【リフィル処方箋】患者利用意向は6割/民間調査/「利用してみたいと思う」58.7%

【リフィル処方箋】患者利用意向は6割/民間調査/「利用してみたいと思う」58.7%

【2022.04.06配信】株式会社NEXER(ネクサー、本社東京都豊島区)が手がける日本トレンドリサーチ」は男女1000人を対象にリフィル処方箋の利用意向調査を実施した。それによると、「利用してみたいと思う」との回答は58.7%と約6割に達していた。


 全国の男女1000人を対象に「リフィル処方箋に関するアンケート」を実施。
 
 調査は2022年3月24日~3月30日に、インターネットでのアンケートによって行われた(同社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施)。集計対象人数は30代以下・40代・50代・60代・70代以上の各年代200名。

 質問は以下の10問。
質問1:現在、定期的に飲んでいる薬はありますか?
質問2:その薬はどのように購入していますか?
質問3:具体的な購入方法を教えてください。
質問4:「リフィル処方箋」制度を利用してみたいと思いますか?
質問5:回答の理由を教えてください。
質問6:「リフィル処方箋」の良い点・メリットだと思うことを教えてください。
質問7:「リフィル処方箋」の良くない点・デメリットだと思うことを教えてください。
質問8:処方箋の有効期限について、自身の考えに近いのではどれですか?
質問9:具体的に何日間がよいと思いますか?
質問10:回答の理由を教えてください。

 質問1では現在、定期的に飲んでいる薬があるかどうか聞いた。 
 現在、定期的に飲んでいる薬が「ある」人は56.1%だった。

 質問2で、「リフィル処方箋」を利用してみたいかどうか聞いた。
 58.7%の人が「利用してみたいと思う」。「利用してみたいと思わない」は11.0%で、「どちらともいえない」が30.3%だった。

「受診のために必要な予約、移動、診察の時間を減らせる」

 それぞれの回答の理由も聞いている。回答例は次の通り。

■「『リフィル処方箋』を利用してみたいと思う」回答理由
いちいち処方のため医者に行くのは面倒だから。(60代・女性)
受診のために必要な予約、移動、診察の時間を減らせるから。(70代・男性)
2カ月に1回通院して毎回同じ薬を処方してもらっているけれど、薬をもらうだけならコロナ感染も防げるし薬局に行けば良いので楽だから。(30代・女性)
病院に行く回数を減らせそう。(50代・男性)
処方箋発行料の分だけ医療費が減れば社会保険制度全体にも好影響を及ぼすと思う。(70代・男性)
自分の体に合うと分かっている薬を同じように処方してもらえるなら楽だし、安心だから。(20代・女性)
花粉の時期だけ花粉症の薬を飲んでいる。一度の処方箋でワンシーズンいければ楽。(30代・男性)
いつも同じ薬が処方されているので、担当医の負担軽減になれば使ってみたい。(40代・男性)
医者で待たされるのが嫌なので。(50代・女性)

■「『リフィル処方箋』を利用してみたいと思わない」回答理由
処方箋を書いてもらうだけの検診でも、何らかの不具合を伝えるチャンスだから。(60代・男性)
その都度診察してもらいたい。(50代・男性)
体調はその都度違うので毎回担当医と相談して薬は決めたほうが良いと思います。(70代・女性)
なんとなく不安。(30代・男性)
その時の状況で薬の種類を変えたい。(70代・男性)

■「どちらともいえない」回答理由
利便性はあるが必要性は疑問。(50代・男性)
薬をすぐにもらえるのはいいけど、お医者さんと話をしなくていいのかと思う。(50代・女性)
持病がある人にはいいと思うが、自分は時期、その時によって体の調子は変化するから。(20代・男性)
便利だが症状の変化に細かく対応できない。(60代・男性)
何度も病院に行くのは面倒なので利用してみたいところもあるが、いつまで薬を使用しないといけないか判断ができないため結局病院には行かないといけないから。(30代・男性)
普段常用している薬がないため、使い方のイメージ自体がつかめていない。(40代・女性)
まだどういう問題が起きるのかよく分からないから。(40代・男性)

現在、定期的に飲んでいる薬が「ある」人ではリフィルの利用意向は7割

 「リフィル処方箋を利用してみたいか」という質問について、「現在、定期的に飲んでいる薬があるか」という質問の回答別に集計もしている。

 現在、定期的に飲んでいる薬が「ある」人の70.1%が、リフィル処方箋を「利用してみたいと思う」としている。

 リフィル処方箋のメリット・デメリットと思うことについても聞いている。回答例は次の通り。

■「リフィル処方箋の良い点・メリットだと思うこと」回答
何度も病院にかかって処方箋をもらわなくて済むので病院代と時間が節約できていい。(30代・男性)
医師や患者ともに時間と労力の節約ができるところ。(40代・男性)
症状が大きく変化しない場合、手間が省けるから。(70代・男性)
紙の無駄が減らせる、医師の負担軽減。(20代・女性)
形式的になりつつある受診の負担が減る。(50代・女性)
病院が遠くても近くの処方箋薬局でいつでも薬がもらえる点。(50代・男性)

■「リフィル処方箋の悪い点・デメリットだと思うこと」回答
症状の急変の兆候に気付きにくい。(50代・女性)
医師による患者さんの経過観察の機会が減ることで、患者さんの病状の変化を把握しにくくなるリスク。(30代・女性)
医師との相談やコミュニケーションの機会がなくなりそう。(50代・男性)
自分で症状の変化を判断する必要があること。(70代・男性)
医師の診察がなくても薬を処方されることになるため医療事故につながる可能性がある。(30代・女性)
処方薬転売などの不正行為の温床になるのではないか。(40代・男性)
処方箋の有効期限は、どのぐらいがいいですか?
処方箋には原則4日間の有効期限があり、有効期限を過ぎた処方箋は無効になってしまいます。
再度同じ内容の処方箋を受け取る場合でも、改めて医師の診療を受ける必要があります。

処方箋の有効期限「4日」については意見割れる

 質問8では、処方箋の有効期限について、どのように思っているのか聞いている。

 半数の方が「4日間より長いほうがよい」と考えているが、「4日間でよい」と考えている人も45.6%で、意見が分かれていた。

 それぞれの回答の理由を聞いている。回答例は次の通り。

■「4日間より長いほうがよい」回答理由
諸事情ですぐに取りに行けないこともあるから。(30代・男性)
仕事やいろいろな事情で簡単に休みが取れない為、最低でも1週間ぐらいは余裕が欲しい。(20代・女性)
1週間単位で予定を立てている人が多いと思うので、融通が利くように。(50代・男性)
今の世の中コロナや何かの病気で家から動けない人もいるから期間は長いほうが助かる。(30代・女性)
連休などで薬局がやっていないのに期限が過ぎてしまう場合があるから。(40代・女性)
患者によっては家族に薬局に行ってもらわないといけない場合もあり、日数に余裕が欲しい場合があるからです。(50代・男性)
混んでいた場合、次の機会に回せるから。(60代・男性)
徒歩か自転車でしか薬局へ行けないので、天候が悪かったり用事がある時は4日間では短すぎる。(70代・男性)

■「4日間でよい」回答理由
4日間もあれば薬局に行くことができると思うから。(20代・男性)
現状の4日でそんなに困っていないので。(40代・男性)
大体がその日のうちに使うだろうから時間的余裕はそんなになくていい。(50代・男性)
有休など休みを取りやすい職場なので、4日あれば薬を取りに行けるから。(30代・女性)
あまり長いと忘れそうだし短すぎると受け取れない。(30代・女性)
飲む気があるなら4日以内に行くだろうから。(60代・男性)
それ以上になると病状が変わっている場合があるから。(40代・女性)
4日より長くすると、治って薬を受け取らない人もでてくる可能性があり、処方箋がムダになると思うからです。(50代・女性)

■「4日間より短いほうがよい」回答理由
その場で受け取りに行く場合がほとんどだと思うから。(20代・男性)
そのまま忘れる心配がないから。(50代・女性)
その日に貰うように薬の数も調整してある為。(40代・男性)
処方薬はすぐに服用するべきなので。(60代・男性)

 同社では、「リフィル処方箋を利用するためには、症状が安定している、医師が“リフィル可”と判断した--などいくつかの条件があるので、利用を検討している人は医師に相談してみましょう」としている。

この記事のライター

関連するキーワード


リフィル処方箋

関連する投稿


【中医協】生活習慣病管理でリフィル処方箋の活用推進を検討

【中医協】生活習慣病管理でリフィル処方箋の活用推進を検討

【2023.12.08配信】厚生労働省は12月8日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開き、「生活習慣病対策」について議論した。


【中医協】日医「大前提として処方権は医師のみにある」/リフィル処方箋の議論で

【中医協】日医「大前提として処方権は医師のみにある」/リフィル処方箋の議論で

【2023.11.22配信】厚生労働省は11月22日に中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開催し、リフィル処方箋の推進について議論した。


【中医協】リフィル処方箋推進へ、医科の生活習慣病管理での評価案を提示

【中医協】リフィル処方箋推進へ、医科の生活習慣病管理での評価案を提示

【2023.11.22配信】厚生労働省は11月22日に中医協を開催し、リフィル処方箋の推進について議論した。事務局は、生活習慣病等の管理が必要な患者への対応において評価する案などを示した。


【厚労省】花粉症でリフィル活用の取り組みを事務連絡/前シーズンまでの治療で合う治療薬が分かっているケースなど

【厚労省】花粉症でリフィル活用の取り組みを事務連絡/前シーズンまでの治療で合う治療薬が分かっているケースなど

【2023.11.21配信】厚生労働省は11月21日、「花粉症の治療薬に係る長期処方やリフィル処方箋の活用について」との事務連絡を発出した。


【岸田首相】「リフィル処方箋の活用を積極的に促進」/花粉症に関する関係閣僚会議で

【岸田首相】「リフィル処方箋の活用を積極的に促進」/花粉症に関する関係閣僚会議で

【2023.10.11配信】10月11日、花粉症に関する関係閣僚会議が開かれ、花粉症対策初期集中対応パッケージがまとめられた。とりまとめに際し、岸田文雄首相は、発症・曝露対策として、「リフィル処方箋の活用を積極的に促進する」と述べた。


最新の投稿


【日登協】組織名変更、「日本医薬品登録販売者会」/職能団体としての位置づけを強化

【日登協】組織名変更、「日本医薬品登録販売者会」/職能団体としての位置づけを強化

【2024.06.14配信】日本医薬品登録販売者協会は6月14日に会見を開き、組織名を「日本医薬品登録販売者会」に変更すると公表した。職能団体としての位置づけを強化する。略称は「日登会」とする。


【日薬次期理事案】書面決議は可決、総会での信任投票へ/飯島氏、徳吉氏を削除した候補者議案の書面決議

【日薬次期理事案】書面決議は可決、総会での信任投票へ/飯島氏、徳吉氏を削除した候補者議案の書面決議

【2024.06.14配信】日本薬剤師会の次期理事候補者変更案について行われていた現執行部による書面決議が、このほど全員賛成で承認された。このあと、30日の総会で代議員による信任投票が行われる見通し。


【中医協】賃上げにかかる調査・検証について把握方法を提示

【中医協】賃上げにかかる調査・検証について把握方法を提示

【2024.06.14配信】厚生労働省は6月14日、中央社会保険医療協議会(中医協)診療報酬調査専門組織(入院・外来医療等の調査・評価分科会)を開催した。その中で賃上げにかかる調査・検証について把握方法を提示した。


【医薬品供給不安】安定確保薬の定期的な見直しを/日本医学会連合が提言

【医薬品供給不安】安定確保薬の定期的な見直しを/日本医学会連合が提言

【2024.06.14配信】日本医学会連合は6月12日、厚労省に「医薬品安定供給に関する提言を提出した。我が国の健康に関する安全保障上、国民の生命を守るため、切れ目のない医療供給のために必要で、安定確保について特に配慮が必要とされる医薬品である「安定確保医薬品」については、リストの定期的な見直しとその周知、政策への反映を求めている。


【チェーンドラッグストア協会】「調剤報酬委員会」常設に

【チェーンドラッグストア協会】「調剤報酬委員会」常設に

【2024.06.13配信】日本チェーンドラッグストア協会は6月12日、通常総会を開き、2024年度の組織人事並びに事業計画が承認された。


ランキング


>>総合人気ランキング