【地域連携薬局】東京都の認定取得薬局一覧/ドラッグストアではウエルシア薬局、ココカラファインが取得

【地域連携薬局】東京都の認定取得薬局一覧/ドラッグストアではウエルシア薬局、ココカラファインが取得

【2021.08.20配信】東京都では地域連携薬局を取得した薬局が薬局機能情報提供サービス「t-薬局いんふぉ」で公開され始めている。公開されている取得薬局名を掲載する。ドラッグストアではウエルシア薬局、ココカラファインが取得している。


 8月20日時点で「t-薬局いんふぉ」で確認できた東京都の地域連携薬局は以下の通り(薬局名、住所)。

1 アイン薬局 月島店 中央区月島1-13-6 ウェルネス月島1F
2 QOLサポート クオール薬局 田町店 港区芝5-27-6 ヤマト田町ビル1階
3 クオール薬局 高輪店 港区高輪3-10-10
4 クオール薬局 古川橋店 港区南麻布2-10-19 ボヌール南麻布101号室
5 桜木薬局 住所 台東区上野桜木1-11-13 桜ビル
6 みどり薬局 台東区蔵前4丁目21番9号
7 永生薬局 台東区東上野2-22-10 ラスタビル
8 クオール薬局 大崎店 品川区大崎一丁目6番5号 大崎ニューシティ5号館2F
9 ふたば薬局 品川区二葉4-14-10
10 クオール薬局ちどり店 大田区千鳥二丁目39番6号
11 クオール薬局恵比寿店 目黒区三田一丁目11番1号 Y・Tタナカビル1階
12 アイン薬局 池尻店 世田谷区池尻2丁目34-18 コートM1階
13 クオール薬局奥沢店 世田谷区奥沢三丁目47番8号 サンケイプラザビル1階
14 クオール薬局駒沢店 世田谷区駒沢二丁目2番17号
15 みずほ薬局 上町店 世田谷区世田谷3-12-10
16 クオール薬局八幡山店 世田谷区八幡山三丁目34番2号 リーベ21 1階
17 下宿薬局 船橋店 世田谷区船橋一丁目30番3号 エグゼ千歳船橋1-A
18 クオール薬局下高井戸店 世田谷区松原三丁目28番9号
19 ファーコス薬局 用賀三丁目 世田谷区用賀三丁目8番16号 ヒルトップ109 1階
20 薬局 恵比寿ファーマシー 渋谷区恵比寿1丁目22番23号 ヴェラハイツ恵比寿102
21 グラム調剤薬局 中野店 中野区中野一丁目4番5号 GRAND CASA 中野坂上1階
22 はやし薬局 杉並区阿佐谷北1-31-12 メゾン芙蓉103
23 ナチュラルローソンクオール薬局荻窪五丁目店 杉並区荻窪五丁目21番16号
24 マエノ薬局 西が丘店 北区西が丘一丁目15番11号
25 みどり薬局 板橋区小豆沢1-9-14 中澤ビル1F
26 すみれ薬局 板橋区高島平1-72-14-101
27 アイン薬局 練馬店 練馬区高野台三丁目11番12号 采明ビル1階
28 クオール薬局練馬店 練馬区豊玉北五丁目32番4号 角ビル1階
29 アイセイ薬局 大泉学園駅前店 練馬区東大泉5丁目40番24号 サンダリオンビル1F
30 クオール薬局竹の塚店 足立区竹の塚5-11-6
31 西沢薬局 足立区中川四丁目1番1号
32 西沢薬局 中川店 足立区中川四丁目28番13号 黒瀬ビル1階
33 なつめ薬局 足立区西新井五丁目42番7号
34 桜花薬局 足立区花畑5-13-2
35 あさひ調剤薬局亀有店葛飾区亀有二丁目18番27号
36 ミツワ薬局 柴又四丁目店 葛飾区柴又四丁目6番12号 101号室
37 すずかぜ薬局 墨田区江東橋4-15-5 立田第9ビル
38 3丁目薬局 墨田区墨田三丁目41番15号
39 たんぽぽ薬局 墨田区墨田五丁目36番8号
40 とまと薬局 江東区大島六丁目9番11号 メゾンササキ 1階
41 モリタ薬局  江戸川区春江町二丁目48番14号
42  ウエルシア薬局 ラーレ青梅新町青梅市新町9-2016-14
43  ホッタ晴信堂薬局 福生市本町142
44  北野調剤薬局 高尾店 八王子市裏高尾町264-3
45  アイン薬局 八王子店 八王子市大谷町302番地
46  さくら薬局八王子明神店 八王子市明神町四丁目2番7号 秀和八王子レジデンス第1ビル103
47 薬樹薬局 忠生 町田市忠生2-29-1
48 あさひ調剤薬局 町田店 町田市鶴間4丁目4番3号
49  健ナビ薬樹薬局 成瀬 町田市南成瀬1-8-21 成瀬メディカルビル1階
50 ココカラファイン薬局 多摩センター店 多摩市落合1-32 GA多摩bldg1階

「t-薬局いんふぉ」で確認ができる薬局は計50軒。
 ドラッグストアでは、ウエルシア薬局とココカラファインが取得している。

 実際に8月1日時点で取得している薬局は130軒とされており、認定を取得してから、「t-薬局いんふぉ」に認定を受けた薬局が情報を登録、その内容を自治体部署で確認後、公開となるため、認定から公開までにはタイムラグが生じる。また、薬局・自治体の業務がコロナの影響で煩雑化している
影響もあり、公開までの時間が長くなる可能性も指摘されている。

 なお、専門医療機関連携薬局で確認できたのは1軒。
すばる薬局 品川区南大井三丁目16番11号

この記事のライター

関連する投稿


【ウエルシアHD】店舗のブースでオンライン健康相談開始/まずは2店舗で/看護師が対応

【ウエルシアHD】店舗のブースでオンライン健康相談開始/まずは2店舗で/看護師が対応

【2024.02.20配信】ウエルシアホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松本忠久氏)は2月19日から、グループのウエルシア薬局イオンタウン幕張西店・ウエルシア薬局田町グランパークにおいてオンライン健康相談(遠隔健康医療相談)サービスの提供を開始した。医療法人社団ゆみの(本社:東京都豊島区、理事長:弓野大氏)との協働で実施するもの。


【厚労省】認定薬局の基準Q&Aを一部改正/地域ケア会議等3会議以外も認める

【厚労省】認定薬局の基準Q&Aを一部改正/地域ケア会議等3会議以外も認める

【2023.04.03配信】厚生労働省は3月31日、「地域連携薬局及び専門医療機関連携薬局の認定基準に関するQ&Aについて」を一部改正した。下記、厚労省HPの中の「認定薬局について」の中の事務連絡(令和5年3月31日一部改正)で詳細を確認できる。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/yakkyoku_yakuzai/index.html


【在宅医療対応】「認定薬局の方が実績が高い」/日本保険薬局協会調査

【在宅医療対応】「認定薬局の方が実績が高い」/日本保険薬局協会調査

【2023.03.09配信】日本保険薬局協会は3月9日、定例会見を開き、在宅訪問や無菌調剤、麻薬応需の現状に関する会員調査結果を公表した。それによると、在宅訪問や無菌調剤、麻薬応需に関しては全体平均と比べ、認定薬局の方が実績が高い傾向が見られた。在宅訪問に関しては薬剤師配属人数とも相関している傾向が見られ、薬剤師2人未満の薬局においては在宅訪問を増やす余裕がない割合が高い結果となった。麻薬応需においては、実績が高いほど廃棄金額も膨らんでいく傾向が見られた。協会では「本調査結果を協会内で共有し、地域医療のニーズに応じた薬局機能の整備に貢献していきたい」としている。


【ウエルシア薬局】社長交代

【ウエルシア薬局】社長交代

【2023.02.17配信】ウエルシアホールディングスは2月17日、同日開催の取締役会において、⼦会社であるウエルシア薬局の代表者異動について決議したと公表した。


【ウエルシア薬局】メルカリと「捨てずにお得な大掃除」プロジェクトを始動/大掃除の不用品利活用へ

【ウエルシア薬局】メルカリと「捨てずにお得な大掃除」プロジェクトを始動/大掃除の不用品利活用へ

【2022.12.19配信】ウエルシア薬局は、株式会社メルカリ、一般社団法人 ハウスキーピング協会と連携し、2022年12月14日(水)より「捨てずにお得な大掃除」プロジェクトを始動する。同プロジェクトでは3者が連携し、特別版メルカリ教室を期間限定で首都圏のウエルシア薬局10店舗で順次開始する。


最新の投稿


【スギHD】調剤チェーンのI&Hを子会社化へ

【スギHD】調剤チェーンのI&Hを子会社化へ

【2024.02.27配信】スギホールディングスは2月27日、調剤チェーンのI&Hを子会社化すると公表した。


速報【アイン敷地内薬局めぐる裁判】元アインの2被告に求刑、懲役10カ月

速報【アイン敷地内薬局めぐる裁判】元アインの2被告に求刑、懲役10カ月

【2024.02.27配信】KKR札幌医療センターの敷地内薬局の整備を巡り、公契約関係競売入札妨害の罪に問われたアインファーマシーズ元代表取締役社長・酒井雅人被告、同社元取締役・新山典義被告、KKR札幌医療センター元事務部長・藤井浩之被告の第4回公判が2月27日午前10時から、札幌地裁805号法廷で行われた。(ジャーナリスト・村上 和巳)


【ツルハHD】ウエルシアHDとの経営統合報道でコメント公表

【ツルハHD】ウエルシアHDとの経営統合報道でコメント公表

【2023.02.26配信】ツルハホールディングスは2月26日、ウエルシアホールディングスとの経営統合に関する報道があったことを受け、コメントを公表した。


【1万字インタビュー】安川孝志薬剤管理官に聞く

【1万字インタビュー】安川孝志薬剤管理官に聞く

【2024.02.26配信】2月14日、令和6年度調剤報酬改定が答申された。本紙では、厚生労働省保険局医療課・薬剤管理官の安川孝志氏に、薬局に関係する調剤報酬改定の部分についてインタビューした。


【日本チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局“グループ一律引き下げ”見送りを歓迎/調剤報酬改定答申を受けて

【日本チェーンドラッグストア協会】敷地内薬局“グループ一律引き下げ”見送りを歓迎/調剤報酬改定答申を受けて

【2024.02.22配信】日本チェーンドラッグストア協会は2月22日に定例会見を開き、令和6年度調剤報酬改定の答申に対しての見解を示した。


ランキング


>>総合人気ランキング