【中医協総会】“コロナ特例加算”の恒久化をめぐって意見対立/調剤報酬の感染対策加算4点の継続なるか

【中医協総会】“コロナ特例加算”の恒久化をめぐって意見対立/調剤報酬の感染対策加算4点の継続なるか

【2021.07.07配信】厚生労働省は7月7日、中央社会保険医療協議会総会を開き、次期診療報酬改定に向けた議論を行った。この中で日本医師会など診療側から、現在の診療報酬上の“コロナ特例加算”の恒久化を求める要望が出た。これに対し、支払側の健保連からは「エビデンスが必要」「減収の担保のような考えは診療報酬の原則にはずれる」などの意見が出て、議論は平行線となった。コロナ禍の診療報酬上の対応として、例えば調剤報酬では基本料に「調剤感染症対策実施加算」4点の措置が取られているが、これがどの程度、延長、あるいは恒久化されるのか、注目が集まる。


 日本医師会常任理事の城守国斗氏は、冒頭、コロナ対応については、「医療現場全体で分担対応することになっている」と述べた。また受領行動が大きく変容したことによって、「医療費が1.3兆円減少したとの結果が出ており、通常増加していた分を考慮すると2兆円分が減少したと考えられる」と指摘。
  その上で、次期診療報酬改定においては通常通りの手法ではなく「手直しをしていくことがミッション」と話した。

 論点となっている「コロナ・感染症対応について」については、城守氏は、感染対策の重要性を挙げた上で特例的な加算に関して「感染が仮に収束したとしても継続することが重要」とし、「包括的な評価」や「恒久化」、さらには「点数の再評価」も検討すべきだと要望した。

 コロナ対策への診療報酬上の措置としては、一例として、初診・再診(医科・歯科)について1回当たり5点、入院については1日当たり10点、調剤については1回当たり4点、訪問看護については 1回当たり50円などが設けられている。
 調剤の加算名称は、「調剤感染症対策実施加算」。感染対策を行っていることに対して評価が上乗せとなっている。

 日本病院会副会長の島弘志氏も、「感染対策の加算継続に関して慎重に判断すべきだとは思うが、こうした感染対策を行ったことでインフルエンザも激減するなどの効果も認められることから、継続すべきであると考える」と述べた。  

 日本慢性期医療協会副会長の池端幸彦氏は、城守委員に賛同する考えを示し、加算は継続すべきであると同時に、加算対象機関が増えるような見直しを求めた。その上で、「交付金や補助金の活用も骨太方針に示されているが、どの範囲を交付金で、どこを診療報酬にするかの大枠が決まらないと議論がしづらい」との認識を示した。「現時点で診療報酬で対応しているものは継続してほしい」と述べた。さらに、「医療経済実態調査によって利益率が数パーセントしか認められない中で、数ヶ月の診療実態によって賞与が支払えなくなる事例が出た」として、コロナ禍では医療機関の経営の脆弱さが露呈したとし、「抜本的にどう考えるのかを議論すべき」とした。

 これに関連し、日本薬剤師会常務理事の有澤賢二氏は、薬局でも感染対策を行った上で医薬品供給を行っている現状を説明。今後も感染再拡大も懸念される中で、「感染対策は引き続き行っていく必要がある」として、「疲弊しないように引き続き対応が必要と考えます」と述べ、調剤報酬上の加算継続を訴えた。

 こうした診療側の要望に対し、支払側からは反対意見や慎重論が相次いだ。
 
 全国健康保険協会理事長の安藤伸樹氏は、「検討にあたっては前提として効果検証していただき、真に必要な対応であるかや、特例を実施する基準、解除する基準などを明確していくべき」と話した。特例による影響についての調査結果報告を事務局に求めた。さらにはワクチンの接種状況や医療計画の策定における医療提供体制とも整合性をとった幅広い議論に資する資料を求めた。
 特例の恒久化に関しては、「議論はすればよいと思うが、効果など資料に基づいた形であればよい」とした。

 健康保険組合連合会理事の幸野庄司氏は、「特例加算の恒久化に関しては明確に反対する」と述べた。
 「特例に関しては政府の措置として付けられた経緯があり、中医協で議論されていないもので、エビデンスもないもの。議論するのであればエビデンスを示すべき」とするとともに、 「補助金でコロナ対応をするのか、診療報酬でするのかはすみわけるべき」との考えを示した。
 さらに「診療報酬で減収補填をするようなことになれば、診療行為に対する対価という診療報酬の原則が崩れる」とし、「減収への対応は補助金・交付金で」と主張した。
 「感染収束まではやむを得ないが、対応にどれだけの費用が必要かの精緻も必要」と話した。

 併せて、「コロナ対応で必要なのは対症療法的ではなく、医療機関の機能分化と連携強化。コロナで学んだことを積み上げるべきだ」とした。

 こうした幸野氏の意見に対しては、城守氏が「中医協の役割には地域医療の安定化もある」と述べたほか、日本医師会常任理事の松本吉郎氏も「特例的な対応がなければ地域医療が維持できなくなる」、池端氏も「診療報酬で医療機関の経営は成り立っている」と述べるなど、議論は平行線となった。

この記事のライター

関連する投稿


【調剤報酬コロナ特例加算】山本会長「中医協の外でも政治に働きかけている」

【調剤報酬コロナ特例加算】山本会長「中医協の外でも政治に働きかけている」

【2021.09.18配信】日本薬剤師会(日薬)は9月18日に都道府県会長会を開き、その中で調剤報酬のコロナ特例加算(感染症対策実施加算4点)の期限延長に関して質問が出た。これに対し、山本信夫会長は「中医協の外でも政治に働きかけている」と活動状況を報告した。


【中医協】中間とりまとめ提示/「処方箋の反復利用」を論点に

【中医協】中間とりまとめ提示/「処方箋の反復利用」を論点に

【2021.09.15配信】厚生労働省は9月15日に中央社会保険医療協議会総会(第488回)を開き、「令和4年度診療報酬改定に係る議論の中間とりまとめについて」を示した。調剤報酬に関しては、「処方箋の反復利用」や「対人へのシフト」「オンライン服薬指導」などを論点として挙げた。


【中医協】地域支援体制加算等の施設基準経過措置、9月末で終了

【中医協】地域支援体制加算等の施設基準経過措置、9月末で終了

【2021.09.15配信】厚生労働省は9月15日に中央社会保険医療協議会総会(第488回)を開き、「令和2年度診療報酬改定における経過措置等への対応について」を示し、施設基準について令和元年分も使用できるとした経過措置を基本的に9月末日で終了することで了承された。


【規制改革推進会議】コロナ抗原検査キット、規制改革会議側「薬局での取り扱いの方向には厚労省も異論がなかった」

【規制改革推進会議】コロナ抗原検査キット、規制改革会議側「薬局での取り扱いの方向には厚労省も異論がなかった」

【2021.09.10配信】内閣府は9月10日、規制改革推進会議「医療・介護ワーキング・グループ(第1回)」を開き、「新型コロナウィルス抗原検査キットの薬局等における販売について」が議論された。経団連やメーカーからは「OTC領域の理念に合致している製品」「アクセス向上のためにOTC化が重要」といった声が出たという。規制改革推進会議側は、「薬局での取り扱いをという大きな方向性については厚労省としても異論はなかったとの認識を持っている」としており、「会議と厚労省で意識を共有しつつ手法を検討していく」としていた。


【コロナ自宅療養患者向けデカドロン】東京都薬剤師会、適切量の確保へ東京医薬品卸業協会と連携/基幹薬局へ出荷→地域の薬局へ分割販売

【コロナ自宅療養患者向けデカドロン】東京都薬剤師会、適切量の確保へ東京医薬品卸業協会と連携/基幹薬局へ出荷→地域の薬局へ分割販売

【2021.09.04配信】東京都薬剤師会は9月3日に定例会見を開き、コロナ自宅療養患者へのデカドロン(成分名デキサメタゾン)などのステロイド剤に関して、東京医薬品卸業協会と連携して地区薬剤師会での適切量を確保していく方針を示した。都内に33ある医薬品・情報管理センターのうち、16で分割販売を行っており、こうした基幹施設を中心に適切量を確保。地域の薬局からの入手要請に対して分割販売することで、応えられる体制をとりたいとの考えを示した。


最新の投稿


【第1四半期決算】ツルハHD、売上+4.9%、営業利益-15.0%/前期のコロナ特需の反動減影響

【第1四半期決算】ツルハHD、売上+4.9%、営業利益-15.0%/前期のコロナ特需の反動減影響

【2021.09.21配信】ツルハホールディングスは9月21日、2022年5月期第1四半期の連結業績(2021年5月16日~2021年8月15日)を公表した。売上は前年同期比+4.9%、営業利益は同-15.0%だった。前期のコロナ特需の反動減の影響を受けた。


【後発医薬品調剤体制加算】日本薬剤師会「臨時的な対応に関して近日中に結果出る」/安定供給回復は「月単位ではなく年単位」

【後発医薬品調剤体制加算】日本薬剤師会「臨時的な対応に関して近日中に結果出る」/安定供給回復は「月単位ではなく年単位」

【2021.09.18配信】日本薬剤師会(日薬)は9月18日に都道府県会長会を開き、その中で後発医薬品の安定供給のメドに関する質問が出た。日薬の有澤賢二常務理事はこれに対し、「少なくとも月単位ではなく、年単位」との見通しを示した。一方、後発医薬品に関わる調剤報酬上の臨時的な対応に関して厚労省保険局医療課と調整していることを明かし、「近日中に何らかの結果が出ると聞いている」と話した。


【調剤報酬コロナ特例加算】山本会長「中医協の外でも政治に働きかけている」

【調剤報酬コロナ特例加算】山本会長「中医協の外でも政治に働きかけている」

【2021.09.18配信】日本薬剤師会(日薬)は9月18日に都道府県会長会を開き、その中で調剤報酬のコロナ特例加算(感染症対策実施加算4点)の期限延長に関して質問が出た。これに対し、山本信夫会長は「中医協の外でも政治に働きかけている」と活動状況を報告した。


【薬学生向けイベント】「これからの薬局・薬剤師」開催レポート<2万字記事>サンキュードラッグ平野社長とアイセイ薬局藤井社長が登場

【薬学生向けイベント】「これからの薬局・薬剤師」開催レポート<2万字記事>サンキュードラッグ平野社長とアイセイ薬局藤井社長が登場

【2021.09.18配信】ドラビズon-lineは9月1日、薬学生向けオンラインイベント「これからの薬局・薬剤師」を開催した。サンキュードラッグ社長の平野健二氏とアイセイ薬局社長の藤井江美氏に参加いただき、経営者の目線からの見解を紹介いただきつつ薬学生とディスカッションしていただいた。


【ドラッグストア協会】濫用のおそれのある医薬品の「レジアラーム」システム導入率77.4%/販売調査では店舗販売業の適切な対応が薬局を上回る

【ドラッグストア協会】濫用のおそれのある医薬品の「レジアラーム」システム導入率77.4%/販売調査では店舗販売業の適切な対応が薬局を上回る

【2021.09.17配信】日本チェーンドラッグストア協会は9月17日に定例会見を開いた。その中で、濫用のおそれのある医薬品を知らせる「レジアラーム」システムの導入率調査の結果を報告し、回答した会員企業のうち77.4%が導入済みであることを説明した。


ランキング


>>総合人気ランキング