ココカラファイン、通期業績予想を修正。マツキヨとのMD一本化に向け特別損失を計上。純利益は-29.7%の修正幅

ココカラファイン、通期業績予想を修正。マツキヨとのMD一本化に向け特別損失を計上。純利益は-29.7%の修正幅

【2020.10.28配信】ココカラファインは2021 年 3 月期の業績予想を修正するとともに、特別損失を計上する。前回5月13日の公表時からの通期業績予想修正幅は、売上高-1.6%、営業利益+2.2%、経常利益+3.1%、純利益-29.7%などとなっている。


 同日公表した2021 年 3 月期第 2 四半期累計期間(2020 年 4 月 1 日~2020 年 9 月 30 日)の連結業績予想の修正を受けたもの。第2四半期業績予想は売上高1918億円(前回公表時からの修正幅-0.4%)、営業利益54億円(同+157.1%)、経常利益65億円(同+103.1%)、純利益10億円(同-41.2%)とした。
 
 新型コロナウイルス感染症拡大で都市型店舗でのインバウンド需要や化粧品などの高付加価値商品が落ち込み、調剤事業における処方せん枚数減少も響き売上高は下方修正。

 一方、人件費や広告宣伝費など経費削減の取り組みや、改装投資の抑制により、販売費及び一般管理費は前回発表予想の前提より約 37 億円圧縮できる見込みとなり、営業利益、経常利益は予想を上回る見込みとなった。

 同社はマツモトキヨシホールディングスとの経営統合の一環として 2020 年1月31 日に資本業務提携契約を締結し、早期シナジー創出に向けた取り組みを推進しており、このうち、商品仕入れの一本化、MD(マーチャンダイジング)の統一に伴って生じる棚卸資産廃棄に関する費用等について特別損失として計上する見込みとなった。

 内訳は、商品評価損約 43 億円を 2021 年 3 月期第 2 四半期累計期間(2020 年 4 月 1 日~2020 年 9 月30 日)に特別損失として計上を予定、商品廃棄に関する物流関連費や業務委託費等約 7 億円については、2021 年 3 月期第 3 四半期以降の発生時に随時、特別損失として計上していく予定。なお、商品評価損および商品廃棄に関する物流関連費や業務委託費等については、現在精査中であり、計上時期も含め変動する可能性があるとしている。

 また、店舗の新陳代謝促進を目的とする不採算店舗退店に伴う賃貸借契約解約損や店舗減損約 1億円、調剤薬局への新システム導入に伴う旧システムの解約損等約 1 億円について、2021 年 3月期第 2 四半期累計期間(2020 年 4 月 1 日~2020 年 9 月 30 日)において特別損失として計上する見込みとなった。これらの結果、親会社株主に帰属する四半期純利益は、前回発表予想値に対し約 7 億円下回る見込みとなった。

 2021 年 3 月期下期(2020 年 10 月 1 日~2021 年 3 月 31 日)の業績予想についても見直しを行っている。2020 年 5 月 13 日に公表した 2021 年 3 月期通期業績予想は、「新型コロナウイルスの感染拡大の影響が上期まで継続し、徐々に回復する」と仮定した前提条件に基づき算出した数値だった。しかし、新型コロナウイルス感染症の再拡大への懸念など事業環境は引き続き不透明な状況が続いていることから、都市型店舗でのインバウンド需要や化粧品等の高付加価値商品の回復には一定の時間を要することと予想。売上高、営業利益、経常利益、純利益において、前回発表予想値を下回る見込みとしている。

 これらを受けて、通期業績予想も修正。売上高3816億円(前回公表時からの修正幅-1.6%)、営業利益142億円(同+2.2%)、 経常利益165億円(同+3.1%)、純利益64億円(同-29.7%)とした。

この記事のライター

関連する投稿


【コスモス薬品】2022年5月期 第2四半期決算は売上高3711億3800万円(前年同四半期3641億7500万円)

【コスモス薬品】2022年5月期 第2四半期決算は売上高3711億3800万円(前年同四半期3641億7500万円)

【2022.01.11配信】コスモス薬品は1月11日、2022年5月期第2四半期の連結業績(2021年6月1日~2021年11月30日)を公表した。それによると、売上高3711億3800万円(前年同四半期は3641億7500万円)、営業利益149億7900万円(前年同四半期は182億920万円)、経常利益164億940万円(前年同四半期は195億4700万円)、親会社株主に帰属する四半期純利益112億450万円(前年同四半期は130億720万円)だった。当第1四半期連結会計期間の期首より「収益認識に関する会計基準」等を適用しているため、当該基準等適用前の実績値に対する増減率は記載していない。


【ウエルシアHD】コロナ検査で8万件受付/第3クオーターは増収増益に転換/調剤併設率は79%に急伸

【ウエルシアHD】コロナ検査で8万件受付/第3クオーターは増収増益に転換/調剤併設率は79%に急伸

【2022.01.11配信】ウエルシアホールディングスは1月11日、2022年2月期第3四半期の決算説明会をオンラインで行った。この中で、コロナ対策として政府が進める「ワクチン・検査パッケージ」への早期の対応状況を説明し、12月24日開始から1月9日までに8万件の検査を受け付けたとした。第3四半期決算は増収減益も、第3クオーター単独では増収増益に転じた。調剤併設は前年同期から大きく伸ばし併設率は79%を超えた。リフィル処方箋導入への影響を記者に聞かれると、「土曜開局や部分的には日曜開局を進めている。ウエルシアはどこでも処方箋を受け付けられるという状況を目指す」と方針を述べた。


【第2四半期決算】クスリのアオキHD、売上高1611億9200万円(前年同期は1507億1600万円)

【第2四半期決算】クスリのアオキHD、売上高1611億9200万円(前年同期は1507億1600万円)

【2022.01.04配信】クスリのアオキホールディングスは1月4日、2022年5月期第2四半期の連結業績(2021年5月21日~2021年11月20日)を公表した。それによると、売上高は1611億9200万円(前年同期は1507億1600万円)、営業利益68億500万円(前年同期は84億8100万円)、経常利益71億3700万円(前年同期は87億4800万円)、親会社株主に帰属する四半期純利益46億9400万円(前年同四半期は64億3500万円)だった。「収益認識に関する会計基準」を今期から適用しており、前年同期比(%)は記載していない。


【11月月次】コスモス薬品、全店+4.9%、既存店−1.3%

【11月月次】コスモス薬品、全店+4.9%、既存店−1.3%

【2021.12.08配信】コスモス薬品は11月月次業績を公表した。全店+4.9%、既存店−1.3%だった。


【11月月次】スギHD、全店+5.0%、既存店+1.0%

【11月月次】スギHD、全店+5.0%、既存店+1.0%

【2021.12.13配信】スギホールディングスは12月10日、11月月次業績を公表した。それによると全店ベースの売上伸率は、スギ薬局事業が6.8%増、ジャパン事業が11.9%減、スギ薬局全体の全店売上は5.0%増だった。既存店ベースの売上伸率は、スギ薬局事業が1.8%増、ジャパン事業が7.1%減となり、スギ薬局全体の既存店売上は1.0%増だった。


最新の投稿


【日薬新執行部】岩月新会長が示した「覚悟」/新任9人登用で組織刷新、若手抜擢と女性幹部を倍増

【日薬新執行部】岩月新会長が示した「覚悟」/新任9人登用で組織刷新、若手抜擢と女性幹部を倍増

【2024.05.24配信】日本薬剤師会の次期会長に内定している岩月進常務理事は、新執行部人事を固めた。新任は9人で、組織を刷新。目玉は若手の登用と女性幹部の増員だ。若手では上田薬剤師会の飯島裕也氏(44)と鳥取県薬剤師会の徳吉雄三氏(46)、慶大医学部特任研究員の日髙玲於氏(32)などを抜擢した。女性幹部は倍増の6人。(5月22日付けドラビズforPharmacy朝刊より。医薬コラムニスト/ジャーナリスト 玉田慎二)


【一般薬連】自主点検結果を公表

【一般薬連】自主点検結果を公表

【2024.05.24配信】日本一般用医薬品連合会(一般薬連)は5月16日、協会加盟企業による一般用医薬品の品質に係る自主点検結果を公表した。


【訃報】大分県薬剤師会会長の安東哲也氏が死去

【訃報】大分県薬剤師会会長の安東哲也氏が死去

【2024.05.23配信】大分県薬剤師会は5月23日、現職県薬会長の安東哲也氏が死去したと公表した。


【大木ヘルスケアHD】医薬品売上2桁増/2024年3月期決算

【大木ヘルスケアHD】医薬品売上2桁増/2024年3月期決算

【2024.05.23配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングス は5月23日に2024年3月期(2023年4月1日~2024年3月31日)の決算説明会を開催した。


【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【2024.05.22配信】厚生労働省は5月22日、「令和6年度薬価改定を踏まえた診療報酬上の臨時的な取扱いについて」を発出した。カットオフ値について、当面の間、臨時的取り扱いを行うとした。