【青少年の市販薬乱用対策で】小学生向けくすり教育ショート動画を制作・公開/くすりの適正使用協議会/日本薬剤師会監修

【青少年の市販薬乱用対策で】小学生向けくすり教育ショート動画を制作・公開/くすりの適正使用協議会/日本薬剤師会監修

【2023.02.02配信】青少年の市販薬の乱用増加が問題となっていることを受けて、くすりの適正使用協議会は、小学生向けくすり教育ショート動画を制作・公開した。小学校からの「くすり教育」を促したい考え。


学校薬剤師、小学校の教諭・養護教諭など、くすり教育、薬物乱用防止教育に携わる人へ

 一般社団法人 くすりの適正使用協議会(東京都・中央区)は、小学校高学年向けに、薬物乱用防止教育で使える、くすり教育ショート動画「くすりのルール知ってるかな?」を制作し、2月2日より、同協議会と日本薬剤師会のHPで無料公開した。

 現在、青少年による市販薬の乱用が問題になっている。国立精神・神経医療研究センターの調査では、精神科で薬物依存の治療を受けた10代の患者において、市販薬が主な原因となったケースが急増しており、2020年調査では56.4%と1位になった。急激に市販薬の乱用問題が拡大していることがうかがえる(国立精神・神経医療研究センター「国内外における青少年の薬物使用の実態」による)。

 児童は、保護者の監督のもとで医薬品を使用するが、同協議会では、医薬品の使い方にはルールがあり、それを逸脱すると危険であることを幼い頃から知っておくべきだと考え、くすりにはルールがあることを伝える3分間のショート動画の制作を手掛けた。文部科学省健康教育調査官、横浜薬科大学教授協力のもと、日本薬剤師会が監修した。

 小学校で行われている薬物乱用防止教育に活用して、短時間で「くすりにはルールがあること」を解説し、続いて、使い方などにルールの無い薬物の内容に続けてもらうことを想定している。
 今後は学校薬剤師をはじめ、小学校の教諭・養護教諭など、くすり教育、薬物乱用防止教育に携わる方々に届けていく予定。

 日本薬剤師会と同協議会は2006年からくすり教育分野で連携しており、今回の教材は2017年に共同制作した中高生向け小冊子に続くもの。

 動画のポイントは以下の3つ(協議会リリースより)。
1. 薬物乱用防止教育の導入に使える
 小学校高学年で行われる薬物乱用防止教育の授業冒頭で、導入として電子黒板やタブレットなどで使えるよう、3分間のショート動画として制作しました。
2. 子供たちに人気のサッカーを導入題材に
 動画では、子供たちがよく知っているサッカーに「ルール」があるように、くすりの使用にも「ルール」があり、守らなければ危険なことを伝え、「薬物乱用」の指導につなげやすい構成としました。「ルール」を守らないくすりの不適正な使い方を盛り込み、どこが間違っているかを子供達同士でディスカッションできる構成になっています。
3. 解説スライド(PPT)、動画・解説スライドの活用ガイドも用意
 友達とくすりのやりとりをしない、決められた量を水又はぬるま湯で飲む、など小学生が知っておくべき「ルール」を解説するスライドです。動画視聴後の振り返りに活用してください。動画とセットで約10分を想定しています。動画と解説スライドを有効に活用いただくためのポイントをまとめた活用ガイドもご用意しました。

 麻薬・覚せい剤乱用防止センター理事長の藤野彰氏は次のようにコメントしている。
 「正しいくすりの使い方について、子どものときから理解しておくのは、とても大切なことです。そうしてこそ、薬はひとの役に立つわけですから。それはまた、薬物乱用とは何かを学ぶことにつながり、自分の健康を守り、友達に手を差しのべ、かけがえのない幸せについて考える、大きなきっかけとなるはずです」

 本動画の概要
監修:公益社団法人 日本薬剤師会
協力:鈴木 貴晃 文部科学省 初等中等教育局 健康教育・食育課 健康教育調査官小出 彰宏 横浜薬科大学 レギュラトリーサイエンス研究室 教授(前文部科学省 初等中等教育局 健康教育・食育課 健康教育調査官)
制作:一般社団法人 くすりの適正使用協議会
対象:小学校高学年(5、6年生)
ダウンロード:
くすりの適正使用協議会 くすり教育担当者のための教材サイト
https://www.rad-ar.or.jp/release/post?id=733e1e736463310c2d000384
日本薬剤師会ホームページ
https://www.nichiyaku.or.jp/pharmacy-info/use/link03.html

この記事のライター

関連する投稿


【厚労省告示】「濫用のおそれのある医薬品」の範囲の拡大を告示/適用は4月1日から

【厚労省告示】「濫用のおそれのある医薬品」の範囲の拡大を告示/適用は4月1日から

【2023.01.13配信】厚生労働省は1月13日、「濫用のおそれのある医薬品」の範囲の拡大を告示した。適用は4月1日から。


【厚労省】ワクチン接種後の発熱や痛みなどにアセトアミノフェンのほかイブプロフェンやロキソプロフェンも使用できる旨を告知

【厚労省】ワクチン接種後の発熱や痛みなどにアセトアミノフェンのほかイブプロフェンやロキソプロフェンも使用できる旨を告知

【2021.06.19配信】厚生労働省は、ワクチン接種後の発熱や痛みなどに対して市販されているアセトアミノフェンのほか、非ステロイド性抗炎症薬(イブプロフェンやロキソプロフェン)なども使用できることを告知した。19日までに「新型コロナワクチンQ&A」に記載した。


【OTC医薬品協会】高血圧の医療費823億円がOTCで対応可能

【OTC医薬品協会】高血圧の医療費823億円がOTCで対応可能

【2021.01.12配信】市販薬(OTC医薬品)メーカーで構成する日本OTC医薬品協会は、1月12日に会長会見を開き、「OTC医薬品で対応可能な薬効別潜在的医療費」の試算を示し、その中で「高血圧」について、823億円の医療費がOTC医薬品で対応可能とした。高血圧は既存のOTC医薬品にはない領域で、OTC医薬品産業が高血圧に代表される慢性的な疾患について市場を拓こうとしている意欲がのぞく。同協会は、「必要に応じてかかりつけ医や専門医に相談できる仕組みも必要だ」とした。


11月の総合感冒薬市場が35%減に。感染予防策の定着で

11月の総合感冒薬市場が35%減に。感染予防策の定着で

【2020.12.25配信】インテージヘルスケアは11月度の市販薬(OTC医薬品)市場の販売動向調査を公表した。それによると、総合感冒薬市場は前年同月比で63.4%に落ち込み、36.6%の減少となった。感染予防策の定着や高温だったことなどが要因。一方、消毒薬による手荒れに悩む人が多かったことから保湿を訴求する皮膚用薬は前年同月比152%と伸びた。


【市販薬と薬剤師】適正使用の重要性を漫画に/油沼氏、監修kuriedits氏

【市販薬と薬剤師】適正使用の重要性を漫画に/油沼氏、監修kuriedits氏

【2020.12.24配信】市販薬の適正使用の重要性を描いたショートストーリーの漫画がSNSやWEB上にアップされた。「マンガで分かる薬剤師」などでイラストを担当している油沼氏が描いたもの。監修はブログやSNSで市販薬の情報を発信しているkuriedits氏が担当した。


最新の投稿


【人事】トモズ、代表取締役に角谷真司

【人事】トモズ、代表取締役に角谷真司

【2023.03.31配信】トモズは、2023年4月1日付で德廣英之氏の後任として、代表取締役社長に角谷真司氏が就任することを内定したと公表した。


【日本薬剤師会】公明党厚労部会に要望/医薬品の安定供給で/「薬価差のみに焦点でなく広く提供体制への影響を踏まえた議論を」

【日本薬剤師会】公明党厚労部会に要望/医薬品の安定供給で/「薬価差のみに焦点でなく広く提供体制への影響を踏まえた議論を」

【2023.03.30配信】日本薬剤師会は3月30日に定例会見を開き、3月28日に公明党厚労部会に医薬品の安定供給に係る現状と課題について要望を行ったことを説明した。同テーマに関するヒアリングを公明党から受けた格好。


【スギ薬局グループ】さくら薬局グループと業務提携で合意

【スギ薬局グループ】さくら薬局グループと業務提携で合意

【2023.03.30配信】スギ薬局グループは3月30日、さくら薬局グループとの業務提携することで合意したことを公表した。


【電子処方箋】院内処方への対応を検討へ/電子カルテ情報共有との整理も課題に

【電子処方箋】院内処方への対応を検討へ/電子カルテ情報共有との整理も課題に

【2023.03.30配信】厚生労働省は3月29日、「第12回健康・医療・介護情報利活用検討会」を開催し、この中で電子処方箋の今後の予定も報告された。主に「リフィル処方箋への対応」「患者からの口頭同意による薬剤情報を取得」「院内処方への対応」という3つの機能改修の予定について報告されたもの。院内処方への対応については電子カルテ交換サービス(仮称)の整備が進む中、電子カルテ情報共有との整理も課題とされた。


【電子処方箋】患者からの口頭同意で過去の薬剤情報を取得できるよう機能改修へ/重複チェックアラートの実効性高める

【電子処方箋】患者からの口頭同意で過去の薬剤情報を取得できるよう機能改修へ/重複チェックアラートの実効性高める

【2023.03.30配信】厚生労働省は3月29日、「第12回健康・医療・介護情報利活用検討会」を開催し、この中で電子処方箋の今後の予定も報告された。主に「リフィル処方箋への対応」「患者からの口頭同意による薬剤情報を取得」「院内処方への対応」という3つの機能改修の予定について報告されたもの。患者からの口頭同意によって薬剤情報取得を可能とする機能改修を行い、重複チェックアラートの実効性を高める考え。


ランキング


>>総合人気ランキング