【中医協】薬剤師会「在宅での月4回以上の例外算定を」/健保連「在宅実績“12回”拡充を」

【中医協】薬剤師会「在宅での月4回以上の例外算定を」/健保連「在宅実績“12回”拡充を」

【2021.08.25配信】厚生労働省は8月25日に中央社会保険医療協議会(中医協)を開催し、在宅医療をテーマに議論した。この中で日本薬剤師会はきめのこまかなケアが必要な疾患に限定して「月4回以上の例外的な算定を認めて欲しい」との要望を示した。また、健康保険組合連合会からは地域支援体制加算の在宅要件に関して、「年12回という実績は少ないのでは」とし、拡充を求めた。


 この日の中医協では在宅がテーマになった。今後、在宅医療の需要が大幅に増加することが見込まれるとして、体制の整備が急務となっているもの。

 日本薬剤師会常務理事の有澤賢二氏は、「在宅患者の薬物治療を最適に、安心安全に行うために薬剤師が役割を果たせるような体制をお願いしたい」と述べた。

 そのためには、入退院のシームレスな情報共有が重要として、退院カンファレンスの実施が進んでいない現状について、「仕組みの問題なのか、検討し、改善が必要」と述べた。

 一方、保険材料に関して、「償還価格が十分ではなく、薬局の持ち出しになることがある」として、十分な対応を要望した。

 また、在宅患者緊急訪問薬剤管理指導料の算定に関して、月4回との上限が設定されていることに関し、「特定疾患などきめ細かなケアが必要な患者に関しては月4回を超えての対応も必要」と話した。
 
 さらに医療的ケア児への対応や歯科医との連携も、在宅領域での意義が大きいとし、評価の拡充や新設要望を示唆した。

 健康保険組合連合会理事の幸野庄司氏は、在宅医療領域の薬局の関わりに関して言及し、「算定件数なども増えている」と評価する一方、「地域支援体制加算の在宅要件も年12回の実績と前回の改定で拡充したが、まだ少ないのではないかと思っている」として、さらなる要件拡充を示唆した。

 また、「在宅はどのような薬局が推進しているのか」と関心を示し、「地域支援体制加算を取得している薬局や、地域連携薬局が推進していくと思うが、地域の薬局がやっているのか、大手チェーンがやっているのか、あるいは門前薬局でも在宅をやっているのか、分かれば参考になるのではないか」と話した。

*****
<編集部コメント>
 在宅医療の拡充に関しては、薬局だけでなく、医療でも「患者を知っているかかりつけ医が延長として、地域で医療機関と連携して参画することで量を確保する」との方針が日本医師会からも提示されていた。
 さらには24時間対応などの取り組みへの障害となっている事項を緩和していくことも方策の1つとして示されていた。
 規模の大きくない企業の比率が一定数ある薬局業界においても、算定件数の上昇も必要だが、かかりつけ薬剤師の延長として参画する薬局の拡大が必要で、参画しやすい環境についても議論していく必要があると考えられる。

この記事のライター

関連する投稿


【調剤報酬改定_疑義解釈】「医療DX推進体制整備加算」、調剤後情報登録は速やかに

【調剤報酬改定_疑義解釈】「医療DX推進体制整備加算」、調剤後情報登録は速やかに

【2024.04.15配信】厚生労働省は4月12日、令和6年度調剤報酬改定に関して「疑義解釈資料の送付について(その2)」を発出した。


【日本保険薬局協会】薬剤師会の“傘下”のような取り組み、「違和感」/休日・夜間対応リスト作成で三木田会長

【日本保険薬局協会】薬剤師会の“傘下”のような取り組み、「違和感」/休日・夜間対応リスト作成で三木田会長

【2024.04.11配信】日本保険薬局協会は4月11日に定例会見を開いた。


【在宅医療の薬局車両】駐車許可を受けること「可能」/「居宅療養管理指導」も含まれることで周知

【在宅医療の薬局車両】駐車許可を受けること「可能」/「居宅療養管理指導」も含まれることで周知

【2024.04.09配信】4月5日に、在宅医療に関わる薬局の車両が駐車許可を受けることが可能との周知があった。訪問先に駐車場所がないために駐車禁止場所に駐車せざるを得ない場合、状況に応じて警察署長の駐車許可を受けることが可能となっている車両について、「居宅療養管理指導」も含まれることを明確化したもの。


【東京都薬剤師会】夜間・休日対応のリスト化で地区薬にアンケート調査実施

【東京都薬剤師会】夜間・休日対応のリスト化で地区薬にアンケート調査実施

【2024.04.05配信】東京都薬剤師会は、「地域における夜間・休日の医薬品提供体制リスト化」に関して、地区薬剤師会に対してアンケート調査を実施する。


【調剤報酬改定_疑義解釈】特別調剤基本料A・Bの使用薬剤料、残薬調整分は7種類にカウントせず

【調剤報酬改定_疑義解釈】特別調剤基本料A・Bの使用薬剤料、残薬調整分は7種類にカウントせず

【2024.03.29配信】厚生労働省は令和6年度調剤報酬改定における疑義解釈その1を発出した。特別調剤基本料A・Bの使用薬剤料の減額については、残薬調整分は7種類にカウントしないとした。


最新の投稿


【楽天グループ】薬局予約アプリ「楽天ヘルスケア ヨヤクスリ」の提供を開始

【楽天グループ】薬局予約アプリ「楽天ヘルスケア ヨヤクスリ」の提供を開始

【2024.04.22配信】楽天グループ株式会社は4月18日、「処方せん医薬品を薬局で迅速に受け取ることができる調剤薬局予約アプリ『楽天ヘルスケア ヨヤクスリ』の提供を開始した」と公表した。


【薬局検討会】健康サポート薬局、「薬機法で定めるべき」/日本薬剤師会が要望

【薬局検討会】健康サポート薬局、「薬機法で定めるべき」/日本薬剤師会が要望

【2024.04.22配信】厚生労働省は4月22日、「第4回薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」を開き、健康サポート薬局と認定薬局(地域連携薬局、専門医療機関連携薬局)の在り方について議論した。


【厚労省】選定療養の対象医薬品リスト1095品目を公開/ヒルドイドなども

【厚労省】選定療養の対象医薬品リスト1095品目を公開/ヒルドイドなども

【2024.04.22配信】厚生労働省はこのほど、「後発医薬品のある先発医薬品(長期収載品)の選定療養について」とのサイトを公開した。4月19日には事務連絡を発出。その中で対象医薬品リストも公開した。ヒルドイドなども含まれている。


【医薬品制度部会】認定薬局、「医療制度に組み込む方がいい」/希少疾病の認定薬局の提案も/委員から

【医薬品制度部会】認定薬局、「医療制度に組み込む方がいい」/希少疾病の認定薬局の提案も/委員から

【2024.04.18配信】厚生労働省は4月18日、「令和6年度第1回 厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。


【医薬品制度部会】日薬、フォローアップの重要性指摘/厚労省「GL作成中」

【医薬品制度部会】日薬、フォローアップの重要性指摘/厚労省「GL作成中」

【2024.04.18配信】厚生労働省は4月18日、「令和6年度第1回 厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。


ランキング


>>総合人気ランキング