【緊急避妊薬のスイッチ化】市民団体が勉強会/政治家・各省庁も出席/海外調査の実効性に懸念示される

【緊急避妊薬のスイッチ化】市民団体が勉強会/政治家・各省庁も出席/海外調査の実効性に懸念示される

【2021.06.14配信】厚生労働省の「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」(スイッチ検討会議)に緊急避妊薬のスイッチOTC化に関して要望書を提出した市民団体「緊急避妊薬の薬局での入手を実現する市民プロジェクト」は6月14日、勉強会を開催した。会場は衆議院第一議員会館で、政治家や各省庁が参加したほか、全国の薬局・薬剤師からのリレートーク録画が放映された。


遠見共同代表「結論時期があいまいになる」懸念を表明

 勉強会は、「緊急避妊薬スイッチOTC化実現に向けて~現場の声から考える緊急避妊薬へのアクセス~」と題されて開かれたもの。

 勉強会には、以下のような複数の政治家が参加した。
 参議院議員・寺田静氏。
 参議院議員・福島瑞穂氏。
 衆議院議員・木村やよい氏。
 衆議院議員・みやじ拓馬氏。
 参議院議員・梅村みずほ氏。
 参議院議員・打越さく良氏。
 参議院議員・塩村あやか氏。
 衆議院議員・岡本あき子氏。

 中でも福島氏は挨拶の中で、スイッチ検討会議に関して「調査にあまり時間をかけず速やかにスイッチOTC化してほしい」との要望を述べた。

 省庁から現状に関して報告も行われた。
 
 内閣府からは男女共同参画局推進課長の古瀬陽子氏が説明にあたり、閣議決定された方針を確実に実行できるように6月に重点方針をまとめる方針で、その中で「令和3年度中に緊急避妊薬を処方箋なしで薬局で適切に利用できるようにすることについて、医療用から要指導医薬品への評価会議で検討を開始し、国内外の状況をふまえ検討する」と盛り込む予定とした。「厚労省の検討状況を注視していきたい」とした。

 厚生労働省からは3人が参加した。
 医薬・生活衛生局総務課薬事企画官(医薬・生活衛生局総務課医薬情報室長併任)の安川 孝志氏は、現在のオンライン診療での緊急避妊薬の調剤に対応するための研修をおよそ9000人の薬剤師が受講済みであるとの状況を報告した。
 医薬・生活衛生局 医薬品審査管理課課長補佐の高畑正浩氏は、スイッチ検討会議の概要や、OTCの承認審査について説明した。
 医薬・生活衛生局医薬安全対策課は、緊急避妊薬の医療用の添付文書改訂の現状について、企業とも連絡を取り合いながら正しい情報の提供に努めていることを報告した。

 プロジェクトの共同代表である染矢明日香氏は検討会議に関して「海外の調査などにどれくらいの期間をかけるのか、見通しを教えて欲しい」と厚労省に尋ねた。

 厚労省側は「調査の期間は委託の関係もある」としつつも「調査自体は今年度の事業」と回答した。
 
 また、プロジェクトの共同代表である遠見才希子氏は「これまで反対意見には海外と日本では状況が違うというものがあった。海外の状況を調査しても“海外と日本は違うので”と一蹴されるのではないか。検討会議では可否は決めないことで、いつの時点で結論が出るのかも不透明になる可能性はないか。また、検討会議で異論が書き込まれた場合に企業が申請するかも不透明」と懸念を示した。

 これに対し厚労省側は「そうしたご意見もあるからこそ、海外と日本は具体的にはどこがどう違うのか精査することは重要だと考えている。結論ありきではなく、検討会議の議論次第であるが、厚労省としてはそういった調査の報告はしっかりしたい」と説明した。
 また企業の申請に関しては、「企業は動きづらい面もあるかと思うが、議論の状況によっては動きが出てくるのではないか」と話した。

 勉強会では染矢氏が講演。「アクセス改善と正しい知識の普及は両輪で進めるべきだ」などど話した。
 遠見才希子氏も講演。「セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス&ライツ(性と生殖に関する健康と権利)が守られる体制を目指す必要がある」と指摘した。
 ビデオメッセージを寄せた共同代表の福田和子氏は世界各国で緊急避妊薬が薬局で販売されている光景を目にした体験から、「日本ではこれが手に取りづらい状況のままで本当によいのか」と指摘した。

全国の薬剤師からリレートーク

 講演後は、「全国の薬剤師からのリレートーク」として、ビデオメッセージが流された。
登壇者は以下の通り。
・北海道:二十四軒薬局 高市 和之氏 
・青森県:なの花薬局 アポテック根城店 尾崎 絵理奈氏 
・東京都:OGP薬局 荒川店 鈴木 怜那氏 
・神奈川県:健ナビ薬樹薬局パークタワー新川崎 片羽 教子氏 
・静岡県:船津クリニック 婦人科・内科 船津 裕子氏
・奈良県:ピーター薬局 和田 法子氏
・福岡県:さくら薬局 舞の里店 縄田 宗親氏 
・長崎県:丸一薬局 水野 和美氏
・鹿児島県:くじゃく薬局 丸田 沙生氏

 薬局薬剤師からは、オンライン診療後の調剤の経験が語られたが、オンライン診療で緩和されていても、休日や夜間などで一定の時間的な制約があり、薬局で販売することでより早い服用に貢献できるのではないか、などの意見が示された。多くの薬剤師からは緊急避妊薬の販売を通して、ファーストアクセスや相談してもらえる薬局の役割、相談者の不安に寄り添える対応をしたいとの展望が示された。

 そのほか、NPO法人ラサーナ理事長 福田小百合氏など、若者支援や性被害者の支援に関わる団体等からも応援コメントが寄せられた。

 また、産婦人科医の宋美玄(そんみひょん)氏もコメントし、「以前よりも“性教育が先だ”という産婦人科医は減ってきているように思う。個人として緊急避妊薬のOTC化を反対している産婦人科医は少なくなっていると思う」と感触を述べた。

この記事のライター

関連する投稿


【緊急避妊薬と薬局】八戸薬剤師会、応需マニュアル作成へ/応需リストは9軒増の33薬局に

【緊急避妊薬と薬局】八戸薬剤師会、応需マニュアル作成へ/応需リストは9軒増の33薬局に

【2022.07.22配信】八戸薬剤師会(青森県)はこのほど、緊急避妊薬の調剤を応需できる薬局リストを更新。昨年の24薬局から9軒増となる33薬局を掲載した。現在、オンライン診療に伴う緊急避妊薬の調剤については、研修を受けた薬剤師による調剤が可能となっている。八戸薬剤師会では地域インフラである地域薬剤師会の活動の一環として、応需可能な薬局リストをホームページで公開している。また、今後、薬局の円滑な業務に資するため、応需マニュアルを作成、周知していきたい考えを示している。


【緊急避妊薬のスイッチOTC化検討会】薬剤師の説明要する「BPC」創設も論点に/次回、パブコメ原案を提示へ

【緊急避妊薬のスイッチOTC化検討会】薬剤師の説明要する「BPC」創設も論点に/次回、パブコメ原案を提示へ

【2022.05.02配信】厚生労働省は4月28日に「第20回医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」を開催し、緊急避妊薬のスイッチOTC化について議論した。この中で、事務局は夏に開催予定の次回検討会議の場でパブリックコメント募集の原案を提示したい考えを示した。論点案にはすでにBPC(Behind the pharmacy Counter)の仕組み創設の検討も記載されており、今後、論点の1つとなる可能性があるといえそうだ。


【東京都薬剤師会】“女性”に関する専門医療機関連携薬局があってもよい/安部好弘理事が質疑応答

【東京都薬剤師会】“女性”に関する専門医療機関連携薬局があってもよい/安部好弘理事が質疑応答

【2022.03.30配信】東京都薬剤師会は3月26日に「第100回臨時総会」を開いた。質疑応答・討議の中で、宮原富士子薬剤師が女性医学に関わる薬剤師研修実態について質問を行った。回答の中で、東京都薬剤師会理事の安部好弘氏は、日本薬剤師会としても「薬剤師のかかりつけ機能強化のための研修シラバス」の中で生殖医療に関わる領域もまとめていることを紹介。その上で、「薬剤師への期待はあり、現在はがんだけが対象になっている専門医療機関連携薬局に関してもさまざまな疾患もあり得ると思っており、その中で女性の健康という要素も入ってきてもいいのではないか」との考えを示した。


【緊急避妊薬のOTC化】産婦人科医会がOTC化に好意的な意見を一部紹介

【緊急避妊薬のOTC化】産婦人科医会がOTC化に好意的な意見を一部紹介

【2022.03.10配信】厚生労働省は3月10日、「第19回医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」を開き、緊急避妊薬のOTC化における課題を議論した。この中で、これまでOTC化に反対意見を表明してきた日本産婦人科医会は、一部、OTC化に好意的な意見を紹介した。「土日や夜間の処方について、OTC化は産婦人科医の負担を軽減するメリットがあるという意見があった」とした。緊急避妊薬のOTC化に向けた議論が進展している。


【緊急避妊薬のOTC化】市民団体が厚労大臣に要望書提出/「検討を早急に」進めること求める

【緊急避妊薬のOTC化】市民団体が厚労大臣に要望書提出/「検討を早急に」進めること求める

【2022.02.04配信】緊急避妊薬のOTC化を求めている市民団体「緊急避妊薬の薬局での入手を実現する市民プロジェクト」は2月4日、後藤茂之厚生労働大臣宛に要望書を提出した。島村大厚生労働大臣政務官が代理で受け取った。要望書では「緊急避妊薬のOTC化の検討・課題整理を早急に進めること」などを求めている。


最新の投稿


【注目】あなたの知らない“くすり相談窓口業務(DI業務)”という薬剤師の働き方

【注目】あなたの知らない“くすり相談窓口業務(DI業務)”という薬剤師の働き方

【2022.10.03配信】薬局などの勤務とは違って、薬剤師がオフィスワークという働き方ができるのがEPファーマラインの展開している“くすり相談窓口業務(DI業務)”であり、同社では本業務に従事する有資格者を“メディカルコミュニケーター”という名称で呼んでいる。同社のくすり相談窓口業務(DI業務)は主に製薬企業からの委託を受け業務を行っており、ここ10数年でアウトソーシングが進んでいる業務の一つである。最新の医薬品情報に触れることもできるため、これまでと違った視点で経験を積みたいという薬剤師からの入社も増えている。同社ではどんな働き方ができるのか。同社の池田佳奈美社長にお話をうかがった。


【厚労省オンライン服薬指導のQ&A事務連絡】「薬局外」は「薬局開局時間帯であり、かつ、薬局内に1名以上の薬剤師が調剤に従事する状況」で

【厚労省オンライン服薬指導のQ&A事務連絡】「薬局外」は「薬局開局時間帯であり、かつ、薬局内に1名以上の薬剤師が調剤に従事する状況」で

【2022.10.01配信】厚生労働省は9月30日、薬機法施行規則(省令)を改正し、通知・事務連絡を発出した。省令ではオンライン服薬指導が薬局外でも可能となったため、省令内容に合わせて「オンライン服薬指導の実施要領に係るQ&A」を事務連絡した。薬局外で服薬指導を行う場合は、薬局に別の薬剤師がいる必要があるとしている。「薬局開局時間帯であり、かつ、薬局内に1名以上の薬剤師が調剤に従事する状況」と求めている。


【厚労省通知】省令改正に併せ「オンライン服薬指導の実施要領」/オンライン服薬指導を薬局外でも可能とする改正で

【厚労省通知】省令改正に併せ「オンライン服薬指導の実施要領」/オンライン服薬指導を薬局外でも可能とする改正で

【2022.10.01配信】厚生労働省は9月30日、薬機法施行規則(省令)を改正し、通知・事務連絡を発出した。省令ではオンライン服薬指導が薬局外でも可能となったため、省令内容に合わせて「オンライン服薬指導の実施要領」を通知した。薬局以外の場で行う際は、対面による服薬指導が行われる場合と同程度に患者のプライバシーに配慮がなされていること等を記載している。処方箋の取り扱いでは、オンライン診療後にオンライン服薬指導の予定から対面服薬指導に変更になった場合も、医療機関からの処方箋原本の送付とその場ではファクシミリ・メールで送られた処方箋をもって調剤してよいとの判断を示している。


【厚労省省令改正】オンライン服薬指導、「薬局以外」も可能に/「当該薬局において調剤に従事する薬剤師と相互に連絡をとることができる場所」

【厚労省省令改正】オンライン服薬指導、「薬局以外」も可能に/「当該薬局において調剤に従事する薬剤師と相互に連絡をとることができる場所」

【2022.10.01配信】厚生労働省は9月30日、薬機法施行規則(省令)を改正し、通知・事務連絡を発出した。同省令は公布の日から施行される。オンライン服薬指導を行う場所について薬局外のケースも認めた。「当該薬局において調剤に従事する薬剤師と相互に連絡をとることができる場所」と規定した。


【厚労省加藤大臣】10月2日の「電子処方箋フォーラム」で挨拶予定

【厚労省加藤大臣】10月2日の「電子処方箋フォーラム」で挨拶予定

【2022.09.30配信】加藤勝信厚生労働大臣は9月30日の閣議後会見において、10月2日に開催される「電子処方箋フォーラム」で挨拶予定だと明かした。大臣自ら、医療DXの大きな柱である電子処方箋の推進へ協力をお願いするとした。


ランキング


>>総合人気ランキング