミュニティづくりに都薬も貢献

【2022.06.10配信】東京都薬剤師会は6月10日に会見を開き、7月2日に東京都薬剤師会の学生会員との意見交換会を開催することを報告した。ざっくばらんな会にしたいとし、学生同士のコミュニティづくりに都薬も貢献することを目的としている。永田泰造会長は、地域に密着した薬局への就職を躊躇する理由の1つに「同僚が少ない」ということが挙がっていることが分かったために仲間づくりも1つの目的だとした。


最新の投稿


【注目】あなたの知らない“くすり相談窓口業務(DI業務)”という薬剤師の働き方

【注目】あなたの知らない“くすり相談窓口業務(DI業務)”という薬剤師の働き方

【2022.10.03配信】薬局などの勤務とは違って、薬剤師がオフィスワークという働き方ができるのがEPファーマラインの展開している“くすり相談窓口業務(DI業務)”であり、同社では本業務に従事する有資格者を“メディカルコミュニケーター”という名称で呼んでいる。同社のくすり相談窓口業務(DI業務)は主に製薬企業からの委託を受け業務を行っており、ここ10数年でアウトソーシングが進んでいる業務の一つである。最新の医薬品情報に触れることもできるため、これまでと違った視点で経験を積みたいという薬剤師からの入社も増えている。同社ではどんな働き方ができるのか。同社の池田佳奈美社長にお話をうかがった。


【厚労省オンライン服薬指導のQ&A事務連絡】「薬局外」は「薬局開局時間帯であり、かつ、薬局内に1名以上の薬剤師が調剤に従事する状況」で

【厚労省オンライン服薬指導のQ&A事務連絡】「薬局外」は「薬局開局時間帯であり、かつ、薬局内に1名以上の薬剤師が調剤に従事する状況」で

【2022.10.01配信】厚生労働省は9月30日、薬機法施行規則(省令)を改正し、通知・事務連絡を発出した。省令ではオンライン服薬指導が薬局外でも可能となったため、省令内容に合わせて「オンライン服薬指導の実施要領に係るQ&A」を事務連絡した。薬局外で服薬指導を行う場合は、薬局に別の薬剤師がいる必要があるとしている。「薬局開局時間帯であり、かつ、薬局内に1名以上の薬剤師が調剤に従事する状況」と求めている。


【厚労省通知】省令改正に併せ「オンライン服薬指導の実施要領」/オンライン服薬指導を薬局外でも可能とする改正で

【厚労省通知】省令改正に併せ「オンライン服薬指導の実施要領」/オンライン服薬指導を薬局外でも可能とする改正で

【2022.10.01配信】厚生労働省は9月30日、薬機法施行規則(省令)を改正し、通知・事務連絡を発出した。省令ではオンライン服薬指導が薬局外でも可能となったため、省令内容に合わせて「オンライン服薬指導の実施要領」を通知した。薬局以外の場で行う際は、対面による服薬指導が行われる場合と同程度に患者のプライバシーに配慮がなされていること等を記載している。処方箋の取り扱いでは、オンライン診療後にオンライン服薬指導の予定から対面服薬指導に変更になった場合も、医療機関からの処方箋原本の送付とその場ではファクシミリ・メールで送られた処方箋をもって調剤してよいとの判断を示している。


【厚労省省令改正】オンライン服薬指導、「薬局以外」も可能に/「当該薬局において調剤に従事する薬剤師と相互に連絡をとることができる場所」

【厚労省省令改正】オンライン服薬指導、「薬局以外」も可能に/「当該薬局において調剤に従事する薬剤師と相互に連絡をとることができる場所」

【2022.10.01配信】厚生労働省は9月30日、薬機法施行規則(省令)を改正し、通知・事務連絡を発出した。同省令は公布の日から施行される。オンライン服薬指導を行う場所について薬局外のケースも認めた。「当該薬局において調剤に従事する薬剤師と相互に連絡をとることができる場所」と規定した。


【厚労省加藤大臣】10月2日の「電子処方箋フォーラム」で挨拶予定

【厚労省加藤大臣】10月2日の「電子処方箋フォーラム」で挨拶予定

【2022.09.30配信】加藤勝信厚生労働大臣は9月30日の閣議後会見において、10月2日に開催される「電子処方箋フォーラム」で挨拶予定だと明かした。大臣自ら、医療DXの大きな柱である電子処方箋の推進へ協力をお願いするとした。


ランキング


>>総合人気ランキング