【規制改革推進会議WG】調剤外部委託、経団連などが「一包化以外対象に」「距離制限撤廃」を要望

【規制改革推進会議WG】調剤外部委託、経団連などが「一包化以外対象に」「距離制限撤廃」を要望

【2022.09.22配信】政府の規制改革推進会議は9月22日、「第9回 医療・介護・感染症対策ワーキング・グループ」を開き、「薬剤師の対人業務の強化のための調剤業務の一部外部委託について(フォローアップ)」を議題とした。日本経済団体連合会(経団連)などから、一包化以外の薬剤取り揃えを対象とすることや、三次医療圏などの距離制限を撤廃すべきとの意見が出た。事務局は意見にのっとり、今後、議論していく方針を示した。


経団連「委託先は薬局に限定する必要はない」

 調剤業務の一部外部委託をめぐっては、厚労省がワーキングを進めてきており、とりまとめとして、委託可能な業務を「一包化(直ちに必要とするものを除く)」とすることや、委託先については同一3次医療圏内の薬局とすることを記載した。
 外部委託が法令上実施可能となった後に、安全性、地域医療への 影響、薬局のニーズ等を確認し、必要に応じて見直しを行うとしていた。

 しかし、同日の規制改革推進会議WGでは、経団連が要望書を提出し、業務を一包化だけでなく薬剤の取り揃えを対象とすることや、距離制限について撤廃することを求めた。

 経団連は資料で、委託対象業務の範囲については高齢者施設などの業務への対象緩和を求めた。「高齢者施設入居者や訪問診療を受けている在宅患者向け、応需した薬局に在庫のない慢性疾患薬など、委託が 便利・有用な局面は一包化以外にも多くある。一包化に付帯する処方も同様。最低限、こうしたケースは対象 に含むべき」とした。一包化だけを対象とした場合、むしろ煩雑になるとした。

 また距離制限については「距離により一律に制限を設けることには合理性が無い」とし、「隣接県や隣接県でなくても 一定の期間内で配送可能な範囲であれば、外部委託を認めるべき」とした。

 加えて、「委託先を薬局に限定する必要はない」とした。その上で、「薬局に限定するとしても、①受託した対物業務、②オンライン服薬指導のみを行うことを自ら定めた薬局につ いては、対面での服薬指導を前提とした構造規制の一部は不要であり、合理化が必要。(①は、対面指導が必 要な場合は委託元が行う。②も、オンラインで実施できる場合しか応需しないので対面指導ができることを担 保する必要性がない)とした。
 構造規制についても、「こうした薬局については、患者による保険薬局の自由な選定のため必要とされる公道からのアクセスや外観の 明確性も他の手段で代替可能。具体的には、①委託先に係る情報を委託元が患者に提供すること、②インター ネット上で当該薬局に関する充実した情報を提供すること等が考えられる」とした。

 ファルメディコの狭間研至氏も資料で、「一包化に限定せず、取り揃え等も含む」ことは、「薬剤師の対人業務を充実させるには必須」としたほか、「距離制限は基本的に設けない」こととし、「永続性のあるシステム構築を可能にする」必要があるとした。処方箋40枚規制については、「機械・ICT活用下の調製業務の基準ではない」とし、「医療機関の調剤業務」も外部委託の対象とすべきとした。 中小病院薬剤師の対人業務シフトも重要だとした。

 事務局は、今後、上記のような意見に関して議論していくことになるとの考えを示した。
 

この記事のライター

関連する投稿


【厚労省】調剤業務の一部外部委託でQ&A発出

【厚労省】調剤業務の一部外部委託でQ&A発出

【2024.05.10配信】厚生労働省は5月9日、「国家戦略特別区域調剤業務一部委託事業の実施要領に関する質疑応答集(Q&A)」を発出した。


【厚労省】調剤外部委託の特区実施要領を通知/特区事業開始の素地整う

【厚労省】調剤外部委託の特区実施要領を通知/特区事業開始の素地整う

【2024.05.09配信】厚生労働省は5月9日、「国家戦略特別区域調剤業務一部委託事業の実施要領」を発出した。これにより大阪での特区事業実施の素地が整うことになる。


【規制改革推進会議】規制緩和求めた「住田町」 / “町唯一の”薬局「夜間休日対応、連携で可能」

【規制改革推進会議】規制緩和求めた「住田町」 / “町唯一の”薬局「夜間休日対応、連携で可能」

【2024.05.08配信】4月26日に開かれた内閣府の規制改革推進会議「健康・医療・介護ワーキング・グループ」(WG) では、「在宅医療における円滑な薬物治療の提供について」が議題の1つとなり、岩手県気仙郡住田町の町長から訪問看護ステーションへの薬剤ストックの提案がされた。同町で唯一である薬局が本紙取材に応えた。


【規制改革推進会議WG】スイッチOTC促進議論/令和8年末までOTC化目指す成分リスト公開

【規制改革推進会議WG】スイッチOTC促進議論/令和8年末までOTC化目指す成分リスト公開

【2024.03.29配信】内閣府規制改革推進会議「健康・医療・介護ワーキング・グループ」(WG)が3月28日に開かれ、スイッチOTCの促進について議論された。


【規制改革会議議事録】佐藤WG座長「成分の規制の必要も」/“濫用薬”の販売制度問題で

【規制改革会議議事録】佐藤WG座長「成分の規制の必要も」/“濫用薬”の販売制度問題で

【2024.01.24配信】内閣府規制改革推進会議は、1月24日までに令和5年12月26日開催の会議議事録を公開した。その中で「健康・医療・介護ワーキング・グループ」(WG)の佐藤主光座長は濫用のおそれのある医薬品成分の規制などについて指摘している。


最新の投稿


【日薬新執行部】岩月新会長が示した「覚悟」/新任9人登用で組織刷新、若手抜擢と女性幹部を倍増

【日薬新執行部】岩月新会長が示した「覚悟」/新任9人登用で組織刷新、若手抜擢と女性幹部を倍増

【2024.05.24配信】日本薬剤師会の次期会長に内定している岩月進常務理事は、新執行部人事を固めた。新任は9人で、組織を刷新。目玉は若手の登用と女性幹部の増員だ。若手では上田薬剤師会の飯島裕也氏(44)と鳥取県薬剤師会の徳吉雄三氏(46)、慶大医学部特任研究員の日髙玲於氏(32)などを抜擢した。女性幹部は倍増の6人。(5月22日付けドラビズforPharmacy朝刊より。医薬コラムニスト/ジャーナリスト 玉田慎二)


【一般薬連】自主点検結果を公表

【一般薬連】自主点検結果を公表

【2024.05.24配信】日本一般用医薬品連合会(一般薬連)は5月16日、協会加盟企業による一般用医薬品の品質に係る自主点検結果を公表した。


【訃報】大分県薬剤師会会長の安東哲也氏が死去

【訃報】大分県薬剤師会会長の安東哲也氏が死去

【2024.05.23配信】大分県薬剤師会は5月23日、現職県薬会長の安東哲也氏が死去したと公表した。


【大木ヘルスケアHD】医薬品売上2桁増/2024年3月期決算

【大木ヘルスケアHD】医薬品売上2桁増/2024年3月期決算

【2024.05.23配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングス は5月23日に2024年3月期(2023年4月1日~2024年3月31日)の決算説明会を開催した。


【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【2024.05.22配信】厚生労働省は5月22日、「令和6年度薬価改定を踏まえた診療報酬上の臨時的な取扱いについて」を発出した。カットオフ値について、当面の間、臨時的取り扱いを行うとした。