【大木製薬】「アバンタイム トーンショットクリーム」のアンバサダーにMatt氏を起用/WEBCM記者発表会開催

【大木製薬】「アバンタイム トーンショットクリーム」のアンバサダーにMatt氏を起用/WEBCM記者発表会開催

【2021.09.08配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングスのグループ会社である大木製薬は9月8日、安定型ハイドロキノンを配合した夜用ポイントケアクリー ム「アバンタイム トーンショットクリーム」の新WEB CM記者発表会を開催した。アンバサダーに就任したMatt氏がCMに出演しており、記者発表会にもMatt氏が登場。もともとMatt氏が同品を気に入っていたことが起用のきっかけといい、Matt氏は「自分が本当に好きなものを仕事でも紹介でき嬉しい」と語った。同品は今期、10億円の売上が見込まれており、好評を博している。


 新WEB CM記者発表会の冒頭に挨拶した大木製薬社長の松井秀正氏は同社の最近のトピックスも紹介。コロナの感染拡大前から感染対策のためのマスク開発に注力してきたことや、大木製薬の看板商品であるビタミン含有保健剤「パパーゼリー」は海外でも評価されておりアリババヘルスケアのサイトでは海外メーカー商品として人気第5位となっていることなどを説明した。

 「アバンタイム トーンショットクリーム」は現在、8000店舗で取り扱いがある人気商品となっており、同社としても大きな期待を寄せている商品だとした。
 Matt氏と同社の縁は仕事を通じてということだが、同社のエビデンスや質を重視する開発方針、顧客の満足を追求し新しい需要を喚起するという方針に共感してもらったことがCM起用やアンバサダー就任につながったとした。また、Matt氏は「アバンタイム トーンショットクリーム」を気に入って実際に使用していることも大きいとし、「(同品の)良さをさらにお客様に知っていただくことに協力いただくことになりました」と話した。
 「当社は新しい需要を開拓、また社会貢献のために常にチャレンジをしています。Mattさんには今回のCMでは新しい挑戦として難しいワイヤーアクションに挑戦いただきました。とても大変な撮影だったとお聞きしていますがMatt氏のガッツとスタッフの協力でとても素晴らしいWEBCMができあがりました」(松井社長)と新CMを紹介した。

 続いて大木製薬マーケティング部・二渡智恵氏が挨拶。「アバンタイム トーンショットクリーム」は2020年3月発売以来、約26万本を出荷しており、今期の店頭売上は10億円を見込んでいるとした。全国展開のあるドラッグストアでは基礎化粧品268品目中、2位を獲得しているという。
 同品の一番の特徴は安定型ハイドロキノンを配合していることで、シミや色素沈着の治療薬として欧米をはじめ世界中で使用されている成分。ハイドロキノンは酸化しやすく不安定などの弱点があるといい、これを改良し、安定性や浸透力を兼ね備えた成分としたのが安定型ハイドロキノンだ。
 使用方法は夜のスキンケアとして、1日1回使用する。
 Matt氏の「本当にいいと思ったものしか発信しない」という姿勢に共感したことなどからアンバサダーに声がけしたと話した。
 また、今回、店頭のプロモーションツールに掲載しているQRコードを読み取ると、そのQRコードからだけで観られる限定動画「Mattさんの美肌のヒミツ篇」を用意している。
 今後もSNSを中心に各種プロモーションを行うほか、人気女性誌でのプロモーションを予定しているという。

 CM発表会に登場したMatt氏は、もともとハイドロキノンを皮膚科で購入していたといい、「商品化されるとは思っていなかった。お店で購入できるようになったのはすごいこと」と話した。「アバンタイム トーンショットクリーム」も使用しており、夜のスキンケアの最後に塗っているという。
 自身のインスタグラムでも発信していたといい、「好きな商品しか紹介しない」と話した。「シェアする時代だと思っているので、これからもいいものを発信していきたい」としていた。

 また、「自身がもしもドラッグストア店員だったらどんな人にどのようにアバンタイム トーンショットクリームを勧めるか」と質問が出ると、「この商品は年齢を問わずお勧めできる商品だと思うし、自分も周りのいろんな人にプレゼントしている。シミが気になっている部分とかに塗って欲しいなと思って男女問わずお勧めしています。本当に誰と限らず、紹介できる商品ですね。自分は使っていない商品は紹介していないので、自分が使って良かったところを紹介してお勧めできたらいいなと思います」と話した。

 新WEBCM「気になる一点 集中攻撃」篇の企画コンセプトは、ポイントケア用クリームである同品の機能を表現するために、「気になる一点集中攻撃」というコピーに合わせて、騎士が弓矢で的を射抜くというもの。
 ストーリーは騎士に扮した Matt さんが現れ、ワイヤーアクションでジャンプ。本物の弓を引き、的を狙う。矢を射ると、的の中心を射抜く。シーンは変わって、「気になる一点 集中攻撃」とアバンタイムトーンショットクリームの紹介を行い、CM の幕が閉じる内容となっている。

「アバンタイム トーンショットクリーム」

この記事のライター

関連する投稿


【コロナ禍のヘルスケア情報伝達】“倫理観あるリアル店頭”が鍵/勉強会DMSで大木・松井社長が講演

【コロナ禍のヘルスケア情報伝達】“倫理観あるリアル店頭”が鍵/勉強会DMSで大木・松井社長が講演

【2021.08.27配信】ドラッグストアをはじめ卸やメーカーが参画して商品流通の在り方を話し合う勉強会の「ドラッグストアMD研究会」(DMS)は8月25日〜27日まで、「上半期政策セミナー」をオンライン配信で開催した。その中で講演した大木ヘルスケアホールディングス社長の松井秀正氏は、コロナ禍で正しいヘルスケア情報の伝達が難しくなっている状況を指摘し、“高い倫理観を持った”店頭が鍵になるとの考えを示した。同社では店頭と顧客の関係性を強化するためにイベントなどを活用する施策を講じている。


【ヘルスケア卸の大木ヘルスケアHD決算】化粧品増収。基礎化粧や付加価値ヘアケア伸長/コロナ禍でもケアのニーズ取り込み

【ヘルスケア卸の大木ヘルスケアHD決算】化粧品増収。基礎化粧や付加価値ヘアケア伸長/コロナ禍でもケアのニーズ取り込み

【2021.05.19配信】ヘルスケア卸の大木ヘルスケアホールディングスは5月19日に決算説明会を開催し、化粧品カテゴリーの商品売上が前期比で+4.1%となったとした。対面に規制が出てメーキャップ製品市場の落ち込みが指摘されているが、同社社長の松井秀正氏は「コロナ禍においても基礎化粧品や付加価値のヘアケア製品などに関しては伸びがみられた。こうした伸びているカテゴリーに注力したことが奏功した」と話した。


【サミット健康スペース開設】“健康コミュニティ(けんコミ)”、大木・国分、東邦が連携、トモズ、住友商事が協力

【サミット健康スペース開設】“健康コミュニティ(けんコミ)”、大木・国分、東邦が連携、トモズ、住友商事が協力

【2021.03.28配信】大木ヘルスケアホールディングス、国分グループ本社、東邦ホールディングスの3 社は、サミットストア鳩ケ谷駅前店(埼玉県川口市大字里 1591—1)のリニューアルオープンにあわせて、インストアで展開する「健康コミュニティ(けんコミ)」の常設コーナーを開設する。トモズと協業で、食を通じた健康生活を支援する。


【コロナで変わったヘルスケア売り場】生活者の「予防」ニーズが顕著に/大木ヘルスケアHD会見

【コロナで変わったヘルスケア売り場】生活者の「予防」ニーズが顕著に/大木ヘルスケアHD会見

【2021.02.25配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングスは同社主催の提案商談会の実施概要に関して会見を開いた。その中で、同社社長の松井秀正氏は、「生活者の予防ニーズが顕著に現れてきている」とコロナ禍のヘルスケア売り場の変化を総括。これまでは症状が出てから対処するための商品購入に至るケースが多かったが、コロナ禍では“かからない”ために商品を購入するという動きが活発化。マスクや消毒薬などが典型だが、オーラルケアや体温を高める意味で入浴剤なども提案を拡充していくべき商品だと話した。


最新の投稿


【第1四半期決算】ツルハHD、売上+4.9%、営業利益-15.0%/前期のコロナ特需の反動減影響

【第1四半期決算】ツルハHD、売上+4.9%、営業利益-15.0%/前期のコロナ特需の反動減影響

【2021.09.21配信】ツルハホールディングスは9月21日、2022年5月期第1四半期の連結業績(2021年5月16日~2021年8月15日)を公表した。売上は前年同期比+4.9%、営業利益は同-15.0%だった。前期のコロナ特需の反動減の影響を受けた。


【後発医薬品調剤体制加算】日本薬剤師会「臨時的な対応に関して近日中に結果出る」/安定供給回復は「月単位ではなく年単位」

【後発医薬品調剤体制加算】日本薬剤師会「臨時的な対応に関して近日中に結果出る」/安定供給回復は「月単位ではなく年単位」

【2021.09.18配信】日本薬剤師会(日薬)は9月18日に都道府県会長会を開き、その中で後発医薬品の安定供給のメドに関する質問が出た。日薬の有澤賢二常務理事はこれに対し、「少なくとも月単位ではなく、年単位」との見通しを示した。一方、後発医薬品に関わる調剤報酬上の臨時的な対応に関して厚労省保険局医療課と調整していることを明かし、「近日中に何らかの結果が出ると聞いている」と話した。


【調剤報酬コロナ特例加算】山本会長「中医協の外でも政治に働きかけている」

【調剤報酬コロナ特例加算】山本会長「中医協の外でも政治に働きかけている」

【2021.09.18配信】日本薬剤師会(日薬)は9月18日に都道府県会長会を開き、その中で調剤報酬のコロナ特例加算(感染症対策実施加算4点)の期限延長に関して質問が出た。これに対し、山本信夫会長は「中医協の外でも政治に働きかけている」と活動状況を報告した。


【薬学生向けイベント】「これからの薬局・薬剤師」開催レポート<2万字記事>サンキュードラッグ平野社長とアイセイ薬局藤井社長が登場

【薬学生向けイベント】「これからの薬局・薬剤師」開催レポート<2万字記事>サンキュードラッグ平野社長とアイセイ薬局藤井社長が登場

【2021.09.18配信】ドラビズon-lineは9月1日、薬学生向けオンラインイベント「これからの薬局・薬剤師」を開催した。サンキュードラッグ社長の平野健二氏とアイセイ薬局社長の藤井江美氏に参加いただき、経営者の目線からの見解を紹介いただきつつ薬学生とディスカッションしていただいた。


【ドラッグストア協会】濫用のおそれのある医薬品の「レジアラーム」システム導入率77.4%/販売調査では店舗販売業の適切な対応が薬局を上回る

【ドラッグストア協会】濫用のおそれのある医薬品の「レジアラーム」システム導入率77.4%/販売調査では店舗販売業の適切な対応が薬局を上回る

【2021.09.17配信】日本チェーンドラッグストア協会は9月17日に定例会見を開いた。その中で、濫用のおそれのある医薬品を知らせる「レジアラーム」システムの導入率調査の結果を報告し、回答した会員企業のうち77.4%が導入済みであることを説明した。


ランキング


>>総合人気ランキング