【サツドラHD】コープさっぽろとの食品共同購入、来年にも本格展開/第2四半期決算説明会

【サツドラHD】コープさっぽろとの食品共同購入、来年にも本格展開/第2四半期決算説明会

【2021.12.17配信】サツドラホールディングスは12月17日、2022年5月期第2四半期業績(2021年5月16日~2021年11月15日)の決算説明会動画を配信した。業績は小幅な減収増益で、ほぼ横ばいだった。説明にあたった同社社長の富山浩樹氏は、新中期経営も説明し、生鮮取り扱いなどラインロビング強化のほか、地域還元型で生活全般のサービス提供目指す「江差EZOCA」の進展、コープさっぽろとの食品共同購入を来年にも本格展開することなどを説明した。


リテール事業以外が増収

 サツドラホールディングスの2022年5月期第2四半期業績(2021年5月16日~2021年11月15日)は、売上高418億6500万円(前年同期比1.7%減)、営業利益2億6600万円(同 1.9%増)、経常利益3億300万円(同 0.8%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益1億7700万円(同 55.2%減)だった。
 
 同社は決算説明動画を配信し、説明にあたった富山浩樹社長は、業績について「減収増益も、いずれも小幅であり、ほぼ横ばいといえる。市況が非常に冷え込む中でほぼ横ばいで推移した」と述べた。受診抑制緩和などによる調剤増収はあったものの、買い溜め需要の反動減でリテール事業は前期比−0.8%の減収となった。ITソリューションでの案件受注や国内QR決済の好調などでリテール事業以外は増収だった。

 国内店舗の出退店については、上期に生鮮取り扱い店舗含めて4店舗を出店。インバウンドフォーマット店を中心に4店舗を退店。純増はプラスマイナスゼロで、期末の店舗数200店舗となっている。下期もドラッグストアフォーマットでの出店を計画している。

 商品分類別実績では、マスク等衛生用品の買い溜め需要反動減が大きく、ヘルスケアは売上・売上総利益率ともに低下。一方で、 ESLPなどの効果もあり、ビューティケア、ホーム 、フードの売上総利益率は上昇した。

生鮮取り扱いなどラインロビング強化

 当期の取り組みについては、改めて「ドラッグストアビジネスから地域コネクティッドビジネスへ」との同社ビジョンを説明。「ドラッグストアを核としながら、ドラッグストアもより生活総合へ、モノだけでなくサービスも提供していく。地域のプラットフォームを利用してヒト・モノ・コトをつないで新たな価値を生み出していく」とした。今期初めには「地域生活総合グループへの進化」を新中期経営計画として掲げていた。「商品カテゴリーの拡大を含めて、新たなサービスについてもワンストップで展開されているという状態を確立していきたい」と述べた。地域共通ポイントカードである「EZOCA経済圏」を拡大しビッグデータを活用していくこと、地域通貨構想も掲げた。自治体や学校、企業と連携し、オープンイノベーションを進展させていくとした。

 具体的な商品カテゴリーについては、ラインロビングの強化を標榜。2021年9月にコンセッショナリーを導入した生鮮取り扱い店舗を札幌市内にオープンしたことを紹介。新店だけではなく、改装も通して既存店でのラインロビングも進めていくとした。核商品の育成として、地元企業とのパンの共同開発や、主力PBである超炭酸水を使ったコーラなど、普段使いの独自商品を展開し来店動機につなげている状況を説明した。ESLP(エブリデイ・セイム・ロー・プライス)戦略も推進し、顧客に分かりやすい価格体系を目指しているとした。

地域還元型で生活全般のサービス提供目指す「江差EZOCA」

 顧客基盤の拡大については、EZOCA会員が200万人を突破した。ウォーキングアプリの「サツドラウォーク」も1年で10万人のダウンロードを達成。下期にはEZOCAと連携したサツドラアプリをリリースし、販促等に活用する計画だ。

 地域と連携し商店街カードから置き換えとなった「江差EZOCA」は関連消費に応じて江差町へ還元される仕組み。ポイントカードだけでなく、EZOCAを軸にしてMaasや健康相談、フィットネスサービスなど生活全般のサービスを提供するモデル地区としての取り組みをスタートしているという。地域振興と相性のよいスポーツ領域での活用も推進しており、コンサドーレとの「コンサEZOCA」を筆頭に、バスケットボールやバレーのクラブとの連携に広がっているという。

コープさっぽろとの提携で物流も効率化

 2021年5月より日用品部門とフランチャイズ加盟店契約を締結しているコープさっぽろとの提携状況については、売り場構成含め一体的な運営に着手。食品部門については北海道MD機構での取引拡大を進めバイイングパワーの強化に努める。来年にも本格的な共同取引がスタートする見込みという。コープさっぽろの子会社である北海道ロジサービス社へ倉庫運営を委託し物流の効率化。今後も同社を中心にロジスティクス再構築を進める方針。

 2022年 5月期の通期連結業績予想(2021年 5月16日~2022年 5月15日)では、直近に公表されている業績予想からの修正はなく、売上高850億円(対前期増減率2.1%)営業利益7億円(同 9.3%)、 経常利益7億円(同 15.2%)、親会社株主に帰属する当期純利益2億円(−65.2%)を見込む。

 なお、新中期経営計画では、2026年5月期の数値目標として連結売上高1200億円、連結営業利益36億円、営業利益率3.0%を掲げている。

この記事のライター

関連する投稿


【サツドラHD】ヤマト運輸とパートナー協定で移動販売車拡充

【サツドラHD】ヤマト運輸とパートナー協定で移動販売車拡充

【2023.08.03配信】サツドラホールディングスは7月25日、ヤマト運輸とパートナーシップ協定基本合意書を締結した。これにより、ヤマト運輸の宅配集配車両を活用した移動販売専用車を拡充する。買い物困難者に対する支援として、2022年8月からより多くの商品を出張販売できる環境を構築する。そのほか、両社で行ってきたヤマト運輸の営業所でのサツドラのサテライト店舗を設置の内容も拡充。サツドラが販売するプライベートブランド商品の販売も検討し、小商圏地域における買い物環境支援を強化する。両社が協力し、効率的な物流も実現する。人口減少や少子高齢化をはじめとした様々な社会課題を抱える北海道の課題解決や持続可能な地域社会の実現を目指すとしている。


【ツルハHD】調剤の売上構成比11.3%に/調剤粗利率は▲1.0ポイント減/2023年5月期第2四半期決算

【ツルハHD】調剤の売上構成比11.3%に/調剤粗利率は▲1.0ポイント減/2023年5月期第2四半期決算

【2022.12.20配信】ツルハホールディングスは12月20日、2023年5月期第2四半期の連結業績(2022年5月16日~2022年11月15日)について説明会を行った。調剤事業は開局により処方箋枚数が増加し、順調に伸長。調剤売上は対前年同期比108.9%の546億6100万円だった。対売上の構成比は11.3%となった。一方、薬価・調剤報酬改定により調剤事業の粗利率は低下。前年同期の粗利率39.6%から1.0ポイント減となる38.6%となった。


【サツドラHD】子会社のサッポロドラッグストアーの代表取締役異動

【サツドラHD】子会社のサッポロドラッグストアーの代表取締役異動

【2022.08.09配信】サツドラホールディングスは8月9日、 同日開催の定時株主総会及び取締役会において、子会社サッポロドラッグストアーの代表取締役及び取締役の異動を行うことを決議し公表した。


【薬王堂HD】2022年2月期決算/売上+8.8%、営業利益−18.8%/358店舗中、調剤併設4店舗、調剤専門薬局2店舗も「調剤は堅調に推移」

【薬王堂HD】2022年2月期決算/売上+8.8%、営業利益−18.8%/358店舗中、調剤併設4店舗、調剤専門薬局2店舗も「調剤は堅調に推移」

【2022.04.06配信】薬王堂ホールディングスは4月5日、2022年2月期の連結業績(2021年3月1日~2022年2月28日)を公表した。それによると、前期比は売上+8.8%、営業利益−18.8%などだった。同社は358店舗中、調剤併設4店舗、調剤専門薬局2店舗だが、調剤に関して「堅調に推移」したとしている。


【クスリのアオキHD】第3四半期末までに100薬局開設/併設店は460店となり併設率58.1%に/22年5月期第3四半期決算

【クスリのアオキHD】第3四半期末までに100薬局開設/併設店は460店となり併設率58.1%に/22年5月期第3四半期決算

【2022.03.30配信】クスリのアオキホールディングスは3月30日、2022年5月期第3四半期の連結業績(2021年5月21日~2022年2月20日)を公表した。それによると、2022年5月期第3四半期末までにドラッグストア併設調剤薬局を100薬局、新規に開設。ドラッグストア792店舗のうち、調剤薬局併設は460店舗となった。併設率は約6割になる。


最新の投稿


【厚労省】処方箋保存期間の検討を提示/薬局検討会

【厚労省】処方箋保存期間の検討を提示/薬局検討会

【2024.07.19配信】厚生労働省は、現在3年間となっている処方箋の保存期間について見直す方針を示した。「第7回薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」で提示した。診療録の保存期間が5年となっている中、電子処方箋については処方箋を調剤済みとなった日から5年間保存するサービスを提供しているなどの環境変化を挙げている。今後、制度部会で議題とする方針。


【コンソーシアム】大阪市から調剤外部委託で4社8薬局が確認通知受領を公表

【コンソーシアム】大阪市から調剤外部委託で4社8薬局が確認通知受領を公表

【2024.07.19配信】薬局DX推進コンソーシアムは7月19日、大阪市から調剤業務一部委託事業の確認通知を受け取ったと公表した。


【日本保険薬局協会】健康サポート薬局と地域連携薬局「違いない」/厚労省検討会に意見書

【日本保険薬局協会】健康サポート薬局と地域連携薬局「違いない」/厚労省検討会に意見書

【2024.07.19配信】日本保険薬局協会は7月19日に開かれた厚労省「第7回 薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」で意見書を提出した。「健康サポート薬局、地域連携薬局、地域支援体制加算届出薬局が描く薬局像は、小異こそあれ、分立させるほどの違いはない」とした。


【コスモス薬品】調剤事業、「低収益の調剤の姿になった時」が参入好機との見解

【コスモス薬品】調剤事業、「低収益の調剤の姿になった時」が参入好機との見解

【2024.07.18配信】コスモス薬品は7月18日に2024年5月期決算説明会を開催した。


【中医協】医療DX推進体制加算、10月から3区分に/マイナ保険証利用率に応じて

【中医協】医療DX推進体制加算、10月から3区分に/マイナ保険証利用率に応じて

【2024.07.17配信】厚生労働省は7月17日に中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開催し、医療DX推進体制整備加算の取り扱いについて議論した。


ランキング


>>総合人気ランキング