【ドラッグストア協会】調剤報酬改定のパブコメを提出/「集中率」要件未記載に危機感/「面分業へのペナルティ」

【ドラッグストア協会】調剤報酬改定のパブコメを提出/「集中率」要件未記載に危機感/「面分業へのペナルティ」

【2022.01.21配信】日本チェーンドラッグストア協会は1月21日に会見を開き、診療報酬改定(調剤報酬改定)に関するパブリックコメントに、協会としての見解を提出したことを報告した。特に調剤基本料に関して、これまで記載のあった「集中率」に関する記載がないことに強い抵抗感を示し、「面分業の推進に取り組んできたグループ薬局に事実上のペナルティーを課すことにほかならない」としている。


 診療報酬改定に関するパブリックコメントに意見を提出したことに関して、協会会長の池野隆光氏は、「店舗数でみることにどういう意味があるのか。(特定の医療機関からの処方箋応需)集中率は分かるが、店舗数に関しては(多店舗法人は)むしろ貢献度が高いと思っているので、(引き下げ方針には)反対していきたい」と話した。

 協会が提出した意見書は以下の通り。


■「令和4年度診療報酬改定に係るこれまでの議論の整理」に関する意見
■ 項目番号: Ⅳ―8 効率性等に応じた薬局の評価の推進
■ 内容: 上記項目の(1) 「調剤基本料について、損益率の状況等を踏まえ、同一グループ全体の処方箋受付回数が多い薬局及び同一グループの店舗数が多い薬局に係る評価を見直す。」
■ 意見: 標記について、次のとおり提出いたします。
1. 薬局の評価あり方に疑問
・ 調剤報酬による薬局の評価は、かかりつけ機能、医療機関との情報連携、在宅医療への対応など薬局の機能に基づき評価されるべきである。
・ 薬局グループ単位の損益率に着目し、処方箋受付け回数や店舗数が多いことを理由とする不公平な評価は理解できない。
・ 特に今回新たに言及されている店舗数は、処方箋受付回数と異なり損益状況とは必ずしも直接の関係がなく、差別的な取扱いは到底容認できない。
2. 「門前から地域へ」との面分業推進政策に逆行
・ 前回令和2年度の「議論の整理」では、特定の医療機関からの処方箋受付回数割合(集中率)が著しく高い薬局に限定され、現行制度でもそのように取り扱われてきた。今回の「議論の整理」では集中率要件が記載されていないが、当該要件は今後も維持されなければならない
◆(参考) 令和2年度「議論の整理」 Ⅱ―10 (4)
「特定の医療機関からの処方箋の受付割合が著しく高く、かつ、処方箋の受付回数が一定程度ある薬局について、医薬品の備蓄の効率性や医療経済実態調査結果における損益率の状況等を踏まえ、調剤基本料の要件を見直す。」

・ 集中率要件のないまま評価の見直し(調剤基本料の減額)の対象を店舗数の多いグループ薬局にまで拡大することは、「面分業」の推進に取り組んできたグループ薬局に事実上のペナルティーを課すことにほかならず、「門前から地域へ」を標榜する国の「患者のための薬局ビジョン」の方針に逆行し、患者ひいては国民の利益を損なうものであり、断固反対する。
3. 特定の業態に対する行政の不当な介入
・ ドラッグストアは、OTC 医薬品の供給とあわせ地域の身近な健康拠点となることをめざして薬局展開を進め、広く生活者の支持を得てきた。
・集中率要件とは無関係に店舗数の多いグループ薬局の調剤報酬を引き下げようとする今回の「議論の整理」は、政策目標から逸脱してまでドラッグストアの業態に対し差別的な取扱いを意図するもので、全く理由がなく、自由な経済活動に対する行政の不当な介入と言わざるを得ない。
4. 調剤報酬の決定プロセスの見直しが必要
・ 調剤報酬を事実上決定する中央社会保険医療審議会に関し、調剤業務を担う幅広い業態の意見が反映されるよう、意思決定の在り方を見直すべきである。

この記事のライター

関連する投稿


【ドラッグストア協会】「濫用の恐れのある医薬品」買い回り情報の共有を開始

【ドラッグストア協会】「濫用の恐れのある医薬品」買い回り情報の共有を開始

【2022.04.25配信】日本チェーンドラッグストア協会はこのほど、「濫用の恐れのある医薬品」買い回り情報の共有を開始した。


【ドラッグストア協会】実態調査の「調剤」売上、前年1045億円増の1兆1738億円/推定シェアは1.4ポイント増の15.6%

【ドラッグストア協会】実態調査の「調剤」売上、前年1045億円増の1兆1738億円/推定シェアは1.4ポイント増の15.6%

【2022.04.15配信】日本チェーンドラッグストア協会は4月15日に定例会見を開き、すでに公表していたドラッグストア実態調査のうち、「調剤」の数値を公表した。調剤売上は1兆1738億円となった。


【調剤報酬改定疑義解釈その3】連携強化加算、地域支援体制加算の薬局が体制整備されてからの届け出可

【調剤報酬改定疑義解釈その3】連携強化加算、地域支援体制加算の薬局が体制整備されてからの届け出可

【2022.04.12配信】厚生労働省は今春の調剤報酬改定に係る「疑義解釈その3」を発出した。連携強化加算については、地域支援体制加算の薬局が体制を整備してから届け出してもよいとした。


【ツルハHD】調剤報酬改定の影響、「マイナス影響だがカバーできる範囲内」/調剤は変わらず成長ドライバー

【ツルハHD】調剤報酬改定の影響、「マイナス影響だがカバーできる範囲内」/調剤は変わらず成長ドライバー

【2022.03.22配信】ツルハホールディングスは3月22日、2022年5月期第3四半期(2021年5月16日~2022年2月15日)の決算説明会をオンラインで開催した。この中で、4月に予定されている調剤報酬改定が調剤事業に与える影響について質問が出ると、「マイナス影響ではあるが、カバーできる範囲内」との考えを示した。


【ドラッグストア協会】調剤外部委託への反対を改めて強調/業界紙の記事による誤解を懸念

【ドラッグストア協会】調剤外部委託への反対を改めて強調/業界紙の記事による誤解を懸念

【2022.03.22配信】日本チェーンドラッグストア協会は3月18日に定例会見を開き、内閣府の規制改革推進会議「第4回医療・介護・感染症対策ワーキンググループ」(WG)で議論されている調剤業務の外部委託に対して、協会として反対であることに改めて言及した。一部業界紙において、協会理事の発言が協会の意向であるような誤解を抱かれかねないため、改めて協会の姿勢を伝えたもの。


最新の投稿


【薬剤師WG】電子処方箋の数値目標を掲げる/令和5年3月末までにオン資導入の施設の7割に

【薬剤師WG】電子処方箋の数値目標を掲げる/令和5年3月末までにオン資導入の施設の7割に

【2022.05.27配信】厚生労働省は5月27日に「第5回薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)を開き、電子処方箋にかかわる数値目標を掲げた。令和5年3月末の時点で、オンライン資格確認等システムを導入した施設の7割程度の導入を目標とする。


【薬剤師WG】リフィル処方箋の手引き作成を論点に提示

【薬剤師WG】リフィル処方箋の手引き作成を論点に提示

【2022.05.27配信】厚生労働省は5月27日に「第5回薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)を開き、リフィル処方箋に関して手引きを作成することを議題に挙げた。


【規制改革答申を公表】薬剤師による点滴薬剤の充填・交換や褥瘡への薬剤塗布の適否「課題を整理」

【規制改革答申を公表】薬剤師による点滴薬剤の充填・交換や褥瘡への薬剤塗布の適否「課題を整理」

【2022.05.27配信】5月27日に規制改革推進会議が開かれ、「規制改革推進に関する答申~コロナ後に向けた成長の「起動」~」を公表した。薬剤師による「点滴薬剤の充填・交換や患者の褥瘡(じょくそう)への薬剤塗布等の行為」に関して「適否や必要性、実施可能性等の課題について整理を行う」とした。


【規制改革答申を公表】処方箋40枚規制の見直しに踏み込む

【規制改革答申を公表】処方箋40枚規制の見直しに踏み込む

【2022.05.27配信】5月27日に規制改革推進会議が開かれ、「規制改革推進に関する答申~コロナ後に向けた成長の「起動」~」を公表した。この中で、「薬剤師の員数に関する規制」について、「規制の在り方の見直しに向け課題を整理する」とし、いわゆる処方箋40枚規制の見直しの言及に踏み込んだ。


【規制改革答申を公表】「薬剤調製の外部委託の検討」を明記

【規制改革答申を公表】「薬剤調製の外部委託の検討」を明記

【2022.05.27配信】5月27日に規制改革推進会議が開かれ、「規制改革推進に関する答申~コロナ後に向けた成長の「起動」~」を公表した。この中で「薬剤調製の外部委託」を明記した。


ランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

ドラビズ on-line で話題のキーワード


後発医薬品 供給不安 国保 オンライン請求 抗原検査キット GoTo コロナ