【敷地内薬局について論戦】医師会宮川氏「院内調剤への回帰の一部」

【敷地内薬局について論戦】医師会宮川氏「院内調剤への回帰の一部」

【2021.04.26配信】厚生労働省は4月26日に「第8回薬剤師の養成及び資質向上等に関する検討会」を開いた。この中で敷地内薬局に関して議論される場面があった。日本医師会常任理事の宮川 政昭氏は「敷地内薬局は院内調剤回帰の一部だと思っている」などと述べた。


 この日の薬剤師養成検討会の主要なテーマは、「薬剤師の需給推計」だった。

 敷地内薬局の問題に口火を切ったのは、日本医師会常任理事の宮川 政昭氏だ。

 宮川氏は「調査の中で医薬分業の中に敷地内薬局を含めているのかどうか。敷地内薬局は院内調剤回帰の一部だと考えざるを得ない。病院薬剤部の外部委託という見方ができるのではないかと思う。そうすると需給推計に影響が出てくる。今後増えてくると思う。これを医薬分業と考えるのかどうか、考え方を教えてほしい」と切り出した。

これに対し事務局は、「現状として、薬局として許可を得て業務を行っている。その薬局がどのような役割を担っているかの発揮の仕方で整理すべきかと思う」と述べた。


いったん敷地内薬局の話題は終わったかに見えたが、検討会の終盤になって、東京大学医学部附属病院教授・薬剤部長の鈴木洋史氏が「さきほどの敷地内薬局の件ですが、大学側としては敷地内薬局はあくまで一つの薬局形態という理解をしている。経営も分離しており、療担規則に反するようなこともあり得ない」として、厚労省の考え方を再度確認した。

 事務局は、「現状として、一定のルールの下で許可されている。あとは薬局がどのような役割を果たしているかではないか」と述べた。

 これに対し鈴木氏は「役割は薬局の努力なので、大学側は一切タッチしないという認識でいる」と述べた。

 ここで日薬の安部氏が発言。「日本薬剤師会として敷地内薬局は望ましい形ではないと思っている。ただし現時点では許認可を受けているので、薬局ではある。その点と、今後、敷地内薬局がどのように評価されるべきなのかについては別の場で議論すべき」と述べた。

 日本医師会の宮川氏も発言を求め、「インセンティブをかけて例えば薬局に食堂をつくってほしいだとか、いろいろなところを病院が求めているところもあるので、安部氏のおっしゃったことを懸念しているというところだ。今後、そのあたりは明らかになっていくのではないか。つまり、外に出しているからいいだろうではなく、面分業としての役割をどう果たしているのか、地域に根ざす薬局を育てることになるのかは、別の話になるので、別の場で議論されるべき。非常に大きな課題を秘めている。今後も診療報酬も含めて、微妙な問題を懸念している」と指摘した。

この記事のライター

関連する投稿


【厚労省_中医協】敷地内薬局、今後は総会で議論/今後の検討の進め方を了承

【厚労省_中医協】敷地内薬局、今後は総会で議論/今後の検討の進め方を了承

【2024.05.15配信】厚生労働省は5月15日、中央社会保険医療協議会(中医協) 総会を開催した。


【アインHD】元取締役の有罪判決受け社外調査チームによる調査報告書を受領

【アインHD】元取締役の有罪判決受け社外調査チームによる調査報告書を受領

【2024.05.09配信】アインホールディングスは5月9日、同社及び同社グループ会社の元取締役が在任中に逮捕・起訴され有罪判決となったことを受け、外部弁護士で構成される調査チームによる調査報告書を受領したと公表した。


【アイン敷地内薬局めぐる裁判】酒井・新山両被告ともに控訴

【アイン敷地内薬局めぐる裁判】酒井・新山両被告ともに控訴

【2024.05.02配信】KKR札幌医療センターの敷地内薬局の整備を巡り、公契約関係競売入札妨害の罪に問われたアインファーマシーズ元代表取締役社長・酒井雅人被告、同社元取締役・新山典義被告が二人とも控訴したことが分かった。(ジャーナリスト・村上 和巳)


速報【アイン敷地内薬局めぐる裁判で地裁有罪判決】藤井被告懲役1年・執行猶予3年、新山・酒井両被告懲役6か月・執行猶予2年

速報【アイン敷地内薬局めぐる裁判で地裁有罪判決】藤井被告懲役1年・執行猶予3年、新山・酒井両被告懲役6か月・執行猶予2年

【2024.04.18配信】KKR札幌医療センターの敷地内薬局の整備を巡り、公契約関係競売入札妨害の罪に問われたアインファーマシーズ元代表取締役社長・酒井雅人被告、同社元取締役・新山典義被告、KKR札幌医療センター元事務部長・藤井浩之被告の判決公判が4月18日午前、札幌地裁で行われた。(ジャーナリスト・村上 和巳)


【厚労省】薬局の保険指定で「医療機関との一体的な経営に当たらない確認書類」求める/チェック表を例示

【厚労省】薬局の保険指定で「医療機関との一体的な経営に当たらない確認書類」求める/チェック表を例示

【2024.03.06配信】厚生労働省は3月5日、「保険医療機関との一体的な経営に当たらないことを確認する際に申請者に求める書類」の例を事務連絡した。同書類は、同日付けの「『保険医療機関及び保険医療養担当規則の一部改正等に伴う実施上の留意事項について』の一部改正について」の通知を踏まえたもの。


最新の投稿


【厚労省】処方箋保存期間の検討を提示/薬局検討会

【厚労省】処方箋保存期間の検討を提示/薬局検討会

【2024.07.19配信】厚生労働省は、現在3年間となっている処方箋の保存期間について見直す方針を示した。「第7回薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」で提示した。診療録の保存期間が5年となっている中、電子処方箋については処方箋を調剤済みとなった日から5年間保存するサービスを提供しているなどの環境変化を挙げている。今後、制度部会で議題とする方針。


【コンソーシアム】大阪市から調剤外部委託で4社8薬局が確認通知受領を公表

【コンソーシアム】大阪市から調剤外部委託で4社8薬局が確認通知受領を公表

【2024.07.19配信】薬局DX推進コンソーシアムは7月19日、大阪市から調剤業務一部委託事業の確認通知を受け取ったと公表した。


【日本保険薬局協会】健康サポート薬局と地域連携薬局「違いない」/厚労省検討会に意見書

【日本保険薬局協会】健康サポート薬局と地域連携薬局「違いない」/厚労省検討会に意見書

【2024.07.19配信】日本保険薬局協会は7月19日に開かれた厚労省「第7回 薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」で意見書を提出した。「健康サポート薬局、地域連携薬局、地域支援体制加算届出薬局が描く薬局像は、小異こそあれ、分立させるほどの違いはない」とした。


【コスモス薬品】調剤事業、「低収益の調剤の姿になった時」が参入好機との見解

【コスモス薬品】調剤事業、「低収益の調剤の姿になった時」が参入好機との見解

【2024.07.18配信】コスモス薬品は7月18日に2024年5月期決算説明会を開催した。


【中医協】医療DX推進体制加算、10月から3区分に/マイナ保険証利用率に応じて

【中医協】医療DX推進体制加算、10月から3区分に/マイナ保険証利用率に応じて

【2024.07.17配信】厚生労働省は7月17日に中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開催し、医療DX推進体制整備加算の取り扱いについて議論した。


ランキング


>>総合人気ランキング