薬局の方からの「薬価を下げ続けるのは止めて欲しい」の声に思うこと【イケアキの医療制度深読み_その5】

薬局の方からの「薬価を下げ続けるのは止めて欲しい」の声に思うこと【イケアキの医療制度深読み_その5】

【2021.03.24配信】2022年度診療報酬改定の議論も始まっています。今回は薬局の方からの「薬価を下げ続けるのは止めて欲しい」の声に思うことを掘り下げさせていただこうと思います。


 保険薬局に勤務しています池下暁人と申します。SNSなどではイケアキの通称で発信さ
せていただいています。気になる医療制度の動向と私見を寄稿していきます。

 いよいよ2020年度が終わり、4月から2021年度が始まろうとしています。
 次回の診療報酬改定は2022年4月です。裏では様々な殴り合い…もとい、応戦が始まっていると思います。
 余談ですが、以前、私が主催したWeb勉強会“するやく会”での質問で「診療報酬は2年に1回は早すぎる」とご意見いただいた事がありました。確かに現場をまわしていたら「もう2年!」ってなりますよね。めっちゃ分かります。
 (注:するやく会については、ドラビズさんでも記事にしていただきました。その節はありがとうございました(人´∀`).☆。
https://www.dgs-on-line.com/articles/784

 一方で、医療技術の進歩など、動きの速いものに対して組む予算は本来、毎年度が理想です。しかし経営への影響の大きさもあって「2年毎」としているのは、実は絶妙なタイミングなのかな、と個人的には思っています。

 さて、本日はSNS等で薬局の方から「薬価を下げ続けるのは止めて欲しい」というご意見があって、その点をちょっとだけ掘り下げようかなと思い、今回寄稿させていただきました。

 薬価が下がるのは痛い! 薬局の経営をしていたら、ほんとそう思います。だって昨日と今日で商品の価値が一気に変わるんですよ。
 数十万円~数十億円、たった一晩で価値が下がるという、株が暴落するみたいな出来事です。(あぁっ…嫌な思い出が…)

 改定には、診療報酬本体の点数改定と薬価改定があり、その2つを合わせた全体改定率を決めて、翌年度の医療費が決定します。
 薬価というのは基本的に引き下げられるシステムになっているので、それによって浮いた財源を診療報酬本体にまわして対応されてきました。

 薬価制度は国民皆保険制度を維持するためには必要不可欠の公定価格制度ですので、その値段を変える薬価改定は(引き下げる事自体が目的ではなく)市場実売価格との乖離を正すために行われます。
 『100円って値段がついてんのに実際の仕入れ値が50円やったら、そりゃあ国民に還元せんとな!次は値段を70円にしまひょか』みたいな事です。
 これを取っ払うとなると需要と供給の法則が生まれて、必要性の高いものほど値段が上がったり
します。これでは、本当に必要な医療を提供するのは難しくなりそうですよね。

 とは言え、少しでも安く仕入れるのは商売の鉄則なのでどうしても値引き交渉というものが発生してしまい、結果どんどん薬価が下がってしまいます。ある意味、自分たちで自分たちの首を絞めるという何ともドMな仕様になっています。薬価改定はM改定だったんですね(違

 さて、そんなわけで(どんなわけだ)2021年度から中間年改定と言われる、薬価の毎年改定が行われます。どのような影響が出るのか。そして2022年度、2023年度の改定はどうなるのか、今から要チェックです。

**********************************************************************
イケアキ(池下 暁人 いけした あきと)
2003年に薬剤師免許取得後、個店薬局、DgS、国立病院機構を経て、2017年から診療報酬改定などに関わる。
もっと薬剤師が医療制度に興味持たないとな~とか思いながら日々活動中。
Twitterアカウント@AkitoIkeshita
**********************************************************************

この記事のライター

関連するキーワード


薬価改定 診療報酬改定

関連する投稿


【薬剤師会】「当面の課題」8項目を整理/OTC薬リスク区分のあり方見直しを提言/「自動的にネット販売が可能となる現行の仕組み見直しを」

【薬剤師会】「当面の課題」8項目を整理/OTC薬リスク区分のあり方見直しを提言/「自動的にネット販売が可能となる現行の仕組み見直しを」

【2022.01.19配信】日本薬剤師会は1月19日、定例会見を開き、「当面の課題」8項目を整理、提示した。この中で、OTC薬リスク区分のあり方見直しを提言し、「自動的にネット販売が可能となる現行の仕組み見直しを」とした。


【日本薬剤師会】リフィル処方箋の導入、「薬剤師は覚悟をもって受ける必要ある」/山本会長が見解

【日本薬剤師会】リフィル処方箋の導入、「薬剤師は覚悟をもって受ける必要ある」/山本会長が見解

【2021.12.22配信】日本薬剤師会は12月22日、診療報酬改定率の決定を受けて記者会見を開いた。会見では、記者からリフィル処方箋導入が書き込まれたことへの質問が相次いだ。山本信夫会長は、「リフィル処方箋そのものはずいぶん前から議論になっていたが骨太方針に書き込まれるなど、国としての意向が強かった」との認識を示した上で、「薬剤師が覚悟を持って受ける必要がある」と述べた。


【日本薬剤師会】診療報酬改定への見解公表/「公平な改定に感謝」

【日本薬剤師会】診療報酬改定への見解公表/「公平な改定に感謝」

【2021.12.22配信】日本薬剤師会は12月22日に会見を開き、令和4年度診療報酬(調剤報酬)・薬価等改定についての見解を示した。診療報酬本体で0.23%のプラス改定となり、かつ公平な各科の配分割合が堅持されたこと(医科1:調剤 0.3)について、「感謝申し上げます」とした。「リフィル処方箋(反復利用できる処方箋)」の導入・活用促進による効率化が明示されたことについては、「今後の薬剤師·薬局の姿勢が改めて問われるものと受け止めています」とした。


【薬剤師会】診療報酬改定へ、山本会長「ヒトへの業務をぜひ考えてほしいとお願いしている」

【薬剤師会】診療報酬改定へ、山本会長「ヒトへの業務をぜひ考えてほしいとお願いしている」

【2021.12.17配信】日本薬剤師会は12月16日に定例会見を開き、その中で山本信夫会長は診療報酬改定へ向けた活動を報告した。これまでも主張してきた技術料率に合わせた医科・歯科・調剤の1:1.1:0.3という本体改定の「公平な改定」堅持を訴えていることを重ねて強調したほか、「改定の方向性についてもヒトに対する仕事をするためのモノの業務、ヒトに具体的に何をしたかの薬剤師の業務をぜひ考えてくれとお願いをしている」と述べた。


【診療報酬改定】健保連など保険者関連6団体が要請書提出/「報酬引き上げる環境にない」

【診療報酬改定】健保連など保険者関連6団体が要請書提出/「報酬引き上げる環境にない」

【2021.11.25配信】健康保険組合連合会、国民健康保険中央会、全国健康保険協会、全日本海員組合、日本経済団体連合会、日本労働組合総連合会の6団体は11月24日、各団体の会長・理事長・組合長の連名で後藤茂之厚生労働大臣宛てに「令和4年度診療報酬改定に関する要請」を提出した。コロナ禍でも一般診療所、歯科診療所、保険薬局は依然として高い水準の黒字であり、さらにはすでに足下では医療費が増加基調に戻りつつあるとして、「報酬を引き上げる環境にない」としている。診療報酬と補助金の役割分担を整理した上で、改定では配分の見直しに主眼を置いたメリハリのある改定とする必要があるとした。


最新の投稿


【薬剤師WG】電子処方箋の数値目標を掲げる/令和5年3月末までにオン資導入の施設の7割に

【薬剤師WG】電子処方箋の数値目標を掲げる/令和5年3月末までにオン資導入の施設の7割に

【2022.05.27配信】厚生労働省は5月27日に「第5回薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)を開き、電子処方箋にかかわる数値目標を掲げた。令和5年3月末の時点で、オンライン資格確認等システムを導入した施設の7割程度の導入を目標とする。


【薬剤師WG】リフィル処方箋の手引き作成を論点に提示

【薬剤師WG】リフィル処方箋の手引き作成を論点に提示

【2022.05.27配信】厚生労働省は5月27日に「第5回薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)を開き、リフィル処方箋に関して手引きを作成することを議題に挙げた。


【規制改革答申を公表】薬剤師による点滴薬剤の充填・交換や褥瘡への薬剤塗布の適否「課題を整理」

【規制改革答申を公表】薬剤師による点滴薬剤の充填・交換や褥瘡への薬剤塗布の適否「課題を整理」

【2022.05.27配信】5月27日に規制改革推進会議が開かれ、「規制改革推進に関する答申~コロナ後に向けた成長の「起動」~」を公表した。薬剤師による「点滴薬剤の充填・交換や患者の褥瘡(じょくそう)への薬剤塗布等の行為」に関して「適否や必要性、実施可能性等の課題について整理を行う」とした。


【規制改革答申を公表】処方箋40枚規制の見直しに踏み込む

【規制改革答申を公表】処方箋40枚規制の見直しに踏み込む

【2022.05.27配信】5月27日に規制改革推進会議が開かれ、「規制改革推進に関する答申~コロナ後に向けた成長の「起動」~」を公表した。この中で、「薬剤師の員数に関する規制」について、「規制の在り方の見直しに向け課題を整理する」とし、いわゆる処方箋40枚規制の見直しの言及に踏み込んだ。


【規制改革答申を公表】「薬剤調製の外部委託の検討」を明記

【規制改革答申を公表】「薬剤調製の外部委託の検討」を明記

【2022.05.27配信】5月27日に規制改革推進会議が開かれ、「規制改革推進に関する答申~コロナ後に向けた成長の「起動」~」を公表した。この中で「薬剤調製の外部委託」を明記した。


ランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

ドラビズ on-line で話題のキーワード


後発医薬品 供給不安 国保 オンライン請求 抗原検査キット GoTo コロナ