マツキヨとココカラの統合効果、「3年目で数百億円」/ココカラファイン塚本社長語る

マツキヨとココカラの統合効果、「3年目で数百億円」/ココカラファイン塚本社長語る

【2020.11.25配信】ココカラファインは、2021年3月期 第2四半期決算説明会の動画を公開し、その中で塚本厚志社長は、マツモトキヨシホールディングスとの業務資本提携によるシナジー効果を「統合3年目で数百億円を見込む」と語り、統合の効果を強調した。


今後は両社で顧客販促と物流コスト削減

 資本業務提携によるシナジー効果の早期実現を目指し、すでに医薬品を含むNB(ナショナルブランド)のMD(商品政策)統一、PB(プライベートブランド)の相互供給、共同開発を進めているとした。先行発売等の共同企画も積極的に実施している。
 
 物販を行うほぼ全店舗となる1200店舗でMDの統一を行っており、全店の棚割り変更も行っているとした。

 シナジー効果は下期で40億円、年間で80億円規模を計画しているとした。
 PBについては相当数の導入が進んでいるとし、9月末に1200SKUであったPBは、3月末には1600SKUに増加する見込みという。売上高に占めるPB比率も現状の7.8%から、10%まで伸長する見込みという。

 上期ではMD統一へ向けて、棚割りの統一化を行った結果、廃棄する商品も出たため、特別損失43億円を計上した。これに関し、「年間80億円規模のシナジー効果を継続的に得るために一過性の損失を計上したもの」と説明した。

 「経営統合後、3年目をメドに両社合算で数百億円のシナジー効果が出現する計画を立てている」(ココカラファイン塚本社長)。

 商品政策に加え、今後は、顧客販促や1店舗当たりの物流コストの削減、決済手法の統一を手掛けていくとした。
 
 調剤事業においても、マツモトキヨシHDと医薬品、医療機器の共同調達によりシナジー効果を得ていく方針。

フタツカHD子会社化で「調剤とドラッグが連携」

 また、11月12日に全株式を取得し、子会社化したフタツカホールディングスに関しては、関西エリアのドミナントが深耕すると説明。
 フタツカホールディングスの売上規模は119億円で、店舗数は70店舗、うち69店舗が調剤薬局だ。
 ココカラファインは、こうしたフタツカHDの調剤薬局とドラッグストアが連携することなどを通して、「患者さまや生活者の予防、未病、治療のサポートをより一層、進められる地域ヘルスケアネットワークの構築が実現される」との考え。

調剤薬局出店は計画増、ドラッグ店の出店は計画下方修正

 通期出店計画については、フタツカHDの子会社化により調剤薬局が期初計画を上回る一方、ドラッグストアの期初出店は計画を下回る見込み。
 調剤薬局は期初は17店舗の出店を計画していたが、91店舗の出店計画に大幅に見直し。ドラッグストアに関しては期初計画では65店舗の出店を計画していたが、修正計画では51店舗の出店とし、14店舗減少する想定となっている。
 退店を含め、期末店舗数は1456店舗を計画する。

 同社は調剤事業に関して、敷地内薬局をはじめとしたより専門性の高い薬局づくりを展開していく方針。今後、4拠点で敷地内薬局開局の予定があるとした。
 さらに地域密着型薬局として健康サポート薬局も推進し、2022 年には 100 店舗の拠点数を計画するとした。
 調剤事業規模は来期にはおおよそ800億円になる見込みという。

*****
 フタツカHDの買収や出店計画から、調剤事業をココカラファインが、物販事業をマツモトキヨシHDが主導するような、相乗効果を高める役割分担の姿もみえてきた。

【第2四半期】ココカラファイン、売上高-7.8%、営業利益-19.9%

https://www.dgs-on-line.com/articles/506

【2020.11.12配信】ココカラファインは2021年3月期 第2四半期決算を公表した。それによると、前年同期比は売上高-7.8%、営業利益-19.9%などとなっている。

この記事のライター

関連する投稿


【営業継続表明】マツキヨHD、緊急事態宣言発令への対応方針

【営業継続表明】マツキヨHD、緊急事態宣言発令への対応方針

【2021.01.15配信】マツモトキヨシホールディングスは、政府の緊急事態宣言発令を受け、同社の営業方針を表明した。ライフライン、社会のインフラであるドラッグストアの使命として、基本的には通常通りの営業を継続するとしている。


【マツキヨ】PBエコバッグ第2弾、「マツキヨリップ」と「カラフルスラッシュ」を数量限定発売

【マツキヨ】PBエコバッグ第2弾、「マツキヨリップ」と「カラフルスラッシュ」を数量限定発売

【2021.01.14配信】マツモトキヨシホールディングスは、プライベートブランド(PB)のエコバッグの第二弾を数量限定で新発売した。「マ・ツ・キ・ヨ」と言っている唇の形を表現した「マツキヨリップ」と、人気のメルカドバッグを意識した「カラフルスラッシュ」の2種となる。


【第2四半期】クリエイトSDHD、売上+10.0%、営業利益+37.5%

【第2四半期】クリエイトSDHD、売上+10.0%、営業利益+37.5%

【2021.01.13配信】クリエイトSDホールディングスは2021年5月期 第2四半期決算を公表した。それよると、前年同期比で売上+10.0%、営業利益+37.5%など好調だった。


【通期業績上方修正】クリエイトSDHD、修正幅は売上+1.4%、営業利益+8.1%

【通期業績上方修正】クリエイトSDHD、修正幅は売上+1.4%、営業利益+8.1%

【2021.01.13配信】クリエイトSDホールディングスは、2021 年5月期第2四半期業績が予想よりも上振れたことを受け、通期業績予想を上方修正した。直近の予想値からの修正幅は売上+1.4%、営業利益+8.1%などとなっている。


【第2四半期】コスモス薬品、売上+12.0%、営業利益+52.9%

【第2四半期】コスモス薬品、売上+12.0%、営業利益+52.9%

【2020.01.13配信】コスモス薬品は2021年5月期 第2四半期決算を公表した。それによると、対前年同期比で売上+12.0%、営業利益+52.9%など好調だった。


最新の投稿


【コロナワクチン接種】ドラッグストア協会も準備進める

【コロナワクチン接種】ドラッグストア協会も準備進める

【2021.01.15配信】日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は1月15日に定例会見を開き、国が進める「新型コロナウイルスワクチンに係る医療従事者等の優先接種希望者数等の調査」に関して、JACDSとしても準備を進めている状況を明かした。加盟企業における接種希望者を調査、日本薬剤師会に提出する。


【リテールテック】富士通のAIレジレスはドラッグストアの新業態をつくるか

【リテールテック】富士通のAIレジレスはドラッグストアの新業態をつくるか

富士通が米・スタートアップZippin社と組んで、日本市場への普及を図る「AIレジレス」。顧客が会計作業に煩わされることのない買い物体験を提供するものとして期待されているが、AIカメラのほかに重量センサーを用いているため、現行の既存店への普及には課題がある。一方で、極めてニッチな市場を取り込む新たな業態開拓につながる可能性を秘めており、ドラッグストアと親和性の高い大規模介護施設等で訪問服薬指導などとセットで付加価値提案などができるのではないだろうか。本項では、富士通リテールビジネス本部DXビジネス事業部シニアディレクターの石川裕美氏にも独自インタビューしている。


【営業継続表明】マツキヨHD、緊急事態宣言発令への対応方針

【営業継続表明】マツキヨHD、緊急事態宣言発令への対応方針

【2021.01.15配信】マツモトキヨシホールディングスは、政府の緊急事態宣言発令を受け、同社の営業方針を表明した。ライフライン、社会のインフラであるドラッグストアの使命として、基本的には通常通りの営業を継続するとしている。


【営業継続を表明】キリン堂、緊急事態宣言発令への対応方針

【営業継続を表明】キリン堂、緊急事態宣言発令への対応方針

【2021.01.14配信】キリン堂は同社グループの店舗が集中している関西 3 府県 (大阪府・兵庫県・京都府)に緊急事態宣言が発令されたことを受け、同社は営業を継続するとの方針を表明した。


【新店】スギHD、「SugiCafe」併設の伏見御園店/野菜も取り扱い「憩いと食提供」

【新店】スギHD、「SugiCafe」併設の伏見御園店/野菜も取り扱い「憩いと食提供」

【2021.01.15配信】スギホールディングス子会社のスギ薬局は2021年1月14日、「スギ薬局伏見御園店」を名古屋市中区にオープンした。オフィスワーカー向けにイートインコーナー「Sugi Cafe」を設置。周辺はマンションも多いことから、冷凍食品や飲料、日配品に加え、野菜や精肉、米を扱うなど食品も強化している。


ランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

ドラビズ on-line で話題のキーワード


GoTo コロナ ツルハホールディングス ツルハ 従業員感染 訃報 店員 従業員