【すでに87人がエントリー】「旅する薬剤師」は薬剤師コミュニティづくりでもある

【すでに87人がエントリー】「旅する薬剤師」は薬剤師コミュニティづくりでもある

【2021.06.15配信】マーケティング・商品開発などを手掛けるNEWRONを経営し、薬剤師でもある西井香織氏が立ち上げた「旅する薬剤師」プロジェクト。都市部で働く薬剤師の休暇と、薬剤師獲得に苦慮する地方をつなぐことを目指す。すでに87人がエントリーするなど、特に若手薬剤師から注目を集めている。今年中に200人のエントリーを目標とする。副業に理解のある薬業界関連企業の増加も背景にある。職場や団体にとらわれない薬剤師コミュニティづくりの側面もある。


地方と都市部を経験することで両方の魅力を感じられる

 フリー薬剤師の村上俊介氏が、もともと旅が大好きで、各地を旅しながら薬剤師業務に就いていた。村上氏は「地方と都市部のどちらかがいいということではなくて、どちらにも魅力がある。どちらも経験することで、両方の魅力を感じることができる」と、「旅する薬剤師」の魅力を語る。

 こうした考えに発想を得て、西井氏がプロジェクトを立ち上げた。

 当初は都市部勤務の薬剤師の休暇を利用して、数日から数週間の地方でのスポット勤務を想定していたが、利用する医療機関や薬局側から「業務に慣れることも考えると、1か月間ぐらいの期間は欲しい」との要望があった。

 エントリーする薬剤師側にヒアリングしてみると、意外にも「1か月間くらいなら何とかなる」という人が少なくなかったという。

 そこで、「1か月程度」にプロジェクトを見直したところ、マッチングがうまく回りだした。すでに富山県と長崎県で実績をつくっている。

 プロジェクトにエントリーしている薬剤師はすでに87人を超えている。
 エントリー募集は西井氏のTwitterや、西井氏のコミュニティの中での告知が中心だが、それでもこれだけの人数がエントリーした。
 エントリー方式は、ホームページなどで掲載しているLINE公式に登録する形。

 現在休暇の活用だけでなく、求職中に登録をする薬剤師も増えている。

 西井氏は、「非常勤薬剤師は6万人以上いるといわれている。こうした薬剤師の方にも活用していただくようにしたい」と話す。
 目標は今年中に200人の登録を目指す。

受け入れ薬局に“新しい風”

 医療機関・薬局側と、登録する薬剤師にはどのようなニーズがあるのだろうか。

 まず、医療機関・薬局側は、地方ではいまだ薬剤師不足の状況がある。また、個人薬局では、経営者が管理薬剤師を兼ねているケースも少なくなく、スタッフの産休などで欠員が出ると、補完しづらいことがある。こうしたケースに1か月間でもスタッフが補充できる「旅する薬剤師」は求められている。

 また、登録する薬剤師側は、村上氏のように、各地を旅してみたいというニーズはもちろんだが、いろいろな場で経験をしてみたいというニーズもある。薬剤師は一度就職してしまうと、1か所の勤務地に長く働き、また、1つの店舗で働いているスタッフ数はそんんなに多くはない。

 「職場の人間関係で行き詰ってしまう人もいるため、違う場で働いてみることで、少し違う目線で今の職場をみることにもつながればいいなと思う」と村上さんは話す。

 こうした新しい取り組みへの反応は分かれるようだ。

 地域薬剤師会でも、プロジェクトの紹介に、冷ややかな対応をするところもあるという。
 薬局薬剤師では、1つの店舗にある程度の勤務経験を求める「かかりつけ」の推進が進んでおり、こうした流れや地域密着と相容れないと感じる関係者もいるかもしれない。
 
 ただ、かかりつけ推進を軸にしつつも、「旅する薬剤師」の取り組みが薬剤師の多様性を許容できることにつながり、多様性は業界を活性化させるのではないだろうか。

 プロジェクトに参画する薬剤師の関悠氏は、「旅する薬剤師の取り組みは、受け入れる薬局にも新しい風となり、従来の業務を見直すよい契機にもなるのではないか」と指摘する。

 社会全体で多様化のメリットが指摘されているが、関氏自身もヘルスケア関連企業でマーケティングの職に就いているが、その企業では副業を受け入れている。会社のスタッフがさまざまなキャリアを積むことが企業のメリットにもなるとの考えからだ。

 少数派のニーズであっても、現にあるさまざまなニーズをかなえていくことは意味のあることだろう。

 最後にもう1点、「旅するプロジェクト」で指摘できるのは、コミュニティをつくっていく楽しさをメンバーが感じていることだ。

 村上氏も、関氏も、プロジェクトを通して西井氏や、同じ気持ちを持った登録メンバーとのコミュニケーションすること自体から、多くの気付きを得て、意義があると語っている。
 「旅する薬剤師」は、プロジェクトであり、団体などではないが、一つのコミュニティの側面がある。

 関氏は、「コミュニティが大きくなっていき、コミュニティの中でつながりができたり、コミュニティの中で新しいプロジェクト回っていくようになるのが目指すところ」と話す。
 こうした新しい団体ではない、新しいコミュニティが今後もたくさん生まれてくるかもしれない。 

メンバーからは、「コミュニティが大きくなっていき、コミュニティの中でつながりができたり、コミュニティの中で新しいプロジェクト回っていくようになるのが目指すところ」とのコメントも。
写真左から2番目が西井香織氏

■旅する薬剤師HP
https://sites.google.com/view/trip-pharmacist/

この記事のライター

関連する投稿


【コロナワクチン接種への薬剤師の協力】45.7%の薬局で協力要請に対応/日本保険薬局協会調べ

【コロナワクチン接種への薬剤師の協力】45.7%の薬局で協力要請に対応/日本保険薬局協会調べ

【2021.07.08配信】日本保険薬局協会(NPhA)は7月8日に定例会見を開き、新型コロナワクチン接種における薬局薬剤師の活動状況について報告した。協力要請のあった7割の薬局のうち、45.7%の薬局で協力要請に対応していることが分かった。コロナワクチン接種への薬局薬剤師の協力体制に関して、規模の大きな調査はこれが初めて。


【ドラッグストア協会】協会加盟社所属薬剤師がコロナワクチン調製手技研修会を実施/千葉大学が協力

【ドラッグストア協会】協会加盟社所属薬剤師がコロナワクチン調製手技研修会を実施/千葉大学が協力

【2021.07.08配信】日本チェーンドラッグストア協会は、7月4日に「新型コロナウイルス ワクチン調製手技研修会」を開催した。国立大学法人千葉大学様の協 力のもと実施された。


【薬剤師によるコロナワクチン接種】日薬、研修プログラムver.1まとめる/「来週にも都道府県薬剤師会に通知」

【薬剤師によるコロナワクチン接種】日薬、研修プログラムver.1まとめる/「来週にも都道府県薬剤師会に通知」

【2021.06.26配信】日本薬剤師会は6月26日に定時総会を開き、今後の薬剤師によるコロナワクチン接種に向けた研修スケジュールに関して、25日の理事会で研修プログラムについて確認がとれたとし、6月28日からの「来週早々」にも、都道府県薬剤師会に通知する予定であることを明かした。ブロック代表質問で石川県薬剤師会の柏原宏暢氏の質問に答えた。


【サツドラHD】社員への職域接種を実施/札幌市の本社で1400人規模

【サツドラHD】社員への職域接種を実施/札幌市の本社で1400人規模

【2021.06.21配信】サツドラホールディングスは札幌圏内で勤務する自社の全従業員(パートナー社員、アルバイト社員含む)、本部及びグループ会社の従業員を対象に、新型コロナワクチンの職域接種を実施すると公表した。札幌市の同社本社を会場に1400人規模で行う。


【コロナワクチン職域接種】トモズ、楽天グループ大規模接種会場へ薬剤師派遣/自社社員への接種整備も決定

【コロナワクチン職域接種】トモズ、楽天グループ大規模接種会場へ薬剤師派遣/自社社員への接種整備も決定

【2021.06.15配信】トモズは楽天グループ及び楽天メディカルジャパンが 6 月 21 日を目途に実施を予定している二子玉川(世田谷区)での大規模接種会場へ、ワクチン接種補助業務として毎日 15 名体制での薬剤師の派遣を決定した。


最新の投稿


【人事】コスモス薬品、都市型店部副部長の井手光一氏が「調剤部長」に

【人事】コスモス薬品、都市型店部副部長の井手光一氏が「調剤部長」に

【2021.08.02配信】コスモス薬品は7月30日、組織改編と人事異動を公表した。異動日は8月24日の予定。


【人事】コスモス薬品、宇野正晃会長が代表権のない会長に

【人事】コスモス薬品、宇野正晃会長が代表権のない会長に

【2021.08.02配信】コスモス薬品は7月30日に、「代表取締役の異動に関するお知らせ」を公表した。現・代表取締役会長である宇野正晃氏が、代表権のない会長となる予定。8月24日開催の定時株主総会及びその後に開催予定の取締役会で正式に決定される予定。


日本セルフケア推進協議会が厚労省に要望書提出/「国民に分かりやすいセルフケアの情報発信を」

日本セルフケア推進協議会が厚労省に要望書提出/「国民に分かりやすいセルフケアの情報発信を」

【2021.08.02配信】日本セルフケア推進協議会(三輪芳弘代表理事=写真左)は、セルフケア推進に関する要望書を厚労省に提出した。厚生労働省大臣官房長 大島一博氏(写真右)、政策統括官 伊原和人氏、医政局長 迫井正深氏に手交 した。


【店頭トレンド発信】お店で健康セルフチェック!!ココカラファイン検体測定室、体験レポート

【店頭トレンド発信】お店で健康セルフチェック!!ココカラファイン検体測定室、体験レポート

【2021.07.30配信】ココカラファイン薬局では『検体測定室』という利用者自らによる血液検査による健康チェックを提供している。手ぶらで気軽に受けられ、測定数値にあわせて薬剤師から健康アドバイスがもらえるサービスだ。短時間で簡単に測定できることが評判になり、2021年7月現在、検体測定室の導入店舗は114店舗まで拡大。地域の健康増進に貢献している。今回は検体測定室に密着、実際に血液検査を受けてみて、実際にかかった時間やサービス満足度などをレポートする。サービスを受けるまでのステップも記載するので興味のある方は是非参考にしてほしい。


【トレンド】ドラッグストアの解熱鎮痛薬、6月の売上が前年比35%増に

【トレンド】ドラッグストアの解熱鎮痛薬、6月の売上が前年比35%増に

【2021.07.30配信】ビッグデータマーケティングの株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之氏) は、同社の統計データをもとにドラッグストア、食品スーパーマーケットにおける2021年6月の消費動向を公表した。それによると、ドラッグストア1店舗あたりの購買金額は前年同月と比べ5.5%減少、食品スーパーマーケットは0.3%減少した。ドラッグストアの伸び率ランキング1位は「農産珍味」、2位は「解熱鎮痛薬」。「解熱鎮痛薬」は食品スーパーマーケットでも伸び率ランキング1位になってる。ワクチン接種が進んだことによる影響と考えられるとしている。


ランキング


>>総合人気ランキング