【インタビュー】ALSOKで「エアバスター」が売れている理由

【インタビュー】ALSOKで「エアバスター」が売れている理由

【2020.08.07配信】綜合警備保障(ALSOK)で、オゾン発生器の「エアバスター」(※文末に商品の概要紹介)が売れている。2020年3月までの初年度目標販売台数が1200台だったところ、2020年の1~3月だけで3000台が売れた。加えて、4~7月の4カ月で6000台の注文があったという。いうまでもなく、新型コロナウイルス感染症の影響が大きいが、警備会社である同社に、「お客さまの悩みに応える」という事業展開の素地があったからこそ、この商機をとらえることができたといえる。ドラッグストア・薬局も「顧客の悩み」のどこに、触手を伸ばしていくか。参考になる。同社営業総括部ブロードマーケット営業室長の引間信康氏に聞いた。


 綜合警備保障(ALSOK)で、オゾン発生器の「エアバスター」(※文末に商品の概要紹介)が売れている。2020年3月までの初年度目標販売台数が1200台だったところ、2020年の1~3月だけで3000台が売れた。加えて、4~7月の4カ月で6000台の注文があったという。いうまでもなく、新型コロナウイルス感染症の影響が大きいが、警備会社である同社に、「お客さまの悩みに応える」という事業展開の素地があったからこそ、この商機をとらえることができたといえる。ドラッグストア・薬局も「顧客の悩み」のどこに、触手を伸ばしていくか。参考になる。同社営業総括部ブロードマーケット営業室長の引間信康氏に聞いた。

オゾン発生器は“エアセキュリティ”

 ――衛生関連の啓発と同時に、市場をつくる必要があると思っています。それで、いろいろ調べていると、「エアバスター」と検索したら、一番上位にALSOKさんがヒットしたんです。とても興味深いなと思いました。オゾン発生器のエアバスターを御社が販売されているんですね。
 引間 2018年9月ごろに三友商事さんから「エアバスター」のご紹介をいただきました。当時は、もちろん新型コロナウイルスは発生していませんでしたので、どちらかというと新型インフルエンザ対策であったり、消臭ニーズへのご対応ということで、当社警備サービスを利用いただいているお客さま、中でもフィットネスジムなど、消臭対策に熱心な施設を中心にご紹介していこうと。
 2019年から本格的に販売を開始していますが、2020年3月までの初年度の販売目標台数は1200台でした。それが、2020年1~3月の3カ月間で3000台が売れました。そして、4~7月では6000台が売れているという状況です。
 ――どういったユーザーさんからの購入が多いのですか。
 引間 現在は業種を問わず、という感じです。一般的なオフィスからも注文があります。
 ――警備会社の貴社が、オゾン発生器を販売しているのが、意外でした。
 引間 当社はお客さまと継続的につながりを持っているという特徴があります。それを生かして、お客さまが必要としているものを提案していく使命があると考えています。当社はBtoBに強みがあるので、企業さまのコスト削減に資する各種サービスをご提案することもあります。照明のLED化であったり、各種効率化であったりです。
 当社はお客様や社会の安全・安心の確保を生業としているわけですが、オゾン発生器に関しては、「エアセキュリティ」だと考えています。空間の安全・安心をご提供したいという想いで提案させていただいています。

「お客さまが必要としているものを提案していく使命があると考えています」と話す同社営業総括部ブロードバンドマーケット営業室長の引間信康氏

消毒用ポンプや「ウイルオフ」も提案

 ――なぜそんなに、エアバスターがヒットしているのでしょうか。
 引間 もともと、同型機(BT03)が全国で500台以上の救急車に配備されているといった信頼性があります。都内の救急車ですと、出動機会が多いと毎回の消毒作業が追い付かず、エアバスターを導入したという背景があるとうかがっています。
 5月中旬に、クオールさん他3社と奈良県立医科大学との共同研究において、オゾンで新型コロナウイルスが不活化するという実験結果が発表されたことも、その後の販売につながっていると思います。
 ――さきほど、「お客さまが必要としているものを提案していく」とおっしゃいましたが、そのほかにはどのような提案をされているのですか。
 引間 けっこう幅広くご提案していますよ。
 例えば、ウイルス対策だけでも、一つのご提案書があり、ご紹介しているのは、「エアバスター」だけでなく、光触媒(ナノ酸化チタン)の「ナノゾーンコート」や、弱酸性次亜塩素酸水、次亜塩素酸水生成器、除菌加湿器、スリッパの殺菌ディスペンサー、フェイスシールド、飛沫感染防止高透明PETパーテーション、首掛け用「ウイルオフ」などを提案しております。
 ――さきほど、コスト削減まで提案されているとおっしゃっていましたね。
 引間 コスト削減に関しては、お役に立つ意味ももちろんありますが、当社の警備サービスを導入されたいと思っておられてもコストの面が障壁になるお客さまもいらっしゃるのです。ですから、そういった場合に、当社からコスト削減のご提案をすることで、当社のサービスを導入いただける原資をつくっていただくという意味合いもあるのです。
 ――貴社のサービス拡大の手法そのものも、とても参考になりますね。
 引間 新型コロナウイルスでは、オフィスで社員のみなさんの手指の消毒に困る会社さんが多かったのですが、ポンプ自体が入手困難になっていた。そこで、当社でポンプも含め次亜塩素酸水を手配して、お客さまにご提供したりもしていました。
 ――顧客のかゆいところに手が届くというか、困っている時に頼りになるというのはとても大切ですね。いま、お話ししているお部屋にグッズが飾ってあるのですが、あの名刺大の「ALSOKロック」はどのような商品ですか。
 引間 窓に設置する補助錠で、窓を少し開けている時にも、これを付けておくことでロックがかかります。いま、ちょうど換気のために窓は開けたいのだけれど、防犯が気になるというお客さまにご好評をいただいています。表面に「ALSOK」のロゴがあるので、そのことによる防犯効果もあると考えています。
 ――さまざまな商品開発や供給をされているのですね。

「ALSOK LOCK」。換気中の窓でもロックできるため、換気と防犯を両立する

ALSOKのサービスを店頭から販売も可能

 ――貴社はBtoBに強いということでしたが、提案内容はコンシューマーにも提案できるものですし、薬局・ドラッグストアとの親和性も高いと思います。貴社と薬局・ドラッグストアが協業できる可能性はありますか。
 引間 あると思います。当社はBtoCに関して、自社で営業をかけているわけではなくマス広告やWEBを介したPRが中心です。その点、薬局やドラッグストアさんはコンシューマーと直接接点があります。その意味で、連携できると思います。
 例えば当社のホームセキュリティを、薬局・ドラッグストアさんから生活者の方にご紹介いただいて成約になった場合、当社から2万円をお支払いさせていただくといった「取扱店制度」というものがあります。
 この制度で取扱店になっていただければ、当社の製品をご紹介いただき、ご購入いただいた場合もご購入額の5%を紹介手数料としてお支払いしております。
 ――エアバスターは192,000円ですから、1台売ったら9,600円の紹介手数料ということですね。実際に薬局・ドラッグストアで制度に加入しているケースはあるのですか。
 引間 業種を限定しているわけではないので、可能です。今回、取材をお受けするということで、お調べしましたら、実際に薬局さんで契約いただいている企業さんがありました。この記事を読んで興味がある企業さまがいたら、ぜひお声がけいただきたいですね。
 ――ありがとうございました。

■「エアバスター」(AIR BUSTER)とは…
オゾンオゾン除菌脱臭器。5 月 25 日には、クオール、奈良県立医科大学、一般社団法人 MBTコンソーシアムが共同研究でオゾンガス曝露によって新型コロナウイルスが不活化されることを世界で初めて実証したと発表し注目を集めた。クオールホールディングスで医療機関等への販売も展開している。

この記事のライター

関連するキーワード


空間除菌 ALSOK コロナ

関連する投稿


【厚労省事務連絡】コロナ経口治療薬の流通、安定的供給までは厚労省が所有し対応薬局をリスト化

【厚労省事務連絡】コロナ経口治療薬の流通、安定的供給までは厚労省が所有し対応薬局をリスト化

【2021.11.10配信】厚生労働省は11月9日、事務連絡「薬局における新型コロナウイルス感染症の経口治療薬の配分に係る医薬品提供体制の整備について」を発出した。今後、新型コロナウイルス感染症の経口治療薬が国内で実用化された場合で供給量が限られる場合については、安定的な供給が可能になるまでの間は一般流通を行わず厚生労働省が所有した上で、対応薬局をあらかじめリスト化して経口治療薬を配備する体制を整備する方針を示した。


【規制改革推進会議】コロナ抗原検査キット、規制改革会議側「薬局での取り扱いの方向には厚労省も異論がなかった」

【規制改革推進会議】コロナ抗原検査キット、規制改革会議側「薬局での取り扱いの方向には厚労省も異論がなかった」

【2021.09.10配信】内閣府は9月10日、規制改革推進会議「医療・介護ワーキング・グループ(第1回)」を開き、「新型コロナウィルス抗原検査キットの薬局等における販売について」が議論された。経団連やメーカーからは「OTC領域の理念に合致している製品」「アクセス向上のためにOTC化が重要」といった声が出たという。規制改革推進会議側は、「薬局での取り扱いをという大きな方向性については厚労省としても異論はなかったとの認識を持っている」としており、「会議と厚労省で意識を共有しつつ手法を検討していく」としていた。


【コロナ自宅療養患者向けデカドロン】東京都薬剤師会、適切量の確保へ東京医薬品卸業協会と連携/基幹薬局へ出荷→地域の薬局へ分割販売

【コロナ自宅療養患者向けデカドロン】東京都薬剤師会、適切量の確保へ東京医薬品卸業協会と連携/基幹薬局へ出荷→地域の薬局へ分割販売

【2021.09.04配信】東京都薬剤師会は9月3日に定例会見を開き、コロナ自宅療養患者へのデカドロン(成分名デキサメタゾン)などのステロイド剤に関して、東京医薬品卸業協会と連携して地区薬剤師会での適切量を確保していく方針を示した。都内に33ある医薬品・情報管理センターのうち、16で分割販売を行っており、こうした基幹施設を中心に適切量を確保。地域の薬局からの入手要請に対して分割販売することで、応えられる体制をとりたいとの考えを示した。


【コロナ自宅療養支援】東京都薬剤師会が薬局リストなど体制整備へ/永田会長「今こそ地域包括ケアでの薬局の役割を示す時」

【コロナ自宅療養支援】東京都薬剤師会が薬局リストなど体制整備へ/永田会長「今こそ地域包括ケアでの薬局の役割を示す時」

【2021.09.04配信】東京都薬剤師会は9月3日に定例会見を開き、コロナ自宅療養者への支援のために、対応可能薬局リストをつくるなど、体制を整備する考えを示した。会見した東京都薬剤師会会長の永田泰造氏は、「地域包括ケアの中の薬局の役割を今こそ示すべきだ」と話した。より具体的な対応に関しては、会見翌日の9月4日に地区会長会議を開き、詰める方針。


【コロナ自宅療養】薬局の対応で講演会/服薬指導は電話で/薬は“置き配”

【コロナ自宅療養】薬局の対応で講演会/服薬指導は電話で/薬は“置き配”

【2021.08.30配信】厚生労働省は8月30日、コロナの自宅療養者への薬局対応について講演会を行った。8月11日〜27日まで297件に対応した関東の薬局グループが講演した。基本的に薬は“置き配”とし、服薬指導は追って電話でしているという。そのほか、患者に迅速に薬を届けるために処方医と使用薬に関してあらかじめ決めておくことや、場合によって近隣の他社薬局と連携し薬を譲り合う関係性が必要と指摘した。


最新の投稿


【中医協】地域支援体制加算と地域連携薬局の要件の評価擦り合わせ/薬剤師会は慎重姿勢

【中医協】地域支援体制加算と地域連携薬局の要件の評価擦り合わせ/薬剤師会は慎重姿勢

【2021.11.28配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分について議論した。その中で、地域支援体制加算のあり方が議論された。地域連携薬局の要件とすり合わせていく方向が示されたが、日本薬剤師会常務理事の有澤賢二氏は慎重な姿勢を表明。認定薬局は始まったばかりの制度で実績が出ていないとして、「経過を観察し報酬上での評価については状況が見えてきたら改めて慎重に検討していくべきものではないか」と述べた。


【中医協】薬剤師会、敷地内薬局を有するグループ薬局への評価引き下げ提案

【中医協】薬剤師会、敷地内薬局を有するグループ薬局への評価引き下げ提案

【2021.11.28配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分について議論した。その中で、敷地内薬局への報酬引き下げの方向が示された。敷地内薬局への報酬を想定している特別調剤基本料に関して、日本薬剤師会常務理事の有澤賢二氏は、算定している薬局の調剤料・薬剤料の減算のほか、薬学管理料加算の評価引き下げを求めた。さらには特別調剤基本料を算定する薬局を持っている同一グループに対し、「何かしらの評価を下げることも方策」とした。提案が実現すれば、敷地内薬局1店舗への影響では済まず、グループ全体への減収につながる可能性がある。


【中医協総会】「調剤料に対人業務含まれる」/適切な評価のあり方議論に

【中医協総会】「調剤料に対人業務含まれる」/適切な評価のあり方議論に

【2021.11.26配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分のあり方に関して議論した。その中で、これまで対物業務の筆頭に挙げられてきた「調剤料」に関して、一定の「対人業務」が含まれているとの考え方が示された。委員からも一定の理解を示す声が聞かれた。今後、調剤料に含まれる対人業務をどのように評価するのか、注目される。


【日本医薬品登録販売者協会】「登録販売者の倫理規程と業務マニュアル」公表

【日本医薬品登録販売者協会】「登録販売者の倫理規程と業務マニュアル」公表

【2021.11.25配信】日本医薬品登録販売者協会は11月24日、日本チェーンドラッグストア協会などと共同で開いている定例会見の中で活動状況を報告した。10月29日には「登録販売者の倫理規程と業務マニュアル」を作成・公表したとし、「セルフメディケーションを適切に支援する役割」の推進に注力していく考えを示した。厚労省や関係団体、アカデミアなどとの情報交換も活発に行っていることも報告した。


【コロナ抗原検査キット販売】ドラッグストア協会「OTC化が適切」/「積極的に検査できる体制を国に働きかける」

【コロナ抗原検査キット販売】ドラッグストア協会「OTC化が適切」/「積極的に検査できる体制を国に働きかける」

【2021.11.25配信】さきごろウェブ広告などの規制が緩和されたコロナ抗原検査キットの販売のあり方について、日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は「スイッチOTC化すべき」との見解を示した。より手軽に積極的に検査ができる体制が重要として、国にも働きかけたい考え。


ランキング


>>総合人気ランキング

編集部おすすめ記事