【コロナで変わったヘルスケア売り場】生活者の「予防」ニーズが顕著に/大木ヘルスケアHD会見

【コロナで変わったヘルスケア売り場】生活者の「予防」ニーズが顕著に/大木ヘルスケアHD会見

【2021.02.25配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングスは同社主催の提案商談会の実施概要に関して会見を開いた。その中で、同社社長の松井秀正氏は、「生活者の予防ニーズが顕著に現れてきている」とコロナ禍のヘルスケア売り場の変化を総括。これまでは症状が出てから対処するための商品購入に至るケースが多かったが、コロナ禍では“かからない”ために商品を購入するという動きが活発化。マスクや消毒薬などが典型だが、オーラルケアや体温を高める意味で入浴剤なども提案を拡充していくべき商品だと話した。


 同社は2月24日~3月26日まで、「2021OHKI 春夏用オンラインカテゴリー提案商談会」を開く。感染対策を最優先にして、リアルでの提案会を断念したが、全国の拠点において小規模で提案を行うほか、ZOOMを活用しリアルタイムで商談を行う“ハイブリット型”とする。

 実行委員長の板本敦志氏は「録画をいつでも観てください、とはしたくはなかった」と語り、“熱量”を伝えられるface to faceの実施にこだわったとした。

 同提案商談会では、コロナ禍で起きた変化を踏まえ、ヘルスケア売り場で取り組むべきカテゴリー創出を提案する。

 例えば、生活者の中で顕著になった「予防ニーズ」への提案強化を促す。マスクや消毒薬だけでなく、オーラルケアや体温を温める意味での入浴剤などの提案も必要だとする。さらに予防カテゴリーは細分化もしてきているため、消毒薬に関しても「手指用」「ドアノブ用」などのシーンに応じた“サブカテゴリー化”が売場活性化につながる。

 受診控えにより調剤薬局の経営にも影響が及んでいるが、健康をサポートする機能として、予防関連商材を取り扱おう意識も高まっているようで、同社提案商談会には薬局関係者からの参加も増えているという。

 コロナ禍では運動不足や交流不足により、フレイルや認知症のリスク増大が懸念されている。同社では、感染対策に万全を期しながらもウオーキングイベントや脳活性化プログラムであるシナプソロジー実施へ向けた店頭支援なども行っている。

 また、コロナ禍で、SNSから情報入手する傾向が顕著になっているという。
 正しい知識が店頭で伝えづらい環境となっている面もあるが、不正確な情報が行き来しやすい環境だからこそ、店頭の正しい知識を提供する役割の重要性も高まっている。
 
 一方、同社のイメージキャラクターである「オレンヂくん」はSNS運用から2年が経過しており、Twitterのフォロワー数は2万3000人まで成長している。同社では「まだまだフォロワー数を伸ばす必要がある」とする。現在は、多くのメーカーの販促キャンペーンと「オレンヂくん」がコラボする機会が増えているという。

 なお、同社グループ会社ではオレンジケアプロダクツ舌クリーナーなども展開しており、好評を博している。

この記事のライター

関連する投稿


【大木ヘルスケアHD】フェムケアカテゴリー提案/月経カップなども

【大木ヘルスケアHD】フェムケアカテゴリー提案/月経カップなども

【2024.06.19配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングスは6月18日・19日の両日、「2024OHKI秋冬用カテゴリー提案商談会」を開催。会期中に同社社長の松井秀正氏が会見を行った。


【大木ヘルスケアHD】秋冬提案商談会の事前説明会を開催/フェムケア関連商品など提案

【大木ヘルスケアHD】秋冬提案商談会の事前説明会を開催/フェムケア関連商品など提案

【2024.06.11配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングスは6月11日に秋冬提案商談会の事前説明会を開催した。


【ヘルスケア卸_大木】健康サポート薬局“48薬効”への考え示す

【ヘルスケア卸_大木】健康サポート薬局“48薬効”への考え示す

【2024.02.07配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングス(松井秀正社長)は2月7日に会見を開き、健康サポート薬局の要件に定められているOTC医薬品“48薬効”に関する取り組みの考え方を話した。


【ヘルスケア卸_大木】フェムケア語る“場づくり”に注力

【ヘルスケア卸_大木】フェムケア語る“場づくり”に注力

【2024.02.07配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングス(松井秀正社長)は2月7日に会見を開き、フェムケアについて語れる“場づくり”に注力していく考えを示した。


【ヘルスケア卸_大木】認知症のリスクにもなる難聴対策へ集音器のドラッグストアでの販売提案強化

【ヘルスケア卸_大木】認知症のリスクにもなる難聴対策へ集音器のドラッグストアでの販売提案強化

【2024.01.31配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングスは1月31日に会見を開き、「集音器」のドラッグストアでの販売を提案していく方針を示した。


最新の投稿


【厚労省】処方箋保存期間の検討を提示/薬局検討会

【厚労省】処方箋保存期間の検討を提示/薬局検討会

【2024.07.19配信】厚生労働省は、現在3年間となっている処方箋の保存期間について見直す方針を示した。「第7回薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」で提示した。診療録の保存期間が5年となっている中、電子処方箋については処方箋を調剤済みとなった日から5年間保存するサービスを提供しているなどの環境変化を挙げている。今後、制度部会で議題とする方針。


【コンソーシアム】大阪市から調剤外部委託で4社8薬局が確認通知受領を公表

【コンソーシアム】大阪市から調剤外部委託で4社8薬局が確認通知受領を公表

【2024.07.19配信】薬局DX推進コンソーシアムは7月19日、大阪市から調剤業務一部委託事業の確認通知を受け取ったと公表した。


【日本保険薬局協会】健康サポート薬局と地域連携薬局「違いない」/厚労省検討会に意見書

【日本保険薬局協会】健康サポート薬局と地域連携薬局「違いない」/厚労省検討会に意見書

【2024.07.19配信】日本保険薬局協会は7月19日に開かれた厚労省「第7回 薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」で意見書を提出した。「健康サポート薬局、地域連携薬局、地域支援体制加算届出薬局が描く薬局像は、小異こそあれ、分立させるほどの違いはない」とした。


【コスモス薬品】調剤事業、「低収益の調剤の姿になった時」が参入好機との見解

【コスモス薬品】調剤事業、「低収益の調剤の姿になった時」が参入好機との見解

【2024.07.18配信】コスモス薬品は7月18日に2024年5月期決算説明会を開催した。


【中医協】医療DX推進体制加算、10月から3区分に/マイナ保険証利用率に応じて

【中医協】医療DX推進体制加算、10月から3区分に/マイナ保険証利用率に応じて

【2024.07.17配信】厚生労働省は7月17日に中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開催し、医療DX推進体制整備加算の取り扱いについて議論した。


ランキング


>>総合人気ランキング