【コロナで薬局が変わろうとしている理由】薬局団体連絡協議会がシンポジウム

【コロナで薬局が変わろうとしている理由】薬局団体連絡協議会がシンポジウム

【2020.10.20配信】複数の薬局の団体が連携して提言と行動を目指す薬局団体連絡協議会は10月18日、都内で「第2回 国民のための薬局のあり方シンポジウム」を開催した。新型コロナウイルス感染症の拡大の中で、デジタルへの対応、公衆衛生への役割強化など、急速に変化している薬局の姿が報告された。背景には受診抑制による患者数減少で経営面では厳しい局面に置かれる中、ともすると、ITを活用した新興勢力による市場競合にさらされるとの危機感がある。


ハンドブックで薬局の価値伝える

 薬局団体連絡協議会は、次世代薬局研究会2025、日本コミュニティファーマシー協会、保険薬局経営者連合会が参画し昨年、発足した。今年は新規に地域医療薬学研究会が加盟、賛同団体として薬局支援協会が参加した。
 
 シンポジウムでは各団体がコロナ下でどのような取り組みを展開したかが報告された。
 
 地域医療薬学研究会(代表:鈴木順子氏)は、『コロナ時代を生きる知恵 予防・対策・暮らしのハンドブック』を制作。薬局から患者へ手渡しすることで、正しい情報提供や患者との信頼関係構築に努めたことを報告した。鈴木氏は、「本来的には薬局が持つべき薬事衛生担保力が不足していた」とコロナ下での課題を示した。

 また、日本コミュニティファーマシー協会(代表:吉岡ゆうこ氏)の理事である篠原久仁子氏は、「健康サポート薬局」という制度に関して、薬剤師や患者を対象にした意識調査を通して、薬局の機能に対する有用性を明らかにしてきたと説明。さらに健康サポート機能など、薬局での業務が複雑化、広範になる中で、薬局業務の効率化も併せて進めるべきとの考えから、医薬品を箱の状態のまま患者に渡す「箱出し調剤」なども検討すべきと提言した。箱出し調剤に関する薬剤師の意識調査も実施しており、72人を対象にした薬剤師の意識調査では希望意向が7割を超えたという。
 薬局ができることを生活者に伝えるため、『薬局活用ハンドブック』の制作にも協力した。

地域医療薬学研究会代表の鈴木順子氏

大会長を務めた日本コミュニティファーマシー協会代表の吉岡ゆうこ氏

日本コミュニティファーマシー協会理事の篠原久仁子氏

オンライン普及は「薬局の思わぬ窮地も」

 賛同団体としてシンポジウムに参加した薬局支援協会(代表:竹中孝行氏)は、かかりつけ薬剤師の認知が高まっているとの見方を提示。「テレビドラマの影響もあるようで、かかりつけ薬剤師を持った方が良いらしいね、という声をかけていただくことが増えた」と話した。竹中氏は、同協会が毎年行っている「薬局アワード」というイベントを通して、「薬局は全部同じではない」ことを普及していきたいと話した。

 次世代薬局研究会2025(代表:藤田道男氏)は、「今後、薬局においてブランディングやマーケティングが必要になる」と話した。コロナによる受診抑制、患者数減少は、かねてから指摘されてきた薬局の保険調剤依存型の限界を如実に示したものとの見解を示した。

 保険薬局経営者連合会(代表:山村真一氏)は、コロナ下のオンライン診療・服薬指導の特例によって、オンラインで診察・服薬指導を完結させ、医薬品を配送する新興勢力の登場を挙げ、「薬局が思いもかけない方向から窮地に追い込まれる可能性があるのではないか」と危機感を吐露。住宅産業がヘルスケア領域でサービスを拡大するなどの動向にも触れた。

薬局支援協会代表の竹中孝行氏

次世代薬局研究会2025代表の藤田道男氏

保険薬局経営者連合会代表の山村真一氏

デジタル化と患者に個別化したフォローの両立

 このように、コロナは薬局の課題を浮き彫りにし、危機感から薬局に行動変容をもたらしたことは間違いないようだ。

 篠原久仁子氏が経営する薬局恵比寿ファーマシー(東京都渋谷区)では、コロナ対策の一環としての間仕切りのある服薬指導スペースによって、ナーバスな話題にも触れる女性の漢方相談などが増加した好影響があったという。手指の消毒によって手荒れに悩む女性が増え、薬局の相談機能を発揮する場面も増えたという。

 さらにDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進。画像で得られる情報が増えるオンラインでは、残薬確認や患者の生活環境に関する客観的な情報を得られるメリットもあるとした。栄養指導をオンラインで行う取り組みも有効と話す。公式LINEなどを取り入れるなど、薬局と顧客を結びつけるためのデジタル化が進む。

 中小規模で地域に密着した薬局では、デジタルを取り込みつつも、患者ごとに個別化したフォロー体制が取りやすいメリットがあるといえる。

オンライン配信で実施されたシンポジウム

 なお、各団体のHPは以下の通り。

 次世代薬局研究会2025
http://jisedai2025.jp/

 日本コミュニティファーマシー協会
https://www.ja-cp.org/

 保険薬局経営者連合会
http://yakukeiren.com/

 地域医療薬学研究会
https://www.sscp.or.jp/

 薬局支援協会
http://ph-support.jp/

 「薬局活用ハンドブック」(エニイクリエイティブ社刊)の情報は以下の通り。
http://emil-jp.com/news_detail65.html

この記事のライター

関連するキーワード


薬局団体連絡協議会 コロナ

関連する投稿


【規制改革推進会議】コロナ抗原検査キット、規制改革会議側「薬局での取り扱いの方向には厚労省も異論がなかった」

【規制改革推進会議】コロナ抗原検査キット、規制改革会議側「薬局での取り扱いの方向には厚労省も異論がなかった」

【2021.09.10配信】内閣府は9月10日、規制改革推進会議「医療・介護ワーキング・グループ(第1回)」を開き、「新型コロナウィルス抗原検査キットの薬局等における販売について」が議論された。経団連やメーカーからは「OTC領域の理念に合致している製品」「アクセス向上のためにOTC化が重要」といった声が出たという。規制改革推進会議側は、「薬局での取り扱いをという大きな方向性については厚労省としても異論はなかったとの認識を持っている」としており、「会議と厚労省で意識を共有しつつ手法を検討していく」としていた。


【コロナ自宅療養患者向けデカドロン】東京都薬剤師会、適切量の確保へ東京医薬品卸業協会と連携/基幹薬局へ出荷→地域の薬局へ分割販売

【コロナ自宅療養患者向けデカドロン】東京都薬剤師会、適切量の確保へ東京医薬品卸業協会と連携/基幹薬局へ出荷→地域の薬局へ分割販売

【2021.09.04配信】東京都薬剤師会は9月3日に定例会見を開き、コロナ自宅療養患者へのデカドロン(成分名デキサメタゾン)などのステロイド剤に関して、東京医薬品卸業協会と連携して地区薬剤師会での適切量を確保していく方針を示した。都内に33ある医薬品・情報管理センターのうち、16で分割販売を行っており、こうした基幹施設を中心に適切量を確保。地域の薬局からの入手要請に対して分割販売することで、応えられる体制をとりたいとの考えを示した。


【コロナ自宅療養支援】東京都薬剤師会が薬局リストなど体制整備へ/永田会長「今こそ地域包括ケアでの薬局の役割を示す時」

【コロナ自宅療養支援】東京都薬剤師会が薬局リストなど体制整備へ/永田会長「今こそ地域包括ケアでの薬局の役割を示す時」

【2021.09.04配信】東京都薬剤師会は9月3日に定例会見を開き、コロナ自宅療養者への支援のために、対応可能薬局リストをつくるなど、体制を整備する考えを示した。会見した東京都薬剤師会会長の永田泰造氏は、「地域包括ケアの中の薬局の役割を今こそ示すべきだ」と話した。より具体的な対応に関しては、会見翌日の9月4日に地区会長会議を開き、詰める方針。


【コロナ自宅療養】薬局の対応で講演会/服薬指導は電話で/薬は“置き配”

【コロナ自宅療養】薬局の対応で講演会/服薬指導は電話で/薬は“置き配”

【2021.08.30配信】厚生労働省は8月30日、コロナの自宅療養者への薬局対応について講演会を行った。8月11日〜27日まで297件に対応した関東の薬局グループが講演した。基本的に薬は“置き配”とし、服薬指導は追って電話でしているという。そのほか、患者に迅速に薬を届けるために処方医と使用薬に関してあらかじめ決めておくことや、場合によって近隣の他社薬局と連携し薬を譲り合う関係性が必要と指摘した。


【コロナワクチン接種後の抗体検査】福岡県のタカラ薬局や⽩⼗字薬局で販売開始

【コロナワクチン接種後の抗体検査】福岡県のタカラ薬局や⽩⼗字薬局で販売開始

【2021.08.30配信】九州のベンチャー企業であるKAICO 株式会社(福岡市⻄区、代表取締役︓⼤和建太氏)は、新型コロナウイルスに対する⾎液中の抗体量が測定できる抗体測定サービスを開始すると公表した。2021 年 9 ⽉ 1 (⽔)より、タカラ薬局や⽩⼗字薬局などの福岡県内の⼀部調剤薬局およびドラッグストアにて販売を開始するという。


最新の投稿


【マツキヨココカラ&カンパニー】スポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画/ウォーキングイベントなど実施

【マツキヨココカラ&カンパニー】スポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画/ウォーキングイベントなど実施

【2021.10.20配信】マツキヨココカラ&カンパニーは、一人でも多くの人がスポーツに親しむ社会の実現を目指すスポーツ庁の「Sport in Lifeプロジェクト」に参画する。10 月から生活習慣病の予防や健康維持・増進のための日常的な運動機会創出の取り組みを開始。ウォーキングイベントのほか、健康の意識・行動変容に関する実験も行う予定。


【昭和薬科大学】オンライン講座「緊急避妊薬を薬局で」開催/遠見才希子医師が講演

【昭和薬科大学】オンライン講座「緊急避妊薬を薬局で」開催/遠見才希子医師が講演

【2021.10.20配信】昭和薬科大学と町田市薬剤師会は共催で、10月30日(土)に生涯学習研修講座「緊急避妊薬を薬局で」を開催する。「緊急避妊薬を薬局で」プラジェクトの共同代表としても知られる産婦人科医の遠見才希子氏のほか、健ナビ薬樹薬局の片羽教子氏も講演する。


【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【中医協】かかりつけ医の議論の中で「地域連携薬局」の資料提示

【2021.10.20配信】厚生労働省は10月20日に中央社会保険医療協議会総会を開き、「外来(その2)について」を議論した。かかりつけ医の普及に向けての課題に議論が集中したが、その中で薬局関連では、かかりつけ医に関連する「地域包括診療料・加算」の施設基準において満たすことが困難な要件として、24時間対応している薬局との連携を挙げる声が15%以上あったことが紹介された。事務局では、改正薬機法で地域連携薬局がスタートしており、基準として開店時間外対応などがあることを資料で示した。今後、かかりつけ医の進展と併せて、こうした薬局機能の議論が進む可能性があるといえる。


【キリン堂】90名の内定者とオンライン交流会を開催/コミュニケーションでコロナ下の不安解消

【キリン堂】90名の内定者とオンライン交流会を開催/コミュニケーションでコロナ下の不安解消

【2021.10.19配信】関西を中心にドラッグストア・調剤薬局を展開する株式会社キリン堂は、2021年10月3日(日)に2022年4月入社予定者90名の内定式をオンラインで開催した。


【第1四半期決算】コスモス薬品、売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)

【第1四半期決算】コスモス薬品、売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)

【2021.04.12配信】コスモス薬品は2022年5月期第1四半期の連結業績を公表した。それによると売上高は1894億900万円(前年同四半期は1891億6100万円)、営業利益は85億5600万円(前年同四半期は106億5500万円)だった。当第1四半期連結累計期間から「収益認識に関する会計基準」等を適用しているため、当該基準等適用前の実績値に対する増減率は記載していない。


ランキング


>>総合人気ランキング

編集部おすすめ記事