【新生堂薬局】OTC薬をデジタルサイネージで選択・払い出し/福岡駅“エキナカ”店に

【新生堂薬局】OTC薬をデジタルサイネージで選択・払い出し/福岡駅“エキナカ”店に

【2021.06.30配信】新生堂薬局は福岡駅構内の店舗で、デジタルサイネージによるOTC薬が選択でき、払い出しまでがされるシステムを導入した。生活者が自ら選択する仕組みは福岡初という。


 導入したシステムは、「BD Rowa™ Vmotion」(日本 BD社)。
 デジタルサイネージに表示されている市販薬および一般商品を利用者が直接モニターを操作して、商品選択するだけで手元に商品が払い出される。
 会計はレジで行う。
 商品の払い出しがサイネージと連動しているピックアップの機械と連動していることで、在庫管理や陳列などの業務効率化も期待できる。

 これまで薬局スタッフが操作する導入ケースはあったが、顧客自身が直接操作できるのは福岡県では初めてという。

 導入したのは、「新生堂薬局 地下鉄筑紫口改札前店」で、地下鉄博多駅筑紫口構内の店舗。
 開局は7月1日(木)。

 同店ではそのほかに、薬局ロボットを配備。同じく日本 BD が提供する「「BD Rowa™ Vmax」で、自動で薬の入庫と払出を行う。

 さらには、QR コードをスキャンすることで処方薬の受け取りを可能とする「BD Rowa™ ピックアップターミナル」も整備。
 これらシステムが「BD Rowa™ソリューション」により連携される。

 サイネージ、調剤ロボット、払い出しまでの同時装備は、薬局業界でも先進的で、同社では「これまでにない薬局」とする。

 OTC医薬品の選択や処方薬受け渡しターミナルは、特に“エキナカ”の立地を生かした利便性向上が期待できる。新型コロナウイルス感染拡大防止対策としても、薬局内の混雑防止および滞在時間短縮が可能となる。

 閉店後も、「処方せん受付ポスト」に処方せんを投函すれば、翌日処方せんを受付し、服薬指導終了後、ピックアップターミナルで受取りが可能。特に博多駅周辺で働く忙しいビジネスパーソンに向けて、待ち時間などの負担軽減や、スムーズな医薬品受け渡しを実現したい考え。

 同社では、「今後もお客様、患者様の利便性を高め、より一層地域の皆様の健康なくらしのお手伝いに努めてまいります」としている。

 店舗概要は以下の通り。
 店舗名は、新生堂薬局 地下鉄筑紫口改札前店。
 住所は、福岡県福岡市博多区博多駅中央街 地下鉄博多駅筑紫口構内。
 営業時間は月~土 8:00~19:00 (日祝日休み)。

閉店後に処方せんを受付けポストに投函すると、翌朝処方せんを受付ける

「BD Rowa™ Vmax」の薬の入庫と払出の様子が見える内部の窓を構内通路側に設置し、ロボットが稼働している様子を見ることができる

処方薬をいつでも(福岡市地下鉄営業時間内)非対面で受け取れることができる装置。薬剤師による服薬指導を受けた後に発行される QR コードをピックアップターミナルにかざすことで、薬局の営業時間外でも都合の良いタイミングで処方薬を受け取れる。朝の通勤通学時に服薬指導を受け、帰宅時に処方薬を入店せずにピックアップすることも可能

「Vmotion」は、デジタルサイネージに表示されている市販薬および一般商品を顧客が直接モニターを操作して、商品選択するだけで、「BD Rowa™ Vmax」内に保管された商品が手元に払い出される

この記事のライター

関連する投稿


【厚労省局長通知改正】薬剤師や登録販売者の名札、“本名以外”OKに/ストーカー被害防止等の観点から

【厚労省局長通知改正】薬剤師や登録販売者の名札、“本名以外”OKに/ストーカー被害防止等の観点から

【2022.07.06配信】厚生労働省は6月27日、局長通知改正「『薬事法の一部を改正する法律等の施行等について』の一部改正について」を発出し、「姓のみ又は氏名以外の呼称」を名札に記載することを認めた。ストーカー被害やカスタマーハラスメントの防止等の観点から、薬局開設者・店舗販売業者が適切に判断するものとする。実名と照合できる把握・管理も求める。


【厚労省Q&A改正】“医薬品登録販売者”の名称、名札以外の掲示もOK

【厚労省Q&A改正】“医薬品登録販売者”の名称、名札以外の掲示もOK

【2022.07.06配信】厚生労働省は6月27日、事務連絡「『一般用医薬品販売制度に関するQ&Aについて』の一部改正について」を発出し、名札以外の掲示等の表示についても「医薬品登録販売者」と記載しても差し支えないとした。ただし、一般用医薬品の区分ごとに情報提供を行う者を分かりやすく掲示することとしている。


【富士薬品】“会員制”相談応需サービス開始の背景 /デジタル化が浮かび上がらせた“人の強み”

【富士薬品】“会員制”相談応需サービス開始の背景 /デジタル化が浮かび上がらせた“人の強み”

【2022.06.17配信】ドラッグストア「セイムス」などを展開する富士薬品グループ(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:高柳 昌幸氏)は4月4日から、会員制で相談に応じる「ヘルスケア会員制度」を開始した。取り組みの背景や現状、今後の展望などについて、同社ドラッグストア事業本部人材開発部次長の猿谷吉宏氏に聞いた。猿谷氏は顧客台帳のデジタル化によって、カウンセリング強化のコストに見合う収益が上げられることが分析できるようになったと語った。


【緊急避妊薬のスイッチOTC化検討会】薬剤師の説明要する「BPC」創設も論点に/次回、パブコメ原案を提示へ

【緊急避妊薬のスイッチOTC化検討会】薬剤師の説明要する「BPC」創設も論点に/次回、パブコメ原案を提示へ

【2022.05.02配信】厚生労働省は4月28日に「第20回医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」を開催し、緊急避妊薬のスイッチOTC化について議論した。この中で、事務局は夏に開催予定の次回検討会議の場でパブリックコメント募集の原案を提示したい考えを示した。論点案にはすでにBPC(Behind the pharmacy Counter)の仕組み創設の検討も記載されており、今後、論点の1つとなる可能性があるといえそうだ。


【OTC市場動向】3月はアレルギー用好調で目薬が前年比2桁増/インテージ調べ

【OTC市場動向】3月はアレルギー用好調で目薬が前年比2桁増/インテージ調べ

【2022.04.22配信】インテージヘルスケアは、「2022年3月度OTC医薬品市場概況」を公表した。それによると、アレルギー用目薬が好調で、前年比2桁増だった。


最新の投稿


【地域連携薬局】56%が大規模チェーン薬局の取得/日本保険薬局協会調べ

【地域連携薬局】56%が大規模チェーン薬局の取得/日本保険薬局協会調べ

【2022.08.12配信】日本保険薬局協会は8月10日、定例会見を開き、認定薬局に関する調査を公表した。それによると、地域連携薬局認定の2664軒のうち、55.5%に当たる1479軒が「300薬局以上」の大規模チェーン薬局グループの認定であることが分かった。


【後発医薬品】薬局の加算“不算定”、じわり増加/日本保険薬局協会調べ

【後発医薬品】薬局の加算“不算定”、じわり増加/日本保険薬局協会調べ

【2022.08.12配信】日本保険薬局協会は8月10日、定例会見を開き、医療制度検討委員会による調剤報酬改定の影響調査を公表した。それによると、後発医薬品調剤体制加算の算定率が減少していた。改定前は「加算なし」は21.4%だったものが、改定後は27.3%となっていた。75%以上の加算区分がなくなったことの影響だが、供給不安定化の問題も無関係とはいえない。不算定薬局では今後、後発医薬品使用のインセンティブが働かなくなることも懸念される。一方、90%以上という新区分を算定する薬局も18.4%あった。


【中医協答申】オンライン資格確認の評価/薬局にマイナ保険証持参なら1点、ない場合は3点/新設の「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」

【中医協答申】オンライン資格確認の評価/薬局にマイナ保険証持参なら1点、ない場合は3点/新設の「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」

【2022.08.10配信】厚生労働省は8月10日、中央社会保険医療協議会総会を開き、オンライン資格確認に関する診療報酬上の評価を議論した。事務局は現行の「電子的保健医療情報活用加算」を廃止した上で、マイナンバー保険証を持参した患者の負担を軽くする案を提示した。


【サツドラHD】子会社のサッポロドラッグストアーの代表取締役異動

【サツドラHD】子会社のサッポロドラッグストアーの代表取締役異動

【2022.08.09配信】サツドラホールディングスは8月9日、 同日開催の定時株主総会及び取締役会において、子会社サッポロドラッグストアーの代表取締役及び取締役の異動を行うことを決議し公表した。


【医薬品制度部会】論点は3つ/「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」

【医薬品制度部会】論点は3つ/「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」

【2022.08.09配信】厚生労働省は8月5日、「令和4年度第1回厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会」を開催した。この中で「薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」(WG)とりまとめが報告されたが、日本薬剤師会(日薬)副会長の森昌平氏は、制度に関わる論点として「外部委託」「処方箋40枚規制」「敷地内薬局」の3つを挙げた。


ランキング


>>総合人気ランキング