【日本保険薬局協会】HPKI以外の現実的な基準の早期策定を要望/「来年1月スタート時に民間サービス利用可能な状況に」

【日本保険薬局協会】HPKI以外の現実的な基準の早期策定を要望/「来年1月スタート時に民間サービス利用可能な状況に」

【2022.09.09配信】日本保険薬局協会は9月8日に定例会見を開き、電子処方箋などでの資格確認システムとして使用されるHPKIに関する要望文書を公表した。HPKI以外の現実的な基準を策定し、来年1月スタート時に民間サービスが利用可能な状況になることを求めている。


 協会が公表したコメントは以下の通り。

■電子処方箋についてのコメント

○ 電子処方箋の施行まで4か月を切り、さらに、モデル事業も全国4か所で開始されるなど、 実施に向けた機運も高まってきた。

○電子処方箋では、複数の医療機関や薬局で直近に処方・調剤された情報の参照、重複投葉のチェックのほか、紙処方箋の入力作業や保管が不要となり、この結果、より丁寧な患者対応への注力や医療機関・薬局間のコミュニケーションの円滑化が図られるとされているところである。
 当協会としても、この事業がオンライン資格確認とあいまって、調剤事業の高度化や薬局経営の効率化に大きく寄与するものと期待しており、会員企業も、その実装に向けて準備に注力しているところである。

○ 他方、準備が進むにつれて、 様々な課題も明らかになってきた。

○ すでに、当協会では、令和5年1月開始予定の電子処方箋に関し、 ①HPKI カードのみを前提としない柔軟なシステムとすること、②その前提として HPKI カードの発行維持に要する費用が高額になることの懸念について厚生労働省に要望してきた。

○ 第1の、 「HPKI カード以外の民間の電子署名サービス」について、厚労省では、有識者会議を設けてその基準等を検討する旨明らかにしている。
 当協会としては、今回策定される基準等は、 実際に民間事業者が参入可能な現実的な基準等でないと意味がないと考えており、現実的な基準等の策定により、 来年1月のスタート時に、 民間署名サービスが利用可能な状況になることを期待している。
 第2の「HPKI カードのコスト問題」については、 まず、認証局である日本薬剤師会が近々、大量発行に対応した料金体系を発表する予定と承知しており、さらに、厚生労働省が発行費用の補助に関する予算措置を検討していると伺っている。
 当協会としては、これら動きを歓迎している。 HPKI カードは極めて公共的な性格を持つことに鑑み、このカードの新たな料金体系は、 料金における薬剤師会会員・非会員での差を廃するなど、透明で合理的な体系となることを期待している。

 また、厚労省の予算措置には大いに期待している一方、 予算措置が執行されるまでカード申請を待つといった動きにならないよう、早期に料金に反映するための工夫も願いたい。

○ HPKI カードの発行は、この秋から日本薬剤師会本部で再開されると聞いている。 スムースな発行を期待しているが、現実的には、 電子処方箋のスタートまでに、 薬局側が求める枚数をすべて発行できない可能性も想定せざるを得ない。
 このような状況の中で、「申請をどういう形(個人・会社)で行うのか」、 「発行の優先順位(先着順?まさかチェーンは後回し?のような不安)をどのようにつけるのか」、「カード発行の状況」等について、ルールを明らかにし、進捗状況を関係者間で共有していくことが望まれる。 また、 厚労省も、このルール策定や進捗モニタリングの場の設定等全関係者が理解を共有できるような環境づくりを図り、 電子処方箋の円滑なスタートに向けて、積極的なコミットをお願いしたい。
 また、会員企業の内部においても、例えば(当協会アンケートでも各社の意見が割れているが) HPKI カードの取得・維持に要する費用を会社負担とするのか、 本人負担とするのか、会社の補填をどうするのか申請に関する業務を会社が取りまとめるのか、優先順位をどうつけるか、事務負担の大きさはどの程度かなど、 様々な課題が明らかとなっている。

○今後とも、電子処方箋の施行に向けて様々な課題が明らかになってくると考えており、引き続き、何よりもその円滑な実施のため、課題の拾い上げや、解決に向けて積極的に取り組んでまいりたい。

この記事のライター

関連する投稿


【社保審医療保険部会】薬剤師会、森副会長から渡邊副会長にバトンタッチ/医療DXの情報共有の在り方へ検討要望

【社保審医療保険部会】薬剤師会、森副会長から渡邊副会長にバトンタッチ/医療DXの情報共有の在り方へ検討要望

【2022.09.29配信】厚生労働省は9月29日、「社会保障審議会医療保険部会」を開いた。日本薬剤師会の委員は前回まで森昌平副会長が出席していたが渡邊大記副会長が出席した。渡邊副会長は電子カルテの標準化など、政府の進める医療DXの政策に触れ、薬歴を含めて医師・薬剤師間の情報共有を円滑にする検討を要望した。


【HPKI申請始まる】大手薬局企業も一斉に申請/コスト負担などになお課題

【HPKI申請始まる】大手薬局企業も一斉に申請/コスト負担などになお課題

【2022.09.28配信】2023年1月から開始される電子処方箋に必要となる薬剤師などの資格電子署名であるHPKIの申請が9月26日から開始されている。HPKI以外の民間サービスも検討されているが、万全を期したい大手薬局企業も一斉にHPKIの申請を開始している。


【厚労省】「電子処方箋モデル事業フォーラム」開催/2022年10月2日(日)YouTube配信

【厚労省】「電子処方箋モデル事業フォーラム」開催/2022年10月2日(日)YouTube配信

【2022.09.21配信】厚生労働省は、2022年10月2日(日)に「電子処方箋モデル事業フォーラム」を開催する。YouTubeでオンライン配信し、誰もが視聴できる。


【日本薬剤師会認証局】HPKIの申請を9月26日(月)から受付開始

【日本薬剤師会認証局】HPKIの申請を9月26日(月)から受付開始

【2022.09.20配信】日本薬剤師会が薬剤師資格証を発行する目的で会内に設置している日本薬剤師会認証局はこのほど、いったん停止していたHPKI申請受付を9月26日(月)から再開するとした。9月16日(金)からは、事前準備に資するサイトを先行して公開している。HPKIは、2023年1月から開始される電子処方箋に必要となる薬剤師などの資格者電子署名。


【ドラッグストア協会】HPKI以外の体制整備を/厚労省に要望書提出

【ドラッグストア協会】HPKI以外の体制整備を/厚労省に要望書提出

【2022.09.16配信】日本チェーンドラッグストア協会は9月16日に定例会見を開き、電子処方箋開始にかかわる資格認証システムであるHPKIについて、HPKI以外の体制整備を求める要望書を厚労省に提出したことを報告した。発行業務に関して公平性担保も求めている。


最新の投稿


【注目】あなたの知らない“くすり相談窓口業務(DI業務)”という薬剤師の働き方

【注目】あなたの知らない“くすり相談窓口業務(DI業務)”という薬剤師の働き方

【2022.10.03配信】薬局などの勤務とは違って、薬剤師がオフィスワークという働き方ができるのがEPファーマラインの展開している“くすり相談窓口業務(DI業務)”であり、同社では本業務に従事する有資格者を“メディカルコミュニケーター”という名称で呼んでいる。同社のくすり相談窓口業務(DI業務)は主に製薬企業からの委託を受け業務を行っており、ここ10数年でアウトソーシングが進んでいる業務の一つである。最新の医薬品情報に触れることもできるため、これまでと違った視点で経験を積みたいという薬剤師からの入社も増えている。同社ではどんな働き方ができるのか。同社の池田佳奈美社長にお話をうかがった。


【厚労省オンライン服薬指導のQ&A事務連絡】「薬局外」は「薬局開局時間帯であり、かつ、薬局内に1名以上の薬剤師が調剤に従事する状況」で

【厚労省オンライン服薬指導のQ&A事務連絡】「薬局外」は「薬局開局時間帯であり、かつ、薬局内に1名以上の薬剤師が調剤に従事する状況」で

【2022.10.01配信】厚生労働省は9月30日、薬機法施行規則(省令)を改正し、通知・事務連絡を発出した。省令ではオンライン服薬指導が薬局外でも可能となったため、省令内容に合わせて「オンライン服薬指導の実施要領に係るQ&A」を事務連絡した。薬局外で服薬指導を行う場合は、薬局に別の薬剤師がいる必要があるとしている。「薬局開局時間帯であり、かつ、薬局内に1名以上の薬剤師が調剤に従事する状況」と求めている。


【厚労省通知】省令改正に併せ「オンライン服薬指導の実施要領」/オンライン服薬指導を薬局外でも可能とする改正で

【厚労省通知】省令改正に併せ「オンライン服薬指導の実施要領」/オンライン服薬指導を薬局外でも可能とする改正で

【2022.10.01配信】厚生労働省は9月30日、薬機法施行規則(省令)を改正し、通知・事務連絡を発出した。省令ではオンライン服薬指導が薬局外でも可能となったため、省令内容に合わせて「オンライン服薬指導の実施要領」を通知した。薬局以外の場で行う際は、対面による服薬指導が行われる場合と同程度に患者のプライバシーに配慮がなされていること等を記載している。処方箋の取り扱いでは、オンライン診療後にオンライン服薬指導の予定から対面服薬指導に変更になった場合も、医療機関からの処方箋原本の送付とその場ではファクシミリ・メールで送られた処方箋をもって調剤してよいとの判断を示している。


【厚労省省令改正】オンライン服薬指導、「薬局以外」も可能に/「当該薬局において調剤に従事する薬剤師と相互に連絡をとることができる場所」

【厚労省省令改正】オンライン服薬指導、「薬局以外」も可能に/「当該薬局において調剤に従事する薬剤師と相互に連絡をとることができる場所」

【2022.10.01配信】厚生労働省は9月30日、薬機法施行規則(省令)を改正し、通知・事務連絡を発出した。同省令は公布の日から施行される。オンライン服薬指導を行う場所について薬局外のケースも認めた。「当該薬局において調剤に従事する薬剤師と相互に連絡をとることができる場所」と規定した。


【厚労省加藤大臣】10月2日の「電子処方箋フォーラム」で挨拶予定

【厚労省加藤大臣】10月2日の「電子処方箋フォーラム」で挨拶予定

【2022.09.30配信】加藤勝信厚生労働大臣は9月30日の閣議後会見において、10月2日に開催される「電子処方箋フォーラム」で挨拶予定だと明かした。大臣自ら、医療DXの大きな柱である電子処方箋の推進へ協力をお願いするとした。


ランキング


>>総合人気ランキング