【薬剤師会】「当面の課題」8項目を整理/OTC薬リスク区分のあり方見直しを提言/「自動的にネット販売が可能となる現行の仕組み見直しを」

【薬剤師会】「当面の課題」8項目を整理/OTC薬リスク区分のあり方見直しを提言/「自動的にネット販売が可能となる現行の仕組み見直しを」

【2022.01.19配信】日本薬剤師会は1月19日、定例会見を開き、「当面の課題」8項目を整理、提示した。この中で、OTC薬リスク区分のあり方見直しを提言し、「自動的にネット販売が可能となる現行の仕組み見直しを」とした。


 日本薬剤師会がまとめた「当面の主な懸念事項·課題」は以下の通り。

1敷地内薬局の是正
・適切な医薬分業のためには、 保険薬局は、経営上はもちろん、 保険医療機関からの経済的、 構造的、機能的に独立していることが不可欠。
・敷地内薬局は、療養担当規則の主旨からも反するものであり、医療機関と同じ敷地内に立地する薬局は医療機関の調剤所と同じような機能であり(構造面も含む)、薬局として、 また保険薬局として指定すベきではない。

2リフィル処方箋の着実·適切な推進
・リフィル処方箋の運用においては、 薬剤師が調剤を実施するか適切に判断することが重要。 的確な薬物療法を適切に推進するためには、医師と薬剤師の連携方法についても整備することが重要。
・また、運用面はもとより、 責任の所在のあり方の明確化や法的な定義付けが必要。

3電子処方箋の着実·適切な推進
・電子処方箋の場合であっても、医薬分業のあり方として、医師が患者へ処方内容を確実に伝達する仕組みが不可欠
・電子処方箋により伝達された処方内容を薬剤師が受けて適切に処理していくことで、 患者が確認できる情報を損なうことなく反映することができる。そのためには、電子処方箋で応需した内容を適切に処理できるよう運用面での手順の検討が必要。
・これらの機能を十分に発揮するためには、 令和5年1月からの電子処方策の運用開始に向けて、通信機器や個人情報の機密を担保できるインフラ整備の推進·充実が必要。

4病院薬剤師に係る処遇改善
・医療機関におけるチーム医療が急速に進み、重要性が増している中で、病院薬剤師の人員不足が問題となっている。
・主な原因は病院薬剤師の給与体系(国家公務員の俸給表)が低く設定されているためと指摘されており、入院患者が安全で安心な医療を受けるためには、病院薬剤師の処遇改善が必要。
・一方、病院薬剤師の人員局においても地域偏在の問題があり、これが原因と言い切れない。

5薬学部の適切な入学定員の在り方
 厚生労働省の検討会において、薬学部の入学定員の抑制も含めて適正な定員規模などを早急に検討することが提言された。
・薬学部の授業料等の負担の問題や、卒業者数および薬剤師国家試験に合格できない薬学生が増加していることに対して社会的な指摘があり、こうした現状に鑑み、薬学部の入学定員やカリキュラムの見直しを進め、教育の質の向上を図る施策が必要。

6薬価改定における適切な対応
・製薬企業による新薬の開発意欲を維持し、医薬品の安定供給体制を崩壊させないよう、イノベーションを踏まえた適切な評価が必要。
・中間年の薬価改定は、市場実勢価格を適切に反映させるため、あくまでも薬価と大幅な乖離を是正するもの。実施する場合であっても、薬価と実勢価の乖離率が著しく大きい品目を、他の品目と同程度の乖離率まで是正する程度に留めることが必要。

7新型コロナウイルス感染症関連
・引き続き薬剤師は、 医療従事者の一員として国の対応策に全力で協力していく。
・薬局においては、抗原定性検査キットの販売を行うとともに、 自宅·宿泊療養者への経口治療薬の対応等について迅速かつ的確に実施している。
・薬局における検査については、 薬局が感染源とならないよう、 感染防止や感染拡大抑制等について十分配慮しつつ、無料検査事業のほか、 国の進める政策に協力していく。

8その他(規制改革関連事項等)
●規制制改革会議からの主張
イ:調剤業務の外部委託
・調剤業務は、薬剤師法において薬剤師の独占業務として位置付けられている薬剤師の本質業務である。調剤業務の外部委託については、到底認められない。
ロ:非対面業務の拡大
・対面実施が大原則とされる医療分野においてはオンラインを活用することは理解するものの、その際の専門家の関与の方法についてはオンラインありきで議論を進めるべきではない。
●一般用医薬品のリスク区分のあり方の見直し
・医療用から一般用へのスイッチ化·OTC化の推進は賛成であるが、スイッチ化から一定期間後に自動的にネット販売が可能となっていく現行の仕組みは問題。
・濫用防止の観点からもリスク区分のあり方を検討すべき。

【地域医薬品提供体制】
・地域包括ケアシステムのおいて、地域住民が過不足なく医薬品を速やかに入手できるためには、薬局、薬剤師が多職種と連携して、その機能を十分に発揮し、地域住民の医薬品アクセスや安全で安心な医薬品使用確保するためにも、地域医療計画と対をなす地域医薬品提供体制の構築が必要。

この記事のライター

関連する投稿


【薬剤師WG】電子処方箋の数値目標を掲げる/令和5年3月末までにオン資導入の施設の7割に

【薬剤師WG】電子処方箋の数値目標を掲げる/令和5年3月末までにオン資導入の施設の7割に

【2022.05.27配信】厚生労働省は5月27日に「第5回薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)を開き、電子処方箋にかかわる数値目標を掲げた。令和5年3月末の時点で、オンライン資格確認等システムを導入した施設の7割程度の導入を目標とする。


【日本薬剤師会】次期執行部の理事候補者29人を公表/磯部総一郎専務理事は退任

【日本薬剤師会】次期執行部の理事候補者29人を公表/磯部総一郎専務理事は退任

【2022.05.26配信】日本薬剤師会は5月25日に開かれた会見で、次期執行部の理事候補者29人を公表した。磯部総一郎専務理事が退任するほか、現職では東京都薬剤師会会長を務める永田泰造氏などが退任する。東京都薬剤師会からは新メンバーとして女性の小林百代氏が理事候補者となっている。


【日本薬剤師会】今夏の参議院選に危機感/「“本田選挙”より名簿が3割少ない」

【日本薬剤師会】今夏の参議院選に危機感/「“本田選挙”より名簿が3割少ない」

【2022.05.25配信】日本薬剤師会は5月25日に都道府県会長協議会を開催した。その中で開始前に挨拶に訪れた日本薬剤師連盟幹事長の岩本研氏は今夏の参議院議員選挙への危機感を表明した。現職の本田あきこ参議院議員の選挙に比べて、支援者名簿の数が3割少ないと状況を説明した。


【日本薬剤師会】オンライン資格確認の義務化、「来年3月末までに間に合うのか」/システム企業との調整期間など懸念

【日本薬剤師会】オンライン資格確認の義務化、「来年3月末までに間に合うのか」/システム企業との調整期間など懸念

【2022.05.25配信】日本薬剤師会(日薬)は5月25日に都道府県会長協議会を開き、その中で同日午前中に開かれた社会保障審議会医療保険部会の内容が報告された。日薬としては、令和5年3月までのオンライン資格確認の義務化について、システム企業との調整期間がかかることなども想定されるとして「間に合うのか」との懸念を表明したことなどを報告した。


【日本薬剤師会】山本会長「ただ壊すだけの規制改革」に「十分に対抗していく」

【日本薬剤師会】山本会長「ただ壊すだけの規制改革」に「十分に対抗していく」

【2022.05.25配信】日本薬剤師会は5月25日に都道府県会長協議会を開いた。会の冒頭、挨拶した山本信夫会長は規制改革の動向に触れ、「ただ壊すだけの規制改革には十分に対抗していく」と語った。


最新の投稿


【薬剤師WG】電子処方箋の数値目標を掲げる/令和5年3月末までにオン資導入の施設の7割に

【薬剤師WG】電子処方箋の数値目標を掲げる/令和5年3月末までにオン資導入の施設の7割に

【2022.05.27配信】厚生労働省は5月27日に「第5回薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)を開き、電子処方箋にかかわる数値目標を掲げた。令和5年3月末の時点で、オンライン資格確認等システムを導入した施設の7割程度の導入を目標とする。


【薬剤師WG】リフィル処方箋の手引き作成を論点に提示

【薬剤師WG】リフィル処方箋の手引き作成を論点に提示

【2022.05.27配信】厚生労働省は5月27日に「第5回薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)を開き、リフィル処方箋に関して手引きを作成することを議題に挙げた。


【規制改革答申を公表】薬剤師による点滴薬剤の充填・交換や褥瘡への薬剤塗布の適否「課題を整理」

【規制改革答申を公表】薬剤師による点滴薬剤の充填・交換や褥瘡への薬剤塗布の適否「課題を整理」

【2022.05.27配信】5月27日に規制改革推進会議が開かれ、「規制改革推進に関する答申~コロナ後に向けた成長の「起動」~」を公表した。薬剤師による「点滴薬剤の充填・交換や患者の褥瘡(じょくそう)への薬剤塗布等の行為」に関して「適否や必要性、実施可能性等の課題について整理を行う」とした。


【規制改革答申を公表】処方箋40枚規制の見直しに踏み込む

【規制改革答申を公表】処方箋40枚規制の見直しに踏み込む

【2022.05.27配信】5月27日に規制改革推進会議が開かれ、「規制改革推進に関する答申~コロナ後に向けた成長の「起動」~」を公表した。この中で、「薬剤師の員数に関する規制」について、「規制の在り方の見直しに向け課題を整理する」とし、いわゆる処方箋40枚規制の見直しの言及に踏み込んだ。


【規制改革答申を公表】「薬剤調製の外部委託の検討」を明記

【規制改革答申を公表】「薬剤調製の外部委託の検討」を明記

【2022.05.27配信】5月27日に規制改革推進会議が開かれ、「規制改革推進に関する答申~コロナ後に向けた成長の「起動」~」を公表した。この中で「薬剤調製の外部委託」を明記した。


ランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

ドラビズ on-line で話題のキーワード


後発医薬品 供給不安 国保 オンライン請求 抗原検査キット GoTo コロナ