【日薬山本会長】最後の会長演述「他団体・行政・政治向きとの関わり、将来への負担を残さず、は概ね達成」

【日薬山本会長】最後の会長演述「他団体・行政・政治向きとの関わり、将来への負担を残さず、は概ね達成」

【2024.06.29配信】日本薬剤師会は6月29日に定時総会を開いた。翌日の30日に会長退任を予定している山本信夫会長が最後となる会長演述を行った。


 山本信夫会長の会長演述は以下の通り。

 日本薬剤師会第 104 回定時総会の開会にあたり、一言申し述べさせて頂きます。

  本総会は、この執行部の最終年度に当たります令和5年度に執行した事業に要した費用に係る決算とその執行状況について評価を頂くことと併せて、3月に開催された第 103 回日本薬剤師会臨時総会においてご選任頂いた、次期正副会長予定者を含む新たな執行部の承認を頂く総会です。本年4月から新たに代議員にご就任された方々もいらっしゃると認識しておりますが、慎重な審議をお願い申し上げます。

 さて、これまで何回となくこうした場に立って、総会の折に会長演述をして参りましたが、私にとっては今回が最後の会長演述となります。既に新たな執行部予定者が議案として提出されておりますので、舞台を降りる者が施政方針を述べるというのも聊か珍妙でありますが、少しばかり反省を込めて話をさせて頂く事をご容赦願いたいと思います。

 平成 26 年、児玉前会長の後を受けて会長に選任を頂きました。その際に、代議員の皆様方に会長に就任出来たらこんなことがしたいと、①他団体や行政との円滑な関係の構築、②政治向きとの円滑な関係の構築、③風通しの良い会務運営、④将来に大きな負担を残さないよう努めるという、大きな4つの目標を挙げました。10 年をかけて他団体・行政との関係や政治向きとの関わり、将来に負担を残さずという 3 つの項目は、多少自画自賛になりますが概ね達成できたものと思います。しかしながら、風通しの良い会務運営については、自身が目指した水準に達するまでに至っていただろうかと思うと、少々悔いが残ります。

 この 10 年で薬剤師を取り巻く環境は大きく変化しました。地域医療提供体制を構築する上で、医薬品の地域への適切な供給体制は不可欠な要素で、それを担う薬剤師・薬局に対しては様々な分野から大きな期待が寄せられています。その一方、評価の裏腹で、薬剤師・薬局に向けられる様々な指摘や批判も少なからず聞こえてきます。 1974 年(昭和 49 年)の分業元年から半世紀を経た本年は、これまでの 50 年を振り返り、その都度出くわした様々な2事象に対する日薬の対応を紐解きながら、薬剤師・薬局の業務や社会的使命について再確認し、次の 50 年に向けた第一歩を踏み出す時と思います。古い時代のしっぽを反面教師として、柔軟な思考を持ちつつ根幹は揺るがせにせず、薬剤師の多様性ある未来を目指すために広くアンテナを立て、都道府県薬剤師会や各地域薬剤師会会員の皆様の声を隅々まで収集できるネットワークを活用し、丁寧な状況説明を心掛け、次世代に向けて歩みを進める姿勢を持った日薬が求められているものと思います。甚だ非力で、自身ではこうした視点での会務運営は十分に成し得なかったことは、慙愧に堪えません。

 改めて、会長としての 10 年間を支えて頂いた代議員の皆様には心より御礼を申し上げます。また、執行部として会長を支えて下さった役員の皆様、折々に紙面でも叱咤激励を頂いた業界紙の記者の皆様、そして、常に傍にいて我儘な会長をなだめ、おだて、陰に日向に支えてくれた事務局の皆様に、あらためて深甚の御礼を申し上げます。

 おわりに、ちょっと格好つけて「 Old soldiers never die. They just fadeaway」と、マッカーサー将軍の言葉を真似て、新執行部のリーダーシップの下、大好きな日薬がこれからも薬剤師の総本山として存在することを確信し、会長演述と致します。ありがとうございました。

この記事のライター

関連するキーワード


日本薬剤師会

関連する投稿


【日本薬剤師会】感染対策に関する研修プログラムをHPに掲載

【日本薬剤師会】感染対策に関する研修プログラムをHPに掲載

【2024.07.04配信】日本薬剤師会はこのほど、ホームページで感染対策に関する研修プログラムの内容を掲載した。


【日本薬剤師会】女性役員の比率が2割超に/新執行部

【日本薬剤師会】女性役員の比率が2割超に/新執行部

【2024.07.01配信】日本薬剤師会は6月30日に定時総会を開き、新執行部を選任した。会長に選任された岩月進氏は女性や若手を積極的に登用。役員に占める女性の割合は2割を超えた。


【日本薬剤師会】新執行部採決結果

【日本薬剤師会】新執行部採決結果

【2024.06.30配信】日本薬剤師会は6月30日に定時総会を開き、新執行部選任の議案について採決を行った。


【日薬次期理事案】書面決議は可決、総会での信任投票へ/飯島氏、徳吉氏を削除した候補者議案の書面決議

【日薬次期理事案】書面決議は可決、総会での信任投票へ/飯島氏、徳吉氏を削除した候補者議案の書面決議

【2024.06.14配信】日本薬剤師会の次期理事候補者変更案について行われていた現執行部による書面決議が、このほど全員賛成で承認された。このあと、30日の総会で代議員による信任投票が行われる見通し。


【日薬次期執行部人事】若手の飯島氏と徳吉氏の登用を断念

【日薬次期執行部人事】若手の飯島氏と徳吉氏の登用を断念

【2024.06.07配信】日本薬剤師会の次期執行部人事案の中で、若手である飯島裕也氏と徳吉雄三氏の登用を断念する方向となった。


最新の投稿


【厚労省】処方箋保存期間の検討を提示/薬局検討会

【厚労省】処方箋保存期間の検討を提示/薬局検討会

【2024.07.19配信】厚生労働省は、現在3年間となっている処方箋の保存期間について見直す方針を示した。「第7回薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」で提示した。診療録の保存期間が5年となっている中、電子処方箋については処方箋を調剤済みとなった日から5年間保存するサービスを提供しているなどの環境変化を挙げている。今後、制度部会で議題とする方針。


【コンソーシアム】大阪市から調剤外部委託で4社8薬局が確認通知受領を公表

【コンソーシアム】大阪市から調剤外部委託で4社8薬局が確認通知受領を公表

【2024.07.19配信】薬局DX推進コンソーシアムは7月19日、大阪市から調剤業務一部委託事業の確認通知を受け取ったと公表した。


【日本保険薬局協会】健康サポート薬局と地域連携薬局「違いない」/厚労省検討会に意見書

【日本保険薬局協会】健康サポート薬局と地域連携薬局「違いない」/厚労省検討会に意見書

【2024.07.19配信】日本保険薬局協会は7月19日に開かれた厚労省「第7回 薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」で意見書を提出した。「健康サポート薬局、地域連携薬局、地域支援体制加算届出薬局が描く薬局像は、小異こそあれ、分立させるほどの違いはない」とした。


【コスモス薬品】調剤事業、「低収益の調剤の姿になった時」が参入好機との見解

【コスモス薬品】調剤事業、「低収益の調剤の姿になった時」が参入好機との見解

【2024.07.18配信】コスモス薬品は7月18日に2024年5月期決算説明会を開催した。


【中医協】医療DX推進体制加算、10月から3区分に/マイナ保険証利用率に応じて

【中医協】医療DX推進体制加算、10月から3区分に/マイナ保険証利用率に応じて

【2024.07.17配信】厚生労働省は7月17日に中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開催し、医療DX推進体制整備加算の取り扱いについて議論した。


ランキング


>>総合人気ランキング