【アインHD】インテリア雑貨のフランフランを買収へ

【アインHD】インテリア雑貨のフランフランを買収へ

【2024.07.03配信】アインホールディングスは7月3日、株式会社 Francfranc の株式取得(子会社化)すると公表した。


 Francfrancは、20 代~30 代の女性を主要ターゲットとした主力ブランド「Francfranc」を中心にインテリア・雑貨小売販売事業を展開している。国内152 店舗、海外9店舗の店舗運営及びECを運営している。

 アインホールディングスが展開する「アインズ&トルぺ」と「Francfranc」は、出店エリア、主要な顧客層及びその価値観に類似性がある一方で、販売する商品のカテゴリーは異なる部門を得意とする補完関係にあることから、アインHDグループにFrancfrancを迎えることにより、両社の強みを活かしたシナジーを発揮する考え。

 具体的には以下のようなシナジーを提示した。
① クロスマーチャンダイジング
 異なる商品カテゴリーを強みとする両社の店舗が、互いのプライベート商品を陳列し、顧客に対して、幅広い商品選択肢を提示することで、顧客満足度及び顧客単価の向上が可能。
② 戦略的な店舗開発
「アインズ&トルぺ」と「Francfranc」の出店エリアは主要都市を中心に駅ビルや商業施設等、ターゲットが近く、店舗同士に親和性があります。大規模面積の物件への戦略的共同出店等、出店形態のバリエーションを拡大し、更なるビジネス機会の拡大を図ることが可能。
③ ノウハウの共有による魅力的な商品開発
 「アインズ&トルぺ」及び「Francfranc」は、ともに顧客へのライフスタイルの提案をミッションに掲げ、顧客の価値観に影響を与えられる商品開発に注力してきた。両社の商品開発ノウハウを共有することで、更に満足度の高い商品開発を行うことが可能。

 同社では相互に補完関係にある両社の有する強みを融合することで、顧客サービスの向上を実現させ、グループの企業価値を高めていきたいとしている。
  Francfrancの直近の売上高は394億円。株式会社セブン&アイ・ホールディングスがFrancfrancの株式14.90%を保有している。また、株式会社セブン&アイ・ホールディングスは、アインホールディングスの株式を7.78%所有している。アインホールディングスの社外取締役1名が、株式会社セブン&アイ・ホールディングスの代表取締役副社長を兼務している。

 Francfrancの概要は以下の通り。
(1)商号 株式会社 Francfranc
(2)所在地 東京都港区北青山三丁目5番 12 号
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役 社長執行役員 佐野 一幸氏
(4)事業内容 インテリア・雑貨の企画・開発・販売
(5)資本金 100 百万円(2023 年8月末時点)
(6)創業年月日 1990 年7月 11 日
(7)大株主及び持株比率
FF 投資事業有限責任組合 59.63%
株式会社 BLUE WEDGE 25.47%
株式会社セブン&アイ・ホールディングス 14.90%
 直近の連結経営成績及び連結財政状態は以下の通り。
(2023 年8月期)
純資産7,477 百万円
総資産22,551 百万円
1株当たり純資産154,180 円 21 銭
売上高39,484 百万円
営業利益2,568 百万円
経常利益2,411 百万円
当期純利益1,194 百万円
1株当たり当期純利益 21,550 円 15 銭

この記事のライター

関連するキーワード


アインホールディングス

関連する投稿


【アインHD】元取締役の有罪判決受け社外調査チームによる調査報告書を受領

【アインHD】元取締役の有罪判決受け社外調査チームによる調査報告書を受領

【2024.05.09配信】アインホールディングスは5月9日、同社及び同社グループ会社の元取締役が在任中に逮捕・起訴され有罪判決となったことを受け、外部弁護士で構成される調査チームによる調査報告書を受領したと公表した。


【アイン敷地内薬局めぐる裁判】酒井・新山両被告ともに控訴

【アイン敷地内薬局めぐる裁判】酒井・新山両被告ともに控訴

【2024.05.02配信】KKR札幌医療センターの敷地内薬局の整備を巡り、公契約関係競売入札妨害の罪に問われたアインファーマシーズ元代表取締役社長・酒井雅人被告、同社元取締役・新山典義被告が二人とも控訴したことが分かった。(ジャーナリスト・村上 和巳)


【敷地内薬局】“一線”を踏み越えた規制緩和と社会秩序

【敷地内薬局】“一線”を踏み越えた規制緩和と社会秩序

【2023.09.05配信】KKR札幌医療センターが発注した敷地内薬局の整備事業をめぐって、センターの元事務部長とアインホールディングス役員が逮捕された事件によって、薬局業界でも特異な存在である「敷地内薬局」という形態に注目が集まっている。


【アインHD】高齢者の見守り支援サービスの実証事業に参画/福島県会津若松市の中山間地域で

【アインHD】高齢者の見守り支援サービスの実証事業に参画/福島県会津若松市の中山間地域で

【2023.08.24配信】アインホールディングスは福島県会津若松市の中山間地域で展開される高齢者の見守り支援サービスの実証事業に参画する。「スマート薬箱による服薬管理」も含まれる予定。


最新の投稿


【厚労省】処方箋保存期間の検討を提示/薬局検討会

【厚労省】処方箋保存期間の検討を提示/薬局検討会

【2024.07.19配信】厚生労働省は、現在3年間となっている処方箋の保存期間について見直す方針を示した。「第7回薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」で提示した。診療録の保存期間が5年となっている中、電子処方箋については処方箋を調剤済みとなった日から5年間保存するサービスを提供しているなどの環境変化を挙げている。今後、制度部会で議題とする方針。


【コンソーシアム】大阪市から調剤外部委託で4社8薬局が確認通知受領を公表

【コンソーシアム】大阪市から調剤外部委託で4社8薬局が確認通知受領を公表

【2024.07.19配信】薬局DX推進コンソーシアムは7月19日、大阪市から調剤業務一部委託事業の確認通知を受け取ったと公表した。


【日本保険薬局協会】健康サポート薬局と地域連携薬局「違いない」/厚労省検討会に意見書

【日本保険薬局協会】健康サポート薬局と地域連携薬局「違いない」/厚労省検討会に意見書

【2024.07.19配信】日本保険薬局協会は7月19日に開かれた厚労省「第7回 薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」で意見書を提出した。「健康サポート薬局、地域連携薬局、地域支援体制加算届出薬局が描く薬局像は、小異こそあれ、分立させるほどの違いはない」とした。


【コスモス薬品】調剤事業、「低収益の調剤の姿になった時」が参入好機との見解

【コスモス薬品】調剤事業、「低収益の調剤の姿になった時」が参入好機との見解

【2024.07.18配信】コスモス薬品は7月18日に2024年5月期決算説明会を開催した。


【中医協】医療DX推進体制加算、10月から3区分に/マイナ保険証利用率に応じて

【中医協】医療DX推進体制加算、10月から3区分に/マイナ保険証利用率に応じて

【2024.07.17配信】厚生労働省は7月17日に中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開催し、医療DX推進体制整備加算の取り扱いについて議論した。


ランキング


>>総合人気ランキング