【中医協薬価専門部会】健保連松本委員、試行的にカテゴリー別の調整幅適用を提案

【中医協薬価専門部会】健保連松本委員、試行的にカテゴリー別の調整幅適用を提案

【2022.11.16配信】厚生労働省は11月16日、中央社会保険医療協議会(中医協)薬価専門部会を開き、令和5年度薬価改定について議論した。この中で支払側委員である健康保険組合連合会(健保連)理事の松本真人氏は調整幅について、後発医薬品などの医薬品カテゴリー別の調整幅を試行的に適用することについて「検討するということもあるのではないか」と提案した。


日薬・有澤氏「令和3年改定でのコロナ特例を、今回は安定供給の観点で措置考慮を」

 同日の中医協薬価専門部会は「中間年改定の対象範囲」や「安定供給の確保」「調整幅」などの論点について議論した。

 中間年改定の対象範囲については、診療側委員が平成28年のいわゆる「4大臣合意」である基本方針に記載されている「価格乖離の大きな品目」を対象とすべきと口をそろえた。
 加えて、日本薬剤師会理事の有澤賢二氏は、新型コロナウイルス感染症特例として薬価の削減幅を0.8%分緩和する措置がとられた令和3年度の改定を説明し、「今回は医薬品の安定供給の影響を鑑み特例的な措置をとることも考慮すべき」と主張した。
 日本医師会常任理事の長島公之氏はさらに、足下の薬価乖離率が縮小している可能性も踏まえ、対象範囲の「価格乖離が大きい」との定義も「改めて議論する必要がある」と述べ、対象範囲を平均乖離率以上だとする考えの再考も示唆した。

 ただ、平成29年の骨子などでは「国民負担の軽減の観点から、できる限り広くすることが適当である」との記載もあることの指摘が支払側からはあり、健保連理事の松本真人氏は「新たな方針が政府から示されない限りは市場実勢価格を適時薬価に反映して国民負担を抑制することを目的として価格乖離の大きな品目についてはできる限り広く対象範囲とすべき」との意見を述べた。
 加えて松本氏は「令和3年度に基準とした平均乖離率の0.625倍が(対象品目の)ベースになる。これを変えろということであれば、それ相応の根拠が必要。乖離率だけではなく乖離額についても引き続きの課題だ」とした上で、新型コロナ特例の0.8%緩和については「令和2年の春と価格交渉の状況が異なる」として「適用しないことが妥当」と主張。同じく支払側である全国健康保険協会理事長の安藤伸樹氏も、松本氏の「乖離額も課題」との意見に同調し、「乖離率だけでは、カテゴリーによって影響の大きい薬もある。乖離額についても考慮に入れて慎重に判断をすべき」とした。支払側と診療側の意見は平行線となった。

日薬・有澤氏「算定ルールとは別に、不採算品の対応などを緊急的に実施を」

 安定供給の確保の論点では、日薬・有澤氏が強い口調で主張。中間年改定や物価高騰・円安の影響などですでに不採算品も抱えている製薬企業などがさらなる窮地に追い込まれる可能性があることを危惧し、「医薬品の生産すら危うい状況になることが推察される。安定供給のために必要な措置は必須だ」と訴えた。具体的には算定ルールとは別に不採算品の対応などを緊急的に実施することが必要との考えを述べた。現場の窮状については、「医薬品の供給問題は日々深刻なことになっており元の姿に戻れないくらい大きな問題としてふくれ上がってきている。現場では供給問題への対応に疲弊しているところで、各自の努力工夫により何とか凌いでいるが、致命的なフェーズがもうすぐそこに来ているということを実感している。 これ以上、安定供給に支障をきたすというような対応や供給問題を長引かせる対応を行うべきではないと、ここで強く主張させていただく」と述べた。

 安定供給の点では、日医・長島氏は対応の必要性を指摘した上で、「安定供給確保という理由だけで薬価を引き上げるのではなく、患者さんにとっても納得でき、さらに企業の合理的な対応の有無等を踏まえた上で検討する必要がある」との考えを示した。

調整幅、診療側「中間年改定で議論すべきテーマではない」

 調整幅については、診療側は中間年改定で議論すべきテーマではないとの考えを示した。

 日医・長島氏は、調整幅のあり方について、「長年積み重ねられてきた川上から川下までの医薬品取引のあり方について大きな影響を及ぼす可能性があり、その変更は十分慎重であるべき」との考えを表明。「病院、診療所の価格乖離は特にチェーン薬局の乖離と大幅な差が生じている中で、安直に調整幅を変更する議論は医療機関にとって非常に大きな影響を生じさせる。調整幅は現行の薬価制度全体の中で位置づけられていることを踏まえれば、通常改定とは異なる中間年改定において調整幅を変更することは適当ではないと考える」と述べた。
 日薬・有澤氏も調整幅については、「現行の薬価制度で位置づけられているもの。議論するのであれば薬価制度全体の中で議論していくものであり、中間年改定の議論の中では検討するべきものではない」とした。

 健保連・松本氏は、調整幅について試行的な変更について言及した。
 医政局の有識者検討会の資料を引用し、「以前から我々はカテゴリー別の乖離率をぜひ示していただきたいと要望してきた」とした上で、「仮にデータをどうしても出せないということであれば、例えば資料の38ページのようなデータを参考にして、これは試行的になるがカテゴリー別の調整幅を適用することを検討するということもあるのではないか」と述べた。
 資料の38ページには、「新薬創出等加算品の乖離率を100とした場合のカテゴリー別指数」が掲載されており、医薬品のカテゴリー別の薬価差(乖離率)の指数では、後発医薬品の指数が高くなっていることが示されている。

日薬連「基礎的医薬品や安定確保医薬品でも採算性が著しく悪化している品目がある」

 なお、同日は原材料やエネルギー価格高騰、円安の影響について、より詳しい資料を日本製薬団体連合会(日薬連)が提出。厚意で情報提供した一部の企業の結果としつつも、採算性が著しく悪化している品目があること、その品目の中には基礎的医薬品や安定確保医薬品といった特に医療上の必要性の高い医薬品も含まれているということも確認されたとした。

 安定供給については、協会けんぽの安藤氏も問題視。安定確保医薬品や基礎的医薬品など経済安全保障上も特定重要物資に入っているような医薬品の確保状況について、「この辺の影響が本当にどのぐらいのものなのかというのが国民にとって非常に重要なこと」として、今後、議論の中で提示してほしいと要望した。

この記事のライター

関連するキーワード


中医協 薬価改定

関連する投稿


【中医協薬価専門部会】赤名専門委員、財務省の毎年改定の資料に「理解しがたい」

【中医協薬価専門部会】赤名専門委員、財務省の毎年改定の資料に「理解しがたい」

【2022.11.09配信】厚生労働省は11月9日、中央社会保険医療協議会 薬価専門部会を開催した。同日は医政局で開催している「医薬品の迅速・安定供給実現に向けた総合対策に関する有識者検討会」の議論の状況が報告された。この中で、専門委員の赤名正臣氏(エーザイ常務執行役)は、財政審の資料に関してコメント。制度が全く異なる米国において薬価を引き下げる法案が成立したことを引き合いに毎年改定を「完全実施」すべきとする提言には「理解しがたいものがある」と述べた。


【中医協調査実施小委員会】日薬、実調での認定薬局の経営状況把握に「異議なし」/「パラメーターとしての活用あり得る」

【中医協調査実施小委員会】日薬、実調での認定薬局の経営状況把握に「異議なし」/「パラメーターとしての活用あり得る」

【2022.10.26配信】厚生労働省は10月26日、中央社会保険医療協議会 調査実施小委員会を開催し、地域連携薬局や専門医療機関連携薬局といった認定薬局に加え、健康サポート薬局の経営状況を把握することが提案された。これに対し、日本薬剤師会の委員は「異議はない」との考えを示した。「パラメーターとしての活用は1つの方法」との考えを示したもの。


【中医協調査実施小委員会】日医、実調での認定薬局の経営状況把握に懸念表明/「現時点で制度運用が不十分」

【中医協調査実施小委員会】日医、実調での認定薬局の経営状況把握に懸念表明/「現時点で制度運用が不十分」

【2022.10.26配信】厚生労働省は10月26日、中央社会保険医療協議会 調査実施小委員会を開催し、地域連携薬局や専門医療機関連携薬局といった認定薬局に加え、健康サポート薬局の経営状況を把握することが提案された。https://www.dgs-on-line.com/articles/1809 これに対し、日本医師会の委員は「現時点で制度運用が不十分」として懸念を示した。


【中医協調査実施小委員会】実調で認定薬局の経営状況把握を提案/OTC備蓄品目数も把握提案

【中医協調査実施小委員会】実調で認定薬局の経営状況把握を提案/OTC備蓄品目数も把握提案

【2022.10.26配信】厚生労働省は10月26日、中央社会保険医療協議会 調査実施小委員会を開催し、医療経済実態調査について議論した。この中で事務局は地域連携薬局や専門医療機関連携薬局といった認定薬局に加え、健康サポート薬局の経営状況を把握することを提案した。加えて、OTC医薬品の備蓄状況の把握も提案した。


【中医協 薬価専門部会】薬価の中間年改定、薬剤師会有澤氏「地域の医薬品供給体制の崩壊に繋がらないよう丁寧な議論を」

【中医協 薬価専門部会】薬価の中間年改定、薬剤師会有澤氏「地域の医薬品供給体制の崩壊に繋がらないよう丁寧な議論を」

【2022.07.20配信】厚生労働省は7月20日、中央社会保険医療協議会薬価専門部会を開き、いわゆる中間年改定に向けた「令和4年度薬価調査の概要」を報告した。前回の令和2年度と同様の実施内容とすることが提案され、承認された。この中で日本薬剤師会理事の有澤賢二氏は、薬価の中間年改定に関して、医薬品の供給不安が現在も続いていることを指摘し、「地域の医薬品供給体制の崩壊に繋がらないよう丁寧な議論を」と要望した。


最新の投稿


【薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ない?】業界紙記者×国試対策校の対談

【薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ない?】業界紙記者×国試対策校の対談

【2022.12.02配信】このほど、業界紙「ドラビズon-line」は、「薬局業界ニュースは薬剤師国家試験出題に関係ない?」をテーマに、薬剤師国家試験対策校のメディセレ社長の児島惠美子氏と紙上対談を実施しました。


【厚労省】後発薬の数量シェアを公表/令和4年薬価調査結果

【厚労省】後発薬の数量シェアを公表/令和4年薬価調査結果

【2022.12.02配信】厚生労働省は12月2日、中医協薬価専門を開き、その中で令和4年薬価調査の速報値として、後発医薬品の数量シェアが約79.0%だったと報告した。


【厚労省】令和4年9月の薬価乖離率(速報値)を公表

【厚労省】令和4年9月の薬価乖離率(速報値)を公表

【2022.12.02配信】厚生労働省は12月2日、中医協薬価専門部会を開いた。この中で、令和4年薬価調査結果の速報値を公表した。平均乖離率は約7.0%だったとした。


【経済財政諮問会議】DXに続いて“HX”登場/民間議員提唱

【経済財政諮問会議】DXに続いて“HX”登場/民間議員提唱

【2022.12.02配信】12月1日に開かれた経済財政諮問会議で、民間議員は社会保障における「経済・財政一体改革における重点課題」を提起した。その中で、医療・介護分野におけるDX推進に加え、「ヘルスケア・医薬産業の成長力強化」を“HX”として記載し、その推進を提唱した。


【経済財政諮問会議】「令和5年度予算編成の基本方針」を答申/DX等への投資や全世代型社会保障の構築明記

【経済財政諮問会議】「令和5年度予算編成の基本方針」を答申/DX等への投資や全世代型社会保障の構築明記

【2022.12.02配信】政府は12月1日、第15回経済財政諮問会議を開催し、「令和5年度予算編成の基本方針」を決定した。令和5年度予算編成に当たっては、“令和4年度第2次補正予算と一体として”とし、「経済財政運営と改革の基本方針 2022」に沿って、足元の物価高を克服しつつ、経済再生を実現するとし、DX等への投資や全世代型社会保障の構築を明記した。


ランキング


>>総合人気ランキング