【日薬代議員】 奈良、唯一の選挙で後岡氏(44)が当選/5月には会長選に挑む

【日薬代議員】 奈良、唯一の選挙で後岡氏(44)が当選/5月には会長選に挑む

【2024.04.15配信】令和6年3月28日に投開票された日本薬剤師会代議員選挙で、奈良県薬では44歳の後岡伸爾氏が当選した。今回の代議員選挙では唯一、選挙を行っての決定となった。


若手育成が組織を活性化

 令和6年3月28日に投開票された日本薬剤師会代議員選挙で、奈良県薬では44歳の後岡伸爾氏が当選した。今回の代議員選挙では唯一、選挙を行っての決定となった。代議員の奈良県薬枠は定数1名であり、これまで県薬会長の吉川惠司氏が代議員を務めてきたため、実質、会長選挙の前哨戦の位置付けともいえる選挙だった。後岡氏は当選を踏まえ、5月の会長選に挑む。
 
 後岡氏は桜井市、天理市で計4軒の薬局を経営。平成25年度から県薬理事を務め、令和4年度から副会長(現職)。対抗馬だった杉村好唯氏(65)は、10年にわたって県薬副会長を務めてきたが、2年前に副会長の座を辞していた。杉村氏の年齢やこれまでの実績もあり、若手の後岡氏が立候補したことに首を傾げる向きもあるが、後岡氏は本紙に対し、吉川現会長から後継指名を受けたことが大きな要因と語っている。吉川氏の「後継は若手、次世代に譲りたい」との思いを受け、後岡氏も立候補の決意を固めたとしている。

 結果は、地元紙報道によれば約6割の支持を受けて後岡氏の当選となった。この選挙戦について他都道府県の薬剤師会関係者に受け止めを聞くと、意外にも前向きな意見が聞かれた。「やりたい人が複数いて、選挙で審判を仰ぐのは通常の民主主義のあり方」というものだ。加えて、ではなぜ、選挙戦があまり見られない光景なのかを尋ねると、「そこまで“やりたい”という人がいないのも理由の1つかもしれない」との声もあった。都道府県薬で今後、活発な代議員選挙が繰り広げられることも1つの望まれる姿なのかもしれない。
 
 後岡氏が若手であるということも1つの注目点だ。後岡氏は県薬連盟の若手組織の中に身を置いてきた。こうした組織としての若手育成がいかに組織の活性化に重要であるかを示した事例とも受け止められる。

 奈良県薬では代議員選挙の翌日である3月29日に県薬の理事立候補を締め切っている。4月6日の理事選考委員会ではその中から27名の理事候補者(理事定数30名)が選出された。今後、5月下旬の総会で承認を受け、その中から代表理事、すなわち会長を選出する。理事選出メンバーには杉村氏は入っておらず、情勢としては後岡氏の会長就任とみるのが現実的だ。新理事候補者には後岡氏と同様に若手として育ってきたメンバーもいる。

 代議員は総会の場などを通して日薬に直接、意見が言える存在。後岡氏は奈良県における薬剤師の現状を日薬に伝えたいと今後の抱負を語る。吉川現会長が注力してきた学校薬剤師の職域拡大や報酬面での対応の必要性は引き続き発信し、薬剤師確保策では新人育成のできる環境や女性薬剤師の復職支援、奈良特有ともいえる製薬産業振興との連携についても発信していきたいとする。

この記事のライター

関連するキーワード


薬剤師 薬剤師会

関連する投稿


【日病薬】武田会長、改定の「薬剤業務向上加算」、第8次医療計画を後押しするもの

【日病薬】武田会長、改定の「薬剤業務向上加算」、第8次医療計画を後押しするもの

【2024.02.17配信】日本病院薬剤師会は2月17日に臨時総会を開いた。挨拶した武田泰生会長は今回の診療報酬改定にも触れ、薬剤業務向上加算については、「新任薬剤師の研修体制の構築や、出向を通してシームレスな薬物治療をつなぎ、第8次医療計画を後押しするものと期待している」と評価した。


【問い:薬剤師会には薬局間連携の機能はないのか】/「ある」と考える八戸薬剤師会(青森県)

【問い:薬剤師会には薬局間連携の機能はないのか】/「ある」と考える八戸薬剤師会(青森県)

【2022.10.17配信】調剤の外部委託など、“業界外”から突きつけられた議題を主に扱った「薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」。一方で、「薬局間連携」や「まとめ役となる薬局」、「地域薬剤師会の活動」など、薬局業界が今後どのような取り組みをすべきかのテーマも少なくなかった。その議論の中で、薬剤師会や行政の印象に強く残ったのが、「薬剤師会には薬局間連携の機能はない」との発言だった。改めて、地域の薬剤師会は現状、どんな業務をしているのか。そんな疑問を持って、八戸薬剤師会(青森県)の取り組みを聞いた。八戸薬剤師会理事の前田法晃氏(メディカルシステムネットワーク所属)が取材に応えてくれた。


【米国薬剤師の役割でセミナー開催】全米州薬局協会連合州政策担当部長のAllie Jo Shipman氏が登場/主催・真野俊樹氏

【米国薬剤師の役割でセミナー開催】全米州薬局協会連合州政策担当部長のAllie Jo Shipman氏が登場/主催・真野俊樹氏

【2021.08.17配信】8月20日(金)9時〜、真野俊樹氏(多摩大学大学院教授)が主催するWEBセミナーが開かれる。テーマは「米国薬剤師の役割とその重要基盤COVID-19を踏まえて」。数十名規模でインタラクティブな質疑応答が可能なセミナーとなっている。料金は1万6000円。申し込みはPeatixより。https://digital-health-now-4.peatix.com/


【コロナワクチン接種への薬剤師の協力】45.7%の薬局で協力要請に対応/日本保険薬局協会調べ

【コロナワクチン接種への薬剤師の協力】45.7%の薬局で協力要請に対応/日本保険薬局協会調べ

【2021.07.08配信】日本保険薬局協会(NPhA)は7月8日に定例会見を開き、新型コロナワクチン接種における薬局薬剤師の活動状況について報告した。協力要請のあった7割の薬局のうち、45.7%の薬局で協力要請に対応していることが分かった。コロナワクチン接種への薬局薬剤師の協力体制に関して、規模の大きな調査はこれが初めて。


【ドラッグストア協会】協会加盟社所属薬剤師がコロナワクチン調製手技研修会を実施/千葉大学が協力

【ドラッグストア協会】協会加盟社所属薬剤師がコロナワクチン調製手技研修会を実施/千葉大学が協力

【2021.07.08配信】日本チェーンドラッグストア協会は、7月4日に「新型コロナウイルス ワクチン調製手技研修会」を開催した。国立大学法人千葉大学様の協 力のもと実施された。


最新の投稿


【厚労省_調剤報酬改定】夜間休日リスト、「手続き済み、公表待ち」でも届け出OK/疑義解釈資料(その6)

【厚労省_調剤報酬改定】夜間休日リスト、「手続き済み、公表待ち」でも届け出OK/疑義解釈資料(その6)

【2024.05.31配信】厚生労働省は5月30日、令和6年度調剤報酬改定の「疑義解釈資料の送付について(その6)」を発出した。


【OTC医薬品卸協議会】新名称を報告/協議会会長の松井秀正氏

【OTC医薬品卸協議会】新名称を報告/協議会会長の松井秀正氏

【2024.05.30配信】日本医薬品卸売業連合会は5月30日に通常総会を開いた。


【岩月・次期日薬会長】「県薬との連携は重要」/“非会員”飯島氏の新理事入りへの反対意見に

【岩月・次期日薬会長】「県薬との連携は重要」/“非会員”飯島氏の新理事入りへの反対意見に

【2024.05.30配信】日本薬剤師会は5月29日、都道府県会長協議会を開催した。この中で、長野県薬剤師会は県薬非会員である飯島裕也氏(上田薬剤師会)の次期理事入りに対して、一部報道があった通り、反対意見を表明。次期会長候補である岩月進氏に見解を求める場面があった。


【日本薬剤師会】令和7年度予算要望/薬価に依存しない財源確保

【日本薬剤師会】令和7年度予算要望/薬価に依存しない財源確保

【2024.05.29配信】日本薬剤師会は5月29日に都道府県会長協議会を開催。その中で令和7年度予算要望の内容を説明した。


【日薬公表】令和5年度医薬分業率は80.3%、前年比3.9ポイント増/速報値

【日薬公表】令和5年度医薬分業率は80.3%、前年比3.9ポイント増/速報値

【2024.05.29配信】日本薬剤師会は5月29日に都道府県会長協議会を開催した。


ランキング


>>総合人気ランキング