【新生堂薬局】店頭メディア導入/顧客に合わせたクーポン配信

【新生堂薬局】店頭メディア導入/顧客に合わせたクーポン配信

【2024.01.16配信】新生堂薬局(本社:福岡市南区、代表取締役社長:水田怜氏)は2024年2月1日、店頭ストアメディアサービスを51店舗に導入する。店頭ストアメディア機を通じて1to1のパーソナルプロモーションを実現するもの。


好みの商品のリピート購入の促進など最適なタイミングで販促施策可能

 新生堂薬局が導入するのは、マギー株式会社(本社:沖縄県豊見城市、代表取締役社長:山川朝賢氏)の店頭ストアメディア機PALを活用した店頭ストアメディアサービス「ハピまる君」。
 同サービスは、店頭ストアメディア機PAL(以下、「PAL」)を通じて1to1のパーソナルプロモーションを実現する。2024年2月より、PALは新生堂薬局グループのドラッグストア計51店舗に『ハピまる君』の愛称で導入される。マギー社は、同サービスの実施支援を通じて、顧客の来店満足度および各店舗売上の向上を後押しする。

 新生堂薬局では、画一的になりがちな販促施策では顧客満足度の向上に限界があると考え、店舗ならではの価値を発揮すべく、顧客が適切なタイミングで好みの商品と出会うための販売促進が必要と考えてきた。
 こうした中、新商品の発売に伴うキャンペーンなどの販促施策や、好みの商品のリピート購入の促進などを最適なタイミングで実行可能にする、マギーの店頭ストアメディアサービスが採用することにした。

試験導入で来店頻度や1人当たりの買い上げ点数改善を確認

 新生堂薬局における試験導入では、来店頻度や1人当たりの買い上げ点数改善が確認されたという。
 2023年6月から11月にかけて、新生堂薬局グループの福岡・熊本地域のドラッグストア3店舗で試験導入を行ったもので、その結果、「ハピまる君」を利用した顧客の月間の来店頻度や月間の1人当たり買い上げ点数が改善され、優良顧客の維持拡大、また各メーカーの商品においても、ターゲティングを共同で研究することで獲得単価を抑えた販促が可能となった。

 

ID-POSや地域データや商品情報、MD情報などと組み合わせデータベース化

 同サービスは、導入企業が保有する購買履歴を含む顧客データ(ID-POS)を収集し、マギー独自開発の地域データ(i-code)や商品情報、MD情報などと組み合わせたビッグデータとしてデータベース化。このデータベースを利用し、顧客と商品の関係を独自の観点により分析し、一人一人異なるDNA(Ameba DNA)を生成する。このDNA(Ameba DNA)を活用することで、一人一人異なる、購入可能性の高い商品のプロモーションを実現するという。
 店頭では、クーポン・利用感謝クーポン・来店ポイントくじの3つのサービスを利用でき、新生堂ハッピーアプリまたは、ハッピーカードをスキャンするだけで簡単に利用が可能。各購買データは、その顧客のDNAとして更新され、次回来店時にはまた異なるプロモーションが実施される。また、パーソナルプロモーションの販促施策を実施した後は、迅速なレポート発行にも対応している。これにより、PDCAサイクルによる改善活動を通じて、常に販促の最適化を実現することが可能とする。

 今後は、商品情報データをさらに強化し、商品と顧客の関係性を学習させ、ターゲティング精度の向上を目指す方針。同社では「新生堂薬局と連携し、地域データとの活用などを進め、より一層お客様のニーズに応えるサービスづくりに努めてまいります」としている。

この記事のライター

関連するキーワード


新生堂薬局

関連する投稿


【受診勧奨】システムで特許取得/MMI社と新生堂薬局

【受診勧奨】システムで特許取得/MMI社と新生堂薬局

【2023.07.20配信】株式会社 Marketing Methodology & Innovation(東京都江東区、代表取締役小杉穂高氏、以下MMI)と株式会社新生堂薬局(福岡市、代表取締役水田怜氏)などは7月19日、「受診勧奨のメソッドとシステム」、及びその基盤となる『健康台帳』の機能について、新たな特許を取得したと発表した。


【新生堂薬局】HIROTSUバイオサイエンスと協業/線虫がん検査「N-NOSE(エヌノーズ)」を販売

【新生堂薬局】HIROTSUバイオサイエンスと協業/線虫がん検査「N-NOSE(エヌノーズ)」を販売

【2022.10.18配信】株式会社HIROTSUバイオサイエンス(代表者:広津崇亮氏)は、株式会社新生堂薬局(代表者:水田怜氏)と代理店契約を締結し、線虫がん検査「N-NOSE®(エヌノーズ)」の販売を開始した。


【新生堂薬局】『プレミアムマスク匠』 発売/純日本製/顧客の声を反映して開発

【新生堂薬局】『プレミアムマスク匠』 発売/純日本製/顧客の声を反映して開発

【2022.03.03配信】新生堂薬局は3月1日、同社プライベートブランド商品(PB)「匠 FUKUOKA」シリーズより「プレミアムマスク匠」を発売した。純日本製の4層設計となっており、同社では「患者様・お客様の声を身近で聞くことができるからこそ実現した」と開発背景を語っている。同社のドラッグストア・調剤薬局・新生堂オンラインショップで販売する。


【新生堂薬局】「汚物処理キット」を全店配備/冬季に流行するノロウイルスなどの対応拡充

【新生堂薬局】「汚物処理キット」を全店配備/冬季に流行するノロウイルスなどの対応拡充

【2022.02.01配信】新生堂薬局は1月27日、新生堂薬局グループの調剤薬局・ドラッグストア全店に「汚物処理キット」を配備したと告知した。冬にはノロウイルス等が流行し患者が増える。店舗において感染リスクの疑いのある嘔吐物、排泄物などの処理の必要が生じた際、誤った対応で感染を広げないよう、汚物処理キットとマニュアルを配備したもの。


【新生堂薬局】医療用抗原検査キットの販売を開始/価格は1980円(税込)

【新生堂薬局】医療用抗原検査キットの販売を開始/価格は1980円(税込)

【2021.10.11配信】新生堂薬局は新型コロナウイルス医療用抗原検査キット(体外診断用医薬品)の販売を開始した。価格は1980円(税込)としている。


最新の投稿


【厚労省】処方箋保存期間の検討を提示/薬局検討会

【厚労省】処方箋保存期間の検討を提示/薬局検討会

【2024.07.19配信】厚生労働省は、現在3年間となっている処方箋の保存期間について見直す方針を示した。「第7回薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」で提示した。診療録の保存期間が5年となっている中、電子処方箋については処方箋を調剤済みとなった日から5年間保存するサービスを提供しているなどの環境変化を挙げている。今後、制度部会で議題とする方針。


【コンソーシアム】大阪市から調剤外部委託で4社8薬局が確認通知受領を公表

【コンソーシアム】大阪市から調剤外部委託で4社8薬局が確認通知受領を公表

【2024.07.19配信】薬局DX推進コンソーシアムは7月19日、大阪市から調剤業務一部委託事業の確認通知を受け取ったと公表した。


【日本保険薬局協会】健康サポート薬局と地域連携薬局「違いない」/厚労省検討会に意見書

【日本保険薬局協会】健康サポート薬局と地域連携薬局「違いない」/厚労省検討会に意見書

【2024.07.19配信】日本保険薬局協会は7月19日に開かれた厚労省「第7回 薬局・薬剤師の機能強化等に関する検討会」で意見書を提出した。「健康サポート薬局、地域連携薬局、地域支援体制加算届出薬局が描く薬局像は、小異こそあれ、分立させるほどの違いはない」とした。


【コスモス薬品】調剤事業、「低収益の調剤の姿になった時」が参入好機との見解

【コスモス薬品】調剤事業、「低収益の調剤の姿になった時」が参入好機との見解

【2024.07.18配信】コスモス薬品は7月18日に2024年5月期決算説明会を開催した。


【中医協】医療DX推進体制加算、10月から3区分に/マイナ保険証利用率に応じて

【中医協】医療DX推進体制加算、10月から3区分に/マイナ保険証利用率に応じて

【2024.07.17配信】厚生労働省は7月17日に中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開催し、医療DX推進体制整備加算の取り扱いについて議論した。


ランキング


>>総合人気ランキング