【クリエイトSDホールディングス】地域連携薬局の認定目指す/無菌製剤体制は4店舗にて整備

【クリエイトSDホールディングス】地域連携薬局の認定目指す/無菌製剤体制は4店舗にて整備

【2021.01.26配信】クリエイトSDホールディングスは2021年5月期 第2四半期決算公表と、同社の説明会動画配信に併せ、オンラインを活用したメディアへの1on1ミーティングに応じた。その中で、改正薬機法で新設される「地域連携薬局」制度について、「地域に貢献する理念実現のためにも基本的に認定を目指していく」との方針を示した。「地域連携薬局」の基準には無菌製剤体制があるが、同社は現在、無菌製剤施設を4店舗にて整備している。これらの活用と併せ、基準の「他の薬局との共同利用」についても検討を進めていく方針だ。


調剤併設50%目標。コロナ禍の薬剤師人材流動化が後押し

 改正薬機法では、厚生労働省が定める基準を満たす薬局について、「地域連携薬局」と「専門医療機関連携薬局」をそれぞれ都道府県が認定するとしている。今年8月から開始される予定。

 クリエイトSDホールディングスでは、このうち「地域連携薬局」の認定を目指していく考えを示した。「地域に貢献していくという当社の理念を実現するためにも認定を進めたい」(同社)とする。

 同社は第2四半期末時点でドラッグストア641店舗のうち、調剤併設ドラッグストアが201店舗(併設率31.4%)あり、そのほかに専門薬局36店舗と、合計237店舗の薬局を有している。

 在宅医療にも積極的で第2四半期末時点で152店舗で在宅を実施している。

 地域連携薬局の基準は1月22日に官報で公示されたばかりではあるが、同社は基準の内容に関して、「おおむね想定していた内容だった」と話した。

 地域連携薬局の基準はプライバシーへの配慮や麻薬小売業者の免許、地域包括ケア構築に資する会議参加や在宅の実績など、現行の調剤報酬上の地域支援体制加算項目に準じた内容が含まれている。その点、同社はすでに地域支援体制加算の取得を進めてきたため、地域連携薬局にも取り組みやすい環境といえる。足下では84店舗で地域支援体制加算を算定している。

 また、地域連携薬局の基準には「無菌製剤処理を実施できる体制」があるが、同社では4店舗で体制があり、これを活用していく考え。この4店舗以外では、基準の付帯にある「他の薬局との共同利用」を検討していく。

 同社は「できるだけ早い時期に」調剤併設率を50%にすることを目標にしている。「コロナ禍で、調剤専門薬局の経営が厳しくなったこともあり、そういった業種から当社のような調剤併設ドラッグストアへの転職を希望する方が増えていることは実感している」といい、こうした薬剤師人材の流動化も調剤併設率向上の後押しになるとみられる。

 機械化や薬剤師アシスタント人材の活用も進め、「今後は薬剤師一人当たりの応需処方箋枚数は増加するものと思う」とみる。

 地域連携薬局では一つの店舗に1年以上の勤務経験のある薬剤師が半数以上いることが求められているが、この項目はチェーン展開する企業にとってネックとされてきた。同社では、「地域にお住まいのパートナーさんの活用を含め、クリアしていきたい」として、地域に住む人材との関係強化も示唆した。

「オンライン資格確認」全店で申請済

 オンライン服薬指導をはじめ、医療・薬局行政でもデジタル化の波が押し寄せる中、同社は今年3月から始める「オンライン資格確認」の申請も全店で完了しているという。オンライン資格確認は保険証としても使えるマイナンバーカードをカードリーダーで読み取ること等により、患者の服薬歴や健診情報も共有が可能となるもの。

 また服薬フォローは現在、電話対応が主というが、今後はDX(デジタルトランスフォーメーション)推進の部署の取り組みと併せ、システム化やデジタルツールの活用も検討していくという。

 調剤事業だけでなく、ドラッグストア事業との連携を含め、データの活用・促進を図っていきたい考えだ。

生鮮業態との協業からノウハウを構築

 また、同社が今後の方針として挙げているのが生鮮業態との協業。
 
 これまで5店舗で進めてきたところ、成功事例が積みあがってきたといい、上期は3店舗を出店した。
 
 比較的売場面積の広い店舗では同社独自で生鮮の拡充を図ってきたが、廃棄ロスの問題、オペレーション上の負担増など、自社だけの展開では課題もあったという。今後は協業により生鮮の拡充をスピードアップするほか、協業を通して自社店舗での生鮮取り扱いのノウハウを獲得・活用もしていきたい考えだ。

生鮮業態との協業店舗を進める。写真は「ドラッグストア クリエイト エス・ディー港北網島東店」(神奈川県横浜市港北区綱島東2-2-14)

【決算説明】クリエイトSDHD、生鮮との協業推進/DXで部署横断的PJ開始

https://www.dgs-on-line.com/articles/669

【2021.01.21配信】クリエイトSDホールディングスは1月20日に、2021年5月期第2四半期(2020年6月1日~2020年11月30日)の決算説明の動画をメディアに公開した。同社社長の廣瀬泰三氏が説明した。下期において、生鮮業態との協業店舗を進めるほか、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進のため、部署横断的なプロジェクトを立ち上げる。なお、同社は1月12日に決算短信を公表済み、12日に通期連結業績予想の修正も公表していた(当メディア既報、下記リンク記事参照)。

この記事のライター

関連する投稿


【薬局検討会】健康サポート薬局、「薬機法で定めるべき」/日本薬剤師会が要望

【薬局検討会】健康サポート薬局、「薬機法で定めるべき」/日本薬剤師会が要望

【2024.04.22配信】厚生労働省は4月22日、「第4回薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」を開き、健康サポート薬局と認定薬局(地域連携薬局、専門医療機関連携薬局)の在り方について議論した。


【医薬品制度部会】認定薬局、「医療制度に組み込む方がいい」/希少疾病の認定薬局の提案も/委員から

【医薬品制度部会】認定薬局、「医療制度に組み込む方がいい」/希少疾病の認定薬局の提案も/委員から

【2024.04.18配信】厚生労働省は4月18日、「令和6年度第1回 厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。


【厚労省】認定薬局の基準Q&Aを一部改正/地域ケア会議等3会議以外も認める

【厚労省】認定薬局の基準Q&Aを一部改正/地域ケア会議等3会議以外も認める

【2023.04.03配信】厚生労働省は3月31日、「地域連携薬局及び専門医療機関連携薬局の認定基準に関するQ&Aについて」を一部改正した。下記、厚労省HPの中の「認定薬局について」の中の事務連絡(令和5年3月31日一部改正)で詳細を確認できる。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/yakkyoku_yakuzai/index.html


【在宅医療対応】「認定薬局の方が実績が高い」/日本保険薬局協会調査

【在宅医療対応】「認定薬局の方が実績が高い」/日本保険薬局協会調査

【2023.03.09配信】日本保険薬局協会は3月9日、定例会見を開き、在宅訪問や無菌調剤、麻薬応需の現状に関する会員調査結果を公表した。それによると、在宅訪問や無菌調剤、麻薬応需に関しては全体平均と比べ、認定薬局の方が実績が高い傾向が見られた。在宅訪問に関しては薬剤師配属人数とも相関している傾向が見られ、薬剤師2人未満の薬局においては在宅訪問を増やす余裕がない割合が高い結果となった。麻薬応需においては、実績が高いほど廃棄金額も膨らんでいく傾向が見られた。協会では「本調査結果を協会内で共有し、地域医療のニーズに応じた薬局機能の整備に貢献していきたい」としている。


【ツルハHD】調剤の売上構成比11.3%に/調剤粗利率は▲1.0ポイント減/2023年5月期第2四半期決算

【ツルハHD】調剤の売上構成比11.3%に/調剤粗利率は▲1.0ポイント減/2023年5月期第2四半期決算

【2022.12.20配信】ツルハホールディングスは12月20日、2023年5月期第2四半期の連結業績(2022年5月16日~2022年11月15日)について説明会を行った。調剤事業は開局により処方箋枚数が増加し、順調に伸長。調剤売上は対前年同期比108.9%の546億6100万円だった。対売上の構成比は11.3%となった。一方、薬価・調剤報酬改定により調剤事業の粗利率は低下。前年同期の粗利率39.6%から1.0ポイント減となる38.6%となった。


最新の投稿


【厚労省_調剤報酬改定】夜間休日リスト、「手続き済み、公表待ち」でも届け出OK/疑義解釈資料(その6)

【厚労省_調剤報酬改定】夜間休日リスト、「手続き済み、公表待ち」でも届け出OK/疑義解釈資料(その6)

【2024.05.31配信】厚生労働省は5月30日、令和6年度調剤報酬改定の「疑義解釈資料の送付について(その6)」を発出した。


【OTC医薬品卸協議会】新名称を報告/協議会会長の松井秀正氏

【OTC医薬品卸協議会】新名称を報告/協議会会長の松井秀正氏

【2024.05.30配信】日本医薬品卸売業連合会は5月30日に通常総会を開いた。


【岩月・次期日薬会長】「県薬との連携は重要」/“非会員”飯島氏の新理事入りへの反対意見に

【岩月・次期日薬会長】「県薬との連携は重要」/“非会員”飯島氏の新理事入りへの反対意見に

【2024.05.30配信】日本薬剤師会は5月29日、都道府県会長協議会を開催した。この中で、長野県薬剤師会は県薬非会員である飯島裕也氏(上田薬剤師会)の次期理事入りに対して、一部報道があった通り、反対意見を表明。次期会長候補である岩月進氏に見解を求める場面があった。


【日本薬剤師会】令和7年度予算要望/薬価に依存しない財源確保

【日本薬剤師会】令和7年度予算要望/薬価に依存しない財源確保

【2024.05.29配信】日本薬剤師会は5月29日に都道府県会長協議会を開催。その中で令和7年度予算要望の内容を説明した。


【日薬公表】令和5年度医薬分業率は80.3%、前年比3.9ポイント増/速報値

【日薬公表】令和5年度医薬分業率は80.3%、前年比3.9ポイント増/速報値

【2024.05.29配信】日本薬剤師会は5月29日に都道府県会長協議会を開催した。


ランキング


>>総合人気ランキング