【中医協総会】医師会「フォーミュラリは報酬上の評価になじまない」「医薬品リストは恣意的になる可能性」

【中医協総会】医師会「フォーミュラリは報酬上の評価になじまない」「医薬品リストは恣意的になる可能性」

【2021.07.21配信】厚生労働省は7月21日に中央社会保険医療協議会総会を開き、後発医薬品の推進や分割調剤、フォーミュラリなどについて議論した。この中で、日本医師会は報酬上の評価に慎重的な意見を示し、医療機関個別の裁量があるべきとの見解を示した。


医師会「長期処方の対処の一つである医療機関の紹介実態も重要」

 同日の総会では、事務局から「医薬品の適切な使用の推進」とのテーマが提示され、その中で、長期処方の現状とそれに関連して分割調剤の議論、さらにはフォーミュラリに関する意見が出された。

 現在、処方日数の31日以上が増加している。調剤料の算定回数では、平成30年1720万回、令和元年1772万回、令和2年1844万回。こうした長期投薬については、平成28年度の診療報酬改定において、30日以内の再診か、200床以上の場合は地域の医療機関への紹介、もしくは分割指示による処方箋交付を行うことを明確化している。

 日本医師会常任理事の城守国斗氏は、長期処方増加の背景にはコロナもあるとの見方を示し、「前回の総会でも指摘したが、長期処方は多剤処方に気が付きにくくなるなど保険財政上からも長期処方を減らしていくことが望ましい」と話した。

 その上で、「(長期処方の)病床別のデータも出して欲しい」とし、現在の対処方法の一つである地域の医療機関への紹介の実態など、「処方の方法ばかりに注目するのではなく、機能の分化・連携の観点が必要」とした。

 適正使用に関しては、「高齢者への適正使用の指針が策定されたものの、運用方法を確立してから改めて検討するのがいいと思う」と話した。
 
 フォーミュラリに関しては、「有用である」とする一方で、「法人経営の観点からの活用は理解するが、従前の主張の通り、診療報酬上で評価することはなじまない」とした。
 「医療機関が主導する医薬品リストは恣意的になることは容易に想像できる。あくまで治療指針を示すガイドラインに基づき、ある程度の自由度をもって使われるもの」との考えを示した。

 フォーミュラリの策定過程に関しては、「前回の改定議論の際に、策定方法に関して医療機関独自なのか、コンサルタントの助言に基づくものなのか、などの質問をしていた。調査結果が分かれば教えて欲しい」とした。

 日本薬剤師会常務理事の有澤賢二氏は、コロナの影響もあり長期処方が増えている状況に触れ、「薬がしっかり飲めているのか、副作用が出ていないか、薬局でのフォローアップが重要になっている」と話した。

 その上で、「かかりつけ薬剤師の役割の視点で考えるべきだ」と主張した。

 フォーミュラリについては、院内フォーミュラリと地域フォミュラリの違いなど、定義を整理する必要性を指摘。適切な活用は重要としつつも、「報酬上で評価するかどうかは慎重な議論が必要」と述べた。

健保連・幸野氏「フォーミュラリ、前回の議論と違うのは厚労省研究班でのGL策定。環境整ってきている」

 日本病院会副会長の島弘志氏は、フォーミュラリに関して、「経済性を高めるために重要」との考えを示し、「すでに普及しているクリニカルパスの中で利用することにより相当推進されると考える」と話した。

 健康保険組合連合会理事の幸野庄司氏は、医薬品の適正使用に関連して、「重複投与やポリファーマシー解消がしっかり行える方向にするべき」と指摘。長期処方だけでなく、長期的な同じ処方に関しても言及し、「170日間以上同じ処方などに対策を打っていく必要がある」と話した。
 分割調剤に関しては「前回も指摘したが今の形式では普及しないので、抜本的に見直す必要がある」と述べた。
 「繰り返し利用できる処方箋についても、ぜひ検討してほしい」とした。

 フォーミュラリについては、「前回の議論と違うのは厚労省でも研究班でガイドラインを策定していること。環境も整ってきている。診療報酬上の対応も必要だ」と指摘した。

 オンライン資格確認の有用性にも触れ、「医療機関でも薬剤情報が見られるようになる。全体の普及までには時間もかかると思うが、こうした仕組みを有効に活用して残薬やポリファーマシー解消などを推進してほしい」と話した。

この記事のライター

関連する投稿


【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【2021.10.20配信】厚生労働省は10月20日に中央社会保険医療協議会総会を開き、「外来(その2)について」を議論した。かかりつけ医の普及に向けての課題に議論が集中したが、その中で薬局関連では、かかりつけ医に関連する「地域包括診療料・加算」の施設基準において満たすことが困難な要件として、24時間対応している薬局との連携を挙げる声が15%以上あったことが紹介された。事務局では、改正薬機法で地域連携薬局がスタートしており、基準として開店時間外対応などがあることを資料で示した。今後、かかりつけ医の進展と併せて、こうした薬局機能の議論が進む可能性があるといえる。


【厚労省・紀平薬剤管理官が講演】「調剤基本料は経営効率と機能の二軸で評価」/「認定薬局の報酬組み込みは今後の課題」

【厚労省・紀平薬剤管理官が講演】「調剤基本料は経営効率と機能の二軸で評価」/「認定薬局の報酬組み込みは今後の課題」

【2021.09.26配信】厚労省保険局医療課薬剤管理官の紀平哲也氏は、9月26日に開かれた薬局団体連絡協議会「第3回 国民のための薬局のあり方シンポジウム」で講演した。その中で、調剤基本料の構成を説明し、「調剤基本料は経営効率と機能の二軸で評価している」とするとともに、「認定薬局の報酬組み込みは今後の課題」と話した。


【中医協】有澤氏、後発薬の臨時的な取り扱いに言及「感謝」/「今後も適切な対応を」

【中医協】有澤氏、後発薬の臨時的な取り扱いに言及「感謝」/「今後も適切な対応を」

【2021.09.22配信】厚生労働省は9月22日、中央社会保険医療協議会総会を開いた。その中で、日本薬剤師会常務理事の有澤賢二氏が後発医薬品の診療報酬上の取り扱いに関する事務連絡について言及。対応に感謝の意を表すると同時に、今後も状況に応じた対応をとってもらうことを要望した。


【中医協】中間とりまとめ提示/「処方箋の反復利用」を論点に

【中医協】中間とりまとめ提示/「処方箋の反復利用」を論点に

【2021.09.15配信】厚生労働省は9月15日に中央社会保険医療協議会総会(第488回)を開き、「令和4年度診療報酬改定に係る議論の中間とりまとめについて」を示した。調剤報酬に関しては、「処方箋の反復利用」や「対人へのシフト」「オンライン服薬指導」などを論点として挙げた。


【中医協】地域支援体制加算等の施設基準経過措置、9月末で終了

【中医協】地域支援体制加算等の施設基準経過措置、9月末で終了

【2021.09.15配信】厚生労働省は9月15日に中央社会保険医療協議会総会(第488回)を開き、「令和2年度診療報酬改定における経過措置等への対応について」を示し、施設基準について令和元年分も使用できるとした経過措置を基本的に9月末日で終了することで了承された。


最新の投稿


【マツキヨココカラ&カンパニー】スポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画/ウォーキングイベントなど実施

【マツキヨココカラ&カンパニー】スポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画/ウォーキングイベントなど実施

【2021.10.20配信】マツキヨココカラ&カンパニーは、一人でも多くの人がスポーツに親しむ社会の実現を目指すスポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画する。10 月から生活習慣病の予防や健康維持・増進のための日常的な運動機会創出の取り組みを開始。ウォーキングイベントのほか、健康の意識・行動変容に関する実験も行う予定。


【昭和薬科大学】オンライン講座「緊急避妊薬を薬局で」開催/遠見才希子医師が講演

【昭和薬科大学】オンライン講座「緊急避妊薬を薬局で」開催/遠見才希子医師が講演

【2021.10.20配信】昭和薬科大学と町田市薬剤師会は共催で、10月30日(土)に生涯学習研修講座「緊急避妊薬を薬局で」を開催する。「緊急避妊薬を薬局で」プラジェクトの共同代表としても知られる産婦人科医の遠見才希子氏のほか、健ナビ薬樹薬局の片羽教子氏も講演する。


【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【2021.10.20配信】厚生労働省は10月20日に中央社会保険医療協議会総会を開き、「外来(その2)について」を議論した。かかりつけ医の普及に向けての課題に議論が集中したが、その中で薬局関連では、かかりつけ医に関連する「地域包括診療料・加算」の施設基準において満たすことが困難な要件として、24時間対応している薬局との連携を挙げる声が15%以上あったことが紹介された。事務局では、改正薬機法で地域連携薬局がスタートしており、基準として開店時間外対応などがあることを資料で示した。今後、かかりつけ医の進展と併せて、こうした薬局機能の議論が進む可能性があるといえる。


【キリン堂】90名の内定者とオンライン交流会を開催/コミュニケーションでコロナ下の不安解消

【キリン堂】90名の内定者とオンライン交流会を開催/コミュニケーションでコロナ下の不安解消

【2021.10.19配信】関西を中心にドラッグストア・調剤薬局を展開する株式会社キリン堂は、2021年10月3日(日)に2022年4月入社予定者90名の内定式をオンラインで開催した。


【第1四半期決算】コスモス薬品、売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)

【第1四半期決算】コスモス薬品、売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)

【2021.04.12配信】コスモス薬品は2022年5月期第1四半期の連結業績を公表した。それによると売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)、営業利益は85億5600万円(前年同四半期は106億5500万円)だった。当第1四半期連結累計期間から「収益認識に関する会計基準」等を適用しているため、当該基準等適用前の実績値に対する増減率は記載していない。


ランキング


>>総合人気ランキング

編集部おすすめ記事