【コロナで薬局が変わろうとしている理由】薬局団体連絡協議会がシンポジウム

【コロナで薬局が変わろうとしている理由】薬局団体連絡協議会がシンポジウム

【2020.10.20配信】複数の薬局の団体が連携して提言と行動を目指す薬局団体連絡協議会は10月18日、都内で「第2回 国民のための薬局のあり方シンポジウム」を開催した。新型コロナウイルス感染症の拡大の中で、デジタルへの対応、公衆衛生への役割強化など、急速に変化している薬局の姿が報告された。背景には受診抑制による患者数減少で経営面では厳しい局面に置かれる中、ともすると、ITを活用した新興勢力による市場競合にさらされるとの危機感がある。


ハンドブックで薬局の価値伝える

 薬局団体連絡協議会は、次世代薬局研究会2025、日本コミュニティファーマシー協会、保険薬局経営者連合会が参画し昨年、発足した。今年は新規に地域医療薬学研究会が加盟、賛同団体として薬局支援協会が参加した。
 
 シンポジウムでは各団体がコロナ下でどのような取り組みを展開したかが報告された。
 
 地域医療薬学研究会(代表:鈴木順子氏)は、『コロナ時代を生きる知恵 予防・対策・暮らしのハンドブック』を制作。薬局から患者へ手渡しすることで、正しい情報提供や患者との信頼関係構築に努めたことを報告した。鈴木氏は、「本来的には薬局が持つべき薬事衛生担保力が不足していた」とコロナ下での課題を示した。

 また、日本コミュニティファーマシー協会(代表:吉岡ゆうこ氏)の理事である篠原久仁子氏は、「健康サポート薬局」という制度に関して、薬剤師や患者を対象にした意識調査を通して、薬局の機能に対する有用性を明らかにしてきたと説明。さらに健康サポート機能など、薬局での業務が複雑化、広範になる中で、薬局業務の効率化も併せて進めるべきとの考えから、医薬品を箱の状態のまま患者に渡す「箱出し調剤」なども検討すべきと提言した。箱出し調剤に関する薬剤師の意識調査も実施しており、72人を対象にした薬剤師の意識調査では希望意向が7割を超えたという。
 薬局ができることを生活者に伝えるため、『薬局活用ハンドブック』の制作にも協力した。

地域医療薬学研究会代表の鈴木順子氏

大会長を務めた日本コミュニティファーマシー協会代表の吉岡ゆうこ氏

日本コミュニティファーマシー協会理事の篠原久仁子氏

オンライン普及は「薬局の思わぬ窮地も」

 賛同団体としてシンポジウムに参加した薬局支援協会(代表:竹中孝行氏)は、かかりつけ薬剤師の認知が高まっているとの見方を提示。「テレビドラマの影響もあるようで、かかりつけ薬剤師を持った方が良いらしいね、という声をかけていただくことが増えた」と話した。竹中氏は、同協会が毎年行っている「薬局アワード」というイベントを通して、「薬局は全部同じではない」ことを普及していきたいと話した。

 次世代薬局研究会2025(代表:藤田道男氏)は、「今後、薬局においてブランディングやマーケティングが必要になる」と話した。コロナによる受診抑制、患者数減少は、かねてから指摘されてきた薬局の保険調剤依存型の限界を如実に示したものとの見解を示した。

 保険薬局経営者連合会(代表:山村真一氏)は、コロナ下のオンライン診療・服薬指導の特例によって、オンラインで診察・服薬指導を完結させ、医薬品を配送する新興勢力の登場を挙げ、「薬局が思いもかけない方向から窮地に追い込まれる可能性があるのではないか」と危機感を吐露。住宅産業がヘルスケア領域でサービスを拡大するなどの動向にも触れた。

薬局支援協会代表の竹中孝行氏

次世代薬局研究会2025代表の藤田道男氏

保険薬局経営者連合会代表の山村真一氏

デジタル化と患者に個別化したフォローの両立

 このように、コロナは薬局の課題を浮き彫りにし、危機感から薬局に行動変容をもたらしたことは間違いないようだ。

 篠原久仁子氏が経営する薬局恵比寿ファーマシー(東京都渋谷区)では、コロナ対策の一環としての間仕切りのある服薬指導スペースによって、ナーバスな話題にも触れる女性の漢方相談などが増加した好影響があったという。手指の消毒によって手荒れに悩む女性が増え、薬局の相談機能を発揮する場面も増えたという。

 さらにDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進。画像で得られる情報が増えるオンラインでは、残薬確認や患者の生活環境に関する客観的な情報を得られるメリットもあるとした。栄養指導をオンラインで行う取り組みも有効と話す。公式LINEなどを取り入れるなど、薬局と顧客を結びつけるためのデジタル化が進む。

 中小規模で地域に密着した薬局では、デジタルを取り込みつつも、患者ごとに個別化したフォロー体制が取りやすいメリットがあるといえる。

オンライン配信で実施されたシンポジウム

 なお、各団体のHPは以下の通り。

 次世代薬局研究会2025
http://jisedai2025.jp/

 日本コミュニティファーマシー協会
https://www.ja-cp.org/

 保険薬局経営者連合会
http://yakukeiren.com/

 地域医療薬学研究会
https://www.sscp.or.jp/

 薬局支援協会
http://ph-support.jp/

 「薬局活用ハンドブック」(エニイクリエイティブ社刊)の情報は以下の通り。
http://emil-jp.com/news_detail65.html

この記事のライター

関連するキーワード


薬局団体連絡協議会 コロナ

関連する投稿


【コロナ感染判明】ツルハ、帯広市と札幌市の店舗従業員。一部臨時休業

【コロナ感染判明】ツルハ、帯広市と札幌市の店舗従業員。一部臨時休業

【2020.11.19配信】 ツルハドラッグ稲田店(北海道帯広市稲田町南9線西 9 番 1)と、ツルハドラッグ屯田5条店(北海道札幌市北区屯田5条5丁目3番6号)の従業員が検査の結果、新型コロナウイルスに感染していることが判明した。


【コロナ感染判明】富士薬品、セイムスの東京都あきる野市の店舗で

【コロナ感染判明】富士薬品、セイムスの東京都あきる野市の店舗で

【2020.11.16配信】富士薬品は、同社店舗のセイムス秋川薬局(東京都あきる野市秋川4-12-6)の従業員が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと告知した。


ドラッグストアがコロナ抗体検査キットを販売。サンドラッグが通販で

ドラッグストアがコロナ抗体検査キットを販売。サンドラッグが通販で

【2020.11.16配信】サンドラッグは同社通販サイトで、新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 抗体検査試薬キットを販売する。


ドラッグストアで広がるPCR検査キット販売、コクミン(大阪市)も通販で販売

ドラッグストアで広がるPCR検査キット販売、コクミン(大阪市)も通販で販売

【2020.11.16配信】ドラッグストアでPCR検査キットの販売が広がっている。コクミン(大阪市)は、同社通販サイトで販売を開始すると発表した。すでにココカラファインやサンドラッグでも取り扱いを表明していた。


【コロナ感染判明】サツドラHD本社従業員。本社で2例目の感染確認

【コロナ感染判明】サツドラHD本社従業員。本社で2例目の感染確認

【2020.11.16配信】 サツドラホールディングスは、本社(札幌市東区北8条東4丁目1番20号)の従業員が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと告知した。同社は7日にも本社従業員の感染を確認しており、今回が本社従業員感染の2例目となる。


最新の投稿


【ドラッグストア協会】濫用の恐れのあるOTC医薬品を全世代で本人確認へ

【ドラッグストア協会】濫用の恐れのあるOTC医薬品を全世代で本人確認へ

【2020.11.20配信】日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は、濫用の恐れのあるOTC医薬品の販売に関して、全世代で購入時の本人確認を行う方針を決めた。これまで、10代の薬物濫用撲滅を目指し、10代に限定して学生証の提示や申告書記入を求めてきたが、これを全世代に拡大する。


【ドラッグストア協会】急逝の後藤氏に代わり厚労省検討会にスギHD榊原社長

【ドラッグストア協会】急逝の後藤氏に代わり厚労省検討会にスギHD榊原社長

【2020.11.20配信】日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は、理事で厚労省の検討会メンバーなども務めていた後藤輝明氏が急逝したことを受け、厚労省の「薬剤師の養成及び資質向上等に関する検討会」にスギホールディングス社長の榊原栄一氏の出席を推薦していることを明かした。


【独自】ドラッグストア・調剤薬局と“薬系ベンチャー”との協業は進むのか?

【独自】ドラッグストア・調剤薬局と“薬系ベンチャー”との協業は進むのか?

 昨今、医師による起業、いわば“医系ベンチャー”が隆盛だが、薬学部出身者、薬剤師による“薬系ベンチャー”は見劣りする。近畿大学薬学部出身でNEWRON社を起業した西井香織氏は「薬学部の同級生を見ても起業という選択肢がほとんどない」と語る。一方、ドラッグストア、薬局側のベンチャー支援や協業の動きは、スギ薬局やアイセイ薬局などで少しずつ出始めている。薬局業界の在り方も転換期に差し掛かる中、大手ドラッグストアや調剤薬局がベンチャーを支援し、後進に成功事例を見せることは、業界の活性化にもつながるのではないだろうか。


「カタカナの漢方商品」は漢方と認識されていない!?/生活者調査

「カタカナの漢方商品」は漢方と認識されていない!?/生活者調査

【2020.11.19配信】昨今、「カタカナの漢方商品」が市場に登場しているが、そうした商品を「漢方だ」と認識している人は1割に満たないことが分かった。漢方であるか否かではなく、効能・効果に魅力を感じて購入しているようだ。しかし、一方で、「漢方かどうか」を認識していた方が購入意向は高くなる傾向も分かり、商品のプロモーション上は「効能・効果」に加え、「漢方」であることを謳うことも有効といえそうだ。


サツドラHD、北海道東川町と協定。地域振興など協働事業を推進

サツドラHD、北海道東川町と協定。地域振興など協働事業を推進

【2020.11.19配信】サツドラホールディングスは11月18日、東川町との間においてオフィシャルパートナー協定を締結した。両者がパートナーシップを構築し、双方が互いの資源や特色を活かした事業に協働して取り組む。新たな社会価値を共創する事業を推進し、多様な連携を通じて、地域の活性化に寄与することを目指す。


ランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

ドラビズ on-line で話題のキーワード


GoTo コロナ ツルハホールディングス ツルハ 従業員感染 店員 従業員 訃報