【ドラッグストア協会】成長戦略に「調剤」/2025年度に2兆円・シェア30%へ

【ドラッグストア協会】成長戦略に「調剤」/2025年度に2兆円・シェア30%へ

【2021.11.12配信】日本チェーンドラッグストア協会は11月12日に「ドラッグストア研究レポート報告会」を開き、成長戦略として「調剤の拡大」を掲げた。2025年度までに2兆円、30%のシェアを目指すとした。2兆円はドラッグストア産業が目指す産業規模10兆円の20%に当たる。


薬剤師の確保背景に中堅ドラッグも調剤を積極展開

 日本チェーンドラッグストア協会は成長戦略として「調剤の拡大」や「OTC市場の拡大」、「オンライン化への対応」、「規制緩和問題への対応」などを挙げた。

 「調剤の拡大」については、ドラッグストア調剤は毎年10%程度伸びており、2020年度で1兆円を超えている。調剤医療費中のシェアも約15%に達している。
 こうした伸長を続けることで、2025年度には2兆円、調剤市場のシェア30%を目指すとした。
 2兆円はドラッグストア産業が目指す産業規模10兆円の20%にあたる。
 背景として高齢者人口の増加(割合ではなく絶対数の増加)を挙げ、処方箋枚数が増加していくとする。特に高齢者人口が顕著に増加する都市圏はドラッグストアの展開地と重なる。
 薬剤師をめぐる環境については、薬剤師の安定的確保が課題になるが、毎年の合格者が約1万人おり、加えてメーカーの採用抑制も確保にプラスとする。
 業界を取り巻く状況については、大手を中心に旺盛な新規出店を行っており、調剤併設化の意欲が高まっているとした。中堅ドラッグストア企業においても、薬剤師の確保を理由に調剤への参入が活発化している。

調剤拡大の課題としては4つを挙げた。「調剤報酬の動向」、「在宅シフトへの対応」、「薬剤師供給の見通し」、「薬局管理者の能力と経験の確保(5年の薬局勤務経験)」だ。

 調剤報酬の動向については、調剤料が縮減の方向になっており、対物から対人へのシフトやかかりつけ機能の強化が必要とする。薬局機能の差別化として地域連携薬局制度が導入されていることにも触れた。認定薬局については協会がビジョンとして掲げてきた健康ハブステーションとの親和性が高いとして、認定取得も選択肢だとする。
 在宅シフトへの対応においても地域連携薬局が地域包括ケアシステムの一翼を担う方向と説明した。薬剤師供給の見通しについては、文科省が薬学部の定員削減に向けた検討を開始していることに注視している。

OTC市場拡大では「消費者を味方に」

 「OTC市場の拡大」においては、「スイッチOTC化促進」と「セルフメディケーション税制の拡充」、「費用負担の公平化」を3本の矢とした。
 スイッチOTC化の拡大では「消費者を味方に」した展開を視野に入れる。
 スイッチOTC拡大のためには販売ルールの遵守徹底が必要であり、登録販売者の活用(資質向上)も課題になるとした。
 

オンライン化推進で門前薬局からの処方箋獲得へ

 「オンライン化」への対応では、オンライン資格確認や電子処方箋などを控え、資金力や組織力、技術力のあるドラッグストアに有利な環境とした上で、立地のハンディが解消し、門前薬局の処方箋獲得につながっていくとの見方を示した。
 課題として、OTCや健康食品などの商品購入情報をどう取り込むかといった点や、中小の医療機関の準備遅延のためにオンライン処方箋で「2トラック対応」になる懸念を示した。

 「規制緩和問題への対応」では、協会の立場を改めて表明。
 OTC医薬品をめぐる「リモート販売」については「反対」。
 「調剤の委受託」については「反対」、加えて「処方箋1日40枚制限」については「反対」の考えを示した。
 「オンライン服薬指導」については、「厳格な条件が必要」とした。 

この記事のライター

関連する投稿


【日本チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局“グループ一律引き下げ”見送りを歓迎/調剤報酬改定答申を受けて

【日本チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局“グループ一律引き下げ”見送りを歓迎/調剤報酬改定答申を受けて

【2024.02.22配信】日本チェーンドラッグストア協会は2月22日に定例会見を開き、令和6年度調剤報酬改定の答申に対しての見解を示した。


【武見大臣に意見書】JACDSとNPhA共同で/敷地内薬局グループ一律引き下げに反対

【武見大臣に意見書】JACDSとNPhA共同で/敷地内薬局グループ一律引き下げに反対

【2023.12.21配信】日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)と日本保険薬局協会(NPhA)は12月19日、JACDS議連を通して共同で武見厚労大臣に意見書を提出した。


【チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局の是非論、「議論していない」

【チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局の是非論、「議論していない」

【2023.12.12配信】日本チェーンドラッグストア協会は12月8日の会見で、敷地内薬局をめぐる調剤報酬改定の議論に対して意見をまとめたとして、内容を公表した。一方、会見の中で敷地内薬局をめぐるさまざまな指摘や意見に対しての協会の見解を問われると、敷地内薬局そのものの是非論については「議論していない」とした。


【日本チェーンドラッグストア協会】11月に政策セミナー/日医宮川常務理事も登壇

【日本チェーンドラッグストア協会】11月に政策セミナー/日医宮川常務理事も登壇

【2023.10.20配信】日本チェーンドラッグストア協会は10月20日に定例会見を開き、11月24日に政策セミナーを開くことを報告した。


【健康サポート薬局研修実施機関】チェックリスト通達“地域の事情に精通した講師”を/日本薬学会

【健康サポート薬局研修実施機関】チェックリスト通達“地域の事情に精通した講師”を/日本薬学会

【2023.09.22配信】日本チェーンドラッグストア協会などは9月22日、定例合同記者会見を開いた。この中で、日本薬業研修センターは、健康サポート薬局研修の「指定確認機関」である日本薬学会から健康サポート薬局研修実施機関に対してチェックリストが通達されたと報告した。同研修については、実施研修期間は、実施要領及び研修内容について「指定確認機関」である日本薬学会に届け出た上で、確認を受けることとされている。日本薬業研修センターは実施機関に当たる。


最新の投稿


【ドラッグストア協会】調剤売上1兆4025億円(前年比9.5%増)、市場シェアは17.8%に/第24回(2023年度)ドラッグストア実態調査

【ドラッグストア協会】調剤売上1兆4025億円(前年比9.5%増)、市場シェアは17.8%に/第24回(2023年度)ドラッグストア実態調査

【2024.04.12配信】日本チェーンドラッグストア協会は4月12日に定例会見を開き、「第24回(2023年度)日本のドラッグストア実態調査」(速報)の結果を公表した。


【日本保険薬局協会】薬剤師会の“傘下”のような取り組み、「違和感」/休日・夜間対応リスト作成で三木田会長

【日本保険薬局協会】薬剤師会の“傘下”のような取り組み、「違和感」/休日・夜間対応リスト作成で三木田会長

【2024.04.11配信】日本保険薬局協会は4月11日に定例会見を開いた。


【日本保険薬局協会】薬機法改正、「議論過程に入りたい」

【日本保険薬局協会】薬機法改正、「議論過程に入りたい」

【2024.04.11配信】日本保険薬局協会は4月11日、定例会見を開いた。


【抗原検査キット】取り扱い薬局リストの厚労省での公表が終了/日本薬剤師会のHPへ移行

【抗原検査キット】取り扱い薬局リストの厚労省での公表が終了/日本薬剤師会のHPへ移行

【2024.04.10配信】日本薬剤師会は4月10日に定例会見を開いた。その中で抗原検査キットの取り扱い薬局リストについて、厚労省HPでの公表が終了することに伴い、当面の間、日本薬剤師会のHPに掲載すると報告した。


【新生堂薬局】全店でたばこの販売を停止/2024年9月末までに

【新生堂薬局】全店でたばこの販売を停止/2024年9月末までに

【2024.04.09配信】株式会社新生堂薬局(本社:福岡市南区/代表取締役社長 水田怜氏)は4月8日、2024年9月末までに全店鋪でたばこの販売を停止することを決定したと公表した。


ランキング


>>総合人気ランキング