【日本薬剤師会】次期調剤報酬での“外枠”回避を提案/敷地内薬局に対しては徹底抗戦の構え

【日本薬剤師会】次期調剤報酬での“外枠”回避を提案/敷地内薬局に対しては徹底抗戦の構え

【2021.12.02配信】日本薬剤師会は12月2日に定例会見を開いた。その中で、記者から現時点での次期調剤報酬改定への方針を聞かれると、会長の山本信夫氏は「“外枠”を避け公平な改定になるよう話をしている」と述べた。また、敷地内薬局を持つ同一グループの評価引き下げを提案したことについては「あくまで改定の中の話として出たが、薬局として認めていいのかという思いがあり、引かない」と徹底抗戦の構えをみせた。


 2018年度改定などでは大型門前薬局などの適正化目的で外枠で調剤報酬が引き下げられたことがある。
 2020年度改定ではこの“外枠”を解消していた。

 次回2022年度改定での“外枠”の行方に注目が集まる中、会見で次期改定への現時点での方針を聞かれた山本信夫会長は、予算の大枠が決まらないうちは議論に限界があるとの見方を示した上で、「今はあらゆるものをひろって議論しているという感じを受けているが、言えることは薬剤師会・薬剤師として評価してほしいという項目と、社会的にみてここは何なんだという項目がある」と述べた。

 加えて、「われわれとして申し上げておきたいことはいろいろ議論はあるが、技術料率に合わせた各科バランスを維持した改定と、それから外枠で2回ほど大変大きな額を下げられたことがあるが、財務的にはいいのかもしれないが、あの手はもう使ってほしくないということが基本的な線だ。(外枠は)やり方としてはフェアではないと思っている」と述べた。

 「薬局のあるべき姿を目指しながら点数配分を求めていきたい。調剤料についてもずっと言われてきた中で、2024年度、2026年度に向けて少しずつ方向転換をしていくことになるのだろうと思っている」(山本会長)と述べた。
 「公平な医科・歯科・調剤の1:1.1:0.3という比率の維持、また外枠は避けていただきたいという話についてはしている」とした。

 一方、中医協で「敷地内薬局を持つ同一グループの評価引き下げ」を提案したことについては、森昌平副会長は「そもそも敷地内薬局には反対している。さまざまな対応をしてきて、基本料を下げるという対応をしてきたが、その流れが止まらない中で、ビジネスモデルをとめるための方策として同一グループの引き下げだけでなくあらゆる手段を使ってという趣旨の中で発言したもの。日本薬剤師会としてしっかりそれを止めたい。そのために何ができるかはまだわからないところもあるが、手をつけていきたいということ」とした。

 加えて山本信夫会長は、「昭和49年に薬価差依存からの脱却と薬づけの医療をなおそうという謳い文句の中で今の医薬分業の形がスタートした。その後、50年代の半ばに第2薬局問題が浮上した。その時の最大のターゲットは国立病院の財団だった。何度とない意見の中で、平成元年に一定の終止符が打たれたが、そこから30年経って元に戻っているというのが私の偽らざる心境だ。こんなものを作っていること自体が間違っている。間違ったことなので、ここは引かない。ただ費用としてどうするのかと、状態としての敷地内薬局というのはまた別の議論。これを改定の中で話そうとすると評価を引き下げるということしかないのかもしれないが、そもそも薬事として、こういう形態を薬局として認められるのかという議論をしっかりしないといけない」と述べた。

 グループに勤務する薬剤師からの抵抗感もあるとの指摘については、「働いている方々は悪いと思っていないで働いていると思う。問題はそういう形態をつくること。それはしっかり私どもとしては言わないといけない。同一グループの引き下げについては診療報酬上の問題であり、どこまでできるかはわからない。その前に存在していること自体、いかがなものかと。そういう意味でまさに不快である」(山本会長)と述べた。

<編集部コメント>是々非々の姿勢をみせた「“外枠”回避」の発言

 大型門前薬局の引き下げとなる“外枠”を回避すべきだと山本会長が語ったことに、「意外だった」といえば失礼になるだろうか。

 「個人薬局の集まり」と揶揄されることの多い日本薬剤師会だが、そうであるなら、易々と外枠引き下げを受け入れる選択肢もあるはずだからだ。

 しかし山本会長は「外枠はフェアでない」と述べ、一方で敷地内薬局については理念に反することで徹底抗戦の姿勢を示した。「是々非々」の姿勢を見せたように思う。

 日本薬剤師会のミッションは、時代の変化の中でも薬剤師という職能が社会から評価される環境をつくることだと思っている。短期的に勤務薬剤師を苦境に置くように見える敷地内薬局の評価引き下げ提案の施策も、もしかしたら長期的には勤務薬剤師にプラスとなる施策になる可能性はないだろうか。
 本当に是々非々で進められるのか。“外枠”の行方を見守りたい。

この記事のライター

関連する投稿


【日本薬剤師会学術大会】2025京都、2026新潟、2027福島が手挙げ

【日本薬剤師会学術大会】2025京都、2026新潟、2027福島が手挙げ

【2022.07.27配信】日本薬剤師会は7月27日、都道府県会長協議会を開催。その中で、今後の学術大会の開催地について協議された。その結果、2025年に京都府薬剤師会、2026年新潟県薬剤師会、2027年福島県薬剤師会が手挙げした。


【日本薬剤師会総会】不適切な零売、今年度中にも対応へ/岩月常務理事「来年という話ではない」

【日本薬剤師会総会】不適切な零売、今年度中にも対応へ/岩月常務理事「来年という話ではない」

【2022.06.27配信】日本薬剤師会は6月25・26日の両日に第100回定時総会を開いた。この中で26日の一般質問で、零売に関する質疑があった。


【日本薬剤師会】アニメ『異世界薬局』とのコラボが決定

【日本薬剤師会】アニメ『異世界薬局』とのコラボが決定

【2022.06.24配信】アニメ『異世界薬局』と公益社団法人日本薬剤師会とのコラボレーションが決定した。


【日本薬剤師会政策提言2022】「薬学部定員の削減」明記

【日本薬剤師会政策提言2022】「薬学部定員の削減」明記

【2022.05.30配信】日本薬剤師会はこのほど、「日本薬剤師会政策提言2022」を公表した。「薬学部定員の削減」を明記した。昨年の「2021」では「入学定員総数の適正化」と表現していたが、今回は「削減」の表現まで踏み込んだ。


【日本薬剤師会政策提言2022】「地域における薬局機能の必要量」織り込み整備計画を推進/「地域医薬品提供計画」

【日本薬剤師会政策提言2022】「地域における薬局機能の必要量」織り込み整備計画を推進/「地域医薬品提供計画」

【2022.05.30配信】日本薬剤師会はこのほど、「日本薬剤師会政策提言2022」を公表した。その中で、昨年の政策提言でも掲げていた「地域医薬品提供計画」を提言の一番最初に位置づけ、「各都道府県が、地域医療計画に連動した地域医薬品提供計画の策定を行い、薬剤師・薬局が多職種と連携して、その機能を十分発揮することで、地域住民の医薬品アクセスを確保し、 安全・安心な医薬品提供システムを確立する方策を構築すべき」とした。「地域における薬局機能の必要量」を推計することなどにより整備計画を推進するとしている。


最新の投稿


【地域連携薬局】56%が大規模チェーン薬局の取得/日本保険薬局協会調べ

【地域連携薬局】56%が大規模チェーン薬局の取得/日本保険薬局協会調べ

【2022.08.12配信】日本保険薬局協会は8月10日、定例会見を開き、認定薬局に関する調査を公表した。それによると、地域連携薬局認定の2664軒のうち、55.5%に当たる1479軒が「300薬局以上」の大規模チェーン薬局グループの認定であることが分かった。


【後発医薬品】薬局の加算“不算定”、じわり増加/日本保険薬局協会調べ

【後発医薬品】薬局の加算“不算定”、じわり増加/日本保険薬局協会調べ

【2022.08.12配信】日本保険薬局協会は8月10日、定例会見を開き、医療制度検討委員会による調剤報酬改定の影響調査を公表した。それによると、後発医薬品調剤体制加算の算定率が減少していた。改定前は「加算なし」は21.4%だったものが、改定後は27.3%となっていた。75%以上の加算区分がなくなったことの影響だが、供給不安定化の問題も無関係とはいえない。不算定薬局では今後、後発医薬品使用のインセンティブが働かなくなることも懸念される。一方、90%以上という新区分を算定する薬局も18.4%あった。


【中医協答申】オンライン資格確認の評価/薬局にマイナ保険証持参なら1点、ない場合は3点/新設の「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」

【中医協答申】オンライン資格確認の評価/薬局にマイナ保険証持参なら1点、ない場合は3点/新設の「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」

【2022.08.10配信】厚生労働省は8月10日、中央社会保険医療協議会総会を開き、オンライン資格確認に関する診療報酬上の評価を議論した。事務局は現行の「電子的保健医療情報活用加算」を廃止した上で、マイナンバー保険証を持参した患者の負担を軽くする案を提示した。


【サツドラHD】子会社のサッポロドラッグストアーの代表取締役異動

【サツドラHD】子会社のサッポロドラッグストアーの代表取締役異動

【2022.08.09配信】サツドラホールディングスは8月9日、 同日開催の定時株主総会及び取締役会において、子会社サッポロドラッグストアーの代表取締役及び取締役の異動を行うことを決議し公表した。


【医薬品制度部会】論点は3つ/「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」

【医薬品制度部会】論点は3つ/「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」

【2022.08.09配信】厚生労働省は8月5日、「令和4年度第1回厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。この中で「薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)とりまとめが報告されたが、日本薬剤師会(日薬)副会長の森昌平氏は、制度に関わる論点として「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」の3つを挙げた。


ランキング


>>総合人気ランキング