【中医協総会】「調剤料に対人業務含まれる」/適切な評価のあり方議論に

【中医協総会】「調剤料に対人業務含まれる」/適切な評価のあり方議論に

【2021.11.26配信】厚生労働省は11月26日に中央社会保険医療協議会総会を開き、調剤報酬の配分のあり方に関して議論した。その中で、これまで対物業務の筆頭に挙げられてきた「調剤料」に関して、一定の「対人業務」が含まれているとの考え方が示された。委員からも一定の理解を示す声が聞かれた。今後、調剤料に含まれる対人業務をどのように評価するのか、注目される。


薬剤師会・有澤氏「調剤料の加算などの検討を」

 同日の中医協で、事務局は「調剤料」「調剤基本料」のほか、「その他」として同一薬局の利用推進や在宅患者訪問薬剤管理指導料などのテーマを示した。

 事務局の説明後に意見表明の口火を切ったのは、日本薬剤師会常務理事の有澤賢二氏だ。
 有澤氏はまず、対人業務へのシフトは大きな方向であるとの前提を示した。「対物、対人というキーワードがよく出てくるようになったが、これは厚労省の患者のための薬局ビジョンに示されたもので、薬剤師は認識をともにしており、今後の薬局・薬剤師のあり方を示したものだ。処方箋を正確に調剤する業務から、患者・人を中心した考え方に変化しており、対物から対人への構造転換だと理解している。このことを議論の出発点として、中医協の委員の皆様と共有したい」と述べた。
 その上で、調剤料の現状に対し問題意識を表明。「調剤料はモノだけの評価ではないことをはっきり申し上げたい」とした。事務局が資料でも示した通り、「患者情報等の分析・評価」「処方内容の薬学的分析」、「調剤設計」など、調剤料には対人業務が含まれているとの考えを示した。「対物と対人の両方があって調剤が成り立つ」として、調剤業務の実態に理解を求めた。
 調剤料のあり方については、「対人の線引きができるものではない」とし、調剤料の構成比率が高いことをもって対物業務の比率が高いと判断する見方については否定的な見方を示した。
 今後の議論については、「複合的な業務ではあるが、評価の内容で整理できるものは整理して、調剤料の加算も含めて検討を」と述べた。ただし、調剤料の変動は薬局経営への影響が大きいとして、「評価の影響を見つつ、累次の改定で段階的に行うことを強く要望する」と慎重さを求めた。

医師会・城守氏「調剤料のうち、薬学管理料で評価されるべきものを検討を」

 調剤料に関して日本医師会常任理事の城守国斗氏は、「薬局の調剤業務の流れにしたがって考える必要があるが、もう少し整理した方が分かりやすい報酬体系になるのではないか」とした。具体的には品質管理など明確にモノとしての業務については調剤料として評価されるべきである一方、「薬剤師さんが個々の患者さんのために治療効果の最大化やリスクの最小化をする業務については、薬学的知識を必要とするもの」との考えを示した。
 事務局が調剤の流れとして示し、現在は調剤料の評価に含まれている「患者情報等の分析・評価」や「処方内容の薬学的分析」「調剤設計」などについては、「薬学管理料として見直される場合があるか検討されるとよいと思う」と指摘した。
 ただし、「日数に応じて評価が変動することは医療機関になじまない」として見直しを求めた。一包化加算についても「機械で自動化されている中で43日以上から評価が分かれているが、精査は必要」と述べた。

 日本労働組合総連合会総合政策推進局長の佐保昌一氏は、調剤料に関して「対人業務を適切に評価することが重要であり、調剤料の評価と薬学管理料などのバランスを考え見直して行く必要があるのではないか」と述べた。

 日本経済団体連合会社会保障委員会医療・介護改革部会部会長代理の眞田享氏は、調剤料に関して、「技術料に占める調剤料の割合について減少するトレンドは今後も継続させていくことが重要ではないか」とした。
 
 健康保険組合連合会理事の松本真人氏は調剤料に関して、「投与日数が増えると点数が増加する仕組みは問題だと以前から指摘している。いまだに1週間ごとに点数が階段状で増えていくという仕組みはそのままだ。1週間分と2週間分で調剤業務が本当に増えるのかという疑問は私も抱いている。今回、調剤料の中に対人業務的な要素を含むということは初めて明示された。調剤業務の考え方と報酬についてはもう少し議論する必要があると思っている」と話した。

<編集部コメント>調剤料の議論は両刃の剣

 周知の通り、調剤料は調剤報酬のうち薬剤料を除いた技術料で5割を占めており、調剤料の行方は薬局経営に大きな影響をもたらす。
 「対物業務から対人業務へのシフト」がうたわれる中で、一律に調剤料の比率減少をよしとする議論の方向性に薬剤師会は強い危機感を抱いてきたといえる。

 前回、この議論に強い口調で反論した健保連だが、幸野氏から松本氏に委員が変わり、松本氏は「もう少し議論が必要」と述べ、「調剤料の中に含まれる対人業務の評価の議論」自体には強い抵抗は示さなかったといえる。ただ、適切な評価のあり方に理解を示しただけで、投与日数で調剤報酬が増加することへの問題意識は変わっていない。そのため、この議論を契機に、日数に比例する報酬のあり方に切り込まれると、それはそれで薬剤師会にとっては厳しい議論となるだろう。

 薬剤師会の有澤氏が牽制した通り、段階的な移行が望ましいといえる。

この記事のライター

関連するキーワード


中医協 調剤報酬改定

関連する投稿


【ドラッグストア協会】調剤報酬改定のパブコメを提出/「集中率」要件未記載に危機感/「面分業へのペナルティ」

【ドラッグストア協会】調剤報酬改定のパブコメを提出/「集中率」要件未記載に危機感/「面分業へのペナルティ」

【2022.01.21配信】日本チェーンドラッグストア協会は1月21日に会見を開き、診療報酬改定(調剤報酬改定)に関するパブリックコメントに、協会としての見解を提出したことを報告した。特に調剤基本料に関して、これまで記載のあった「集中率」に関する記載がないことに強い抵抗感を示し、「面分業の推進に取り組んできたグループ薬局に事実上のペナルティーを課すことにほかならない」としている。


【中医協公聴会】薬剤師会・有澤氏、後発薬の現状を質問/発表者の青木氏「患者さんに小分けしながらお渡し」「入手できなかった分をお届けに行く」

【中医協公聴会】薬剤師会・有澤氏、後発薬の現状を質問/発表者の青木氏「患者さんに小分けしながらお渡し」「入手できなかった分をお届けに行く」

【2022.01.21配信】厚生労働省は1月21日、中央社会保険医療協議会総会(公聴会)を開催した。その中で日本薬剤師会常務理事の有澤賢二氏は薬剤師の立場からの発表者である保険調剤薬局つつみ(宮崎県小林市)の青木浩朗氏に質問。後発医薬品の現状などについて聞いた。青木氏は、後発医薬品の現状において、すべての日数を渡すことができないために、小分けして患者に渡しているとした。また入手に関しては薬局を閉めてから隣町の薬局などにも依頼に行ったり、入手できた場合にも、患者宅まで届けに行っているという状況を説明した。


【中医協公聴会】「調剤料」に含まれる対物の重要性を指摘/保険調剤薬局つつみ・青木氏が意見発表

【中医協公聴会】「調剤料」に含まれる対物の重要性を指摘/保険調剤薬局つつみ・青木氏が意見発表

【2022.01.21配信】厚生労働省は1月21日、中央社会保険医療協議会総会(公聴会)を開催した。その中で保険調剤薬局つつみ(宮崎県小林市)の青木浩朗氏が意見表明した。青木氏は調剤料について触れ、分割する場合にも安定性などによって日数を調整しているなど、対物業務について安心安全に非常に重要だと説明した。また、調剤を始める前には毎回処方監査を行っており、これがなければ事故につながると重要性を強調した。


【中医協】「改定議論の整理」、ほぼ修正なく了承/個別項目の議論へ

【中医協】「改定議論の整理」、ほぼ修正なく了承/個別項目の議論へ

【2022.01.14配信】厚生労働省は1月14日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開き、「令和4年度診療報酬改定に係るこれまでの議論の整理(案)」を提示した。12日にも提示していたもので、12日にはさまざまな意見が出ていたが、当初の提示内容からほぼ修正なしの形で了承された。今後、個別項目の議論に移る。


【日本保険薬局協会】首藤会長、リフィル処方箋導入「こんなに早いと思っていなかった」

【日本保険薬局協会】首藤会長、リフィル処方箋導入「こんなに早いと思っていなかった」

【2022.01.13配信】日本保険薬局協会は1月13日に定例会見を開いた。この中で記者からリフィル処方箋の制度設計に関しての要望を聞かれると、首藤正一会長は「こんなに早く導入されると思っていなかった。協会内でリフィル処方箋に関して協議したことはない。詳しい制度が分かってからの議論になると思う」と話し、率直な驚きを示した。一方で、「日本薬剤師会の山本信夫会長が表明している通り、薬剤師の役割や責任は大きくなると思うので、協会としても講習などを通して会員を支援したい」と話した。


最新の投稿


【荒川区のOGP薬局】経産省の「フェムテック補助金事業」に協力/荒川区民へセミナー開催

【荒川区のOGP薬局】経産省の「フェムテック補助金事業」に協力/荒川区民へセミナー開催

【2022.01.24配信】LINE を活用した妊活コンシェルジュサービス「famione(ファミワン)」を提供する株式会社ファミワン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石川勇介氏)は、経済産業省 令和 3 年度「フェムテック等サポートサービス実証事業費補助金」における補助事業者に採択された取り組みとして、社会福祉法人荒川区社会福祉協議会の後援のもと「看護師と薬剤師が答える!妊娠前・妊活中に知っておきたい話」を2月19日に開催する。


【ウエルシア薬局】カスミ新業態店で協働/食と健康テーマの「BLANDEつくば並木店」(茨城県)

【ウエルシア薬局】カスミ新業態店で協働/食と健康テーマの「BLANDEつくば並木店」(茨城県)

【2022.01.24配信】株式会社カスミ(本社:茨城県つくば市、代表取締役社長:山本慎一郎氏)は、カスミの新業態店舗「BLANDE」1号店をx茨城県つくば市にオープンする。オープンは1月28日(金)。食と健康美をテーマとした新たな売り場展開で、調剤提供などでウエルシア薬局が出店する。


【ドラッグストア協会】調剤報酬改定のパブコメを提出/「集中率」要件未記載に危機感/「面分業へのペナルティ」

【ドラッグストア協会】調剤報酬改定のパブコメを提出/「集中率」要件未記載に危機感/「面分業へのペナルティ」

【2022.01.21配信】日本チェーンドラッグストア協会は1月21日に会見を開き、診療報酬改定(調剤報酬改定)に関するパブリックコメントに、協会としての見解を提出したことを報告した。特に調剤基本料に関して、これまで記載のあった「集中率」に関する記載がないことに強い抵抗感を示し、「面分業の推進に取り組んできたグループ薬局に事実上のペナルティーを課すことにほかならない」としている。


【ドラッグストア協会】「ワクチン・検査パッケージ」、店舗販売業でも許可を/内閣府に要望

【ドラッグストア協会】「ワクチン・検査パッケージ」、店舗販売業でも許可を/内閣府に要望

【2022.01.21配信】日本チェーンドラッグストア協会は1月21日、定例会見を開いた。この中で、政府が進める「ワクチン・検査パッケージ」に関わる抗原検査やPCR検査において、希望者が限られた店舗に殺到している状況を受け、「店舗販売業でも担えるよう内閣官房に要望している」と明かした。希望者に応えられるよう、拠点数を増やしたい考えだ。


【ドラッグストア協会】調剤の委受託に反対表明/処方箋40枚規定「見直し不要」

【ドラッグストア協会】調剤の委受託に反対表明/処方箋40枚規定「見直し不要」

【2022.02.21配信】日本チェーンドラッグストア協会は1月21日に定例会見を開いた。この中で、厚労省の「薬剤師の養成及び資質向上等に関する検討会」での「薬剤師・薬局業務に関わる検討」に関するワーキンググループ(WG)に協会から委員が出席することを報告した。(当メディア関連記事■【薬剤師養成検討会】「調剤業務委託の是非」を検討へ/ワーキンググループを設置:https://www.dgs-on-line.com/articles/1351)。併せて、協会としては調剤業務の委受託に関して反対することを表明した。


ランキング


>>総合人気ランキング

編集部おすすめ記事