【中医協公聴会】薬剤師会・有澤氏、後発薬の現状を質問/発表者の青木氏「患者さんに小分けしながらお渡し」「入手できなかった分をお届けに行く」

【中医協公聴会】薬剤師会・有澤氏、後発薬の現状を質問/発表者の青木氏「患者さんに小分けしながらお渡し」「入手できなかった分をお届けに行く」

【2022.01.21配信】厚生労働省は1月21日、中央社会保険医療協議会総会(公聴会)を開催した。その中で日本薬剤師会常務理事の有澤賢二氏は薬剤師の立場からの発表者である保険調剤薬局つつみ(宮崎県小林市)の青木浩朗氏に質問。後発医薬品の現状などについて聞いた。青木氏は、後発医薬品の現状において、すべての日数を渡すことができないために、小分けして患者に渡しているとした。また入手に関しては薬局を閉めてから隣町の薬局などにも依頼に行ったり、入手できた場合にも、患者宅まで届けに行っているという状況を説明した。


 日本薬剤師会の有澤氏は、薬剤師の立場からの意見発表者である青木氏に質問。

 「後発医薬品について、現場は発注や配達など対応に追われている状況で、悪化の一途をたどっていますというふうな形で発表されましたが、具体的に先生の薬局でどのようなケースで困っているのか。それともう一つは国民負担の軽減の観点から後発医薬品の推進は進めていくべきだと考えていますけれども、その辺については現場ではどう考えているかということを聞かせていただきたい。それから病院薬剤師と薬局薬剤師の連携、入退院時の、病院の医師も含めた形、医療機関側と現場の薬局薬剤師、外来から入院あるいは退院をして在宅以降も含めた、その中で間は地域の中でしっかりと連携を取った形の完結型でいくべきだと考えていますけれども、先生のところで現場で実際にどのようなところで苦労がされているか、あるいはこんなことが改善されたらいいんではないかということを具体的なものをお聞かせいただければと思います」と質問した。

 青木氏はまず後発医薬品について、次のように述べた。
 「後発医薬品の具体的な状況については、医薬品が入らない時というのがすごくあります。コロナがすごく広まって、なおさら長期処方になってきた時もあり、入ってきたとしても少ないので、実際に(処方の)すべての日数を調剤することがまずできませんでした。小分けしないと患者さん皆さんに行き渡らないわけですね。ですから1週間分だけとりあえずお渡しして、という状況で、なんとかつなげていっているという状況でした。今もその状況は変わりはないんですけれども、例えば商品が入らない時には近くの薬局にお願いするということもあるんですが、なかなかそれもお互いにモノがないので大変なんですが、こういう場合には知り合いのところのちょっと遠い隣町に行ってということを、営業時間が終わった後に夜のうちにいただいてきたりしています。やっと入ったとしても、それからまた患者さんの個人宅に配達ということは頻繁に起こるという状況でございます。その間も、患者さんの体調の確認とか、いろんなフォローが出来たので良い面もあったんですけども、後発医薬品に関してはすごく大変なことがございました」と回答した。

入退院時の連携、「フォーマット統一を」

 青木氏は、入退院時などの医療機関と薬局の連携に関しては、フォーマットの統一の必要性を指摘した。
 
 「入退院時のことですが、事例としては入院時に薬局から情報をお渡ししています。例えば歯科であったり、整形、内科などいろんなところに患者さんがかかっていらっしゃいますので、その情報を一元管理をして病院の病棟薬剤師の方に連絡をする。その時に病院の薬剤師さんからよく言われるのは、“この情報があると、私たちは病棟活動に本当に専念できます”ということです。実際に(入院から)帰ってきて患者さんに聞きますと、“自分の情報が向こう(病院)で分かっていた”、と。こういった状況です。分かってくれているということは非常にやっぱり安心感を与えるということが言われています。(入院から)帰ってきた時には、病棟の方でどういった治療を受けたのかということが私たち(薬剤師)もわかると、その後のフォローが非常にしやすくなってきます。そういった意味で病院と薬局の連携が非常に大事になっています。そして在宅に移行する場合では、例えば老老介護が非常に多くなってまいります。サービス担当者会議で服用の声かけをしないと、なかなか飲んでいただけないということがあるんですね。そういったことでしっかりやり取りをして声かけを誰がするのか、全部チームで決めて、だんだん飲めるようになってきて体調も良くなってくることを何度も経験しております。また介護職であったりとかいろんな職種の方から見た時に、医療機関への相談や提案の窓口があるということが、薬剤師の欠かせない役割の一つだと思います。地域包括ケアシステムの中でも、非常に薬剤師は役に立つ存在ではないかなというふうに思います。特に入退院の連携については、さまざまなフォーマットがありまして、そこのフォーマットについては統一されると非常にやりやすくなるではないかなというふうに感じております」と述べた。

 最後に、座長は今回の公聴会の概要を総括し、その中で、調剤に関わる部分としては、次のように述べた。

 「対人業務へのシフトは理解しているものの、対物業務は重要であるので質の担保への評価は重要であるという指摘もいただいております」
 「後発医薬品は供給問題への配慮も必要だというご指摘をいただいております」

この記事のライター

関連するキーワード


中医協 公聴会 後発医薬品

関連する投稿


【医薬品の安定供給へ】後発薬業界ができること/東和薬品が講演

【医薬品の安定供給へ】後発薬業界ができること/東和薬品が講演

【2024.05.28配信】5月25日に名古屋で開かれた「日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会 学術大会」で、東和薬品執行役員の田中俊幸氏が「ジェネリック医薬品産業のあるべき姿の構築に向けて」と題して講演した。


【厚労省_中医協】敷地内薬局、今後は総会で議論/今後の検討の進め方を了承

【厚労省_中医協】敷地内薬局、今後は総会で議論/今後の検討の進め方を了承

【2024.05.15配信】厚生労働省は5月15日、中央社会保険医療協議会(中医協) 総会を開催した。


【令和6年調剤報酬改定_答申】基準見直しの調剤基本料「2ーイ」、集中率上位3医療機関で7割超

【令和6年調剤報酬改定_答申】基準見直しの調剤基本料「2ーイ」、集中率上位3医療機関で7割超

【2024.02.14配信】厚生労働省は2月14日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開き、答申について議論し、最終案を提示した。


【令和6年調剤報酬改定_答申】調剤基本料3点増点/賃上げ対応で

【令和6年調剤報酬改定_答申】調剤基本料3点増点/賃上げ対応で

【2024.02.14配信】厚生労働省は2月14日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開き、答申について議論し、最終案を提示した。


【中医協_答申書の附帯意見案】日薬森氏、敷地内薬局の議論にコメント

【中医協_答申書の附帯意見案】日薬森氏、敷地内薬局の議論にコメント

【2024.01.31配信】厚生労働省は1月31日に中央社会保険医療協議会(中医協) 総会を開き、答申書の附帯意見案について議論した。この中で日本薬剤師会副会長の森昌平氏は敷地内薬局についてコメントした。


最新の投稿


【厚労省_調剤報酬改定】夜間休日リスト、「手続き済み、公表待ち」でも届け出OK/疑義解釈資料(その6)

【厚労省_調剤報酬改定】夜間休日リスト、「手続き済み、公表待ち」でも届け出OK/疑義解釈資料(その6)

【2024.05.31配信】厚生労働省は5月30日、令和6年度調剤報酬改定の「疑義解釈資料の送付について(その6)」を発出した。


【OTC医薬品卸協議会】新名称を報告/協議会会長の松井秀正氏

【OTC医薬品卸協議会】新名称を報告/協議会会長の松井秀正氏

【2024.05.30配信】日本医薬品卸売業連合会は5月30日に通常総会を開いた。


【岩月・次期日薬会長】「県薬との連携は重要」/“非会員”飯島氏の新理事入りへの反対意見に

【岩月・次期日薬会長】「県薬との連携は重要」/“非会員”飯島氏の新理事入りへの反対意見に

【2024.05.30配信】日本薬剤師会は5月29日、都道府県会長協議会を開催した。この中で、長野県薬剤師会は県薬非会員である飯島裕也氏(上田薬剤師会)の次期理事入りに対して、一部報道があった通り、反対意見を表明。次期会長候補である岩月進氏に見解を求める場面があった。


【日本薬剤師会】令和7年度予算要望/薬価に依存しない財源確保

【日本薬剤師会】令和7年度予算要望/薬価に依存しない財源確保

【2024.05.29配信】日本薬剤師会は5月29日に都道府県会長協議会を開催。その中で令和7年度予算要望の内容を説明した。


【日薬公表】令和5年度医薬分業率は80.3%、前年比3.9ポイント増/速報値

【日薬公表】令和5年度医薬分業率は80.3%、前年比3.9ポイント増/速報値

【2024.05.29配信】日本薬剤師会は5月29日に都道府県会長協議会を開催した。


ランキング


>>総合人気ランキング