薬剤師の有志団体「緊急避妊薬」で松本純議員に要望書提出/薬剤師の信頼感を提示

薬剤師の有志団体「緊急避妊薬」で松本純議員に要望書提出/薬剤師の信頼感を提示

【2021.01.08配信】緊急避妊薬(アフターピル)の分類を『処方箋医薬品以外の医薬品』に変更し、薬剤師が提供できるよう、署名活動をしている薬剤師有志の会である「日本の医療・薬事制度について考える会」は、薬剤師国会議員の松本純氏(自由民主党国会対策委員長代理、衆議院神奈川1区)に、署名を提出した。12月3日には日本薬剤師会に提出していた。


厚労省薬事企画官の安川氏も同席

 要望書の提出は1月7日、衆議院議員会館の松本純氏の部屋で行われた。厚生労働省医薬・生活衛生局・薬事企画官の安川孝志氏も同席した。
 
 要望書は薬剤師有志の会である「日本の医療・薬事制度について考える会」が署名活動を行ってきたもの。
 同会の発起人は高橋 秀和氏(薬剤師 あおば調剤薬局)、高橋 洋一氏(薬剤師 日の出薬局)、堀江 知裕氏(薬剤師)、水 八寿裕氏(薬剤師 実務薬学総合研究所)。
 さらに、賛同人として以下の41人の薬剤師が名を連ねている。森田 洋之氏(医師・医療経済ジャーナリスト)、豊見 雅文氏(薬剤師・広島県薬剤師会会長)、熊谷 信氏(薬剤師・ららくま薬局)、大脇 幸志郎氏(医師・埼玉医科大学)、伊集 智英氏(薬剤師・くはら薬局)、川畑 耕平氏(薬剤師・笑漢堂薬局)、佐藤 秀哉氏(薬剤師・株式会社アフェクティー代表取締役)、中川 勝憲氏(薬剤師・友愛薬局サンクル店代表取締役)、原崎 大作氏(薬剤師・みなみの薬局)、高市 和之氏(薬剤師・二十四軒薬局)、清水 雅之氏(薬剤師・合同会社みどりや薬局)、山浦 卓氏(薬剤師・横浜漢方サント薬局)、小嶋 慎二氏(薬剤師)、青山 慎平氏(薬剤師)、小杉 信義氏(薬剤師・アクア薬局)、佐藤 秀幸氏(薬剤師・有限会社プレアデス 道北調剤薬局 代表取締役)、大久保 弥生氏(薬剤師)、岡本 成史氏(薬剤師・有限会社ヤクニ 代表取締役)、吉田 聡氏(薬剤師・薬局なくすりーな)、高田 憲一氏(薬剤師)、田村 かおり氏(薬剤師)、山口 晴巨氏(薬剤師・ヤマグチ薬局)、山口 勉氏(薬剤師・株式会社TYCS代表取締役)、髙橋 正夫氏(薬剤師・高橋薬局ファミロード店)、松澤 義浩氏(薬剤師・みやび薬局)、吉田 洋史氏(薬剤師)、宮野 廣美氏(薬剤師・伊奈おりーぶ薬局)、石井 雅代氏(薬剤師・薬局オリーブファーマシー)、伊藤 裕至氏(薬剤師)、森 琢磨氏(薬剤師・横浜市金沢区薬剤師会理事)、久保田 充明氏(薬剤師・株式会社カワセ カワセ薬局 神奈川県薬剤師会理事 横浜市薬剤師会常務理事)、野呂瀬 崇彦氏(薬剤師・北海道科学大学薬学部准教授)、田中 大嗣氏(薬剤師・株式会社田中薬局代表取締役)、田中 裕加里氏(薬剤師・株式会社田中薬局取締役)、田中 大一氏(薬剤師・株式会社田中薬局取締役会長)、田中 葉子氏(薬剤師・株式会社田中薬局取締役)、田中 慶子氏(薬剤師・株式会社田中薬局)、平野 久美子(登録販売者・株式会社田中薬局)、桐生 直明氏(薬剤師・岡本薬局)、岡田 浩氏(薬剤師/大学講師・特定講師・京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康情報学分野)、長津 雅則氏(薬剤師・シーガル調剤薬局 代表取締役社長)。

 今回の署名活動は、こうした多くの賛同人、署名人の思いが集まって実現したものと言える。

 要望では、避妊の失敗・無防備な性交の後に服用し、妊娠する確率を下げる「緊急避妊薬(アフターピル)」は、すでに多くの国で薬局販売されているとして、日本の現状を問題視。日本では医師(主に産婦人科医)に処方してもらう必要があり、なるべく早く服用すべき医薬品であるにも関わらず、地理的・時間的・金銭的なハードルが緊急避妊薬へのアクセスを妨げていると指摘している。

 緊急避妊薬を市販薬にできるか検討した厚生労働省の会議では、「医療機関では薬の交付時に性教育を行えるが、その機会が失われる」などの指摘があり、市販薬化が見送られてきた。もし市販薬にするのであれば、との問いに対して、日本産科婦人科学会からは「OTCではなく、BPC(Behind the pharmacy Counter=薬剤師が直接管理・保管し、販売時には薬剤師によるコンサルティングを要する薬)とすべき」との意見が提出されている。

 こうした状況を受け、同会では、「私たち薬剤師には、地域の生活者が必要とする医薬品を提供するとともに、的確な医療・健康に関する知識を伴って利用者と関わり、自己決定を支援すべき責務があります」「私たちは、『医療者としての信頼』を社会に提示する必要があります」などとして、薬剤師自らの使命に触れている。

 緊急避妊薬の分類を「処方箋医薬品」から「処方箋医薬品以外の医薬品」に変更し、薬剤師が処方箋を持たない女性にも緊急避妊薬を提供できるようにすることで、「薬局の利用者が薬剤師を信頼して相談し、共に考える関係性を築くこと」を目指すとしている。

 さらに、「緊急避妊薬は、全ての女性に提供され、また女性自身が主体的に取り組むべき包括的な健康管理・支援の一部分に過ぎない」との考えも表明しており、「単に薬が手に入ればよいとするのではなく、緊急避妊薬を必要とした女性に寄り添い、他の避妊方法に関する情報、必要な場合の受診勧奨など、“信頼をともなう関係性”が提供される必要がある」と指摘している。

発起人の高橋秀和氏「職能団体介すだけでない行動必要」

 緊急避妊薬を薬局で提供できるようにする“非処方箋薬化”に関して、市民団体や政府の男女共同参画局の政策で必要性が示されているのに対し、薬剤師の職能団体では賛同の意向を示してはいない。

 発起人の一人である高橋秀和氏は、「今回、署名の提出ができ、要望を伝えることができたことは、有難いと思っております。問題の大きい分野であり、多くの人から要望も多い問題でもあります。今後、職能団体でも、どのような形が望ましいのかについては国民に率直に説明、対話をして欲しいと思っています。本来なら、国や行政、職能団体がビジョンを示すべき場面ですが、それが叶わなかった場合に、いろいろな次の立場の人のアクションがあると思います。例えば、都道府県薬剤師会であったり、女性の健康問題に熱心に活動されている薬剤師の団体であったりです。そういったところから、批判を加えたり、主張したりすることは正当な民主主義の形ではないかと思っています。今まではこうしたところに対して、諦めの強い社会だったり時代だったように思いますが、それを変えていく必要はあるのではないかと考えています」と話している。

 緊急避妊薬の“非処方箋薬化”に関しては、薬剤師、薬局の受け入れ態勢の不十分さを医師が指摘する声もあった。こうした声に対し、S N S上では、「医師は、薬剤師が薬局やドラッグでどう対応しているか、市販薬がどう売られているかに詳しいわけではないため、当然の心配と懸念だと思う。心配や懸念に応えるのは薬剤師側の役目では」とする薬剤師の意見もあった。医師側の懸念に反発するのではなく、丁寧な説明責任が薬剤師側にあるということだろう。今回の署名活動も、こうした求められる薬剤師としてのアクションの一つであったのではないだろうか。

この記事のライター

関連するキーワード


緊急避妊薬

関連する投稿


【薬剤師の取り組み】S N Sアカウントを「性教育と薬物専門講師」にした薬剤師の活動

【薬剤師の取り組み】S N Sアカウントを「性教育と薬物専門講師」にした薬剤師の活動

【2021.03.08配信】緊急避妊薬を薬局で販売する議論がきっかけの一つではあると思う。薬局薬剤師の中に、「性」に関する相談能力を拡充しようとする動きがある。ヒルマ薬局(東京都板橋区)の比留間康二郎氏もその一人だ。S N Sのアカウントを「性教育と薬物専門講師」とし、学校への講演活動などを展開している。今回、比留間氏から活動への思いをご寄稿いただいた。その中に込められていたのは、難しいテーマだからこそ、悩んでいる若い世代に寄り添えることのやりがいではないかと思う(編集部)。


【緊急避妊薬と薬剤師】研修を受けて在庫も置いた荒川区の薬剤師の話

【緊急避妊薬と薬剤師】研修を受けて在庫も置いた荒川区の薬剤師の話

緊急避妊薬のアクセスを高めるために薬局での販売を求める声が市民から大きくなっているのは周知の通りだ。こうした動きの中、受け皿としての期待が高まっている薬剤師側の声は必ずしも大きくはない。しかし、緊急避妊薬に限定した知識だけでなく、女性特有の健康に関する知識、地域の機関へつなげられるスキルなど、生活者の要望に応えられる力を着々とつけ始めている薬剤師は少なくない。荒川区の薬剤師・鈴木怜那氏もその一人だ。


【緊急避妊薬】ドラッグストア協会「現状の検討会では議論進まない」

【緊急避妊薬】ドラッグストア協会「現状の検討会では議論進まない」

【2020.10.17配信】日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は、緊急避妊薬の販売規制が緩和される方向に関して、「現状の検討会では議論は進まない」との懸念を示し、議論の進め方自体を見直すべきとの考えを示した。10月16日に開いた定例会見で示した。緊急避妊薬に関しては、処方箋なしで薬局で販売できる方向が検討されている一方で、今後の議論に関しては田村憲久厚生労働相が現在の検討会で議論を行っていく考えを示し、その実現性を不安視する声も少なくない。現状の検討会では一度、薬局での販売が否決されているからだ。


最新の投稿


【薬剤師の取り組み】S N Sアカウントを「性教育と薬物専門講師」にした薬剤師の活動

【薬剤師の取り組み】S N Sアカウントを「性教育と薬物専門講師」にした薬剤師の活動

【2021.03.08配信】緊急避妊薬を薬局で販売する議論がきっかけの一つではあると思う。薬局薬剤師の中に、「性」に関する相談能力を拡充しようとする動きがある。ヒルマ薬局(東京都板橋区)の比留間康二郎氏もその一人だ。S N Sのアカウントを「性教育と薬物専門講師」とし、学校への講演活動などを展開している。今回、比留間氏から活動への思いをご寄稿いただいた。その中に込められていたのは、難しいテーマだからこそ、悩んでいる若い世代に寄り添えることのやりがいではないかと思う(編集部)。


「ブルーゾーンプロジェクト」始動、薬局が地域と連携して健康寿命延伸に寄与

「ブルーゾーンプロジェクト」始動、薬局が地域と連携して健康寿命延伸に寄与

【2021.03.08配信】健康寿命が長い地域の通称として知られる“ブルーゾーン”。このブルーゾーンや健康で長寿な人の研究が進んでおり、体を動かしていることや食事、社会との関わりを持ち続けているなどの共通点も分かってきている。そうであるなら、人工的に地域をブルーゾーンにする取り組みができないのか――。そんな発想から始まったのが「ブルーゾーンプロジェクト」だ。


【2月月次】薬王堂HD、全店−7.8%、既存店−11.8%

【2月月次】薬王堂HD、全店−7.8%、既存店−11.8%

【2021.03.08配信】薬王堂ホールディングスは2月月次業績を公表した。それによると、全店−7.8%、既存店−11.8%だった。


【2月月次】ココカラファイン、全店-12.1%、既存店-17.3%

【2月月次】ココカラファイン、全店-12.1%、既存店-17.3%

【2021.03.08配信】ココカラファインは2月月次業績を公表した。それによると、全店-12.1%、既存店-17.3%だった。


【コロナワクチン薬剤師研修_詳細レポート】2月27日に実施された東住吉区薬剤師会の内容

【コロナワクチン薬剤師研修_詳細レポート】2月27日に実施された東住吉区薬剤師会の内容

【2021.03.05配信】大阪市の東住吉区薬剤師会は2月27日に、新型コロナワクチンの希釈・薬液充填に関する手技講習を実施した。同会の執行部、そして同会に協力した東住吉森本病院薬剤科や訪問看護ステーション湊が力を合わせて当日のテキストや準備品を用意したものだ。注射の扱いに必ずしも慣れていない薬剤師が希釈や充填などの作業を習得するための情報は多くない。「これから実施する薬剤師の参考になれば」と、詳細を記事にすることを了解いただいた同会に感謝したい。


ランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

ドラビズ on-line で話題のキーワード


GoTo コロナ ツルハホールディングス ツルハ 従業員感染 訃報 店員 従業員