【薬剤師会】独自の研究助成先を決定/オンライン服薬指導のあり方など/より強固なエビデンスに基づく政策提言に前進

【薬剤師会】独自の研究助成先を決定/オンライン服薬指導のあり方など/より強固なエビデンスに基づく政策提言に前進

【2021.12.17配信】日本薬剤師会は12月16日に定例会見を開き、独自の研究助成先を決定したことを報告した。血糖値をモニタリングするウエアラブルデバイスを薬局の活動にどう生かすかや、オンライン服薬指導が対面とどう違うのかなどの研究を含め、4件を決定。同助成は、今年9月に募集を告知していたもの。政府でもエビデンス・ベースト・ポリシー・メイキング(EBPM=証拠に基づく政策立案)を進める動きがある中で、薬剤師会としては助成研究のデータを政策提言力に生かしていきたい考え。


 日本薬剤師会は、9月に「薬剤師職能振興研究助成」事業の募集を開始していた。同事業は医療、薬事衛および薬局機能について、発展を希求する研究や状況調査に対して助成することで国民の健康な生活への貢献を目的に掲げている。

 このほど決定したのは以下の4件。

1、岡田 浩氏(所属:京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康情報学分野)
「薬局薬剤師による2型糖尿病患者のCGM(Continuous Glucose Monitoring)データを用いた血糖自己管理支援プログラムの開発とその効果の検証」
助成額 2,000,000円

2、林秀樹氏(所属:岐阜薬科大学地域医療実践薬学研究室)
「オンライン服薬指導では入手困難な情報が疑義照会等に及ばす影響の「Pharmaceutical Intervention Record(薬学的介入報告)」を活用した解析」
助成額 1,600,000円

3、近藤悠希氏(所属:熊本大学大学院生命科学研究部・薬学部臨床葉理学分野)
「保険薬局における腎排泄型薬剤適正使用推進のための教育プログラムの作成」
助成額 1,600,000円

4、富永佳子氏(所属:新潟薬科大学)
「生活習慣病を有する患者に対する行動変容支援による重症化予防~地域医療ネットワークを活用した比較検討~」
助成額 1,400,000円

地域の薬剤師会と連携して研究・調査

 専務理事の磯部総一郎氏は、調査について、補足説明した。

 まず、今回の助成の前提について、「薬剤師の職能を確立し充実していきたいということで種々の活動をしている中で、我々の主張や業務改善のために活動の内容をデータ化して、実態や実情がどうなのか、どのぐらいの数をやってるのかとか、具体的にどのようなことをやっているのか、その効果はどうか、どうしたらもっといいのか、そういったことについてデータ・エビデンスを収集して、我々の政策に関する主張であったり我々の業務の改善につなげたいと考えている」とした。採択については30件以上の応募の中から、「新規性」「重要性」「発展性」「実現性」「社会的意義」の5つの観点で厳正に審査したとした。

 1の岡田氏の研究については、神戸の須磨区薬剤師会、大阪の枚方市薬剤師会、神奈川の小田原薬剤師会と協力して実施するという。ウエアラブルデバイスによって24時間、血糖値に関与する数値をモニタリングすることによって、糖尿病患者の自己管理や薬局の関わりについて調査研究するもの。
 磯部氏は、「政策提言でもウエアラブルデバイスで得られるデータを患者ケアに活用していく重要性も指摘しており、そういった提言にも資するものと考えられる」と述べた。

 2の林氏の研究は、岐阜県薬剤師会と共同で実施する予定という。磯部氏は「オンライン服薬指導の問題は我々としても重要な関心事だ。研究はオンライン服薬指導と対面との違い、それによってどのように対応ができるのか、薬局での対人業務にどのような影響をもたらすのかということを研究するもので、基礎的なデータ収集にも資する」と紹介した。

 3の近藤氏の研究は鹿児島県薬剤師会と連携する予定。4の富永氏の研究は佐渡市薬剤師会と協力して行う予定。

この記事のライター

関連する投稿


【日本薬剤師会】次期執行部の理事候補者29人を公表/磯部総一郎専務理事は退任

【日本薬剤師会】次期執行部の理事候補者29人を公表/磯部総一郎専務理事は退任

【2022.05.26配信】日本薬剤師会は5月25日に開かれた会見で、次期執行部の理事候補者29人を公表した。磯部総一郎専務理事が退任するほか、現職では東京都薬剤師会会長を務める永田泰造氏などが退任する。東京都薬剤師会からは新メンバーとして女性の小林百代氏が理事候補者となっている。


【日本薬剤師会】今夏の参議院選に危機感/「“本田選挙”より名簿が3割少ない」

【日本薬剤師会】今夏の参議院選に危機感/「“本田選挙”より名簿が3割少ない」

【2022.05.25配信】日本薬剤師会は5月25日に都道府県会長協議会を開催した。その中で開始前に挨拶に訪れた日本薬剤師連盟幹事長の岩本研氏は今夏の参議院議員選挙への危機感を表明した。現職の本田あきこ参議院議員の選挙に比べて、支援者名簿の数が3割少ないと状況を説明した。


【日本薬剤師会】オンライン資格確認の義務化、「来年3月末までに間に合うのか」/システム企業との調整期間など懸念

【日本薬剤師会】オンライン資格確認の義務化、「来年3月末までに間に合うのか」/システム企業との調整期間など懸念

【2022.05.25配信】日本薬剤師会(日薬)は5月25日に都道府県会長協議会を開き、その中で同日午前中に開かれた社会保障審議会医療保険部会の内容が報告された。日薬としては、令和5年3月までのオンライン資格確認の義務化について、システム企業との調整期間がかかることなども想定されるとして「間に合うのか」との懸念を表明したことなどを報告した。


【日本薬剤師会】山本会長「ただ壊すだけの規制改革」に「十分に対抗していく」

【日本薬剤師会】山本会長「ただ壊すだけの規制改革」に「十分に対抗していく」

【2022.05.25配信】日本薬剤師会は5月25日に都道府県会長協議会を開いた。会の冒頭、挨拶した山本信夫会長は規制改革の動向に触れ、「ただ壊すだけの規制改革には十分に対抗していく」と語った。


【日本薬剤師会】研究用抗原定性検査キットの販売を行わないよう周知

【日本薬剤師会】研究用抗原定性検査キットの販売を行わないよう周知

【2022.05.13配信】日本薬剤師会は5月11日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染症の研究用抗原定性検査キットの販売を行わないよう周知したとした。


最新の投稿


【薬剤師WG】電子処方箋の数値目標を掲げる/令和5年3月末までにオン資導入の施設の7割に

【薬剤師WG】電子処方箋の数値目標を掲げる/令和5年3月末までにオン資導入の施設の7割に

【2022.05.27配信】厚生労働省は5月27日に「第5回薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)を開き、電子処方箋にかかわる数値目標を掲げた。令和5年3月末の時点で、オンライン資格確認等システムを導入した施設の7割程度の導入を目標とする。


【薬剤師WG】リフィル処方箋の手引き作成を論点に提示

【薬剤師WG】リフィル処方箋の手引き作成を論点に提示

【2022.05.27配信】厚生労働省は5月27日に「第5回薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)を開き、リフィル処方箋に関して手引きを作成することを議題に挙げた。


【規制改革答申を公表】薬剤師による点滴薬剤の充填・交換や褥瘡への薬剤塗布の適否「課題を整理」

【規制改革答申を公表】薬剤師による点滴薬剤の充填・交換や褥瘡への薬剤塗布の適否「課題を整理」

【2022.05.27配信】5月27日に規制改革推進会議が開かれ、「規制改革推進に関する答申~コロナ後に向けた成長の「起動」~」を公表した。薬剤師による「点滴薬剤の充填・交換や患者の褥瘡(じょくそう)への薬剤塗布等の行為」に関して「適否や必要性、実施可能性等の課題について整理を行う」とした。


【規制改革答申を公表】処方箋40枚規制の見直しに踏み込む

【規制改革答申を公表】処方箋40枚規制の見直しに踏み込む

【2022.05.27配信】5月27日に規制改革推進会議が開かれ、「規制改革推進に関する答申~コロナ後に向けた成長の「起動」~」を公表した。この中で、「薬剤師の員数に関する規制」について、「規制の在り方の見直しに向け課題を整理する」とし、いわゆる処方箋40枚規制の見直しの言及に踏み込んだ。


【規制改革答申を公表】「薬剤調製の外部委託の検討」を明記

【規制改革答申を公表】「薬剤調製の外部委託の検討」を明記

【2022.05.27配信】5月27日に規制改革推進会議が開かれ、「規制改革推進に関する答申~コロナ後に向けた成長の「起動」~」を公表した。この中で「薬剤調製の外部委託」を明記した。


ランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

ドラビズ on-line で話題のキーワード


後発医薬品 供給不安 国保 オンライン請求 抗原検査キット GoTo コロナ