【決算説明】クリエイトSDHD、生鮮との協業推進/DXで部署横断的PJ開始

【決算説明】クリエイトSDHD、生鮮との協業推進/DXで部署横断的PJ開始

【2021.01.21配信】クリエイトSDホールディングスは1月20日に、2021年5月期第2四半期(2020年6月1日~2020年11月30日)の決算説明の動画をメディアに公開した。同社社長の廣瀬泰三氏が説明した。下期において、生鮮業態との協業店舗を進めるほか、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進のため、部署横断的なプロジェクトを立ち上げる。なお、同社は1月12日に決算短信を公表済み、12日に通期連結業績予想の修正も公表していた(当メディア既報、下記リンク記事参照)。


生鮮業態との協業店舗を上期3店舗開店

 出店のトピックとして、生鮮業態との協業店舗を上期3店舗開店したことを説明。

 「ドラッグストア クリエイト エス・ディー港北網島東店」(神奈川県横浜市港北区綱島東2-2-14)、「ドラッグストア クリエイト エス・ディー新横須賀鴨井店」(神奈川県横須賀市鴨居2-5-8)、「ドラッグストア クリエイト エス・ディーつくばみらい店」(茨城県つくばみらい市絹の台 1-6-1)だ。

 3店舗とも、調剤も併設している。

 上期の売上総利益率は27.7%と、前期比0.1ポイント改善した。
 理由としては調剤の売上構成比が伸長したほか、販促自粛により粗利率の改善、感染予防商材など高利益の商材の販売による粗利率改善がある。
 販管費は営業時間の短縮や販促自粛による販促費・人件費の抑制によって前期比-1.1ポイントの22.2%となった。

調剤は既存店売上も前期比106.8%と伸長

 調剤部門については、前期比全店110.1%と伸びた。既存店売上も106.8%と伸びた。

 処方箋枚数は受診控えで98.9%と減少したが、長期処方により処方箋単価は107.9%と増加した(既存店)。
 
 新型コロナウイルス感染症の影響で在宅対応が拡大し、店舗数で20店舗、患者数で133人、在宅対応が増加した。

 調剤の全店粗利率は前期比2.4ポイント増の43.1%となった。

 地域支援体制加算は、前期差 17店舗増の84店舗の加算となった。
 後発医薬品調剤体制加算については、算定店舗比率が期末で88.6%(前期差 +3.6ポイント)となった。後発医薬品使用率は 80.9%(前期差 +1.7ポイント)となった。

スーパーマーケットからドラッグ複合業態へ転換

 下期の出店戦略については、ドラッグストア 21店舗 (通期計 40店舗)、調剤薬局 28店舗 (通期計 36店舗)、改装 18店舗 (通期計 35店舗)を計画する。
 ドラッグストアでは既存エリアでのドミナント深耕を継続し、調剤薬局では地域での医療連携による出店を行っていく。下期は調剤薬局の出店を集中的に行うため、OTC販売に携わる薬剤師を調剤部門へ配置転換する。

 改装においては、大型店を生鮮業態との協業店へ転換するほか、スーパーマーケットからドラッグ複合業態へ転換していく。

セミセルフレジを拡大

 ウィズコロナ・アフターコロナの営業施策として、低価格志向、三密防止、非接触を進める。

 EDLP(エブリデイロープライス)とPBを強化する。EDLPについては1500品目の値下げをしたが、下期も段階的な対象拡大を計画する。
 非接触ではデジタルツールを活用していく。
 非接触によるキャッシュレス化、公式アプリのダウンロード数推進、処方箋送信アプリの応需比率を上昇させる。

 生産性向上に関しては、セミセルフレジを導入。すでに22店舗に導入済みだが、引き続き拡大させる。
 ZOOMを活用した各種研修・勉強会を実施し、接遇や店長力養成研修を行う。

 調剤薬局部門については、地域医療連携薬局の拡大を目指し、具体的にはかかりつけ薬剤師の育成、在宅対応拡大に向けた体制整備を行う。
 オンライン資格確認の全店導入を進めるほか、非対面での処方薬の受け渡しについては2020年12月より神奈川県4店舗において検証を開始している。

顧客サービス専門部署を新設

 DXを推進する。デジタルを活用した顧客体験の改善を図る。

 社会の変化に対応し、一人一人にとって最適なサービスを提供。顧客サービス専門部署を新設し、従来の販促企画だけでなくデジタルを活用した販促施策を推進する。

 従来は実店舗の保管型の位置づけだったネットショップ、お取り寄せ機能との連携も図っていく。
部署新設に併せ、DXを推進する部署横断プロジェクト(PJ)を発足する。

 すでに2021年1月に発足済みだが、全社横断的な連携を強化し、DXによる顧客体験改善を推進していく。

 PJは今後多彩な検討をするが、現状で想定しているものとしては、おさいふHippo・公式スマホアプリの活用促進、1to1マーケティングにつなげていく。
 ネットショップ・お取り寄せ、BOPISへの取組み、セミセルフレジ、オンライン服薬指導、処方せん送信アプリの活用等、さまざまな方面から顧客の満足度を高める取り組みを推進していく。

 同社は12日に2021年5月期第2四半期の連結業績を公表していた。売上高1686億7100万円(前年同期比+ 10.0%)、営業利益96億8300万円(同+37.5%)、 経常利益99億700万円(同+ 37.2%)、純利益67億3100万円(同+ 37.0%)だった。
https://www.dgs-on-line.com/articles/650

 1月12日には2021 年5月期第2四半期業績が予想よりも上振れたことを受け、通期業績予想を上方修正している。前回の予想値からの修正幅は売上+1.4%、営業利益+8.1%などとなっている。
https://www.dgs-on-line.com/articles/649

この記事のライター

関連する投稿


【2月月次】薬王堂HD、全店−7.8%、既存店−11.8%

【2月月次】薬王堂HD、全店−7.8%、既存店−11.8%

【2021.03.08配信】薬王堂ホールディングスは2月月次業績を公表した。それによると、全店−7.8%、既存店−11.8%だった。


【2月月次】ココカラファイン、全店-12.1%、既存店-17.3%

【2月月次】ココカラファイン、全店-12.1%、既存店-17.3%

【2021.03.08配信】ココカラファインは2月月次業績を公表した。それによると、全店-12.1%、既存店-17.3%だった。


【2月月次】サツドラHD、全店-14.0%、既存店-13.5%

【2月月次】サツドラHD、全店-14.0%、既存店-13.5%

【2021.03.03配信】サツドラホールディングスは、サッポロドラッグストアーの2月月次業績を公表した。それによると、全店売上-14.0%、既存店売上-13.5%だった。


【2月度月次】カワチ薬品、全店−1.0%、既存店−2.0%

【2月度月次】カワチ薬品、全店−1.0%、既存店−2.0%

【2021.03.03配信】カワチ薬品は2月度月次業績を公表した。それによると、全店売上−1.0%、既存店売上−2.0%だった。


【2月月次】ツルハHD、全店-2.5%、既存店-4.6%

【2月月次】ツルハHD、全店-2.5%、既存店-4.6%

【2021.03.01配信】ツルハホールディングスは、2月月次業績を公表した。それによると、全店-2.5%、既存店-4.6%だった。期間は前月16日~当月15日まで。


最新の投稿


【薬剤師の取り組み】S N Sアカウントを「性教育と薬物専門講師」にした薬剤師の活動

【薬剤師の取り組み】S N Sアカウントを「性教育と薬物専門講師」にした薬剤師の活動

【2021.03.08配信】緊急避妊薬を薬局で販売する議論がきっかけの一つではあると思う。薬局薬剤師の中に、「性」に関する相談能力を拡充しようとする動きがある。ヒルマ薬局(東京都板橋区)の比留間康二郎氏もその一人だ。S N Sのアカウントを「性教育と薬物専門講師」とし、学校への講演活動などを展開している。今回、比留間氏から活動への思いをご寄稿いただいた。その中に込められていたのは、難しいテーマだからこそ、悩んでいる若い世代に寄り添えることのやりがいではないかと思う(編集部)。


「ブルーゾーンプロジェクト」始動、薬局が地域と連携して健康寿命延伸に寄与

「ブルーゾーンプロジェクト」始動、薬局が地域と連携して健康寿命延伸に寄与

【2021.03.08配信】健康寿命が長い地域の通称として知られる“ブルーゾーン”。このブルーゾーンや健康で長寿な人の研究が進んでおり、体を動かしていることや食事、社会との関わりを持ち続けているなどの共通点も分かってきている。そうであるなら、人工的に地域をブルーゾーンにする取り組みができないのか――。そんな発想から始まったのが「ブルーゾーンプロジェクト」だ。


【2月月次】薬王堂HD、全店−7.8%、既存店−11.8%

【2月月次】薬王堂HD、全店−7.8%、既存店−11.8%

【2021.03.08配信】薬王堂ホールディングスは2月月次業績を公表した。それによると、全店−7.8%、既存店−11.8%だった。


【2月月次】ココカラファイン、全店-12.1%、既存店-17.3%

【2月月次】ココカラファイン、全店-12.1%、既存店-17.3%

【2021.03.08配信】ココカラファインは2月月次業績を公表した。それによると、全店-12.1%、既存店-17.3%だった。


【コロナワクチン薬剤師研修_詳細レポート】2月27日に実施された東住吉区薬剤師会の内容

【コロナワクチン薬剤師研修_詳細レポート】2月27日に実施された東住吉区薬剤師会の内容

【2021.03.05配信】大阪市の東住吉区薬剤師会は2月27日に、新型コロナワクチンの希釈・薬液充填に関する手技講習を実施した。同会の執行部、そして同会に協力した東住吉森本病院薬剤科や訪問看護ステーション湊が力を合わせて当日のテキストや準備品を用意したものだ。注射の扱いに必ずしも慣れていない薬剤師が希釈や充填などの作業を習得するための情報は多くない。「これから実施する薬剤師の参考になれば」と、詳細を記事にすることを了解いただいた同会に感謝したい。


ランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

ドラビズ on-line で話題のキーワード


GoTo コロナ ツルハホールディングス ツルハ 従業員感染 訃報 店員 従業員