【マツキヨPB】「アルジェラン」新シリーズ。美だけでなく環境と経済を“巡らせる”

【マツキヨPB】「アルジェラン」新シリーズ。美だけでなく環境と経済を“巡らせる”

【2021.02.08配信】マツモトキヨシホールディングスは、プライベートブランド(PB)の「アルジェラン」から、新ヘア&ボディケアシリーズを発売する。美しさと環境と経済のすべてが巡るオーガニックコスメを目指し、国産植物原料を積極採用している。確かなデータを取得した植物を使用した「エビデンス&サスティナブル オーガニックコスメ」となる。


 全10品を3月11日よりマツモトキヨシグループに加え、ココカラファイングループ(一部店舗を除く)で発売する。
 
 『オーガニックを日常に』をコンセプトとして、2012年に誕生したアルジェラン。2020年秋にブランドリニューアルを迎え、旧来のデイリーオーガニックから、植物の力を独自の測定に基づき分析し、確かなデータを取得した植物を使用した「エビデンス&サスティナブル オーガニックコスメ」になっていた。
 ブランドの重要カテゴリーであるヘアケアの新シリーズ発売にあたり、「CIRCULATION (巡り) 」をテーマに美しさだけではなく、環境と経済をも循環させる新しいオーガニックコスメの形を提案する。

 ブランドミッションとして、以下の4つを掲げる。
1.国産植物原料の活用による地方創生:自然豊かな日本の地方には魅力的な植物原料が多数存在する。それらをアルジェランが採用することで農業のサポートや地方の活性化の一助になればとの考えから、 リニューアルにあたり国産植物原料を多く採用した。
2. 容器や資材による環境破壊を防ぐ:ボトルには、植物が成長過程でCO2を吸収するため、 容器を焼却しても大気中のCO2が実質増加しないというカーボンニュートラルの考え方に基づく、「バイオマスプラスチック」を積極採用。 その他資材にも、 森林保全の証である「FSC認証紙」や環境対応型インキを採用。
3. 使い心地のよさと手ごろな価格にこだわる:社会を巡らせることを現実のものにするには、 植物原料を多く使用し、環境配慮型資材を選択する機会を増やすマスブランドであり続けることが重要。テクスチャーや香りの持続性にこだわったオーガニックコスメが、 ドラッグストアで手軽に入手できるものであれば、多くの人に長く選んでいただけることに。 ユーザーにとっては、 アルジェランを選ぶことで、 肌や髪の美しさを目指せると同時に社会貢献への参加にもつながる。
 4. 肌にも髪にもエビデンス:2020年秋にスキンケアシリーズを一新したときから、 植物の力を独自の測定に基づいて分析し、 選び取って、 確かなデータをとるというアプローチをとっている。植物の力を活かした多角的なアプローチで美髪、 美肌を目指す。

 製品は以下の通り(一部)。
・アルジェラン モイストグローシャンプー 480mL 1550円(以下すべて税抜き)
・同 ヘアトリートメント 480mL 1550円
・同 ヘアマスク 200g 1500円
・同 ヘアオイル 55mL 1600円

・アルジェラン モイストスムース シャンプー 480mL 1550円
・同 ヘアトリートメント 480mL 1550円
・同 ヘアマスク 200g 1500円
・同 ヘアオイル 55mL 1600円

・アルジェラン モイストグロー ボディソープ 480mL 980円
・アルジェラン モイストスムース ボディソープ 480mL 980円

この記事のライター

関連する投稿


【店頭トレンド発信】matukiyo LAB「サプリメントバー」体験レポート/傾聴のスキル育成に感嘆

【店頭トレンド発信】matukiyo LAB「サプリメントバー」体験レポート/傾聴のスキル育成に感嘆

【2021.09.06配】「地域のお客様の美と健康をトータルサポートする」をコンセプトに展開する「matukiyo LAB」。薬剤師・管理栄養士・ビューティスペシャリストが専門的な知識ときめ細やかなサービスを提供する新しいスタイルのマツモトキヨシだ。管理栄養士が提供するサービス「サプリメントバー」では顧客の悩みや生活習慣から必要な栄養素を提案、自分に合ったサプリメントをつくることができる。今回は実際にサプリメントバーを体験しレポートする。2021年10月にはココカラファインと経営統合を控えているマツモトキヨシ。前回レポートした対面サービスを含めて、両者ににどのような共通点があるのか。【記事=登録販売者ライター・「梨さん」】


最新!2021年ドラッグストア調剤売上ランキング!ドラッグストアで拡大意欲高まる調剤事業

最新!2021年ドラッグストア調剤売上ランキング!ドラッグストアで拡大意欲高まる調剤事業

【2021.08.16配信】ドラビズon-lineでは上場ドラッグストア企業の最新決算業績から、「調剤売上ランキング」を集計した。その結果、1位はウエルシアホールディングスだった。総売上ランキングでは5位のスギホールディングスが、調剤売上では2位となり、存在感を示した。総売上ランキングでは6位のココカラファインも調剤売上では4位に浮上。同社の調剤売上の対総売上比率は20%を超えている。今年のコロナ禍でも同社の調剤売上は前期比+9%となっている。10月に統合を控えるマツモトキヨシ ホールディングスとの調剤売上を合算すると調剤売上では上場ドラッグストア 企業中、2位に位置することもわかった。


【ウエルシアHD決算説明会】「後発薬加算の減算」で月1.6億円の減収要因に/かかりつけ指導料算定加速での対応も検討

【ウエルシアHD決算説明会】「後発薬加算の減算」で月1.6億円の減収要因に/かかりつけ指導料算定加速での対応も検討

【2021.07.12配信】ウエルシアホールディングスは7月12日に、2022年2月期第1四半期の連結業績(2021年3月1日~2021年5月31日)の説明会を開催した。この中で後発医薬品体制加算の減算議論に関して質問が出ると、「85%以上の使用率でなければ加算対象にならないと仮定すると月に1億6000万円の減収要因になる」との見方を示した。さらに、この対策として、かかりつけ薬剤師指導料の対応強化を検討しているとした。


【コロナワクチン職域接種】マツモトキヨシHDが実施を決定/まずは千葉県の本社で

【コロナワクチン職域接種】マツモトキヨシHDが実施を決定/まずは千葉県の本社で

【2021.06.17配信】マツモトキヨシホールディングスは6月17日、コロナワクチンの職域接種に協力することを決定した。エッセンシャルワーカーである従業員のための安全・安心な職場環境を整備する。


【コロナ対応のための出勤者数の削減状況公表】マツキヨとツルハが告知/マツキヨ7割、ツルハ5割の削減状況報告

【コロナ対応のための出勤者数の削減状況公表】マツキヨとツルハが告知/マツキヨ7割、ツルハ5割の削減状況報告

【2021.06.09配信】コロナ対応のための出勤者数の削減状況の公表が望ましいとされる中、マツモトキヨシホールディングスとツルハホールディングスはホームページ上で状況を告知した。マツモトキヨシHDは7割削減、ツルハHDでは5割削減の状況を報告している。


最新の投稿


【敷地内薬局】健保連、グループとしての基本料引き下げに賛同/中医協「調剤その3」で

【敷地内薬局】健保連、グループとしての基本料引き下げに賛同/中医協「調剤その3」で

【2023.11.29配信】厚生労働省は11月29日に中央社会保険医療協議会 総会を開き、「調剤(その3)について」を議題とした。


【市民団体】緊急避妊薬OTC化の試験的運用で要望書を厚労省に提出/染矢代表「調査が条件課す根拠に使われないか、非常に危惧している」

【市民団体】緊急避妊薬OTC化の試験的運用で要望書を厚労省に提出/染矢代表「調査が条件課す根拠に使われないか、非常に危惧している」

【2023.11.28配信】適切かつ安全に緊急避妊薬にアクセスできる社会の実現を目指す「緊急避妊薬の薬局での入手を実現する市民プロジェクト」は11月28日、「緊急避妊薬OTC化の試験的運用の周知、及び迅速かつ全面的なOTC化実現を求める要望書」を厚生労働省に提出した。厚労省は医薬局医薬品審査管理課長の中井清人氏が受け取った。同日、試験的運用が開始されたことを受けたもの。


【日本薬剤師会】「緊急避妊薬販売に係る環境整備のための調査事業」HP公開/都道府県別対応薬局リストも閲覧可能

【日本薬剤師会】「緊急避妊薬販売に係る環境整備のための調査事業」HP公開/都道府県別対応薬局リストも閲覧可能

【2023.11.28配信】日本薬剤師会は11月28日、「緊急避妊薬販売に係る環境整備のための調査事業」に関する一般向けのホームページを公開した。同日から同事業が開始されることに合わせたもの。


【医療保険者団体】診療報酬改定要望を武見厚労相に提出/薬価改定では「市場実勢価格引き下げ分は国民に還元を」

【医療保険者団体】診療報酬改定要望を武見厚労相に提出/薬価改定では「市場実勢価格引き下げ分は国民に還元を」

【2023.11.27配信】健康保険組合連合会、国民健康保険中央会、全国健康保険協会、全日本海員組合、日本経済団体連合会、日本労働組合総連合会の6団体は連名で、武見敬三厚生労働大臣宛てに「令和6年度診療報酬改定に関する要請」を提出した。


【日本薬剤師連盟】薬剤師議員懇談会開催/賃金上昇への改定財源を改めて訴える/加藤勝信前厚生労働相など参席

【日本薬剤師連盟】薬剤師議員懇談会開催/賃金上昇への改定財源を改めて訴える/加藤勝信前厚生労働相など参席

【2023.11.27配信】日本薬剤師会は11月27日、自由民主党薬剤師問題議員懇談会総会を開催した。年度の会計報告を含めた総会を実施するとともに、改めて薬局が物価高騰・賃金上昇に対応するために必要な診療報酬改定財源の確保などを直接、国会議員に求めた。


ランキング


>>総合人気ランキング