【日本薬剤師会・山本信夫会長インタビュー】改定へのスタンス語る

【日本薬剤師会・山本信夫会長インタビュー】改定へのスタンス語る

【2023.11.01配信】日本薬剤師会(日薬)会長の山本信夫氏は本紙の取材に応え、次期調剤報酬改定へ向けて現時点での考え方について語った(収録日:10月20日)。


 ――過日の日薬会見における、一部経済紙報道に関連した執行部の回答に対して、薬剤師・薬局関係者から困惑の声が当社にも寄せられているが。

 山本会長 現時点で、何かが決まった状況にはないと認識している。改定の議論は中医協で行われていく。とはいえ、改定の年の秋になると、いろいろな報道が出るのは今回に限らずこれまでもそうであるし、今年が特別変わった状況にあるわけではないと考えている。

 話題になっている調剤基本料の位置付けは、廃棄、損耗を含む医薬品の備蓄や建物、調剤用機器等、薬局の体制を整備するための経費であることを考えれば、その中には当然、賃金や人件費が含まれている。したがって、それを引き下げることは国の方針と違っているのではないか。

 民間企業であれば価格に転嫁することができるが、公定価格である診療報酬や介護報酬ではそれができないため、公定価格の中で対応する以外に必要な原資を求める先がない。日本薬剤師会だけでなく、日本医師会・日本歯科医師会を含め医療・介護関連団体は、現状では物価高騰・賃金上昇に対応しきれないために、診療報酬の引き上げを求めている。

 それを調剤報酬で考えた場合、例えば何かの特別な加算に上乗せしようとするならば、その加算の算定が多い・少ないといった違いによって差が生じてしまいかねないことになる。したがって、どこで対応するかとなれば、「調剤基本料を引き上げる」ということが自然な考え方ではないか。

 また、例えば、過疎が進んでいるような地域では、医療機関自体が少ないため、その地域にある薬局の努力だけでは集中率を引き下げられないことにも配慮が必要となる。規模の大きさや効率性は薬局ごとに異なり、集中率の違いだけで基本料を引き下げるかどうかを判断することはできないはずだ。これまでも医療経済実態調査に基づき、どの規模であればどのくらい経営の効率性に違いがあるかなどを含めて検討してきたわけで、単に処方箋枚数や集中率という視点だけで調剤基本料が検討されてきたわけではない。

 これからも年末までに「診療報酬を引き下げる方針が決まった」みたいな報道は出ると思うし、逆から見れば医療・介護団体からは引き上げるべきと主張する声が挙がるはずと思う。ただ、現場のみなさんにあまり動揺しないでいただきたいのは、きちんと仕事をしていれば、それに見合った評価は必ず行われる。薬剤師がしっかり仕事ができる財源を日薬としては求めていく。まずは財源を確保することが大前提になる。

 とはいえ、「私の評価は100だ」と思っていて評価が70であれば、それは不満だし、逆に「私の評価は50くらいだ」と思っていれば60でも嬉しいし、そういう受け止め方の違いはどうしても出ると思うが、それは関係者の議論の中でこれから決まっていくことにはなると思う。こうした議論はスタートラインに立っているのが現状。「何を」という議論はあるが、少なくとも全体を下げる理由はない。ただし、何が起こるか分からない可能性もあると思うので、現時点で確定的なことは言えない。先日、北海道で起きた敷地内薬局をめぐる事件はいろいろな意味で影響が出ることは間違いないので、注視している。

 一方、「門前薬局」という言葉に対しては、大きな病院の前に規模の大きな薬局があることや、敷地内薬局が想起されることもあるのではないか。そういったイメージがいまだ混在しているように思う。物価高騰の中で痛手を負っている層は幅広く、薬局がどう見られるかも意識しなければいけない。また、いわゆる「患者のための薬局ビジョン」では、「立地も地域へ移行し」とも掲げられている。財務省的には門前という立地に対して徐々に対象を広げていくステップだという意識があるのかもしれないが、医療提供体制を考える上では、必ずしもそうではなくて地域における薬局のあり方を考えるべきだという軸があると思う。どのような形が望ましいのか、それはまさにこれから議論されるものだ。われわれとしては、その議論の中でしっかり主張をしていく。


■有料版「ドラビズ for Pharmacy」内記事から転載、一部抜粋

■「ドラビズ for Pharmacy」について↓
(1ヶ月間の無料試読受付中)
https://forms.gle/rGKYwLgwNiBqucPw8

この記事のライター

関連するキーワード


調剤報酬改定

関連する投稿


【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【2024.05.22配信】厚生労働省は5月22日、「令和6年度薬価改定を踏まえた診療報酬上の臨時的な取扱いについて」を発出した。カットオフ値について、当面の間、臨時的取り扱いを行うとした。


【厚労省】疑義解釈(その5)発出/調剤報酬改定

【厚労省】疑義解釈(その5)発出/調剤報酬改定

【2024.05.19配信】厚生労働省は5月17日、令和6年度調剤報酬改定の疑義解釈「その5」を発出した。


【チェーンドラッグストア協会】夜間休日リスト/「協会に苦情寄せられている」

【チェーンドラッグストア協会】夜間休日リスト/「協会に苦情寄せられている」

【2024.05.17配信】日本チェーンドラッグストア協会は5月17日に定例会見を開いた。


【厚労省_中医協】敷地内薬局、今後は総会で議論/今後の検討の進め方を了承

【厚労省_中医協】敷地内薬局、今後は総会で議論/今後の検討の進め方を了承

【2024.05.15配信】厚生労働省は5月15日、中央社会保険医療協議会(中医協) 総会を開催した。


【夜間休日リスト】道薬、非会員情報収集を開始/副会長の山田武志氏、リスト化は「薬局体制の見える化の契機」

【夜間休日リスト】道薬、非会員情報収集を開始/副会長の山田武志氏、リスト化は「薬局体制の見える化の契機」

【2024.05.14配信】6月の調剤報酬改定施行を控えて、都道府県薬剤師会での夜間・休日対応リスト構築が急ピッチで進んでいる。北海道薬剤師会(道薬)では直接、道内の薬局の情報をGoogleフォームなどを活用して収集。非会員の情報収集も開始している。


最新の投稿


【日薬新執行部】岩月新会長が示した「覚悟」/新任9人登用で組織刷新、若手抜擢と女性幹部を倍増

【日薬新執行部】岩月新会長が示した「覚悟」/新任9人登用で組織刷新、若手抜擢と女性幹部を倍増

【2024.05.24配信】日本薬剤師会の次期会長に内定している岩月進常務理事は、新執行部人事を固めた。新任は9人で、組織を刷新。目玉は若手の登用と女性幹部の増員だ。若手では上田薬剤師会の飯島裕也氏(44)と鳥取県薬剤師会の徳吉雄三氏(46)、慶大医学部特任研究員の日髙玲於氏(32)などを抜擢した。女性幹部は倍増の6人。(5月22日付けドラビズforPharmacy朝刊より。医薬コラムニスト/ジャーナリスト 玉田慎二)


【一般薬連】自主点検結果を公表

【一般薬連】自主点検結果を公表

【2024.05.24配信】日本一般用医薬品連合会(一般薬連)は5月16日、協会加盟企業による一般用医薬品の品質に係る自主点検結果を公表した。


【訃報】大分県薬剤師会会長の安東哲也氏が死去

【訃報】大分県薬剤師会会長の安東哲也氏が死去

【2024.05.23配信】大分県薬剤師会は5月23日、現職県薬会長の安東哲也氏が死去したと公表した。


【大木ヘルスケアHD】医薬品売上2桁増/2024年3月期決算

【大木ヘルスケアHD】医薬品売上2桁増/2024年3月期決算

【2024.05.23配信】ヘルスケア卸大手の大木ヘルスケアホールディングス は5月23日に2024年3月期(2023年4月1日~2024年3月31日)の決算説明会を開催した。


【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【厚労省】後発薬調剤体制加算、カットオフ値で臨時的取り扱い/令和6年度薬価改定の広い措置で

【2024.05.22配信】厚生労働省は5月22日、「令和6年度薬価改定を踏まえた診療報酬上の臨時的な取扱いについて」を発出した。カットオフ値について、当面の間、臨時的取り扱いを行うとした。