【夏の就活中の薬学生必見】調剤報酬、薬局企業ランキングTOP10! 4社はドラッグストア企業 

【夏の就活中の薬学生必見】調剤報酬、薬局企業ランキングTOP10! 4社はドラッグストア企業 

【2022.08.29配信】ドラビズon-lineでは、調剤報酬に関わる企業ランキングを作成した。クリエイトSDホールディングスやクスリのアオキホールディングスなど、22年5月期決算を反映している。各社公表資料のほか、独自調査・取材などを基にしている。


ドラッグストアの躍進顕著、新生マツキヨココカラは6位

 その結果、トップ10は下表の通りとなった。

 ドラッグストア企業が4社ランクインしており、躍進が目につく。

 なお、新生マツキヨココカラ&カンパニーに関しては6位。22年3月期にはココカラの上期が反映されていないが、同社は上期に関して統合前2社の単純合算し合算した「調剤売上実績」を1436億円と公表している。ランキングはその数値に基づいた。ドラッグストアの中ではウエルシアホールディングスに次ぐ2番手となる。

 調剤を拡充しているドラッグストア企業では、地域連携薬局や専門医療機関連携薬局、健康サポート薬局等の認定・取得に積極的な企業も少なくない。さらには調剤業務の一部外部委託に関しても検討・準備を進めている企業もある。
 今後も調剤市場において、存在感を増しそうだ。

薬学生限定! 「薬局企業ランキング200社」冊子プレゼント

【編集部より】薬学生の方限定で、「薬局企業ランキング200社」<本社所在地別 地域別ランキングあり>をプレゼントします。
お申込みは下記まで。
https://dorabiz07.peatix.com

【薬学生向けイベント開催!!】本当にオススメの薬局企業はココだ!

【イベント概要】
■開催日時:2022年9月8日(木)19:30〜20:30 ZOOMミーティング
■内容
スポンサー企業なし!
1、業界紙記者歴20年の菅原幸子から本音で「オススメの薬局企業」を解説します。
・企業をみる時のポイント
・オススメ薬局企業のポイント
・薬局業界動向とこれからの薬剤師キャリアパス

2、薬剤師5年目の日髙玲於さんによる「就活の実際」
・何を基準に就職先を検討したか?
・自分のキャリアは別としてもいくつかのキャリアパスでお勧めはあるか?
・業種ではなく、企業を判断する時に見るべき指標は?
・最近の薬剤師業界の動向をどうみているか?それによって就職先を考えるときに考慮すべき点はあるか?
・ずばりオススメの薬局企業は?

【ドラビズon-line編集長・菅原幸子について】
老舗医薬品業界誌である株式会社ドラッグマガジンで20年にわたり、記者・編集に従事。「月刊ドラッグマガジン」編集長を務めた。2020年7月に株式会社ドラビズon-lineを起業、WEBメディア「ドラビズon-line」を運営する。「PRESIDENT Online」や「東洋経済オンライン」等で社会に業界情報の発信も行う。NHK「あさイチ」など、テレビ番組にも複数出演。
■ツイッター https://twitter.com/magazinesugawar



【薬剤師・日髙玲於さんについて】
若手ながら、精力的に活動を展開する薬剤師。薬剤師業界の歴史における知識、人脈は業界紙記者を圧倒するほど。新卒1年目から5年間在宅医療に関わる。在宅領域で働いている・働きたい医療 / 介護プレイヤー向けのコミュニティ「H△T」を主宰。このほど慶應義塾大学大学院(MPHプログラム)に進学決定。CoHoPe 代表、政経塾17期。 SHIP IHL12期生。Mission:「その人らしく最後まで生きられる社会をつくる」。
■ツイッター https://twitter.com/Leo__dents_inci



■日髙玲於さんからのプロローグ
・何を基準に就職先を検討したか?
①尊敬できる、入社してからも相談できる人がいる(人事ではなく)。
②自分の興味のある分野を経験させてもらえる(経験できる環境があり、意見を聞いてくれる)
③奨学金を返済しても生活できる収入がもらえる。
・お勧めのキャリアパスは?
 病院→薬局はやはり王道だと思います。私は結果的に薬局に進みましたが、元々は病院志望でした。ファーストキャリアを考える上で、ラストキャリアを考えることが大事だと思います。自分が定年退職するときに、どんな人になっていたいかを考えることが大切だと思います(後に変わっても良いです)。それは「自分が何によって覚えられたいか?」だと思います。 職場の中だけでの成長を考えれば、大手が研修機会は多いと思います。しかし、これだけオンラインが発達し、研修会が全国に機会がある中で、外部の勉強会に参加すれば、大手で受けているレベルの勉強会も受けられると思います。そのため、「研修制度がしっかりしているからという理由でだけで大手を志望する」ということは、あまりおすすめしていません。もちろん、大手でしかできない経験はいくつもありますので、キャリアパスとしては価値があると思います。ラストキャリアから逆算して、したい経験ができるところ選ぶのは良いと思います。
・企業を見るべき指標は?
 「その会社の将来性」だと思います。時代の変化に対応でき、常に変化する患者のニーズに応えていく姿勢が見られるであるかを判断すると良いと思います。私の時代は、儲からないけれど大切だからと在宅に踏み切っていた会社を中心に見ていました。 将来性を見るには、会社のビジョン(もしくは中期経営計画など)とその事業責任者の人間性を見ると良いと思います。多くの場合は、社長の話を直接聞くことが大切だと思います。会社は社長の器以上にはならないので、人事で決めるのではなく、社長は見たほうが良いと思います。また、大手では必ずしも社長が事業責任者ではなかったりするので、執行役員や部長の話も聞きつつ将来性を判断すると良いと思います。
・最近の薬剤師業界の動向は、「対人業務」「オンライン」「DX化」は重要なテーマであると思います。「会社の将来性」を見る上で、素晴らしい経営者はこのような時流のテーマについて、「動向」となる前の「兆し」の段階で、何かしらのアクションを起こしています。学生は会社に何を聞いても怒られることはないので、思い切って質問すると良いと思います。その相手の反応が、会社を判断する一つの要素になると思います。

以上になります。
当日は「プロローグ」に書けない実名企業をご紹介!
基本的に、フランクに質問し合う場としたいと思っています。
業界の現場を取材している記者として少しでも薬学生の皆さんのお役に立てれば幸いです。

お気軽にご参加くださいませ。

【個人情報の取り扱いについて】
参加いただいた方々の情報は当社以外に提供することはありません。
ただ、当社が今後、薬学生向けイベントなどを開催します場合など、ご案内をさせていただく可能性があります。

■お申込み・詳細は下記URLより。
https://dorabiz8.peatix.com

この記事のライター

関連する投稿


【財政審】調剤報酬の適正化の文言、ほぼなし/「春の建議」

【財政審】調剤報酬の適正化の文言、ほぼなし/「春の建議」

【2024.05.21配信】財務省の財政制度等審議会が5月21日に開かれ、“春の建議”となる「我が国の財政運営の進むべき方向」を公表した。その中で調剤報酬の適正化に関わる文言はほぼ書き込まれなかった。


【薬学生向けイベント】愛知県薬・岩月会長の講演など/企業と薬剤師会の双方の意見に触れる機会に

【薬学生向けイベント】愛知県薬・岩月会長の講演など/企業と薬剤師会の双方の意見に触れる機会に

【2024.02.04配信】薬剤師業界メディアのドラビズon-lineは2023年12月17日、名古屋市内で薬学生向けイベントを開催した。愛知県薬剤師会の岩月進会長に講演を依頼したほか、地元の有力ドラッグストア企業であるスギ薬局副社長の杉浦伸哉氏、中部薬品専務の佐口弥氏に登壇いただき、企業と薬剤師会の双方の意見に触れる機会とした。テーマとしては敷地内薬局や調剤業務の一部外部委託について聞いた。中部地方の薬剤師が中心ながら、約40名の薬学生が参加した。社会に出る前の早い時期から社会情勢の変化が薬剤師にどのような影響をもたらすかの視点を薬学生が持つことは、薬剤師業界の振興にも不可欠ではないだろうか。何らか正解を求めるものではない。


【薬学生向けイベント開催】12月17日(日)@オンライン/スギ薬局、中部薬品の経営陣登壇!★参加者全員にAmazonギフト3000円分プレゼント!

【薬学生向けイベント開催】12月17日(日)@オンライン/スギ薬局、中部薬品の経営陣登壇!★参加者全員にAmazonギフト3000円分プレゼント!

【2023.10.14配信】薬局・ドラッグストア向けのWEBメディアを運営する株式会社ドラビズon-lineは12月17日(日)17:00〜18:30、オンラインにて薬学生向けのイベントを開催する。名古屋駅近辺の会場にてリアル参加も可能。スギ薬局、中部薬品など東海地方で展開する有力企業が参加。経営陣から直接、ビジョンや今後の展望などを聞くことができるのが大きな特徴。また、「地域に密着した薬局の情報を知る場がない」という薬学生の声から、薬剤師会で活動されている地域薬局にも参加いただくイベントとなっている。長い薬剤師キャリアを考える上で、“一生モノ”になる出会いのイベントを目指している。


【調剤基本料1】NPhA会員薬局での算定率が3分の1に急減/日本保険薬局協会調査

【調剤基本料1】NPhA会員薬局での算定率が3分の1に急減/日本保険薬局協会調査

【2023.03.09配信】日本保険薬局協会は3月9日、定例会見を開き、調剤報酬の算定状況に関する会員調査結果を公表した。それによると、22年1月調査では61.5%あった「調剤基本料1」の算定比率が、23年2月調査では、19.5%へ、3分の1程度に急減していた。


【在宅医療対応】「認定薬局の方が実績が高い」/日本保険薬局協会調査

【在宅医療対応】「認定薬局の方が実績が高い」/日本保険薬局協会調査

【2023.03.09配信】日本保険薬局協会は3月9日、定例会見を開き、在宅訪問や無菌調剤、麻薬応需の現状に関する会員調査結果を公表した。それによると、在宅訪問や無菌調剤、麻薬応需に関しては全体平均と比べ、認定薬局の方が実績が高い傾向が見られた。在宅訪問に関しては薬剤師配属人数とも相関している傾向が見られ、薬剤師2人未満の薬局においては在宅訪問を増やす余裕がない割合が高い結果となった。麻薬応需においては、実績が高いほど廃棄金額も膨らんでいく傾向が見られた。協会では「本調査結果を協会内で共有し、地域医療のニーズに応じた薬局機能の整備に貢献していきたい」としている。


最新の投稿


【厚労省_調剤報酬改定】選定療養「医療上の必要」で疑義解釈

【厚労省_調剤報酬改定】選定療養「医療上の必要」で疑義解釈

【2024.07.13配信】厚生労働省は7月12日、「長期収載品の処方等又は調剤の取扱いに関する疑義解釈資料の送付について(その1)」を発出した。


【日本保険薬局協会】関連団体新トップとの連携に意欲/「新たな連携できるか、心待ち」

【日本保険薬局協会】関連団体新トップとの連携に意欲/「新たな連携できるか、心待ち」

【2024.07.11配信】日本保険薬局協会は7月11日に定例会見を開いた。


【日本ヘルスケア協会】プラネタリーヘルスの団体が鳥取で大会を開催へ

【日本ヘルスケア協会】プラネタリーヘルスの団体が鳥取で大会を開催へ

【2024.07.09配信】日本ヘルスケア協会は2023年7月に、プラネタリーヘルスの普及啓発を行う団体であるプラネタリーヘルス・イニシアティブ(PHI)を会内に設置していたが、今年8月に鳥取県で大会を開催する。プラネタリーヘルスは、地球規模で生命や有機的な活動を持続させる概念。


【厚労省_医薬品制度部会】ドラッグストア協会への意見書提出/COML山口氏

【厚労省_医薬品制度部会】ドラッグストア協会への意見書提出/COML山口氏

【2024.07.05配信】厚生労働省が7月5日に開く「第4回厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」で、認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長の山口育子氏は意見書を提出。日本チェーンドラッグストア協会に対しても意見した。


【福岡市薬剤師会】OTC薬乱用の危険性周知などでキャンペーン

【福岡市薬剤師会】OTC薬乱用の危険性周知などでキャンペーン

【2024.07.04配信】福岡市薬剤師会などは7月1日からOTC薬乱用の危険性の周知などを行うキャンペーンを展開している。期間は9月1日まで。特別協賛として著名人による啓発コメントをラジオ放送(エフエム福岡)するほか、啓発動画を街頭ソラリアビジョンで放映。啓発ラジオ番組の放送も行う。


ランキング


>>総合人気ランキング