【中医協総会】医師会「フォーミュラリは報酬上の評価になじまない」「医薬品リストは恣意的になる可能性」

【中医協総会】医師会「フォーミュラリは報酬上の評価になじまない」「医薬品リストは恣意的になる可能性」

【2021.07.21配信】厚生労働省は7月21日に中央社会保険医療協議会総会を開き、後発医薬品の推進や分割調剤、フォーミュラリなどについて議論した。この中で、日本医師会は報酬上の評価に慎重的な意見を示し、医療機関個別の裁量があるべきとの見解を示した。


医師会「長期処方の対処の一つである医療機関の紹介実態も重要」

 同日の総会では、事務局から「医薬品の適切な使用の推進」とのテーマが提示され、その中で、長期処方の現状とそれに関連して分割調剤の議論、さらにはフォーミュラリに関する意見が出された。

 現在、処方日数の31日以上が増加している。調剤料の算定回数では、平成30年1720万回、令和元年1772万回、令和2年1844万回。こうした長期投薬については、平成28年度の診療報酬改定において、30日以内の再診か、200床以上の場合は地域の医療機関への紹介、もしくは分割指示による処方箋交付を行うことを明確化している。

 日本医師会常任理事の城守国斗氏は、長期処方増加の背景にはコロナもあるとの見方を示し、「前回の総会でも指摘したが、長期処方は多剤処方に気が付きにくくなるなど保険財政上からも長期処方を減らしていくことが望ましい」と話した。

 その上で、「(長期処方の)病床別のデータも出して欲しい」とし、現在の対処方法の一つである地域の医療機関への紹介の実態など、「処方の方法ばかりに注目するのではなく、機能の分化・連携の観点が必要」とした。

 適正使用に関しては、「高齢者への適正使用の指針が策定されたものの、運用方法を確立してから改めて検討するのがいいと思う」と話した。
 
 フォーミュラリに関しては、「有用である」とする一方で、「法人経営の観点からの活用は理解するが、従前の主張の通り、診療報酬上で評価することはなじまない」とした。
 「医療機関が主導する医薬品リストは恣意的になることは容易に想像できる。あくまで治療指針を示すガイドラインに基づき、ある程度の自由度をもって使われるもの」との考えを示した。

 フォーミュラリの策定過程に関しては、「前回の改定議論の際に、策定方法に関して医療機関独自なのか、コンサルタントの助言に基づくものなのか、などの質問をしていた。調査結果が分かれば教えて欲しい」とした。

 日本薬剤師会常務理事の有澤賢二氏は、コロナの影響もあり長期処方が増えている状況に触れ、「薬がしっかり飲めているのか、副作用が出ていないか、薬局でのフォローアップが重要になっている」と話した。

 その上で、「かかりつけ薬剤師の役割の視点で考えるべきだ」と主張した。

 フォーミュラリについては、院内フォーミュラリと地域フォミュラリの違いなど、定義を整理する必要性を指摘。適切な活用は重要としつつも、「報酬上で評価するかどうかは慎重な議論が必要」と述べた。

健保連・幸野氏「フォーミュラリ、前回の議論と違うのは厚労省研究班でのGL策定。環境整ってきている」

 日本病院会副会長の島弘志氏は、フォーミュラリに関して、「経済性を高めるために重要」との考えを示し、「すでに普及しているクリニカルパスの中で利用することにより相当推進されると考える」と話した。

 健康保険組合連合会理事の幸野庄司氏は、医薬品の適正使用に関連して、「重複投与やポリファーマシー解消がしっかり行える方向にするべき」と指摘。長期処方だけでなく、長期的な同じ処方に関しても言及し、「170日間以上同じ処方などに対策を打っていく必要がある」と話した。
 分割調剤に関しては「前回も指摘したが今の形式では普及しないので、抜本的に見直す必要がある」と述べた。
 「繰り返し利用できる処方箋についても、ぜひ検討してほしい」とした。

 フォーミュラリについては、「前回の議論と違うのは厚労省でも研究班でガイドラインを策定していること。環境も整ってきている。診療報酬上の対応も必要だ」と指摘した。

 オンライン資格確認の有用性にも触れ、「医療機関でも薬剤情報が見られるようになる。全体の普及までには時間もかかると思うが、こうした仕組みを有効に活用して残薬やポリファーマシー解消などを推進してほしい」と話した。

この記事のライター

関連する投稿


【社保審・医療保険部会】診療報酬改定の基本方針を議論/薬剤師会・森氏「医薬品のサプライチェーン全体の評価を」/代替等の業務評価を示唆?

【社保審・医療保険部会】診療報酬改定の基本方針を議論/薬剤師会・森氏「医薬品のサプライチェーン全体の評価を」/代替等の業務評価を示唆?

【2021.07.29配信】厚生労働省は7月29日に社会保障審議会(社保審)医療保険部会を開き、「診療報酬改定の基本方針について」などを議論した。この中で、コロナ禍の特例として診療報酬上の評価を継続することに対し、「継続的な感染対策が必要な医療現場への配慮が必要」との意見の一方、「平常時を想定している診療報酬上の評価が適切かの検証が必要」との意見もあった。また、日本薬剤師会副会長の森昌平氏は、「医薬品の安定供給スキームを実効性あるものにすることが重要」と述べ、「医薬品のサプライチェーン全体の評価を」と提言した。深読みすると供給不安が生じた際への薬局現場での対応業務の評価を提案したものとも受け取れる。


【後発薬問題】厚労省・林課長「流通改善GL改定に回収等の早急な情報提供盛り込む予定」

【後発薬問題】厚労省・林課長「流通改善GL改定に回収等の早急な情報提供盛り込む予定」

【2021.07.27配信】7月21日に開かれた厚労省の中医協では、後発医薬品に関する課題について委員から複数指摘され、これに対して、厚労省医政局経済課長の林俊宏氏が現状を説明した。今秋に改定を予定している流通改善ガイドラインに関して、回収などが生じた場合、早急な情報提供を行うことなどを明記する方向で検討が進んでいると説明した。


【中医協総会】薬剤師会有澤氏「欠品情報のあった後発薬は一時的に体制加算から除外を」

【中医協総会】薬剤師会有澤氏「欠品情報のあった後発薬は一時的に体制加算から除外を」

【2021.07.21配信】厚生労働省は7月21日に中央社会保険医療協議会総会を開き、後発医薬品の推進や分割調剤、フォーミュラリなどについて議論した。この中で、日本薬剤師会の有澤賢二氏は後発薬で出荷調整や欠品が相次ぐ中、こうした後発薬に関しては後発医薬品体制加算の数値から除外することを求めた。


【中医協総会】薬剤師会有澤氏「オンライン資格確認では自費の情報見られない」/薬局での一元管理の重要性は不変と強調

【中医協総会】薬剤師会有澤氏「オンライン資格確認では自費の情報見られない」/薬局での一元管理の重要性は不変と強調

【2021.07.21配信】厚生労働省は7月21日に中央社会保険医療協議会総会を開き、後発医薬品の推進や分割調剤、フォーミュラリなどについて議論した。この中で、日本薬剤師会常務理事の有澤賢二氏は、オンライン資格確認に関連して、「自費でのデータは見られないこともある」として、お薬手帳や同一薬局推進の必要性は変わらないとの見解を示した。


【中医協総会】後発薬“変更不可欄”で議論/池端委員「現状は患者の訴えがほとんど」

【中医協総会】後発薬“変更不可欄”で議論/池端委員「現状は患者の訴えがほとんど」

【2021.07.21配信】厚生労働省は7月21日に中央社会保険医療協議会総会を開き、後発医薬品の推進や分割調剤、フォーミュラリなどについて議論した。この中で処方箋の“後発薬変更不可欄”について診療側委員から「現状は患者からの要望がほとんど」などとして、アドヒアランスの問題からも必要性があるとの意見が示された一方、支払側からは「限りある資源をどう活かすかの観点で考えて欲しい」との意見が出て、議論は平行線となった。


最新の投稿


【人事】コスモス薬品、都市型店部副部長の井手光一氏が「調剤部長」に

【人事】コスモス薬品、都市型店部副部長の井手光一氏が「調剤部長」に

【2021.08.02配信】コスモス薬品は7月30日、組織改編と人事異動を公表した。異動日は8月24日の予定。


【人事】コスモス薬品、宇野正晃会長が代表権のない会長に

【人事】コスモス薬品、宇野正晃会長が代表権のない会長に

【2021.08.02配信】コスモス薬品は7月30日に、「代表取締役の異動に関するお知らせ」を公表した。現・代表取締役会長である宇野正晃氏が、代表権のない会長となる予定。8月24日開催の定時株主総会及びその後に開催予定の取締役会で正式に決定される予定。


日本セルフケア推進協議会が厚労省に要望書提出/「国民に分かりやすいセルフケアの情報発信を」

日本セルフケア推進協議会が厚労省に要望書提出/「国民に分かりやすいセルフケアの情報発信を」

【2021.08.02配信】日本セルフケア推進協議会(三輪芳弘代表理事=写真左)は、セルフケア推進に関する要望書を厚労省に提出した。厚生労働省大臣官房長 大島一博氏(写真右)、政策統括官 伊原和人氏、医政局長 迫井正深氏に手交 した。


【店頭トレンド発信】お店で健康セルフチェック!!ココカラファイン検体測定室、体験レポート

【店頭トレンド発信】お店で健康セルフチェック!!ココカラファイン検体測定室、体験レポート

【2021.07.30配信】ココカラファイン薬局では『検体測定室』という利用者自らによる血液検査による健康チェックを提供している。手ぶらで気軽に受けられ、測定数値にあわせて薬剤師から健康アドバイスがもらえるサービスだ。短時間で簡単に測定できることが評判になり、2021年7月現在、検体測定室の導入店舗は114店舗まで拡大。地域の健康増進に貢献している。今回は検体測定室に密着、実際に血液検査を受けてみて、実際にかかった時間やサービス満足度などをレポートする。サービスを受けるまでのステップも記載するので興味のある方は是非参考にしてほしい。


【トレンド】ドラッグストアの解熱鎮痛薬、6月の売上が前年比35%増に

【トレンド】ドラッグストアの解熱鎮痛薬、6月の売上が前年比35%増に

【2021.07.30配信】ビッグデータマーケティングの株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之氏) は、同社の統計データをもとにドラッグストア、食品スーパーマーケットにおける2021年6月の消費動向を公表した。それによると、ドラッグストア1店舗あたりの購買金額は前年同月と比べ5.5%減少、食品スーパーマーケットは0.3%減少した。ドラッグストアの伸び率ランキング1位は「農産珍味」、2位は「解熱鎮痛薬」。「解熱鎮痛薬」は食品スーパーマーケットでも伸び率ランキング1位になってる。ワクチン接種が進んだことによる影響と考えられるとしている。


ランキング


>>総合人気ランキング