【コロナ自宅療養】薬局の対応で講演会/服薬指導は電話で/薬は“置き配”

【コロナ自宅療養】薬局の対応で講演会/服薬指導は電話で/薬は“置き配”

【2021.08.30配信】厚生労働省は8月30日、コロナの自宅療養者への薬局対応について講演会を行った。8月11日〜27日まで297件に対応した関東の薬局グループが講演した。基本的に薬は“置き配”とし、服薬指導は追って電話でしているという。そのほか、患者に迅速に薬を届けるために処方医と使用薬に関してあらかじめ決めておくことや、場合によって近隣の他社薬局と連携し薬を譲り合う関係性が必要と指摘した。


迅速な薬の調達に薬局同士の連携が必要

 国内のコロナ患者数は減少に転じたとの指摘があるが、重症患者の発生ピークは患者数ピークから遅れてくるため、厚労省がこの時期に講演会を開いたのには地域ごとに連携して体制を組むことに資するためとの狙いがあるだろう。

 講演した薬局グループは、8月11日〜27日までに297件に対応。もともと薬局が何かできることはないか、との考えからコロナ自宅療養患者への対応を始めたという。

 仕組みはシンプルで医師から処方箋をファクスで受け付けたら指示の下、患者宅へ薬を届ける。
 薬は玄関のインターホン近くに置いていくなどの“置き配”で、患者にはドアから出て薬局関係者を出迎えないよう、事前に伝えているという。
 それでも、マンションのオートロックなどでインターホンを一度鳴らさないといけない場合などは、ドアから患者や家族が出てきてしまうことがあり、ひやりとすることがあるという。
 基本的にはフェイスシールドとマスクで訪問しているという。

 “置き配”は事務員などが行うことも多く、完了後に薬局の薬剤師に電話を入れ、薬局で待機していた薬剤師から患者へ服薬指導の電話をするという。

 課題としては、患者に迅速に医薬品を届けるために処方医とあらかじめ使用薬を決定しておくとよいと提案した。
 また、医薬品の流通が非常に重要として、現在は自社の店舗同士の融通で対応はしているが、今後は他の薬局で在庫している医薬品が確認できたりすると、迅速な調達につながるのではないかと提案していた。さらに、地域の他社薬局を紹介することも出てくるのではないかと呼びかけていた。

 講演会では薬局だけでなく訪問診療と、訪問看護の現場からの講演もあった。
 訪問診療の現場からは、「災害対応だと思っている」という言葉が聞かれるほど、対応している現場が逼迫している状況が伝わった。中等症以上の患者で「基礎疾患はない」という申告のある患者も採血を行うと糖尿病領域の値であることがわかるなど、オンライン診療だけではできないこともあるという。かかりつけを持っていればよいが、比較的若くかかりつけも持っていなかったり健診も受けていなかったりする人の場合は基礎疾患によって処方薬にも注意が必要だと指摘していた。
 訪問看護の現場からは、身体的な変化だけでなく、親を介護していた子供が中等症以上になってしまい親の介護が途絶えてしまったり、独居の人を見守ってくれていた人もコロナになってしまったことで急に見守りの状況が途絶えてしまったりなど、環境の変化にも目を向ける必要があると指摘していた。その場合、行政から食料などは届くがそれを自分で用意できない人の場合には、最低限の食事をどう確保するのかなどの対応が必要になっているという。

********
<編集部コメント>
 8月29日に開かれた日本コミュニティファーマシー協会フォーラム終了後の会見でも、協会理事からは急ピッチでコロナ自宅療養患者への薬局対応について、各地域で仕組みが組まれ始めているという話が出ていた。現状でもワクチン接種への協力などで逼迫している薬局現場ではあるが、だからこそ、広く負担を分け合えるような仕組みを期待したい。

この記事のライター

関連するキーワード


コロナ 自宅療養者

関連する投稿


【抗原検査キット】取扱薬局リスト公表へ/「連携強化加算」取得薬局対象に

【抗原検査キット】取扱薬局リスト公表へ/「連携強化加算」取得薬局対象に

【2022.07.25配信】厚生労働省医薬・生活衛生局総務課は薬局における医療用抗原検査キットの需要が拡大することを想定し、7月22日に、連携強化薬局を取扱薬局として厚生労働省のウェブサイトに掲載するとの事務連絡を発出した。連携強化薬局だけでなく積極的な薬局での取り扱いを依頼するとともに、取り扱いに関する情報を広く提供することを求める。例えばチェーン企業や地域薬剤師会などのホームページ等でも取り扱い薬局の情報掲示を求めている。


【専門職がCOVID-19の偽情報を広めるときの規制当局の規律】転載/カナダ薬剤師会雑誌情報

【専門職がCOVID-19の偽情報を広めるときの規制当局の規律】転載/カナダ薬剤師会雑誌情報

【2022.07.19配信】カナダ薬剤師会雑誌「Canadian Pharmacists Journal 」(CPJ)」は、専門職がCOVID-19の偽情報を広めるときの規制当局の規律に関して論説を掲載した。同誌はカナダ薬剤師会の雑誌で内容はCPJ編集部が決定し、出版印刷をSage社が行っているとみられる。今回、同誌のInternational Editorを務める山村重雄氏(城西国際大学 薬学部 医療薬学科 教授)の協力、翻訳を得て、転載する。なお、論説コーナーは、普段は編集委員長のRoss Tsuyuki氏が主に書いているが、今回はゲストでZubin Austin氏が執筆している。氏はトロント大学の教授で社会薬学の権威。


【薬王堂HD】医療相談付き検査キット「新型コロナあんしんプラス」販売開始

【薬王堂HD】医療相談付き検査キット「新型コロナあんしんプラス」販売開始

【2022.04.26配信】薬王堂ホールディングスは、365日24時間対応の医療相談、入院補償等付き検査キットの販売を開始した。子会社の薬王堂で「抗原検査キット」または「PCR検査サービスパック」購入、かつ被保険者登録をされた人に、無料での入院補償と24時間対応の医療相談サービスを提供する。


【薬剤交付支援事業】3月配送分からの概要/日本薬剤師会事務局まとめ

【薬剤交付支援事業】3月配送分からの概要/日本薬剤師会事務局まとめ

【2022.03.03配信】日本薬剤師会は3月2日に定例会見を開き、「薬局における自宅療養等の患者に対する薬剤交付支援事業について」を都道府県薬剤師会担当役員に発出したことを報告。3月配送分から事業内容が変わるもの。


【トモズ】コロナ検査事業、HPに事前チェック項目や「よくある質問と回答」を掲載

【トモズ】コロナ検査事業、HPに事前チェック項目や「よくある質問と回答」を掲載

【2022.02.01配信】ワクチン・検査パッケージの無料事業に協力しているトモズは、店頭での検査を希望する人に向けて、事前チェック項目や「よくある質問と回答」をホームページに掲載した。(https://www.tomods.jp/wp_home/wp-content/uploads/2022/01/01_20.pdf)無症状が薬局での検査対象であるなどの大原則のほか、検査に必要な本人確認書類なども説明している。店頭でイチから説明するよりも事前に情報を提供することで店頭での負担軽減につながりそうだ。


最新の投稿


【地域連携薬局】56%が大規模チェーン薬局の取得/日本保険薬局協会調べ

【地域連携薬局】56%が大規模チェーン薬局の取得/日本保険薬局協会調べ

【2022.08.12配信】日本保険薬局協会は8月10日、定例会見を開き、認定薬局に関する調査を公表した。それによると、地域連携薬局認定の2664軒のうち、55.5%に当たる1479軒が「300薬局以上」の大規模チェーン薬局グループの認定であることが分かった。


【後発医薬品】薬局の加算“不算定”、じわり増加/日本保険薬局協会調べ

【後発医薬品】薬局の加算“不算定”、じわり増加/日本保険薬局協会調べ

【2022.08.12配信】日本保険薬局協会は8月10日、定例会見を開き、医療制度検討委員会による調剤報酬改定の影響調査を公表した。それによると、後発医薬品調剤体制加算の算定率が減少していた。改定前は「加算なし」は21.4%だったものが、改定後は27.3%となっていた。75%以上の加算区分がなくなったことの影響だが、供給不安定化の問題も無関係とはいえない。不算定薬局では今後、後発医薬品使用のインセンティブが働かなくなることも懸念される。一方、90%以上という新区分を算定する薬局も18.4%あった。


【中医協答申】オンライン資格確認の評価/薬局にマイナ保険証持参なら1点、ない場合は3点/新設の「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」

【中医協答申】オンライン資格確認の評価/薬局にマイナ保険証持参なら1点、ない場合は3点/新設の「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」

【2022.08.10配信】厚生労働省は8月10日、中央社会保険医療協議会総会を開き、オンライン資格確認に関する診療報酬上の評価を議論した。事務局は現行の「電子的保健医療情報活用加算」を廃止した上で、マイナンバー保険証を持参した患者の負担を軽くする案を提示した。


【サツドラHD】子会社のサッポロドラッグストアーの代表取締役異動

【サツドラHD】子会社のサッポロドラッグストアーの代表取締役異動

【2022.08.09配信】サツドラホールディングスは8月9日、 同日開催の定時株主総会及び取締役会において、子会社サッポロドラッグストアーの代表取締役及び取締役の異動を行うことを決議し公表した。


【医薬品制度部会】論点は3つ/「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」

【医薬品制度部会】論点は3つ/「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」

【2022.08.09配信】厚生労働省は8月5日、「令和4年度第1回厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。この中で「薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)とりまとめが報告されたが、日本薬剤師会(日薬)副会長の森昌平氏は、制度に関わる論点として「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」の3つを挙げた。


ランキング


>>総合人気ランキング